国鉄型

2021年10月31日 (日)

【C57 180】SLばんえつ物語2021秋【磐越西線】SL Banetsu Monogatari 2021 Autumn

令和3年初秋から晩秋にかけて撮影した蒸気機関車C57 180牽引SLばんえつ物語の動画総集編を公開したので紹介します。

サムネイルは三川~津川の昭和橋上Sカーブで撮影したものを使用しました。

SLばんえつ物語@昭和橋上
SLばんえつ物語@昭和橋上 posted by (C)jun Nikon Z6II 80-400㎜VR

9月23日までに撮影した写真は以前紹介したので、10月3日以降撮影した写真を紹介します。

10月3日、朝からロケハンしていると小布施原の第1水路橋の水がないことを確認しました。

2発目は第1水路橋で撮影することにし、磐越道で早回りできる場所を探しました。

深戸橋梁南側に稲架掛けを見つけたので1発目としました。

SLばんえつ物語@深戸橋梁
SLばんえつ物語@深戸橋梁 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

もう少し引けば山の稜線も入りますが列車が小さくなりすぎるのが難点です。

続いて第1水路橋

SLばんえつ物語@第1水路橋
SLばんえつ物語@第1水路橋 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

煙の洗礼を受けることが出来ました。

ここではYouTubeに投稿しているsl*gan2015さんとご一緒になりました。

ビデオカメラ4台と4本のマイクは壮観でした。

動画を録る人と一緒になると話し声のご協力に理解を得られやすいので助かります。

返しの8233レは尾登の秋桜畑へ行きましたが、9月23日から10日が過ぎて枯れ始めていました。

花の命は短いですね。

この日の最後は野沢発車の動画のみ撮影しました。

10月24日も朝から磐梯山がサイドに入る場所を中心にロケハンし、利田踏切へ向かうと滝の下踏切へ至る県道が地滑りによる通行止めが2年ぶりに解除されていたのを確認、こちらで一発目を撮ることにしました。

SLばんえつ物語@滝の下踏切
SLばんえつ物語@滝の下踏切 posted by (C)jun Nikon Z6II 80-400mmVR

こちらは下草がボウボウに伸びていましたが、若干の切れ目にC57のスノウプラウを持ってきて撮影しました。

スイートスポットが少ないのでロッドの位置は無視しました。

こちらは来春に期待です。

この後は堂島へ向かいました。

SLばんえつ物語@磐梯山バック
SLばんえつ物語@磐梯山バック posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

磐越道クロスから堂島付近まで数か所撮影ポイントがありますが、私的にはこちらが好みでした。

但し、煙はスカでした。

返しの8233レは一ノ戸川橋梁へ向かいました。

鉄橋南側ではギラリ狙いの人が集まっていましたが、私は逆にシルエット狙いで北側で撮影しました。

生憎の曇り空で失敗に終わりました。

続いて10月30日です。

こちらも2発目を一ノ戸川橋梁を見下ろす和尚山展望台とし、1発目は磐越道で先回りできるところをロケハンしました。

晴れれば早出川をサイドから撮ろうと思っていましたが、朝から雨が降っており三川~津川の昭和橋上Sカーブに場所を確保しました。

写真は冒頭のとおりです。

ここのような引きが取れない撮影場所は沿線に点在していますが、五十島のように大人数では撮影できないので早めの場所の確保が必要です。

磐越道で先回りし、通過50分前には和尚山展望台に到着しました。

場所取り三脚が2本あり、その隣で撮ることにしました。

(こちらは定員3名程度)

滝の下踏切や川吉Sカーブもそうでしたが、この辺は只見線と掛け持ち撮影の方が多いです。

只見線撮影者はSLばんえつ物語追っ掛けより確実に早く来ます。

SLばんえつ物語@和尚山展望台俯瞰
SLばんえつ物語@和尚山展望台俯瞰 posted by (C)jun Nikon Z6II 80-400mmVR

生憎の逆光線でしたが、手前と背景に紅葉した樹木が入りました。

真下の県道には車が往来しており、その音を避けるためマイクを低めにおいて騒音を最小限に食い止めました。

この後、一度堂島へ向かいましたが、選挙の宣伝カーの音声が気になるので一ノ戸川橋梁へ戻り北側でシルエットを狙います。

SLばんえつ物語@一ノ戸川橋梁シルエット
SLばんえつ物語@一ノ戸川橋梁シルエット posted by (C)jun Nikon Z6II Z24-200mm

アップと編成全体を撮りたかったのでZ24-200mmでアップを撮影、

SLばんえつ物語@一ノ戸川橋梁シルエット
SLばんえつ物語@一ノ戸川橋梁シルエット posted by (C)jun Nikon Z6II Z24-200mm

そしてワイド側に引いて全体を撮影しました。

太陽と機関車のテンダー・グリーン車の展望室が重なるくらいが格好いいのですが、もう一台カメラを持ってきていればと思いました。

赴任先から会津へ直行したので2台(動画用・静止画用各1)だったので苦肉の策でした。

山都蕎麦の萬長さんに一ノ戸川橋梁を渡るSLばんえつ物語のシルエット写真が飾ってあり、それを参考に撮影した次第です。

10月24日のリベンジでした。

最後は動画です。

【C57 180】SLばんえつ物語2021秋【磐越西線】SL Banetsu Monogatari 2021 Autumn

令和3年初秋から晩秋にかけて撮影した蒸気機関車C57 180牽引SLばんえつ物語の動画総集編です。

森と水とロマンの鉄道・磐越西線、稲穂が実る水田・白い蕎麦の花・秋桜・ススキ・紅葉など秋色に染まる景色の中、蒸気機関車C57 180が力強く駆け抜けました。

上り8226レ下り8233レ共に列車の進行順に編集しているので、進行状況バーの下に表示されるチャプターのタイトルをクリックするとサムネイル付きのチャプターが表示され、そこから各映像へ飛べるのでSLばんえつ物語の撮影地ガイド的な活用方法もできます。

この動画はNikon Z6を使用し撮影したミラーレス一眼動画です。

10月で秋の動画を締めるのも早いと思いますが、今年は11月7日が立冬で次に撮影に行ったときは暦の上では冬ということでまとめてみました。

紅葉はこれからが盛り、12月4日、5日にはHM無しのX'masトレインの運行が発表されています。

これからもSLばんえつ物語の走りも楽しみですね。

| | コメント (0)

2021年10月18日 (月)

ひたちなか海浜鉄道で国鉄型気動車キハ205(元キハ20 522)運行

2021年10月16,17日にひたちなか海浜鉄道で運行された国鉄型気動車キハ205(元国鉄キハ20 522)を乗車、撮影したので紹介します。

キハ502(元国鉄キハ20 522)
キハ502(元国鉄キハ20 522) posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

ひたちなか海浜鉄道はひたち海浜公園のコキアが色づいてきたとのTV報道があったので混雑を避けるべく湊線最寄り駅でフリー切符を購入し阿字ヶ浦駅へ向かいました。

自動券売機で1,000円でしたが、勝田駅の構内改札で購入すると枚数限定で600円だったのは後から知りました。

3710-2に乗車し、阿字ヶ浦駅で降りるとキハ205が出区準備中でした。

庫から出てきてホームに入る一連の姿を見学し、進行方向右側に席を確保しました。

窓から後方を見ると先ほど乗車した3710-2が阿字ヶ浦から折り返して来ました。

せっかくなので連結シーンも撮影します。

この手の撮影をしていると必ず割り込んでくるやつがいるのが残念です。

さて、DMH17サウンドを聴きながら列車は那珂湊を発車しました。

昔懐かしい“アルプスの牧場”のオルゴールチャイムが流れて来ました。

中根駅周辺は水田の中を走るので沿線には撮り鉄の姿を多く見かけました。

私的にはロケハンも兼ねての乗車となりました。

折り返しの勝田駅からは行楽客も多数乗車してきます。

私は那珂湊で下車して反対ホームに停まっていたキハ11-6に乗り込み戻りました。

そして中根駅周辺でキハ205+3701-2を撮影しました。

キハ205+3710-2
キハ205+3710-2 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

キハ205と3710-2の大きさの違い、まるで親子みたいですね。

国鉄型気動車キハ205と新系列の3710-2が連結して強調運転できるのも驚きました。

出力も加速も違うのに…

この後、ロケハンして中根から2つ目の1種踏切にたどり着きました。

キハ205+3710-2後追い
キハ205+3710-2後追い posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

セイタカアワダチソウ(ブタクサ)だらけでしたが、いい感じの坂なので登ってくるところを撮りたくなりました。

右奥には柿の木がありそちらにも撮り鉄が多数いました。

16日の撮影はここで終了しました。

乗り鉄だからNikon Z6のみ持って出かけましたが、カメラを2台持っていけばよかったなと後悔しました。

17日は朝から大雨、単行で走る夕方の便を撮影に行きました。

キハ205単行
キハ205単行 posted by (C)jun Nikon Z6II 80-400mmVR

雨が上がり柔らかい光線の中、キハ205はやって来ました。

返しは中根駅進入を狙いました。

キハ205単行
キハ205単行 posted by (C)jun Nikon Z6II 80-400mmVR

今年度4日目ということもあり至る所に撮り鉄がおり、単行故にどうしても写り込んでしまうのでした。

最後に動画です。

【キハ205】ひたちなか海浜鉄道国鉄型気動車【湊線】那珂湊~勝田 Nikon Z6

2021.10に運行されたひたちなか海浜鉄道 国鉄型気動車キハ205(元国鉄キハ20 522)の那珂湊~勝田の乗車記録と沿線で撮影した走行シーンの動画です。

昔懐かしいDMH17サウンドを響かせたキハ205が晩秋の湊線を走り抜けました。

車内ではアルプスの牧場のオルゴール・チャイムが流れました。

国鉄型気動車の旅をお楽しみ下さい。

2021年は10月9、10日、16日、17日の4日間運行されました。

次はいつ走るかな…

| | コメント (0)

2021年9月26日 (日)

【C57 180】仲秋のSLばんえつ物語【磐越西線】

令和3年初秋から仲秋にかけて撮影した蒸気機関車C57 180牽引SLばんえつ物語と磐越西線を走る列車の動画公開したので紹介します。

サムネイルは日出谷のカーブを走るC57 180です。

C57 180牽引SLばんえつ物語@平瀬
C57 180牽引SLばんえつ物語@平瀬 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-300mmE

立秋を過ぎた8月下旬から秋分まで4回ほど磐越西線を訪問撮影しました。

最初は未撮影だった場所を訪問することが目的でした。

SLばんえつ物語は喜多方を発車すると次の停車駅野沢で長時間停車しますが、舞台田から山都Sカーブ辺りで撮影後は移動中で撮影していなかった尾登周辺の撮影から始めました。

SLばんえつ物語@尾登
SLばんえつ物語@尾登 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-300mmE

枯れかけの向日葵とSLばんえつ物語です。

ここは第2尾登踏切のところから撮影です。

踏切の警報機がうるさいのですが、Nikon Z6のアッテネーターを使用することによって、警報音を必要最小限に抑えることが出来ました。

また日が長いうちに撮っておきたい場所が三川周辺でした。

SLばんえつ物語御前トンネル進入
SLばんえつ物語御前トンネル進入 posted by (C)jun Nikon Z6II 80-400mm(DXクロップ)

御前トンネルを抜くには600mmの画角が必要です。

DXクロップ機能を使用しましたが、折からの豪雨でモヤっとした写真となりました。

ここは来年の課題になりそうです。

9月になってから稲の収穫の時期を迎えます。

黄金色に稔る稲穂や蕎麦の白い花など季節は秋らしくなってきました。

蕎麦の花と柿の木カーブを行くC57 180
蕎麦の花と柿の木カーブを行くC57 180 posted by (C)jun Nikon Z6II Z24-70mmf/4S

画角的には撮りにくい場所(編成が草木で隠れる)ですが、手前の蕎麦の花が一面に写る場所はカメ爺がすでに占領しており、追っかけでは間に合いませんでした。(脚立を使えば良かったかも?)

山都の一ノ戸川橋梁も和尚山でも蕎麦の花と組み合わせで撮れますが、今回は初めての撮影場所であったのでそのポジションがよくわかりませんでした。

C57 180@一ノ戸川橋梁(和尚山)
C57 180@一ノ戸川橋梁(和尚山) posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

一ノ戸川橋梁を北側から撮影してみました。

収穫を終えた田んぼと稲穂のコントラスト。

今しか撮れない光景です。

私が撮影した場所も背後が蕎麦畑ですが、この位置だと蕎麦の花と鉄橋の間にフェンスの白い手摺りが入ってしまうので蕎麦の花と一ノ戸川橋梁の組み合わせは諦めました。

帰りがけに「ここで撮るのか?」という場所は見つけました。

しかし、どうやってピント合わせればよいのかわからない蕎麦の花に鉄橋が埋もれるポジションでした。

尾登では荻野寄りのカーブに季節の花がこじんまりと植えられているのは以前から知っていましたが、野沢方向の道を上がってみると秋桜が見事に咲いていました。

県道が線路より低くい位置にあり、死角となっていて、いままでこんな素晴らしい場所があることに全く気付きませんでした。

SLばんえつ物語@尾登の秋桜
SLばんえつ物語@尾登の秋桜 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

こちらは動画切り出し画像です。

この一角はカメ爺が大人数集まっており、出遅れた私は一番外側から脚立に乗り動画のみ撮影しました。

秋桜の花より線路が低くて車輪が隠れますが、これだけの秋桜が咲いていると秋桜に埋もれる姿もありかなと思いました。

第2尾登踏切付近までは7.6パーミルの緩やかな勾配ですが、尾登駅野沢側はこの直線の先でレベルとなるので煙はほとんど出ません。

ここは折を見て写真の方を撮り直したいですが、来月中旬まで秋桜の花が持つかな…

秋の深まりとともに日が短くなり、9月の段階で明るさ的には津川周辺が撮影の限界です。

最後に動画です。

【C57 180】仲秋のSLばんえつ物語【磐越西線】20210923

令和3年初秋から仲秋にかけて撮影した蒸気機関車C57 180牽引SLばんえつ物語と磐越西線を走る列車の動画です。

森と水とロマンの鉄道・磐越西線、稲穂が実る水田・白い蕎麦の花・秋桜・ススキなど秋色に染まる景色の中、蒸気機関車C57 180が力強く駆け抜けました

流体式気動車キハ110系、電気式気動車GV-E400系、事業用気動車キヤE193系(East i-D )+建築限界測定客車マヤ50も登場します。

四季折々の磐越西線のロケーションは魅力的です。

まだまだ撮影していない場所がたくさんあります。

来年に先送りされた宿題も増えましたが、次は紅葉の時期に再訪したいと思います。

| | コメント (0)

2021年8月12日 (木)

【C11 207】向日葵とSL大樹【C11 325】祝!運行開始4周年

向日葵が咲き乱れる倉ケ崎SL花畑を中心に撮影した夏のSL大樹を紹介しましす。

C11 207とC11 325の2両の蒸気機関車が走る東武鉄道鬼怒川線、SL大樹は7月31日から毎日運行になりました。

倉ケ崎SL花畑は地元の方が季節の花を植えたり、冬のイルミネーションなど季節ごとに撮影を楽しめます。

向日葵とSL大樹
向日葵とSL大樹 posted by (C)jun Nikon Z6II Z24-70mmf/4S

向日葵(ひまわり)は、太陽の方向を向いて回るイメージでしたが、花が咲くと朝日の方向(東)を向いたままになるというのを今回の撮影で知りました。

いろいろな角度から向日葵とSL大樹を組み合わせて撮ってみたのですが、花の向きと合わせると中央にある広場から下り方向へ向けて撮影するのがベストのようです。

向日葵とSL大樹
向日葵とSL大樹 posted by (C)jun Nikon Z6II Z24-70mmf/4S

こちらはサイドから狙ってみました。

夏の空と向日葵が気持ちいいですね。

向日葵とSL大樹
向日葵とSL大樹 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-300mmE

こちらは花畑前縁での撮影です。

向日葵は小ぶりですが、こののちに刈り取られ8月10日のSL大樹1号鬼怒川温泉駅到着後、アテンダントにより乗客に生花として配られたそうです。

向日葵と6050系リバイバルカラー
向日葵と6050系リバイバルカラー posted by (C)jun  Nikon Z6II 70-300mmE

その他、6050系リバイバルカラー4連の姿も見ることが出来ました。

大桑駅近くに蓮が咲いており、車を降りて歩いていろいろロケハンしてみました。

隣で撮影していたおじさんが蓮田の持ち主でびっくりでした。

地元の方の協力があって花とSL大樹の撮影ができるのだと改めて感謝します。

最後に動画です。

【C11 207】向日葵とSL大樹【C11 325】祝!運行開始4周年

向日葵が咲き乱れる倉ケ崎SL花畑を中心に撮影した夏のSL大樹の動画です。

C11 207とC11 325の2両の蒸気機関車が鬼怒川線沿線にドラフト音と汽笛を響かせ力強く駆け抜けます。

SL大樹は運行開始4周年を迎え、8月7,8日にはオリジナルヘッドマークが掲出されました。

大桑駅近傍では蓮の花が見ごろを迎えていたので併せてお楽しみください。

2両のSLの息吹が前後から聴こえる不思議な空間でした。

蒸気機関車C11の魅力は(排気膨張室を持たないため)歯切れのよいドラフト音だと思います。

| | コメント (0)

2021年5月30日 (日)

【D51 498】新緑のSLぐんまみなかみ【赤プレート】20210523

期間限定の赤いナンバープレートを装着した蒸気機関車D51 498が12系客車を牽引する上越線臨時快速SLぐんまみなかみ号を撮影してきたので紹介します。

今年5月頃からD51 498に赤いナンバープレートが装着されていますが、ようやくその姿を撮影することが出来ました。

赤いナンバープレートを装着するのはD51 498復活30周年記念装飾の前の水色プレートより前ですので2018年9月以来です。

いつもの八木原~渋川のアウトカーブからスタートしました。

D51 498牽引SLぐんまみなかみ号@八木原
D51 498牽引SLぐんまみなかみ号@八木原 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

煙が背後に流れたので後ろにあるタンクローリーをうまく隠してくれました。

渋川駅の停車時間を利用して追い越しますが、久しぶりに渋川~敷島(宮田)に行ってみました。

D51 498牽引SLぐんまみなかみ号@宮田
D51 498牽引SLぐんまみなかみ号@宮田 posted by (C)jun Nikon Z6II 24-70mmf/4S

D51 498牽引SLぐんまみなかみ号@宮田
D51 498牽引SLぐんまみなかみ号@宮田 posted by (C)jun Nikon Z6II 24-70mmf/4S

向かって左の田んぼに水が張られていましたが、風の影響で水鏡とはなりませんでした。

晴れたら榛名山を背景に入れることが出来る場所ですが、榛名山も水鏡も今回はダメでした。

以前は三脚固定動画しか撮影していなかったので、動画のパンニングに挑戦しました。

この後、赤城ICから関越道を使用し水上を目指します。

今回は赤いナンバープレートがお目当てなので諏訪狭をパスし、水上駅到着を撮影、そのまま上り発車まで撮影場所を確保しました。

水上駅転車台広場でD51 498の整備を見学し、1520発の上りを撮影しました。

D51 498牽引SLぐんまみなかみ号水上駅発車
D51 498牽引SLぐんまみなかみ号水上駅発車 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

晴れたり曇ったりの天気でしたが、上り発車の時は日差しがあったので煙は薄めでした。

水上駅発車を撮影後、関越道で渋川~八木原へ移動して走行シーンの動画撮影をしました。

最後に動画です。

【D51 498】新緑のSLぐんまみなかみ【赤プレート】20210523

赤いナンバープレートを装着した蒸気機関車D51 498が12系客車を牽引する臨時快速SLぐんまみなかみ号の動画です。

期間限定の赤いナンバープレート、新緑が眩しい初夏の上越線を駆けるD51 498の力強い走りをお楽しみください。

この動画はNikon Z6・Nikon D500を使用した一眼・一眼レフ動画です。

5月はSL乗務員養成の試運転が行われていて、SLぐんまみなかみ号の設定が少なかったのですが、赤いナンバープレートを装着したD51 498で養成されたSL乗務員が多く誕生することを期待します。

| | コメント (0)

2021年4月 4日 (日)

【C11 190】春雨の大井川鐵道【さくらHM】20210328

桜が咲き乱れる春の大井川鐵道を走る蒸気機関車C11 190牽引旧型客車SLかわね路号を撮影してきたので紹介します。

あいにくの空模様ですが、桜とC11 190を撮影すべく大井川鐵道へ向かいました。

最初に家山川橋梁で桜とさくらHMを掲出したC11 190牽引SLかわね路号を撮影しました。

桜とC11 190大井川鐵道SLかわね路1号
桜とC11 190大井川鐵道SLかわね路1号 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-300mmE

満開の桜を横目にC11 190は走り抜けました。

続いて千頭を目指します。

下泉でSL列車を追い抜き、大井川第二橋梁で動画のみ撮影しました。

先着者がいたので中途半端な立ち位置になったのと雨が本降りになってしまいました。

千頭では入換作業等を撮影しましたが、見学者の傘が邪魔して転車台の撮影も苦労しました。

上りは以前からから撮影したかった下泉の桜と後追い気味のポジションで撮影しました。

ここはいつも車がたくさん停まっていますが、鉄橋の隣にあるお蕎麦屋さんが人気店でその車でした。

先着者がいたので一緒に撮影しましたが、河原に降りて橋の下から撮ると雨に濡れない屋根付き撮影地でした。

下泉の桜とC11 190牽引SLかわね路2号
下泉の桜とC11 190牽引SLかわね路2号 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-300mmE

ここは秋の紅葉の時期にも訪問してみたいところです。

新金谷へ戻る途中、家山の手前でSLと並走、雨模様なのでなかなかいい煙が出ていました。

私は有名どころの撮影地しか知りませんが、撮り鉄の皆さんは俯瞰から被り付きまで様々な場所で撮影していました。

最後に動画です。

【C11 190】春雨の大井川鐵道【さくらHM】20210328  Nikon Z6 Z24-200mm

桜が咲き乱れる春の大井川鐵道を走る蒸気機関車C11 190牽引旧型客車SLかわね路号の動画です。

九州地方で活躍したC11 190、さくらHMの組み合わせは春の大井川鐵道に4年間通い続けてようやく撮影することが出来ました。

この動画はNikon Z6で撮影した一眼動画です。

早岐機関区のC11は寝台特急さくら号(佐世保編成)を牽引した実績があり、大井川鐵道の蒸気機関車の中でさくらHMが似合うのが九州で活躍したC11 190だと思います。

C11 190は早岐機関区にも所属したことがありますが、寝台特急さくら(佐世保編成)がC11牽引だったころ(昭和40~43年)は熊本機関区所属でした。

簡易電源車マヤ20とはつかり色のスハフ43を重ねてみるのはちょっと苦しいかもしれませんが、C11唯一の特急仕業をイメージさせるさくらHMでした。

| | コメント (0)

2021年2月 8日 (月)

【EF64】早春の鹿島貨物【EF65】国鉄型電気機関車の競演2021年1月

国鉄型電気機関車EF64 1000番台とEF65 1000番台(通称PF形)が通称鹿島貨物を早春の成田線・鹿島線で撮影・YouTube動画を投稿したので紹介します。

1月8日、北浦橋梁を渡る鹿島貨物1095レを撮影しました。

EF64 1034[愛]朝日を浴びて
EF64 1034[愛]朝日を浴びて posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

この日の1095レは年内初運行だったと思いますが、見事にコンテナ未積載でした。

北浦橋梁は対岸の延方寄りでは撮影したことがありましたが、鹿島神宮寄りで撮影したのは初めてでした。

南側に架線柱があるのですが、朝日を浴びる姿を撮りたかったのであえてこちら側で撮影しました。

また、1月7日に導入したAF-S NIKKOR 70-200mmf/2.8E FL ED VR(通称FL)の初運用となりました。

(購入日の試写を除く)

ここの通過時間は午前7時過ぎなので、1093レまでだいぶ時間を持て余します。

続いて重田へ行ってみました。

EF65 2068鹿島貨物1093レ筑波山を背にして
EF65 2068鹿島貨物1093レ筑波山を背にして posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

筑波山が良く見えていたので右端に入れてみましたがちょっと小さいですね。

EF64 1034[愛]鹿島貨物1094レ
EF64 1034[愛]鹿島貨物1094レ posted by (C)jun Nikon Z6II Z24-200mm f/4-6.3 VR

1095レは空荷でしたが、返しの1094レはコンテナほぼ満載でやって来ました。

冬の関東らしい青空も気持ちがいいですね。

この日の撮影はここで終了としました。

続いて鹿島貨物を撮影したのは1月31日になります。

この日の撮影は1093レから始めました。

EF65 2097[新]鹿島貨物1093レ
EF65 2097[新]鹿島貨物1093レ posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8FL

EF65 2097号機は元1097号機で新製当時東京機関区に配置され九州行きの寝台特急に運用された元エリート機関車です。

更新色から国鉄色に戻され、ようやく撮影の機会を得ました。

1093レは重田周辺だと晴天だと面潰れになります。

その辺はRAW現像で持ち上げています。

EF65 2097と筑波山
EF65 2097と筑波山 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8FL

1月8日のリベンジで筑波山との組み合わせをアップで狙ってみました。

ここで友人と待ち合わせをしていましたが、合流できたので重田インカーブへ向かいます。


EF64 1045[愛]国鉄色1094レ単機
EF64 1045[愛]国鉄色1094レ単機 posted by (C)jun  
Nikon Z6II Z24-70mmf/4S

気持ち良い青空の下、EF64 1045単機回送1094レは通過していきました。

この後、圏央道を使って安中貨物でも牛久に撮りに行くか友人に打診しましたが、このままここで3時間1092レを待つことにしました。

EF65 2097[新]鹿島貨物1092レ
EF65 2097[新]鹿島貨物1092レ posted by (C)jun Nikon Z6II Z24-70mmf/4S

西の空には雲一つない天気で西日を浴びたEF65 1097号機を撮ることが出来ました。

重田インカーブはこれより前の日にちでは影が貨車に刺さりますが、1月31日以降は大丈夫ということがわかりました。

家に戻って元番1097号機の東京機関区所属ブルトレ牽引機時代写真を探しましたが、残念ながら1103~1115ばかりでした。

新製当初から東京機関区へ配置されたPF(7次車)は1096~1116になります。

(1092~1095は下関、1117~1118は新鶴見)

スノープラウが外されて腰高な感じがしましたが、当時ヘッドマークを付けていた寝台特急は東京始発の寝台特急のみでした。

(いなば・紀伊を除く)

最後に動画です。

【EF64】早春の鹿島貨物【EF65】国鉄型電気機関車の競演2021年1月 Nikon Z6

国鉄型電気機関車EF64 1000番台とEF65 1000番台(通称PF形)が通称鹿島貨物を牽いて早春の成田線・鹿島線を駆け抜けます。

水郷地帯の単線区間を走る鹿島貨物、ダイヤ改正も近づいており国鉄色に復元された更新機の運用が変更されるか気になるところです。

北浦橋梁を渡るEF64牽引1095レ、下総神崎~大戸(重田踏切周辺)でEF65牽引1092・1093、EF64牽引1094レ(単回含む)を撮影しました。

最近、国鉄(特急)色に復元されたEF65 2097号機(元番1097号機)は新製当時東京機関区に配属され九州行き寝台特急に使用されたブルートレイン牽引機です。

この動画はNikon Z6で撮影した一眼動画です。

そろそろSL撮りたいです。

| | コメント (0)

2021年1月23日 (土)

大井川鐵道SL急行C11 190総集編(門デフ&通常デフお召仕様)

大井川鐵道SL急行を牽引する元お召機C11 190の総集編動画をYouTubeちゃんねるに公開したので紹介します

サムネイルは昨年10月31日に新金谷車輛区で撮影した通常デフお召仕様C11 190です。

C11 190新金谷車両区出区
C11 190新金谷車両区出区 posted by (C)jun Nikon D500 VR18-140mm

C11 190は復活プロジェクトの寄付で動態保存となりましたが、復活15周年を記念し門デフを装備しました。

2018年7月に乗車しました。

C11 190門デフ
C11 190門デフ posted by (C)jun Nikon1 V3 VR10-100mmPD

トーマス号が走るときはSLかわね路号に確実に茶色旧客が運用されるのを見越してのことです。

また2018年12月には門デフお召仕様を沿線で撮影しました。

C11 190家山駅発車
C11 190家山駅発車 posted by (C)jun Nikon D500 70-200mmf/2.8G VR2

C11 190は検査のためしばらく運用を外れていましたが、2020年10月に運用復帰。

通常デフお召仕様という復活当初の姿に近い仕様となりました。

(デフレクターの社紋はなし)

C11 190牽引SLかわね路13号
C11 190牽引SLかわね路13号 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

この日はC11 190とC11 227の2本のSL列車が運行されてので先に来たC11 190は中徳橋から俯瞰撮影してみました。

C11 190牽引SLかわね路14号(大井川第一橋梁)
C11 190牽引SLかわね路14号(大井川第一橋梁) posted by (C)jun Nikon D500 VR18-140mm

上りは大井川第1橋梁リベンジですが、10月31日撮影なので山の影が鉄橋にかかるようになります。

これからもたくさん撮影したいC11 190ですが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が発表され、しばらくSL列車運行が困難な状態となってしまいました。

そんな状況で、お家でSL列車の旅を楽しめるようにC11 190の総集編動画を編集してみました。

大井川鐵道SL急行C11 190総集編(門デフ&通常デフお召仕様)

門デフ仕様C11 190牽引SL急行かわね路号の乗車記録及び門デフ仕様と通常デフ仕様の沿線撮影動画を撮影地順に編集してみました。

リベット打ち・ニス塗りの内装で人気の旧型客車、特に白熱灯装備で人気のオハフ33 215の車内も登場します。

大井川鐵道川根路の車窓、力強く走るSL列車の旅をお楽しみください。

信越本線や東武鬼怒川線など一部SL列車は運行されていますが、緊急事態宣言ということで県外移動も躊躇する状態。

早くSL列車の旅が心置きなく楽しめるようになるといいですね。

| | コメント (0)

2021年1月11日 (月)

【C11 325】東武鉄道鬼怒川線SL大樹【再始動】

真岡鐵道から東武鉄道へ移籍し再始動した蒸気機関車C11 325を撮影してきたので紹介します。

サムネイルはイルミネーションの夕景を走るC11 325です。

C11 207SL大樹8号倉ケ崎SL花畑イルミネーション
C11 207SL大樹8号倉ケ崎SL花畑イルミネーション posted by (C)jun NikonZ6Ⅱ 70-200mmf/2.8FL

東武鉄道鬼怒川線ではまもなくC11 207が検査入りするタイミングでC11 325が運行を開始しました。

真岡鐵道時代とは違い電化区間を車掌車ヨ8000と14系客車を牽き東武鬼怒川線を走ります。

まずは下今市機関区を訪問し、出区の状況を撮影しました。

下今市機関区に集うC11
下今市機関区に集うC11 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mmVR

北斗星カラーに塗装されたDE10 1109が新たに仲間に加わり、急行はまなすで使用された14系500番台客車との組み合わせも北海道で往年の急行はまなす号の乗車体験がある身としてはうれしく思います。

今回はSL大樹1号~がC11 207、SL大樹3号~がC11 325の運用でした。

下今市機関区での所要の撮影を済ましたのちに沿線へと進みました。

C11 325牽引SL大樹
C11 325牽引SL大樹 posted by (C)jun NikonZ6Ⅱ 70-300mmE

C11 325SL大樹3号小佐越Sカーブ
C11 325SL大樹3号小佐越Sカーブ posted by (C)jun NikonZ6Ⅱ 70-300mmE

SL大樹1号は下今市で発車した後でしたが、何とか撮影場所を確保しました。

動画は三脚固定、静止画は手持ちで対応しました。

FXフォーマットの場合縦位置でSカーブを300mm、手前へ引いて横位置を70mmで撮るとちょうどいいですが、久しぶりなのでだいぶ傾いてしまいました。

ここでの撮影はC11 325単機運転の時に本気で臨みたいと思います。

続いて倉ケ崎SL花畑へ移動します。

まずはC11 207のSL大樹3号を撮影。

ここで1時間強の時間が空くので昼食タイムとなります。

SL大樹4号・5号は大桑駅で交換しますが、場所も狭いとのことなので倉ケ崎で撮影を済ませました。

C11 325SL大樹4号倉ケ崎SL花畑
C11 325SL大樹4号倉ケ崎SL花畑 posted by (C)jun NikonZ6Ⅱ 70-200mmf/2.8FL

C11 325牽引SL大樹の正調編成の写真です。

この次は今まで撮影したことがない砥川橋梁先のカーブで撮影してみました。

砥川橋梁の近くには民有地の有料撮影地(1日500円)が出来ました。

線路沿いにやぐらが組んであったりしましたが、花が咲く時期に訪問してみたいなと思いました。

C11 325SL大樹7号砥川橋梁先カーブ
C11 325SL大樹7号砥川橋梁先カーブ posted by (C)jun NikonZ6Ⅱ 70-200mmf/2.8FL

C11 325はS字カーブをゆっくりと登って来ました。

かなりタイトな場所ですが、低速で勾配に挑む姿をみることが出来ました。

目の前で空転しそうな音がしていましたが、砂を撒いたのか動画を見る限り空転は抑えられたようです。

最後は倉ケ崎SL花畑へ戻り、花畑東側に出来た築山から俯瞰気味に撮影してみました。

SL(DL)大樹8号通過時刻は1709ころ、夕闇迫るマジックアワーでイルミネーションが映えます。

電照式ヘッドマークではないので大樹の文字も読めました。

イルミネーションの中を撮影することを想定していなかったので単焦点レンズは持ってきませんでしたが、動画は高倍率ズームZ24-200mm装着のZ6からD500+DX16-80mmf/2.8-4Gに切り替えて対応しました。

最後に動画です。

【C11 325】東武鉄道鬼怒川線SL大樹【再始動】

真岡鐵道から東武鉄道へ移籍し再始動した蒸気機関車C11 325、汽笛とドラフト音を響かせながら鬼怒川線を走るSL大樹の動画です。

下今市機関区の出区、沿線での走行シーンの2部構成になっています。

僚機C11 207、東武鉄道鬼怒川線を走る車両たちも登場します。

最終便のSL大樹8号は倉ケ崎SL花畑のイルミネーションが点灯した夕景の中を走り抜けました。

この動画もシーンごとにチャプターを設定しているので好みのシーンを再生してみてください。

C11 207が検査入りし、C11 325が単独牽引する雄姿が見られるのももうすぐですね。

| | コメント (0)

2021年1月 3日 (日)

【D51 498】新春のSLぐんまよこかわ号【DD51 842】祝信越本線開業135周年20210102

2021年(令和3年)初撮りとしてJR東日本の蒸気機関車D51 498牽引旧型客車9135レ臨時快速SLぐんまよこかわ号を撮影してきたので紹介します。

午前3時ころ友人宅発、安中の鉄橋近くに午前6時半ころ到着しました。

現地の外気温は氷点下5℃、近くのコンビニで用を済ませて撮影場所を確保しました。

ちなみに前回、SL YOGISHAよこかわ号を撮影した板鼻踏切近くのインカーブはすでに置き三脚が2個あり、いつも車を停めているところはトラックが2台停まっていました。

例年、信越本線正月運行のSLはかなり込み合うので早めの行動をしました。

車移動鉄ちゃんの他に青春18きっぷ等の鉄道移動の鉄ちゃんの姿も多く見かけました。

D51 498+旧型客車SLぐんまよこかわ

D51 498+旧型客車SLぐんまよこかわ posted by (C)jun Nikon Z6_2 Z24-70mmf/4S

この撮影地はR18の歩道から撮影できるほか、正面がちのポジションが人気ですが、私は榛名山が遠景に入るサイド気味のポジションが好きです。

国道わきの歩道だと動画に車の音が入るので大体この場所で落ち着いています。

D51 498はまずまずの煙で通過しました。

しかし、小さな子供を連れてきたお母さんがいて、終始お子様の叫び声が入ってる動画になってしまいました。

殺伐とする撮影地に行動が予想困難な小さな子供を連れてくるのは正直ご遠慮願いたいところです。

続いて横川駅を目指します。

R18を進み下横川にSL通過10分前に到着しました。

関西鉄は山口線に行っているのか関西系のナンバープレートはあまり見ませんでしたが、沿線はかなりの人出となっていました。

下横川では縦位置で狙っている人の前に入れてもらえたので動画のみ撮影しました。

正月の下横川での撮影は風で煙が乱れるのはいつものことのようです。

D51 498の横川駅進入の汽笛を聞いて横川駅へ向かいました。

横川駅に集うD51&211系
横川駅に集うD51&211系 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

211系の隣には女性乗務員の姿が見えます。

D51 498には信越本線開業135周年のヘッドマーク(以下HM)が掲出されていました。

横川駅は記念撮影タイムでしたが、混雑を避けつつ各部の撮影をしました。
スハフ32 2357とD51 498
スハフ32 2357とD51 498 posted by (C)jun
 Nikon Z6 Z24-200mm

旧型客車スハフ32 2357とD51 498、この角度から見る姿がいいですね。

DD51 842+旧型客車
DD51 842+旧型客車 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

お召列車牽引機DD51 842、美装化された姿は十分なオーラを放っていますね。

返しの9136レはDD51 842牽引ということもあり、この後も撮影を続けることにしました。

まず、下横川のカーブをロケハン。

横川駅が近いこともあり下横川交差点付近には鉄ちゃんたちが多数陣取っていました。

何故かパトカーも2台停まっています。

県道の路肩に置き三脚とナイロンロープで駐車位置を確保している人がいましたが、その隣には警察官の姿が…

この後、どうなったのか気になるところです。

こんなところで青切符を切られたくないので私たちは次へ進みました。

同行した友人に五科の茶屋本陣付近のSカーブ等を見せて松井田の鉄橋を目指しましたが、途中で気が変わり西松井田の第十中山道踏切付近で撮影することにしました。

DD51 842牽引DLぐんまよこかわ号
DD51 842牽引DLぐんまよこかわ号 posted by (C)jun Nikon Z6_2 AF-P70-300mmVR

25/1000急勾配に挑む下り列車撮影ではよくお世話になっている撮影地ですが、上り列車もこのように撮影できます。

こちらでは前後方向の動画と手持ちで静止画撮影してみました。

ここでは軽トラックのAピラーにカメラを取付けて並走動画?を撮影しているおじいさんがいました。

この場に警察官はいませんでしたが、運転者自身の並走動画撮影は完全にアウトだと思います。

旧中山道とはいえ狭い道であり大変危険な行為ですね。

下り列車の追っ掛けで第十中山道踏切へ車を突っ込むと警察官が取締りをしていることが多いとの事なので気を付けましょう。

さて、安中駅の停車時間8分を利用して最後は安中~群馬八幡へ行ってみました。

こちらでは手持ちで動画のみ撮影しました。

SLと同じダイヤのためかDD51はかなりゆっくりと走っていました。

西日を浴びて旧型客車を牽引するDD51の雄姿、遠い昔の記憶を取り戻した瞬間でした。

最後に動画です。

【D51 498】新春のSLぐんまよこかわ号【DD51 842】祝信越本線開業135周年20210102 Nikon Z6 Z24-200mm&70-300mm

2021年(令和3年)初録りはJR東日本蒸気機関車D51 498牽引旧型客車9135レ臨時快速SLぐんまよこかわ号でした。

後補機はお召列車牽引機DD51 842です。

新春の信越本線、急勾配に挑むD51 498の走りをお楽しみください。

今回は信越本線開業135周年HMが掲出されていました。

本動画後半はDD51 842牽引旧型客車9136レDLぐんまよこかわ号になります。

2021年(令和3年)初撮りは無事終了し、帰途に就きました。

本年も当ブログ不定期列車、YouTube Junichi Channelとよろしくお願いします。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧