C11 207

2021年3月 6日 (土)

【C11 325】東武鉄道SL大樹2021冬【C11 207】SL TAIJU 2021 Winter

2021年冬に撮影した蒸気機関車C11 325牽引14系客車東武鉄道SL大樹の動画総集編をYouTubeチャンネルにアップロードしたので紹介します。

2019年12月に真岡鐵道をラストランしたC11 325、東武鉄道へ譲渡され1年ぶりにその汽笛を鬼怒川路へ響かせました。

特に1月上旬はC11 207とC11 325に並びを見ることが出来ました。

下今市機関区に集うC11
下今市機関区に集うC11 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

その後、C11 207は検査のため南栗橋へ入場しましたが、C11 325の単機牽引が始まりました。

C11 325単機牽引SL大樹6号
C11 325単機牽引SL大樹6号 posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

SL大樹HM、新たに設置された正面の尾灯が似合っていますね。

また、今回は電照式のHMではないため、祝祭日には日章旗付きの姿を見ることが出来ました。

SL大樹6号日章旗付
SL大樹6号日章旗付 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

C11 325日章旗付きは令和元年5月の撮影以来でした。最後に動画です。

2021年冬に撮影した蒸気機関車C11 325牽引14系客車東武鉄道SL大樹の動画総集編です。

下今市機関区出区からC11 207との競演、DE10補助機関車付きの通常の姿、C11 325単機牽引、日章旗付きの姿を動画に収めました。

排気膨張室を持たないC11の歯切れ良いドラフト音、日光連山、高原山などの名峰を背に走る東武鉄道SL大樹の走りをお楽しみください。

真岡鐵道から東武鉄道鬼怒川線へ活躍の場を移したC11 325、これからもその雄姿を追い続けたいと思います。

| | コメント (0)

2021年1月11日 (月)

【C11 325】東武鉄道鬼怒川線SL大樹【再始動】

真岡鐵道から東武鉄道へ移籍し再始動した蒸気機関車C11 325を撮影してきたので紹介します。

サムネイルはイルミネーションの夕景を走るC11 325です。

C11 207SL大樹8号倉ケ崎SL花畑イルミネーション
C11 207SL大樹8号倉ケ崎SL花畑イルミネーション posted by (C)jun NikonZ6Ⅱ 70-200mmf/2.8FL

東武鉄道鬼怒川線ではまもなくC11 207が検査入りするタイミングでC11 325が運行を開始しました。

真岡鐵道時代とは違い電化区間を車掌車ヨ8000と14系客車を牽き東武鬼怒川線を走ります。

まずは下今市機関区を訪問し、出区の状況を撮影しました。

下今市機関区に集うC11
下今市機関区に集うC11 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mmVR

北斗星カラーに塗装されたDE10 1109が新たに仲間に加わり、急行はまなすで使用された14系500番台客車との組み合わせも北海道で往年の急行はまなす号の乗車体験がある身としてはうれしく思います。

今回はSL大樹1号~がC11 207、SL大樹3号~がC11 325の運用でした。

下今市機関区での所要の撮影を済ましたのちに沿線へと進みました。

C11 325牽引SL大樹
C11 325牽引SL大樹 posted by (C)jun NikonZ6Ⅱ 70-300mmE

C11 325SL大樹3号小佐越Sカーブ
C11 325SL大樹3号小佐越Sカーブ posted by (C)jun NikonZ6Ⅱ 70-300mmE

SL大樹1号は下今市で発車した後でしたが、何とか撮影場所を確保しました。

動画は三脚固定、静止画は手持ちで対応しました。

FXフォーマットの場合縦位置でSカーブを300mm、手前へ引いて横位置を70mmで撮るとちょうどいいですが、久しぶりなのでだいぶ傾いてしまいました。

ここでの撮影はC11 325単機運転の時に本気で臨みたいと思います。

続いて倉ケ崎SL花畑へ移動します。

まずはC11 207のSL大樹3号を撮影。

ここで1時間強の時間が空くので昼食タイムとなります。

SL大樹4号・5号は大桑駅で交換しますが、場所も狭いとのことなので倉ケ崎で撮影を済ませました。

C11 325SL大樹4号倉ケ崎SL花畑
C11 325SL大樹4号倉ケ崎SL花畑 posted by (C)jun NikonZ6Ⅱ 70-200mmf/2.8FL

C11 325牽引SL大樹の正調編成の写真です。

この次は今まで撮影したことがない砥川橋梁先のカーブで撮影してみました。

砥川橋梁の近くには民有地の有料撮影地(1日500円)が出来ました。

線路沿いにやぐらが組んであったりしましたが、花が咲く時期に訪問してみたいなと思いました。

C11 325SL大樹7号砥川橋梁先カーブ
C11 325SL大樹7号砥川橋梁先カーブ posted by (C)jun NikonZ6Ⅱ 70-200mmf/2.8FL

C11 325はS字カーブをゆっくりと登って来ました。

かなりタイトな場所ですが、低速で勾配に挑む姿をみることが出来ました。

目の前で空転しそうな音がしていましたが、砂を撒いたのか動画を見る限り空転は抑えられたようです。

最後は倉ケ崎SL花畑へ戻り、花畑東側に出来た築山から俯瞰気味に撮影してみました。

SL(DL)大樹8号通過時刻は1709ころ、夕闇迫るマジックアワーでイルミネーションが映えます。

電照式ヘッドマークではないので大樹の文字も読めました。

イルミネーションの中を撮影することを想定していなかったので単焦点レンズは持ってきませんでしたが、動画は高倍率ズームZ24-200mm装着のZ6からD500+DX16-80mmf/2.8-4Gに切り替えて対応しました。

最後に動画です。

【C11 325】東武鉄道鬼怒川線SL大樹【再始動】

真岡鐵道から東武鉄道へ移籍し再始動した蒸気機関車C11 325、汽笛とドラフト音を響かせながら鬼怒川線を走るSL大樹の動画です。

下今市機関区の出区、沿線での走行シーンの2部構成になっています。

僚機C11 207、東武鉄道鬼怒川線を走る車両たちも登場します。

最終便のSL大樹8号は倉ケ崎SL花畑のイルミネーションが点灯した夕景の中を走り抜けました。

この動画もシーンごとにチャプターを設定しているので好みのシーンを再生してみてください。

C11 207が検査入りし、C11 325が単独牽引する雄姿が見られるのももうすぐですね。

| | コメント (0)

2020年12月24日 (木)

蒸気機関車2020春夏秋冬 Steam Locomotive 2020

2020年(令和2年)に撮影した蒸気機関車の動画総集編を作成したので紹介します。

サムネイルはD51 498牽引SL YOGISHAよこかわ号です。

SL YOGISHAよこかわ号
SL YOGISHAよこかわ号 posted by (C)jun NikonZ6Ⅱ 24-70mmf/2.8G

SL YOGISHAよこかわ号オリジナルのHMかと思ったら鬼滅の刃×SLぐんま~無限列車大作戦~HMのままでした。

今年最後の撮影になるかまだ分かりませんが、とりあえずこれで締めることにしました。

さて、2020年のSL撮影はC11 207単機牽引のSL大樹から始めました。

2019年12月末にSL大樹の撮影をしたところ倉ケ崎SL花畑でイルミネーションをしていることを知り年明けから通い続けることになります。

十四夜月とSL大樹
十四夜月とSL大樹 posted by (C)jun Nikon Z6 24-70mmf/2.8G

1月に通い詰めて納得が出来る写真が撮れたと思ったらサイドのナンバープレートが光るようになり、2月も再訪、3月には花火があったりと何度も通うことになりました。

筑波山とSLもおか号
筑波山とSLもおか号 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-70mmf/4S

C11 325が東武鉄道へ譲渡されC12 66のみが走ることになったSLもおか号。

撮影地で出会った方の影響を受けたり、いままで撮ったことがなかった八木岡の線路西側など新たな挑戦をするようになりました。

冬季でSL運行をしていたのがこの2路線と信越本線のSLぐんまよこかわ号です。

C61 20牽引SLぐんまよこかわ号
C61 20牽引SLぐんまよこかわ号 posted by (C)jun Nikon Z6 70-200mmf/2.8G VR2

片道運行で効率が悪いSLぐんまよこかわ号ですが、夜汽車は撮っていても昼に撮影していなかった安中発車と冬の済んだ空気を利用して妙義山や浅間山を絡めた沿線での撮影をしてみました。

4月唯一の撮影になったのが大井川鐵道のC11 227です。

家山川橋梁を渡るC11 227さくらHM付
家山川橋梁を渡るC11 227さくらHM付 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-70mmf/4S

さくら号のHMを掲出したC11 227と桜の組み合わせはようやく撮影できました。

金曜日の撮影だったので、割と余裕がありましたが、この後の新型コロナウイルス感染拡大による非常事態宣言によりSL列車が運行中止になってしまいました。

7月の緊急事態宣言解除後は、SL大樹、SLもおかと徐々に運行再開、この2つの列車は冬季にさんざん撮影したので総集編では割愛しています。

そして4月のぐんまDCで登場予定だった全検を終えたD51 498が上越線に帰って来ました。

雨の諏訪狭を行くD51 498

雨の諏訪狭を行くD51 498 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

レンズは新型コロナウイルスの影響で発売が遅れていたZ24-200mmf/4-6.3VRを使用しました。

いわゆる高倍率の便利ズームですが、なかなかの描写力です。

フォーカスブリージングを抑えているので動画にも最適なレンズでした。

8月にはC57 180牽引SLばんえつ物語が運行再開しました。

C57 180臨時快速SLばんえつ物語@五十島
C57 180臨時快速SLばんえつ物語@五十島 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mmVR

雨の五十島を駆けるC57 180、8月と思えない爆煙でした。

続いて上越線を駆けるC61 20です。

C61 20牽引SLぐんまみなかみ号@岩本ストレート
C61 20牽引SLぐんまみなかみ号@岩本ストレート posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mmVR

長梅雨の影響で梅雨明けは8月になってからでしたが、次は猛暑の中の撮影となりました。

9月は再び磐越西線を訪問しました。

C57 180 1日の運行を終えて@新津駅
C57 180 1日の運行を終えて@新津駅 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mmVR

SLばんえつ物語はトンネル飛び出しや新津駅到着~回送など今まで撮影していなかったところを中心に回りました。

10月はリニューアルされた高崎の旧型客車が運用開始されました。

D51 498+旧型客車in諏訪狭
D51 498+旧型客車in諏訪狭 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mmVR

近代化更新車でクリーム色の内装から木目調?茶色の内装・緑色のモケット化など銀河鉄道999の客車のようになりました。

またスハフ42 2173がラウンジカーに改装され、シートはエンジ色となっています。

続いて、C11 190が検査を終えて大井川鐵道へ帰って来たので、C11 227と一緒に走る日に訪問してみました。

C11 190牽引SLかわね路14号(大井川第一橋梁)
C11 190牽引SLかわね路14号(大井川第一橋梁) posted by (C)jun Nikon D500 18-140mmVR

今回は下りが中徳橋と大井川第2橋梁、上りは大井川第1橋梁で撮影してみました。

下りの大井川第1橋梁と上りの他の撮影地は今後の課題にしたいと思います。

11月はC57 180に6年ぶりに門デフが装着されました。

C57 180門デフ@新津
C57 180門デフ@新津 posted by (C)jun NikonZ6Ⅱ 24-70mmf/2.8G

門デフC57の撮影は2回行きましたが、D500のシャッター音が動画にかなり影響するので思い切ってNikonZ6Ⅱを導入し早速実践投入しました。

RAW+JPEGでもストレスなく連写が出来るので頼もしい存在です。

なお、CFexpressカードは従来どおりZ6にZ6Ⅱには余っていたXQDカードを転用しました。

Nikon Z6は常時AFを使用した動画用カメラとして本格的に運用を開始しました。

また、Nikon D500もファームアップでCFexpress対応となったのでカードの供給面の不安が解消されました、

当面はXQDをそのまま使うと思います。

12月は社会現象となっているアニメとのコラボ企画鬼滅の刃×SLぐんま~無限列車大作戦~のD51 498牽引SLぐんまよこかわ号を撮影しました。

D51 498(NikonZ6?無限連写大作戦)
D51 498(NikonZ6?無限連写大作戦) posted by (C)jun Nikon Z6Ⅱ 80-400mmf/4.5-5.6G VR

西松井田の急勾配を駆けあがるD51 498、もう少し手前に引き付けるとビームが煙に隠れますね。

ここではNikon Z6を使用した常時AF(AF-F)でズームアウト・パンニングに挑戦しました。

最後に動画を紹介します。

蒸気機関車2020春夏秋冬 Steam Locomotive 2020

2020年(令和2年)に撮影した蒸気機関車の動画総集編です。

日本の四季を駆ける蒸気機関車の力強い走りをお楽しみください。

00:00 C11 207単機+14系客車東武鉄道SL大樹
05:43 C12 66真岡鐵道SLもおか号
11:27 C61 20+12系客車JR東日本信越本線SLぐんまよこかわ号
15:58 C11 227+旧型客車春の大井川鐵道SLかわね路号
20:48 D51 498+12系客車JR東日本上越線SLぐんまみなかみ号
24:55 C57 180+12系客車改JR東日本磐越西線SLばんえつ物語
30:43 C61 20+12系客車JR東日本上越線SLぐんまみなかみ号
34:18 C57 180+12系客車改JR東日本磐越西線SLばんえつ物語
46:14 D51 498+旧型客車JR東日本上越線SLぐんまみなかみ号
51:19 C11 190&C11 227+旧型客車大井川鐵道SLかわね路号
1:06:11 C57 180門デフ+12系客車改JR東日本磐越西線SLばんえつ物語
1:19:44 D51 498+旧型客車JR東日本信越本線SLぐんまよこかわ号
1:21:52 D51 498+旧型客車JR東日本信越本線SL YOGISHAよこかわ号
が登場します。

長い動画ですのでチャプターを利用してみたいシーンへ飛んでみてください。
この動画はNikon Z6&Nikon D500で撮影した一眼・一眼レフ動画です。

今年もあと1週間ほどとなりましたが、C11 325が12月26日から運行開始されます。

令和3年1月17日以降は単機運行が発表されていますのでC11 325撮影本番は来春以降になりそうです。

年内にもう1回くらい撮影に行くかもしれませんが、来年も当ブログ不定期列車・YouTube Junichi Channelをよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2020年8月26日 (水)

C57180臨時快速SLばんえつ物語8226レ平瀬トンネル撮影・蒸気機関車2020冬~夏

C57 180牽引臨時快速SLばんえつ物語のトンネル飛び出しを撮影すべく磐越西線沿線にロケハンしてきました。

馬下~咲花間にある陣ヶ峰トンネルからロケハンを開始、藪漕ぎがある場所は避けてたどり着いたのが鹿瀬~日出谷間にある平瀬(びょうぜ)トンネル。

レンガ積みの歴史を感じるトンネルです。

C57 180牽引SLばんえつ物語平瀬トンネル飛び出し
C57 180牽引SLばんえつ物語平瀬トンネル飛び出し posted by (C)jun Nikon D500 70-200mmf/2.8G VR2

トンネル上には石碑が刻まれていて日出谷側が「焉興蔵宝」(右から読みます)、鹿瀬側「焉殖財貨」で「宝の蔵が開かれて財貨が増える」の意味だそうです。

鉄道院総裁であった後藤新平の揮毫による石碑です。

以前ロケハンしたときは平瀬トンネル出口を探しきれなかったのですが、平瀬第二踏切近くの神社裏にありました。

なお、平瀬第二踏切は小型特殊・二輪車までしか渡れないので注意が必要です。

続いて荻野へ向けて進みます。

豊実トンネル辺りで列車を追い越したようで野沢発車より10分先行出来ました。

2つ目の撮影地は荻野駅近くの西海枝トンネルを目指しましたが、お爺さんが孫二人を連れて見学しており、動画は厳しいので慶徳峠方向へ進みました。

本当は川吉S字カーブの手前のカーブへ行きたかったのですが、場所が良くわからずに川吉Sへ到着しました。

C57 180牽引SLばんえつ物語慶徳峠も秋の気配
C57 180牽引SLばんえつ物語慶徳峠も秋の気配 posted by (C)jun Nikon Z6 80-400mmVR

ススキの穂が出て来ました。

慶徳峠も秋の気配を感じます。

C57 180牽引SLばんえつ物語慶徳峠も秋の気配(川吉S縦)
C57 180牽引SLばんえつ物語慶徳峠も秋の気配(川吉S縦) posted by (C)jun Nikon Z6 80-400mmVR

こちらでは手持ちで横と縦を切り替えて撮影しました。

晴れると手前の木の影が落ちるので曇り向き撮影ポイントですね。

手前のカーブは次の課題になりました。

翌日は月曜日で仕事であったので、ここで撮影を切り上げて帰宅しました。

続いて動画です。

2箇所しか撮影していないので総集編動画に編入してみました。

蒸気機関車2020冬~夏 Steam Locomotive 2020 Winter to Summer

2020年1月から8月までに撮影した蒸気機関車の動画総集編です。

補機なしで運行されたC11 207牽引SL大樹は倉ケ崎SL花畑のイルミネーションとの組み合わせも見事でした。

C12 66牽引のみの運行となったSLもおか号、冬の浅間山との組み合わせも美しいC61 20SL牽引ぐんまよこかわ号、さくらHMを掲出した大井川鐵道C11 227牽引SLかわね路号、全般検査を終えたD51 498牽引SLぐんまみなかみ号、森と水とロマンの鉄道C57 180牽引SLばんえつ物語、C61 20牽引SLぐんまみなかみ号などが登場します。

コロナ禍を乗り越え令和の新時代を駆け抜ける復活蒸機の走りをご覧ください。

これから仕事が多忙になるので総集編動画を1月から8月の撮影でまとめてみることにしました。

もう少し涼しくなったら線路際に向かいたいと思います。

| | コメント (0)

2020年7月 6日 (月)

【C11 207】梅雨空の鬼怒川線SL大樹【汽笛】20200705

東武鉄道鬼怒川線を走るC11 207牽引SL大樹、3か月ぶりに運行再開したので訪問してきました。

7月4日は寝坊と天候不良で撮影断念、5日のSL大樹2号・5号のみをSL撮影リハビリを兼ねて撮影です。

1号は時間的に間に合わなかったので倉ケ崎SL花畑を直接目指しました。

SL大樹2号汽笛version
SL大樹2号汽笛version posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-70mmf/4S

 

SL大樹2号白煙version
SL大樹2号白煙version posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-70mmf/4S

白煙だったので煙が見えるように林をバックにしてみました。

蕎麦の花が咲き乱れる中、SL大樹2号はやって来ました。

前回の撮影が3月上旬のイルミネーションと花火の時期でしたので地元の方々の努力には頭が上がりません。

4月初めに大井川鐵道を撮影したころ、倉ケ崎SL花畑で菜の花が咲いているのを知りましたが、新型コロナウイルス感染防止でSL大樹が運休となり撮影できないまま時間だけが過ぎ去りました。

曇天の天気から雨が降り出しましたが、カメラに防水処置をしてSL大樹5号の撮影をしました。

 

SL大樹5号
SL大樹5号 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-70mmf/4S

下り坂なので煙は期待できませんが単式のコンプレッサーの排気がいい感じに出ています。

冬の撮影では水鏡を楽しんだハート形の池には蓮の花が咲いていました。

12.4kmの短い走行距離、撮影場所が限られる東武鬼怒川線で倉ケ崎SL花畑は季節ごといろいろな姿を見せてくれます。

幸せの黄色いハンカチもいい感じですね。

雨脚が強くなり、翌日の仕事のことを考えてここで撤収しました。

日光宇都宮有料道路が土日無料開放をしていたので国道119号線の渋滞を避けることが出来たのも併せて紹介しておきます。

さて最後に動画です。

【C11 207】梅雨空の鬼怒川線SL大樹【汽笛】20200705

梅雨空の東武鉄道鬼怒川線は走る車両たちとC11 207牽引SL大樹の動画です。

新型コロナウイルス感染拡大防止の緊急事態宣言が解除され鬼怒川線にSL大樹が戻って来ました。

倉ケ崎SL花畑では蕎麦の花と蓮の花が見ごろでした。

SL大樹2号5号と東武鬼怒川線を走る6050系、リバティ、253系1000番台が登場します。

生憎の天気でしたが、4箇月ぶりにC11 207のドラフト音・汽笛を楽しむことが出来ました。

北斗星カラーのDE10やC11 325の入線も待ち遠しいです。

| | コメント (0)

2020年4月11日 (土)

蒸気機関車2020冬~春 Steam Locomotive 2020 Winter to Spring

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響でSL列車が全国的に運休になってしまいましたが、2020年1月から4月まで撮影したSL動画の総集編を作成したので紹介します。

大井川第一橋梁を渡るC11 227さくらHM付
大井川第一橋梁を渡るC11 227さくらHM付 posted by (C)jun Nikon Z6 70-300mmf/4.5-5.6E

今年はSL大樹賀正2020から撮影開始、DE10 1099検査入場に伴うC11 207単独運転や倉ケ崎SL花畑イルミネーションに魅せられ何度も闇鉄に挑戦しました。

また、C11 325の譲渡に伴いC12 66が牽引するSLもおか号も恒例の謹賀新年HM日章旗付やSL大樹とのコラボ(同一デザイン)HM、おとちゃんいちごSLなどを撮影しました。

また信越本線ではC61 20が牽引するSLぐんまよこかわ号を冠雪の浅間山を背景に走る場所を中心に撮影しました。

特にSL大樹は1月で撮り尽くした感があったのですが、水タンク脇のナンバープレートが光るようになり撮り直しになった他、沿線でSL大樹6号の時間に合わせて花火が打ち上げられたので再訪しています。

桜の季節ではC11 227が国鉄時代のスタイルで走り始めたので1年ぶりに大井川鐵道を訪問しました。

本来ならぐんまDCに伴う各種イベント列車、特に全検明けのD51 498の姿を撮りたかったのですが、5月末まで運休が決まったのでここで動画を一度締めることにしました。

蒸気機関車2020冬~春 Steam Locomotive 2020 Winter to Spring

2020年(令和2年)1月から4月までに撮影した蒸気機関車動画総集編です。
東武鉄道鬼怒川線では単機運行のC11 207牽引SL大樹が急勾配に挑み倉ケ崎SL花畑ではイルミネーションや打上げ花火の中を駆け抜け、真岡鐵道では日章旗や各種HMを掲出したC12 66牽引SLもおか号が早春の芳賀路を走り、信越本線ではC61 20牽引SLぐんまよこかわ号が冠雪の浅間山を背に走りました。
大井川鐵道ではC11 227牽引SLかわね路号がさくらHMを掲出し桜が満開の春の川根路を駆け抜けました。
白い蒸気が美しく煙のボリューム感が増す冬の蒸機から桜咲く春の蒸機まで力強い走りドラフト音、郷愁の汽笛をお楽しみください。

最後に新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が収束し、いつものSL列車が楽しめるようになることをお祈りします。

| | コメント (0)

2020年3月 8日 (日)

【C11 207】SL大樹【EDO WONDER TRAIN & 打ち上げ花火】令和2年3月

C11 207牽引東武鉄道SL大樹 EDO WONDER TRAINと倉ケ崎SL花畑で打ち上げ花火を背景に走るSL大樹を撮影したので紹介します。

SL大樹6号と打ち上げ花火
SL大樹6号と打ち上げ花火 posted by (C)jun Nikon Z6 24-70mmf/2.8G

EDO WONDER TRAINは昨年乗車し、忍者が車内に参上しましたが、今年も帰って来ました。

今回は3月1日に倉ケ崎SL花畑で、3月7日に倉ケ崎の線路の東側でSL大樹4号~6号をそれぞれ撮影しました。

SL大樹 EDO WONDER TRAIN
SL大樹 EDO WONDER TRAIN posted by (C)jun Nikon Z6 70-200mmf/2.8G VR2

昨年と違い赤色基調のHMとなっていました。

SL大樹 EDO WONDER TRAIN
SL大樹 EDO WONDER TRAIN posted by (C)jun Nikon Z6 24-70mmf/2.8G

デフレクターにEDO WONDER TRAINのロゴが入っていました。

24-70mmf/2.8GはVRなしのレンズですが、Z6に付けると手振れ補正が効くので明るい標準ズームレンズとして重宝しています。

さて、倉ケ崎SL花畑の駐車場で3月7日に花火が打ち上げられる事を知り、同日再訪しました。

最近、勤務多忙でSL大樹4号からの参戦となりました。

SL大樹5号
SL大樹5号 posted by (C)jun Nikon Z6 24-70mmf/2.8G

ここは下り坂なので下りSL大樹は倉ケ崎ではほとんど煙が出ませんが、逆光線が煙と汽笛の蒸気を増幅してくれました。

そして花火と夜間走行のSL大樹6号に備えます。

現地で2月22日に花火とSL大樹を撮影した人の意見や写真を参考にし24-70mmf/2.8Gのワイド端で撮影することにしました。

花火は上空約70mの高さまでなること、2月22日はSLよりも花火のタイミングが早かったことを考慮し斜め前のポジションから狙うことにしました。

動画はD500に16-80mmf/2.8-4Eのワイド端を利用することにしました。

16:9の画角ではこれでも花火の上が切れますがやむを得ないです。

静止画はZ6に24-70mmf/2.8Gで縦で撮るか横で撮るか迷いましたが、最初の花火の高さを見て横位置で十分と判断しました。

周りの皆様は三脚固定で縦・横2台で撮影する方が多かったです。

私は縦横を見極めるのとシャッター速度が遅いのでカメラを軽く振って手持ち撮影で対応しました。

最悪、縦位置流し撮りも考えていましたが、動画のサムネイルを考えると横位置で撮影する方が望ましいです。

SL大樹6号と打ち上げ花火
SL大樹6号と打ち上げ花火 posted by (C)jun Nikon Z6 24-70mmf/2.8G

いくつか打ち上げられた花火の最後がこれですが、斜め前から撮影すると花火が若干早く感じます。

そして冒頭の写真の次のカット

SL大樹6号と打ち上げ花火
SL大樹6号と打ち上げ花火 posted by (C)jun Nikon Z6 24-70mmf/2.8G

花火が上空で開いた瞬間はかなり明るく地上も照らされていますが、火薬が燃えるに従いだんだん暗くなります。

AFはAF-Sに設定しー6EVまで対応するローライトAFで線路と架線柱に置きピンしてみました。

画面の下端部でAF撮影できるのもミラーレスの魅力ですね。

最後に動画です。

【C11 207】SL大樹【EDO WONDER TRAIN & 打ち上げ花火】令和2年3月 Nikon D500

C11 207牽引東武鉄道SL大樹と江戸ワンダーランド日光江戸村とのコラボ企画として「帰ってきた!あっぱれ日光!SL大樹珍道中~EDO WONDER TRAIN~」 が運行され、終盤の3月7日倉ケ崎SL花畑ではSL大樹6号の運行に合わせて花火が打ち上げられました。

春まだ早い東武鉄道鬼怒川線、打ち上げ花火を背景に汽笛とドラフト音を響かせて走るSL大樹の走りをお楽しみください。

この動画はNikon D500で撮影した一眼レフ動画です。

ドンっと鳴った花火が次々に上がる中、駆け抜けるSL大樹を見ていると銀河鉄道999の惑星メーテル脱出シーンを思い出してしまいました。

倉ケ崎の花火は平和そのものですけどね。

3月8日SL大樹単機牽引最終日の撮影も考えていましたが、天候不良のため断念しました。

| | コメント (0)

2020年2月29日 (土)

蒸気機関車2020冬 Steam Locomotive 2020 Winter

2020年(令和2年)冬に撮影した蒸気機関車の動画を編集し、YouTubeに公開したので紹介します。

サムネイルは1月11日に撮影したC61 20牽引SLぐんまよこかわ号です。

C61 20牽引SLぐんまよこかわ号
C61 20牽引SLぐんまよこかわ号 posted by (C)jun NIkon Z6 70-200mmf/2.8G VR2

さて、2020年(令和2年)撮影は東武鬼怒川線C11 207牽引SL大樹号から始めました。

C11 207牽引SL大樹2020賀正HM
C11 207牽引SL大樹2020賀正HM posted by (C)jun Nikon Z6 70-200mmf/2.8G VR2

昨年末よりディーゼル機関車DE10 1099の検査に伴い、C11 207単機による牽引を開始、力強いドラフト音を響かせてSL大樹は走ります。

また、倉ケ崎SL花畑のイルミネーションの中を走るSL大樹6号はなかなか幻想的でした。

C11 207牽引SL大樹2020賀正HM
C11 207牽引SL大樹2020賀正HM posted by (C)jun Nikon Z6 50mmf/1.8G

しかし、LEDの淡い灯りの中を走るC11 207を撮影するには露出が厳しく、何度もリベンジすることになりました。

本年2発目の撮影は真岡鐵道C12 66牽引SLもおか号謹賀新年HM付です。

C12 66牽引真岡鐵道SL新年号2020
C12 66牽引真岡鐵道SL新年号2020 posted by (C)jun Nikon Z6 70-200mmf/2.8G VR2

C11 325が去りC12 66が孤軍奮闘するSLもおか号に例年と同じ謹賀新年HMと日章旗が掲出されました。

正月関連のHMはこれで終了し、1月11日には信越本線安中駅を発車するC61 20牽引SLぐんまよこかわ号を撮影したのは冒頭に紹介したとおりです。

関東エリアを走るSLはこの3種類で制覇となりますが、1月13日にはSL大樹と真岡鐵道で同一デザインのストロベリーロコモーションHMが掲出されました。

C12 66SLもおか号StrawberryLocomotive
C12 66SLもおか号StrawberryLocomotive posted by (C)jun Nikon D500 18-140mmVR

下館駅発車待ちのC12 66

C11 207SL大樹Strawberry Locomotive HM
C11 207SL大樹Strawberry Locomotive HM posted by (C)jun Nikon Z6 70-200mmf/2.8G VR2

そして倉ケ崎SL花畑付近を快走するSL大樹4号、SLもおか号市塙駅発車を撮影してからSL大樹4号への転戦は余裕で移動が出来ました。

だいたい撮りたい列車・構図は撮ったつもりでしたが、1月末にSL大樹のC11 207の水タンクに取り付けられたナンバープレートが光るようにうなり、再び夜間走行を追うことになりました。

C11 207ライトアップversion
C11 207ライトアップversion posted by (C)jun Nikon D500 16-80mmf2.8-4E

これは反則というか最初からこうしてほしかったです。

十四夜月とSL大樹6号
十四夜月とSL大樹6号 posted by (C)jun Nikon Z6 24-70mmf/2.8G

東武鉄道では6月にダイヤ改正を予定しており、SL大樹6号の夜間走行も今冬で見納めとなりました。

筑波山とSLもおか号
筑波山とSLもおか号 posted by (C)jun Nikon Z6 24-70mmf/2.8S

また八木岡ではSLもおか号のシルエットと筑波山のコラボに挑戦しました。

このような感じでSL大樹、SLぐんまよこかわ号、SLもおか号を何度か撮り直して2020年冬のSL撮影は終了しました。

最後に動画です。

蒸気機関車2020冬 Steam Locomotive 2020 Winter

2020年(令和2年)冬に撮影した蒸気機関車の動画です。

東武鬼怒川線C11 207牽引SL大樹、真岡鐵道C12 66牽引SLもおか号、JR東日本信越本線C61 20牽引SLぐんまよこかわ号が登場します。

賀正2020からおとちゃんいちごSLまでの蒸気機関車の力強い走りをご覧ください。

 

| | コメント (0)

2020年2月10日 (月)

十四夜月とSL大樹 倉ケ崎SL花畑イルミネーション

十四夜月の月明かりの下、青白いイルミネーションの灯りを浴びて走るC11 207単独牽引14系客車の東武鉄道SL大樹号を撮影したので紹介します。

令和2年2月8日C61 20牽引12系客車信越本線臨時快速SLぐんまよこかわ号撮影後、R18~R17~前橋IC~関越道~北関東道~東北道~日光宇都宮有料~今市ICと進み1710頃倉ケ崎SL花畑へ到着しました。

所要時間はPAでのトイレ休憩を含め約2時間です。

前回、Nikon D500+16-80mmf/2.8-4Eで流し撮りしたSL大樹は車体のノイズが目立つのでNikon Z6でリベンジしてみることにしました。

C11 207水タンクに取り付けられたサイドのナンバープレートが光るようになって闇鉄撮り直し2回目となりました。

移動途中の東の空に十四夜月が輝いており、1月の満月ウルフムーン以来の月を入れたサイドからのアングルで撮影することにしました。

当初はAF-S50mmf/1.8Gで撮ろうと思っていましたが、意外に引きが取れない場所であり、十四夜月を入れるために広角が使えるAF-S24-70mmf/2.8Gを使用することにしました。

十四夜月とSL大樹
十四夜月とSL大樹 posted by (C)jun Nikon Z6 24-70mmf/2.8G

続いてサイド流しです。

十四夜月とSL大樹 Side View

十四夜月とSL大樹 Side View posted by (C)jun Nikon Z6 24-70mmf/2.8G

こちらは月の位置が中途半端な気もしますが、ロッドの位置で写真を選んでいるのでご了承願います。

十四夜月とSL大樹6号
十四夜月とSL大樹6号 posted by (C)jun Nikon Z6 24-70mmf/2.8G

そんなわけでもう一枚です。

ロッドが上なのですが、下に来ない時はこの位置が好きです。

イルミネーションとSL大樹6号の撮影を始めた年末年始のころと比べるとだいぶ日が伸びて来ましたが、夕方の風景写真を撮影する時にマジックアワーともいわれる薄暮の時間帯もSL大樹6号通過10数分前までに迫って来ました。

来週以降は薄明るい薄暮の状態で撮れるようになると思われますので使えるカメラやレンズの制限も少なくなると思います。

しかし明るくなりすぎるとイルミネーションの雰囲気が出なくなるのが難しいところですね。

また、オリジナルのSL大樹HM(行灯式)は2.11と15,16のあと3回、単機牽引が3.8までですので単機牽引とイルミネーションの組み合わせで撮影するのは今のうちとなります。

イルミネーションは3.31までですが、2.22~3.8は江戸ワンダーランド日光江戸村とのコラボ企画EDO WONDER TRAINのヘッドマークとなり、それ以降はDE10の補機が復活します。

SL大樹に忍者が参上するイベントは昨年乗車・撮影していますがSL大樹はオリジナルHMが好きです。

今回、高速道路を使ってまでSL大樹6号の撮影を強行したのは残り3回のオリジナルHMの日に仕事が入って撮影に行けなくなったという諸般の事情によるものです。

最後に動画です。

十四夜月とSL大樹 令和2年2月8日 倉ケ崎SL花畑イルミネーション Nikon D500 16-80mmf/2.8-4E

倉ケ崎SL花畑で撮影した十四夜月とイルミネーションと東武鉄道SL大樹の動画です。
十四夜月の夜空の下、倉ケ崎SL花畑のイルミネーション幻想的な青い光に照らされたC11 207単独牽引14系客車東武鉄道SL大樹が汽笛を鳴らしドラフト音を響かせながら走り抜けました。
十四夜月は来るべき人を待つ宵という意味もあるそうです。
立春も過ぎて日が伸びており暗闇を駆けるSL大樹もそろそろ見納めになりそうです。

| | コメント (0)

2020年2月 5日 (水)

【C11 207】東武鉄道鬼怒川線SL大樹【6050系】倉ケ崎SL花畑イルミネーション令和2年2月1日

先回に続いて鬼怒川温泉 春節 鬼まつりとコラボレーションしたヘッドマークを掲出した東武鉄道SL大樹倉ケ崎SL花畑イルミネーション編と東武鬼怒川線を走る車両たちを紹介します。

C11 207ライトアップversion
C11 207ライトアップversion posted by (C)jun Nikon D500 16-80mmf/2.8-4E

年末年始に撮影した時は普通のナンバープレートだったのですが、水タンクについているサイドのナンバープレートが光るようになっていました。

ナンバープレートが光ることを知って撮り直しです。

D500だと高感度ノイズが少し厳しいですね。

また撮り直しかな?

SL大樹6号@倉ケ崎SL花畑イルミネーション
SL大樹6号@倉ケ崎SL花畑イルミネーション posted by (C)jun Nikon Z6 85mmf/1.4G(DXクロップ)

どうしても85mmf/1.4Gを使いたかったのと被写界深度を稼ぐためDXクロップしてみました。

35mm換算で127.5mm相当になります。

正面のナンバープレートが読めるのも今回が初めてでした。

続いて東武鬼怒川線の車両編です。

日光詣スペーシア(金スペ?)
日光詣スペーシア(金スペ?) posted by (C)jun Nikon Z6 24-120mmf/4G

ゴージャスな金色の日光詣スペーシア、順光線で一層輝いて見えました。

ここでは24-120mmf/4Gが使いやすかったです。

テレ端がもう少し長くてもいいかな?

東武鉄道6050系リバイバル塗装
東武鉄道6050系リバイバル塗装 posted by (C)jun Nikon Z6 85mmf/1.4G

リバイバル塗装で人気の6050系、2.11からもう一編成リバイバル塗装が増えるそうです。

ここでは85mmf/1.4G本来の画角で撮影してみました。

最後にSL大樹と東武鬼怒川線を走る車両たちの全部入り動画です。

【C11 207】東武鉄道鬼怒川線SL大樹【6050系】倉ケ崎SL花畑イルミネーション令和2年2月1日 Nikon D500で撮影

C11 207牽引SL大樹と東武鉄道鬼怒川線を走る列車たちの動画です。

SL大樹、東武特急スペーシア(雅・粋・日光詣)、特急リバティ、JR東日本253系1000番台、AIZUマウントエクスプレス、リバイバル塗装で話題の6050系などが春節の鬼怒川線を走り抜けました。
倉ケ崎SL花畑のイルミネーションは3.31まで、DE10 1099検査によるC11 207単独牽引は3.8までとなります。

今限定の東武鬼怒川線の姿をお楽しみください。

 

| | コメント (0)