ローカル線

2024年2月13日 (火)

蒸気機関車2023年秋~2024年冬総集編 4K60p(登録者数1万人達成記念)

我がYouTubeチャンネルが登録者数1万人達成を記念して4K60fpsで撮影した蒸気機関車動画総集編を公開したので紹介します。

サムネイルはC62 2銀河鉄道999HM付です。

C62 2 銀河鉄道999
C62 2 銀河鉄道999 posted by (C)jun Nikon Z8 Z24-200mm

4K60p動画を録るようになったのはNikon Z6の故障からNikon Z8を導入したことに始まります。

Nikon Z8を静止画用に、Nikon Z6iiを動画用に使用することにしました。

動画の構成ですが、SL大樹と秋桜から始まります。

満開の秋桜とSL大樹4号
満開の秋桜とSL大樹4号 posted by (C)jun Nikon Z8 Z24-120mmf/4S

つづいて上越線D51復活35周年水上号です。

D51復活35周年水上号
D51復活35周年水上号 posted by (C)jun Nikon Z8 Z24-120mmf/4S

D51 498撮影の時にあることに気付きました。

Nikon Z6iiで4K60p動画を撮影すると電子手振れ補正が使えません。

Z8は静止画用に導入したのに水上駅転車台広場での手持ち撮影はZ8を使うことになりました。

C57 180晩秋のSLばんえつ物語@五十島
C57 180晩秋のSLばんえつ物語@五十島 posted by (C)jun Nikon Z8 Z24-120mmf/4S

今年は試運転から撮影を開始したSLばんえつ物語ですが、4K60p動画は10月22日からになります。

続いてイルミネーションとSL大樹です。

C11 325SL大樹8号
C11 325SL大樹8号 posted by (C)jun Nikon Z6ii AF-S50mmf/1.8G

恒例の花火とイルミネーションの動画はTV朝日系のバラエティ番組Qさま!!でも使用されました。

京都鉄道博物館では銀河鉄道999TV放送45周年を迎え銀河鉄道999展が開催され、同博物館の3両のC62が銀河鉄道999の姿になりました。

C62 2銀河鉄道999
C62 2銀河鉄道999 posted by (C)jun Nikon Z8 Z24-200mm

製造90周年を迎えたC12 66は黒ハンドル・形式入りナンバープレートになりました。

C12 66SLもおか号形式入りナンバープレート付
C12 66SLもおか号形式入りナンバープレート付 posted by (C)jun Nikon Z6ii Z100-400mm

この姿もなかなか凛々しいですが3月までの限定ものです。

C56 160銀河鉄道999HM付
C56 160銀河鉄道999HM付 posted by (C)jun Nikon Z8 Z24-200mm

1月に入るとSLスチーム号牽引機がC56 160となり銀河鉄道999HMが掲出されました。

昔から何度か撮影しているC56 160ですが、C56 160牽引列車に乗るのは初めてでした。

現在予約中のKATO C56 160を購入する前に一度乗ってみたかったのもあり京都鉄道博物館を再訪しました。

C11 325緑ナンバープレート
C11 325緑ナンバープレート posted by (C)jun Nikon Z8 Z24-120mmf/4S

バイオコークス使用で緑ナンバープレートとなったC11 325、こちらは1年間限定です。

こちらは2月2日にようやく入荷したNikon Zfをメインで動画撮影しました。

以上、約5か月分の4K60p動画をまとめてみました。

蒸気機関車2023年秋~2024年冬総集編 4K60p(登録者数1万人達成記念)

令和5年10月から令和6年2月に撮影した蒸気機関車動画総集編です。

YouTubeチャンネル登録者数1万人を記念し、4K60pで撮影した動画で編集しました。

秋桜が咲き乱れる鬼怒川線を行くC11 207牽引SL大樹、復活35周年を迎えたD51 498牽引D51復活35周年水上号、晩秋から初冬の磐越西線を駆けるC57 180SLばんえつ物語、イルミネーションと花火を背に走る東武鉄道SL大樹、銀河鉄道999号のヘッドマークを取り付けて運行されたC62 2牽引SLスチーム号、形式入りナンバープレートを取り付けたC12 66真岡鐵道SLもおか号、銀河鉄道999号のヘッドマークを取り付けて運行されたC56 160牽引SLスチーム号、緑色ナンバープレートC11 325牽引SL大樹が登場します。

この動画はNikon Z8、Zf、Z6iiで撮影したミラーレスカメラ動画で4K60pで撮影しています。

Nikon Zf導入により4K60pが撮影できるカメラが3台となったのでようやく4K60pに本格的に移行できるようになりました。

2012年のC61 20内房線試運転からSL動画の撮影を開始し、今年8月でYouTubeチャンネル開設12周年となります。

登録者数1万人を一つの大きな区切りととらえ、今後も精進していく所存です。

| | コメント (0)

2024年1月18日 (木)

真岡鐵道SLもおか号冬 蒸気機関車C12 66形式入りナンバープレート+50系客車 JNR Class C12

製造から90年を迎えた蒸気機関車C12 66、これを記念して形式入りナンバープレート・黒色煙室ハンドルが取り付けられ、冬の真岡鐵道を精一杯走るC12 66の動画を公開したので紹介します。

サムネイルは市塙駅を発車するC12 66 SLもおか号です。

C12 66SLもおか号形式入りナンバープレート付

C12 66SLもおか号形式入りナンバープレート付 posted by (C)jun Nikon Z8 70-300mmE

形式入りのナンバープレートが凛々しいC12 66、今冬3回目の訪問となりました。

続いて上り6102レ

C12 66SLもおか号形式入りナンバープレート付
C12 66SLもおか号形式入りナンバープレート付 posted by (C)jun Nikon Z8 70-300mmE

動画にZ100-400mmを使ったので70-300mmEを使ってみました。

1月13日に降った雪は日陰のみに残った感じでした。

続いて八木岡へ向かいました。

C12 66SLもおか号形式入りナンバープレート付
C12 66SLもおか号形式入りナンバープレート付 posted by (C)jun Nikon Z8 70-300mmE

C12 66SLもおか号形式入りナンバープレート付
C12 66SLもおか号形式入りナンバープレート付 posted by (C)jun Nikon Z8 70-300mmE

八木岡の踏切の向かって右側にメガソーラーが出来たので構図が若干苦しくなりました。

ここで撮影していた方の話だと換算800mmが必要とのことでした。

AF-S200-500mmEでリベンジしたいところです。

最後に動画です。

真岡鐵道SLもおか号冬 蒸気機関車C12 66形式入りナンバープレート+50系客車 JNR Class C12

製造から90年を迎えた蒸気機関車C12 66、これを記念して形式入りナンバープレート・黒色煙室ハンドルを取り付けられました。

冬の真岡鐵道を精一杯走るC12 66の雄姿をお楽しみください。

この動画はNikon Z8、Z6iiで撮影したミラーレスカメラ動画で4K60pで撮影しています。

再生環境が整っている方は大画面でお楽しみください。

今回は珍しく八木岡で正面から撮影してみましたが、もう少し望遠を極めてみたいと感じました。

1月のニュースとしては京都鉄道博物館でのC62 2脱線事故は驚きましたが、C56 160によるSLスチーム号も運行再開しひと安心ですね。

| | コメント (0)

2024年1月 7日 (日)

蒸気機関車総集編2023年12月 4K60p Steam Locomotive 2023 December JNR Class C62,C56,C11,C12,C57

令和5年12月に撮影した蒸気機関車動画総集編を公開したので紹介します。

銀河鉄道999号のヘッドマークを取り付けて運行されたC62 2が牽引SLスチーム号、イルミネーションと花火を背に走る東武鉄道SL大樹、形式入りナンバープレートを取り付けたC12 66真岡鐵道SLもおか号、最終運行週のC57 180SLばんえつ物語が登場します。

サムネイルはC62 2銀河鉄道999HM付です。

Z8a_4966_1 

C62 2銀河鉄道999HM付 Nikon Z8 Z24-200mm

フォト蔵さんが調子悪いので仮の状態ですが、ココログに直接写真を貼り付けています。

ようやく復活したようなのでリンクを埋め込んでいきます。

冒頭は京都鉄道博物館のC62 2です。

同館で催されているTVアニメ放送開始45周年”銀河鉄道999展”に併せて3両のC62形蒸気機関車に銀河鉄道999装飾が施されました。

これは前回の記事のとおりですね。

展望車マイテ49 2さよなら銀河鉄道999仕様
展望車マイテ49 2さよなら銀河鉄道999仕様 posted by (C)jun Nikon Z8 Z24-200mm

前回貼れなかった展望車マイテ49 2です。

劇場版さよなら銀河鉄道999仕様となっていますが、私は国鉄最後の日に品川駅で旅立ちJR西日本号の出発準備を撮影して以来の36年ぶりの再会となりました。

C56 160整備中
C56 160整備中 posted by (C)jun Nikon Z8 Z24-200mm

また3番庫ではC56 160の整備が行われていました。

昇圧検査かボイラーを昇圧して(安全弁が作動してから汽笛を鳴らし)蒸気を一気に吹き出してシリンダー内部などを蒸気洗浄する作業の吹き込みのどちらかだと思います。

SLスチーム号撮影中に大きな音が鳴るので気になっていましたが、運行の合間を見て撮影しました。

続いて東武鉄道SL大樹です。

こちらは前々回に投稿した花火とイルミネーションの撮影の時に撮れなかった倉ケ崎SL花畑の見晴らしの丘からの俯瞰を大晦日に撮影し追加しました。

SL大樹8号
SL大樹8号 posted by (C)jun Nikon Z6ii Z50mmf/1.8S

4K動画切り出しなので35mm換算75mm相当になります。

この75mm相当の画角で50mmの被写界深度なので開放から1/3~2/3段絞って撮影する闇鉄ではとても使いやすいです。

(フェンスに置きピンしています。)

12月24日に写真右下付近の線路際でイルミネーションの側から撮影しましたが、動画撮影したFマウントのAF-S50mmf/1.8Gでは派手にゴーストフレアがでたので、Zマウントの50mmf/1.8Sを購入し、実戦投入しました。

闇鉄では50mmのレンズが動画と静止画用に2本あったらいいなのと思っていたところなのでちょうど良かったです。

Z8でAF-S50mmf/1.8Gで静止画撮影しましたが、正面のナンバープレートがつぶれてしまいました。

闇鉄は24MP機の方が良いですね。

イルミネーション特別運行は12月23日で終わりましたが、C11 207の電飾ナンバープレートや足回りのライトアップも終了していました。

ヘッドマークが白飛びしないのはいいですが、正面のナンバープレートを写すのが難しくなります。

続いて真岡鐵道SLもおか号です。

C12 66形式入りナンバープレート付き
C12 66形式入りナンバープレート付き posted by (C)jun Nikon Z8 Z100-400mm

製造90周年を記念し、形式入りナンバープレートと黒い煙室ハンドルのC12 66、なかなか凛々しいですが本年3月までの期間限定の姿です。

こちらはSL大樹のイルミネーションと合わせて撮影した12月9日(有料撮影地)とSLもおか号のみを12月17日に撮影しましたが、12月17日はマラソン大会と重なり交通規制がかかったので下りは八木岡のみの撮影となりました。(近いうちに下りの追加撮影したいです。)

最後はSLばんえつ物語です。

今回は12月撮影で編集しているので12月2日撮影分を収録しています。

C57 180 SLばんえつ物語 群岡
C57 180 SLばんえつ物語 群岡 posted by (C)jun Nikon Z8 AF-S70-300mmE

SLばんえつ物語の最終運行週の12月2日撮影分です。

C57 180御前トンネル抜き
C57 180御前トンネル抜き posted by (C)jun Nikon Z6ii Z100-400mm

最後は三川~五十島の御前トンネル抜きで締めましたが、私がクマが出没する恐怖と向き合ってトンネルの入り口付近で1人撮影待ちしていた頃、鉄道アイドル・タレントの伊藤 桃さんがSL大樹イルミネーション特別運行のSL大樹9号、10号に乗られているのをYouTubeチャンネルで見ました。

12月2日にSL大樹イルミネーション特別運行の撮影をしていれば、桃さんご乗車列車が撮れたのかもしれませんが、後の祭りです。

最後に動画です。

蒸気機関車総集編2023年12月 4K60p Steam Locomotive 2023 December JNR Class C62,C56,C11,C12,C57

令和5年12月に撮影した蒸気機関車動画総集編です。

銀河鉄道999号のヘッドマークを取り付けて運行されたC62 2が牽引SLスチーム号、イルミネーションと花火を背に走る東武鉄道SL大樹、形式入りナンバープレートを取り付けたC12 66真岡鐵道SLもおか号、最終運行週のC57 180SLばんえつ物語が登場します。

京都鉄道博物館ではTVアニメ版銀河鉄道999放送開始45周年を記念した銀河鉄道999展が催され静態保存機C62 26は C62 50号機の姿、静態保存機C62 1は劇場版銀河鉄道999の姿、展望車マイテ49 2は劇場版第2弾さよなら銀河鉄道999の姿となりました。

動態保存機C62 2は銀河鉄道999のHMも誇らしげにSLスチーム号として運行されました。

またC56 160が整備中で火が入れられており、その姿も併せて収録しました。

この動画はNikon Z8、Z6iiで撮影したミラーレスカメラ動画で4K60pで撮影しています。

再生環境が整っている方は大画面でお楽しみください。

2024年1月は年明け以降、能登地震を筆頭に大規模火災や航空機事故等災いが続いています。

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

| | コメント (0)

2023年12月26日 (火)

【C11 207】SL大樹&スペーシアX【C11 325】イルミネーションと花火 JNR Class C11 Tubu Line SL Taiju

令和5年12月に撮影した蒸気機関車C11 207&C11 325が牽引する東武鉄道SL大樹の4K60p動画を公開したので紹介します。

動画のサムネイルは倉ケ崎SL花畑イルミネーションを背景に走るC11 207SL大樹10号です。

SL大樹イルミネーション特別運行
SL大樹イルミネーション特別運行 posted by (C)jun Nikon Z8 AF-S85mmf/1.4G

この写真は4K動画から切り出してアスペクト比を3:2に加工したものです。

11月25日から12月23日までの土曜日に運行されたSL大樹イルミネーション特別運行(SL大樹9号、10号)、SLばんえつ物語の運行も終わりようやくSL大樹の夜間走行の撮影をする余裕が出てきました。

最初に行ったのは12月9日です。

以前から倉ケ崎SL花畑では撮影をしていましたが、下りのイルミネーションは特別運行でなければ撮影できません。

そのため今まで撮影していなかったところを回りました。

SL大樹イルミネーション特別運行
SL大樹イルミネーション特別運行 posted by (C)jun Nikon Z8 AF-S85mmf/1.4G

栗原カーブのイルミネーションは地味ですが、光るウサギさんとのコラボを狙ってみました。

本当に真っ暗で懐中電灯で照らして架線柱に置きピンしましたが、開放より1/3段絞った85mmでは被写界深度も浅くキャブ付近にピンが来ています。

架線に合わせた方がよいですね。

フォーカスピーキングも使いこなさないといけません。

動画はZ6iiにZ28-75mmf/2.8を使いましたが、フレアが気になったのでナノクリレンズのAF-S24-70mmf/2.8Gを使えばよかったと反省しました。

続いて大桑のイルミネーションです。

SL大樹イルミネーション特別運行
SL大樹イルミネーション特別運行 posted by (C)jun Nikon Z6ii AF-S70-200mmf/2.8E FL

動画からの切り出し画像です。

踏切脇でカンカンと警報音がうるさいので動画撮影は避けていた場所です。

こちらは動画切り出しで、光る線路に置きピンしました。

録ってみると意外と明るいので静止画を撮らなかったのは失敗でした。

続いての訪問は12月23日です。

この日は朝の下今市出区から撮影しましたが、メインは倉ケ崎SL花畑の花火です。

SL大樹1,2,5,6,9,10号のパターンで時間は結構空きます。

1,2号撮影後、昼食を済ませて5,6号から花火撮影位置で待機します。

今回の花火はSNSで知れ渡っていたので全国から多くの撮影者が集まりました。

また、ベストポジションと思われる位置はいつものおじさん達に集団場所取りされていました。

撮影待ちで話題になったのがどの位置から花火を打ち上げるのか、どの高さになるのかでした。

またスカイツリーみたいなイルミネーションと架線柱の位置をどの位置に処理するのかが打ち上げ位置と関係するので大いに迷うところとなりました。

また過去の写真や動画を見せ合ったり、鉄道写真家の中井精也先生が来たりと待ち時間もなかなか楽しかったです。

今年はナイアガラという花火が無いこともこの時に中井先生から聞きました。

知り合いの人から聞いた話ではナイアガラをやると煙で乗客側から打ち上げ花火が見えなくなるからだそうです。

しかし、毎年のことながら夜間は本当に寒い撮影場所でした。

ヒートテック上下はもちろんのこと、ダウンジャケットの下にウルトラライトダウンを重ね着したり、防寒靴、指が出せるカメラ用防寒手袋を使う等の万全の防寒処置をしました。

SL大樹イルミネーション特別運行と花火
SL大樹イルミネーション特別運行と花火 posted by (C)jun Nikon Z6ii AF-S24-70mmf/2.8G

倉ケ崎の花火は乗客から見えるように割と低めに打ち上げるのですが、24mmでも上が切れました。

ハスキーの脚を伸長しない状態で撮りましたが、ローアングルで撮影できる三脚を使えばもう少し上向きに出来たかもしれません。

昨年は橋のある所から後追いで撮ったので28mmでも余裕でしたが、サイドアングルは厳しかったです。

動画はZ8にZ28-75mmf/2.8を使いワイド端で撮影しましたが、16:9のアスペクト比でさらに上が狭くなるので下の段の花火しか映っていませんでした。

来年に向けてどう撮影するのか検討しなければなりません。

広角ズームはZ14-30mmf/4Sを持っていますが、花火撮影で通用するのか?やってみないとわからないですね。

廉価版の2.8ズームZ17-28mmf/2.8を用意するのもありですが、このためだけに15万円以上するレンズを購入するのも迷うところです。

とりあえず動画用はZ14-30mmf/4Sで対応したいと思います。

14mmならDX(APS-C)で撮影しても21mm相当なので何とかなると思います。

そのころには予約しているNikon Zfも入荷して届いているでしょう。

実は倉ケ崎SL花畑イルミネーション側からZ6にZ14-30mmf/4Sを装着しイルミネーション流しをしたことがありますが、暗くて使い物になりませんでした。

花火なら明るいし列車はシルエットでいいので何とかなると思います。

続いて返しの10号です。

冒頭の写真の少し後のカットです。

SL大樹イルミネーション特別運行
SL大樹イルミネーション特別運行 posted by (C)jun Nikon Z8 AF-S85mmf/1.4G

若干後追い気味のサイドポジションです。

行燈式のHMが目立たなくてよいのでこちらも好きです。

3回目の訪問は12月24日です。

SL大樹9号通過時は花火で立ち入りが制限されていた花畑ですが、SL大樹10号は多くの人が花畑側に移動しました。

しかし大変込み合うし、SL大樹8号でも同様の絵は撮れるので翌日24日の課題としました。

24日は宇都宮のヨドバシカメラで買い物をしてからの参戦でSL大樹4号から撮影しました。

正直、SL大樹8号だけ撮れればよかったので、この日も倉ケ崎にずっといました。

ネタ鉄は常磐線のEF8181カシオペアに流れたようでまったりと撮影出来ました。

スペーシアX
スペーシアX posted by (C)jun Nikon Z8 AF-S85mmf/1.4G

白い車体にイルミネーションの青色が反射して綺麗です。

フェンスの◇◇◇なイルミネーションはSL大樹のアテンダントさんの発案なのだとか?

何となくスペーシアXの窓を想像してしまいます。

最後はSL大樹8号です。

C11 325SL大樹8号
C11 325SL大樹8号 posted by (C)jun Nikon Z6ii AF-S50mmf/1.8G

クリスマスHM装着となっていました。

こちらは4K動画切り出しです。

Z8に85mmで静止画を撮ったのですが、Z6iiに50mmで撮った方が写りが良かったです。

45MPのZ8より24MPのZ6iiの方が暗所撮影の高感度耐性は強いと実感しました。

早く来い来いZfですね。

なお、50mmの方はDX(APS-C)で換算75mmで撮影ですが、この少し前のシーンで派手にゴーストが出ました。

85mmで開放値に近い絞り値は被写界深度が浅く、ピント合わせもシビア、また50mmの方は使いやすい画角なのでもう1本欲しくなりました。

ナノクリ・アルネオコートのZ50mmf/1.8Sがいいですね。

35mmくらいの単焦点レンズもあると花畑側からの流し撮りに便利ですが、それはZfのキットレンズZ40mmf/2SEが到着するのを待つことにします。

最後に動画です。

【C11 207】SL大樹&スペーシアX【C11 325】イルミネーションと花火 JNR Class C11 Tobe Line SL Taiju

令和5年12月に撮影した蒸気機関車C11 207&C11 325が牽引する東武鉄道SL大樹の4K60p動画です。

毎年恒例のイルミネーション、倉ケ崎SL花畑は以前よりイルミネーションが豪華になりました。

今まで撮り損ねていた栗原カーブのイルミネーションや大桑駅の新高徳寄りのイルミネーションも新規に撮影しました。

初冬の鬼怒川線をイルミネーションを背に走るSL大樹の走りをお楽しみください。

蒸気機関車C11が郷愁の汽笛と力強いドラフト音を響かせ力強く走り抜けます。

また、本年営業運転を開始したスペーシアXも登場します。

9:14以降の夜間走行、11:43以降の花火を背に走るC11 207の走りが特に美しかったです。

さて、翌25日自分へのX'masプレゼントとしてZ50mmf/1.8Sを購入しました。

ヨドバシカメラは梅田店に在庫があるのみだったのでMAPカメラへ行き、中古と新品を比較しましたが、キャッシュバックキャンペーン対象で実質的に値段がほぼ変わらないので新品購入しました。

フィルターは信頼のARCREST2 62mmです。

正月明けまでにSL大樹8号を撮影する機会はあると思うのでまた闇鉄に挑戦してみたいと思います。

| | コメント (0)

2023年12月22日 (金)

【C57 180】SLばんえつ物語【磐越西線】2023年総集編 4K SL Banetsu Monogatari 2023 JNR Class C57

2023年に撮影した蒸気機関車C57 180牽引SLばんえつ物語の総集編動画を公開したので紹介します。

サムネイルは群岡カーブを行くC57 180です。

群岡カーブを行くC57 180
群岡カーブを行くC57 180 posted by (C)jun Nikon Z8 70-300mmE

今年は7月の試運転から12月2日の最終週まで月1~2回ペースで撮影しました。

C57 180は8月8日に製造77年を迎え紫色の喜寿HMを掲出しました。

C57 180磐越西線試運転
C57 180磐越西線試運転 posted by (C)jun Nikon Z6ii 70-300mmE

試運転では無装飾の真っ黒なC57 180の姿を見ることが出来ました。

C57 180喜寿HM付SLばんえつ物語
C57 180喜寿HM付SLばんえつ物語 posted by (C)jun Nikon Z6ii Z24-120mm

 

C57 180牽引SLばんえつ物語@稲穂と裏磐梯
C57 180牽引SLばんえつ物語@稲穂と裏磐梯 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

季節は夏から秋へ

この9月の撮影で今まで動画を撮影していたNikon Z6が故障してしまいます。

そこで急遽、Nikon Z8を購入することにしました。

当初、入荷は来年1月と言われていましたが、お取り寄せから4日で入荷してしまい資金繰りに困りました。

そんなわけで動画はNikon Z6iiで録ることとなりました。

C57 180牽引SLばんえつ物語@早出川
C57 180牽引SLばんえつ物語@早出川 posted by (C)jun Nikon Z8 Z24-120mm

Nikon Z8SLばんえつ物語デビュー戦は早出川からスタートしました。

ここで撮影待ち中、ニコンのカメラで本格的に動画を録っている方と一緒になりました。

その方はYouTubeをやっていないそうでとてももったいないと感じました。

そして動画の30pがコマ送り、60pの方が滑らかという話になります。

以前はFHD60pで録画していましたが編集アプリの関係で30p出力していて、今年からは4K30pで撮影しました。

そもそもZ6が4K30pまでしか撮れなかったのもありますが、その次の撮影から動画を4K60pで撮影するようになりました。

また、Nikon Z6の修理代金が14万円を超えることになり、下取り価格どかろか中古が買える値段なので修理を断念、塩漬けしていたD500を買い取りに出してNikon Zfを予約しました。(12月22日現在、私の予約分は入荷していません)

C57 180牽引SLばんえつ物語晩秋の川吉Sカーブ
C57 180牽引SLばんえつ物語晩秋の川吉Sカーブ posted by (C)jun Nikon Z8 Z100-400mm

晩秋の撮影の頃にはZ8のAFも癖も把握してきました。

C57 180サイドビュー公式側
C57 180サイドビュー公式側 posted by (C)jun Nikon Z8 Z24-200mm

この写真は4K動画から切り出した写真を3:2に切り出したものです。

C57 180御前トンネル抜き
C57 180御前トンネル抜き posted by (C)jun Nikon Z6ii Z100-400mm

こちらも動画切り出し画像ですが、今年のSLばんえつ物語最終撮影は御前トンネル抜きでした。

日出谷で花火があった日なので空いていましたが、三川発車後に追っかけできたおじさんが下からLEDの投光器で照らしたため、列車通過中はドレインと煙で真っ白になってしまいました。

私も闇鉄は好きですが、環境光を生かして撮るものであり、車のハイビームや投光器を向けるのは如何なものかと思います。

最後に動画です。

【C57 180】SLばんえつ物語【磐越西線】2023年総集編 4K SL Banetsu Monogatari 2023 JNR Class C57

2023年に撮影した蒸気機関車C57 180牽引SLばんえつ物語の総集編動画です。

令和5年7月全般検査を終えたC57 180は真っ黒な装いで試運転に登場しました。

製造から77年を迎え、喜寿の祝いの紫色のHMを掲出したC57 180、営業運転では新津機関区伝統のランボード下の白線が入れられ十字ハンドルや給水温め器の装飾等、真っ黒だった試運転とは違う姿で登場しました。

昨年の水害から1年ぶりに磐越西線に戻って来たC57 180。

本動画では、試運転と営業運転の2部構成になっています。

蒸気機関車C57 180の響き渡るドラフト音と郷愁の汽笛、森と水とロマンの鉄道磐越西線の美しい景観の中を走るSLばんえつ物語の走りを4K映像でお楽しみください。

今年からは4K動画で撮影しており、また42:33以降の晩秋~初冬編以降は4K60p動画となっています。

4K60p動画はこれからも充実させていきます。

今年も早いものであと2週間を切りましたが、Nikon Zf早く届かないかなあ…

| | コメント (0)

2023年12月10日 (日)

蒸気機関車2023年総集編 4K Steam Locomotive 2023

令和4年12月から令和5年12月まで、1年をかけて撮影した蒸気機関車4K動画総集編を公開したので紹介します。

サムネイルはC57 180 SLばんえつ物語です。

C57 180 SLばんえつ物語松ヶ平トンネル飛び出し
C57 180 SLばんえつ物語松ヶ平トンネル飛び出し posted by (C)jun Nikon Z8 Z100-400mm

SLばんえつ物語最終週の12月2日撮影で沿線は撮影者が多くいましたが、ここはわかり難い場所なのか私一人しかいませんでした。

昨年の総集編の続きで2022年撮影のSL大樹から本編はスタートします。

吹雪の中を行くSL大樹5号
吹雪の中を行くSL大樹5号 posted by (C)jun Nikon Z6ii Z24-120mm

東武鉄道SL大樹・SL大樹「ふたら」、大井川鐵道SLかわね路号、真岡鐵道SLもおか号、上越線D51 498+旧型客車・12系客車、釜石線C58 239SL銀河、秩父鉄道C58 363SLパレオエクスプレス、上越線D51 498水色ナンバープレート+12系客車、磐越西線C57 180+12系客車改SLばんえつ物語と撮影していきます。

北上川橋梁を渡るC58 239 SL銀河
北上川橋梁を渡るC58 239 SL銀河 posted by (C)jun Nikon Z24-120mm

2023年で運行終了したSL銀河、念願の北上川橋梁で撮影することが出来ました。

また情弱な私ですが、知り合いから情報提供を受けて運行開始前の磐越西線へ

C57 180磐越西線試運転
C57 180磐越西線試運転 posted by (C)jun Nikon Z6ii 70-300mmE

深戸橋梁を抜けて爆進するC57 180試運転列車。

多くのファンが集まり、シャッター音や話し声に気をつかうちょっと苦手な場所です。

C57 180牽引SLばんえつ物語@稲穂と裏磐梯
C57 180牽引SLばんえつ物語@稲穂と裏磐梯 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

SLばんえつ物語の運行も始まり何度か遠征するようになった9月17日、動画撮影に使用していたNikon Z6の画面の揺れが収まらなくなります。

ニコン東京SCの持ち込みはWeb予約制となり、土日は予約がいっぱいで修理に持ち込めない状況になりました。

Nikon Z6の後継機選びが必要になりますが、Nikon Zfの発売が発表になりました。

動画撮影はZ6iiに任せるとしてシャッター音を消せるサイレントシャッターで歪みがほぼ出ないNikon Z8かケーブルリモコンがつけられないヘリテージデザインのZfか二者択一となりますが、今回はNikon Z8を取り寄せしました。

9月24日に取り寄せして9月27日に入荷となりました。

また10月にようやくZ6の修理受付の予約が出来たのでニコン東京SCへ持ち込みました。

CMOSセンサーVRユニットの故障で見積額は約7万円、修理を依頼しました。

ここでNikon Zfの展示品に触れてみたのですが、その魅力にやられてしまいます。

まずはZ6の修理が優先と思っていましたが、工場での修理金額は約14万円ということで下取り価格の2倍くらいであることから修理を断念します。

そして塩漬けしていたNikon D500を買い取りに出し、Nikon Zfを予約することにしました。

Nikon Z8を試す中、最新の被写体認識AFの実力がわかったので、Nikon Zfを将来的には動画のメイン機としての位置づけにするためです。

また、Z8の試写を進める中、Z6iiが動画専用になったので4K60pで動画撮影を試すようになりました。

C57 180秋雨のSLばんえつ物語
C57 180秋雨のSLばんえつ物語 posted by (C)jun Nikon Z8 Z100-400mm

45MP機のNikon Z8の上限感度はISO25600であり明るいところでは良いですが、闇鉄をするには24MP機が必要と実感しました。

10月27日にNikon Zfが発売されましたが、予約が10月14日だったので当然私の予約分は入荷しませんでした。

この時点で4K60pで撮影できるのがNikon Z6ii、Z8の2台となり、2台同時に4K60p動画撮影するときは動画から静止画を切り出す必要があります。

D51復活35周年水上号
D51復活35周年水上号 posted by (C)jun Nikon Z6ii Z24-200mm

榛名山に沈む夕日のシルエットですが、4K60p動画切り出しです。

8MP相当あるので多少のレタッチ耐性もありSNS投稿用となら十分な画質があると思います。

立冬も過ぎ季節は初冬へ

この日は慶徳峠の空転で下りは90分以上の遅れとなりほぼ夜間走行となりました。

C57 180野沢発車
C57 180野沢発車 posted by (C)jun Nikon Z6ii 70-200mmf/2.8E FL

本来は野沢駅1637発車ですので一番日の入りが早い時期でも薄暮ですが、完全に夜の闇の中の撮影となりました。

Nikon Z8はZ6iiに対して露出1段分最高感度が弱いのでこちらも動画切り出しとしました。

闇鉄する機会が増える冬季にはNikon Zfが必要と感じます。

最後に動画です。

蒸気機関車2023年総集編 4K Steam Locomotive 2023

令和4年12月から令和5年12月まで、1年をかけて撮影した蒸気機関車4K動画総集編です。

東武鉄道SL大樹・SL大樹「ふたら」、大井川鐵道SLかわね路号、真岡鐵道SLもおか号、上越線D51 498+旧型客車・12系客車、釜石線C58 239SL銀河、秩父鉄道C58 363SLパレオエクスプレス、上越線D51 498水色ナンバープレート+12系客車、磐越西線C57 180+12系客車改SLばんえつ物語が登場します。

各SL列車と季節の進行順に構成しています。

美しい日本の四季を駆ける蒸気機関車の雄姿をお楽しみください。

1:36:04以降は4K60pで撮影しています。

12月2日のC57 180SLばんえつ物語撮影をもって蒸気機関車2023年総集編動画を締めました。

SL大樹のイルミネーション特別運行など年内には魅力的なSL運行が残っていますが、また別の機会に紹介したいと思います。

| | コメント (0)

2023年11月25日 (土)

【C57 180】SLばんえつ物語【喜寿HM】2023年晩秋総集編 4K60p JNR Class C57 SL Banetsu Monogatari

令和5年晩秋に撮影した蒸気機関車C57 180牽引SLばんえつ物語の4K60p総集編動画を公開したので紹介します。

サムネイルは豊実~徳沢にある豊実トンネル入口(60kmポストSカーブ)を行くSLばんえつ物語です。

C57 180晩秋のSLばんえつ物語@60kmポスト
C57 180晩秋のSLばんえつ物語@60kmポスト posted by (C)jun Nikon Z8 Z100-400mm

Nikon Z6の故障以来、Nikon Z8導入もありNikon Z6IIで動画を撮影するようになりましたが、せっかくなので4K60pで動画を撮影するようになりました。

晩秋のSLばんえつ物語としては10月21日、11月11日(寝坊と大幅な遅延で下りの闇鉄メイン)を撮影しましたが、三川発車の闇鉄で正面に木が生えていることに気付かず失敗したことからリベンジとして11月18日に磐越西線沿線に向かいました。

上りを3回撮影するには津川より前で撮影する必要がありますが、若干出遅れ気味で五十島到着が午前7時30分、線路西側のアウトカーブ側はすでに置き三脚が置かれていました。

ワンパターンですが、線路東側のインカーブ側に三脚を据えました。

C57 180晩秋のSLばんえつ物語@五十島
C57 180晩秋のSLばんえつ物語@五十島 posted by (C)jun Nikon Z8 Z24-120mm

手前は針葉樹、背景の山が若干紅葉していましたが、ちょっとわかりにくいですね。

列車を待つ間に雨が降ったり、霰(アラレ)が降ったりでしたが列車通過時は雨が上がりました。

ここは9時過ぎにレンタカーの鉄がたくさんやって来ます。

新幹線で新潟入りしてレンタカーを借りるとこの時間になるのかもしれません。

続いて三川ICから磐越道に入り津川ICで降りて大巻橋梁を目指しました。

豊実トンネル手前に差し掛かった時、車が2台で場所が確保できそうなので少し離れた広場に車を置いてこちらで撮影することにしました。

(写真は冒頭のとおりです。)

ここではよくお会いする女子鉄さんとX(旧Twitter)の会ったことがなかった新潟在住の相互フォローさんと一緒になりました。

次はどこで撮影するかという話になりましたが、「ここで撮影したので川吉は厳しい。」と言ったところ小布施原の柿の木カーブを先週日曜日に有志が草刈りをしたという話を聞き3発目は小布施原の柿の木カーブに決めました。

五十島では「柿の木カーブは草ボウボウ。」と聞いていたので諦めて電化区間へ行こうと思っていたところでした。

C57 180晩秋のSLばんえつ物語@柿の木カーブ
C57 180晩秋のSLばんえつ物語@柿の木カーブ posted by (C)jun Nikon Z8 Z24-120mm

この時だけ一瞬晴れたので面つぶれ気味ですが、久しぶりに柿の木カーブで撮影できました。

川吉Sカーブで撮影した10月21日は柿がたくさん実っていましたが、だいぶ減ってしまいました。

ここでご一緒した人たちと別れた後、山都そば伝承館で昼食、そして一ノ戸川橋梁へ向かいました。

一ノ戸川橋梁は鉄橋南側のギラリを撮影できないままでいたのでそれを狙いましたが、15時50分頃一瞬日が差しましたが、SLばんえつ物語通過時は太陽は雲に隠れてしまいました。

この後は磐越道で一気に三川へ向かいました。

三川は一番乗りでしたが、すぐ後からおベンツ様など追っかけが2組来ました。

日没後でしたが、まだ線路をなんとか目視できる状態でしたので、前回より少し後ろに三脚を構えました。

若干遅れていつもの女子鉄さんもやって来ました。

Z8には厳しい環境でしたのでZ6IIの動画一本に絞りズームアウトとパンニングに全集中しました。

C57 180晩秋のSLばんえつ物語@ススキと夕闇の三川発車
C57 180晩秋のSLばんえつ物語@ススキと夕闇の三川発車 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

ヘッドライトに照らされた線路とススキの穂が美しかったです。

C57 180晩秋のSLばんえつ物語@闇鉄三川発車
C57 180晩秋のSLばんえつ物語@闇鉄三川発車 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

この2枚は動画切り出し画像を3:2にトリミングしたものです。

列車到着前は月が見えていましたが、SLばんえつ物語発車時には雨が降り出してしまいました。

三川発車はリベンジできたと思います。

この写真にC57 180に光が当たっているのは後ろで写真を撮っていたお爺さんたちが車のヘッドライトの灯りを当てていたもので、マナーとしてはよろしくないですね。

2023年は11月8日に立冬を迎えていて暦の上では初冬と言える時期ですが、11月なので晩秋とさせていただきました。

最後に動画です。

【C57 180】SLばんえつ物語【喜寿HM】2023年晩秋総集編 4K60p JNR Class C57 SL Banetsu Monogatari

令和5年晩秋に撮影した蒸気機関車C57 180牽引SLばんえつ物語の4K60p動画です。

蒸気機関車C57 180は令和5年8月8日に製造から77年を迎えました。

C57 180が牽引するSLばんえつ物語は晩秋の磐越西線を力強く駆け抜けました。

響き渡るドラフト音と郷愁の汽笛、森と水とロマンの鉄道磐越西線の美しい景観の中を走る蒸気機関車C57 180 SLばんえつ物語の走りを4K60pの高精細かつ滑らかな映像でお楽しみください。

さて、Nikon Zf発売から4週間が経過しましたが、今のところ音沙汰がありません。

新ファームが公開され、出荷第2弾の噂もありますが、今のところ待ちの状態です。

今回の動画でも挑戦した闇鉄動画ですが、Nikon Z8には荷が重いので改めてZ6系の24MB裏面CMOSの優秀さを実感したところです。

早く来い来いZf♪

| | コメント (0)

2023年11月11日 (土)

蒸気機関車2023夏~秋 4K60p Steam Locomotive 2023 summer to autumn

令和5年夏から秋にかけて撮影した蒸気機関車の4K60p動画総集編を公開したので紹介します。

その前に前回、フォト蔵さんの不具合で貼れなかった写真を1枚

D51復活35周年水上号
D51復活35周年水上号 posted by (C)jun Nikon Z6II Z24-200mm

4K動画切り出しですが、榛名山に沈む夕日とD51 498シルエットです。

それでは、本題に入ります。

知り合いの鉄子さんが4K60pで動画をYouTubeにアップしていてその高精細さ、動きの滑らかさに感動しました。

その影響を受けて今年は4Kで動画を撮影しアップしてきましたが、私の撮影環境(Nikon Z6)が4K30pまでであったので60pと比較するとコマ送り感は否定できないものがありました。

7月のパレオエクスプレス撮影時に2方向同時撮影をした場所等からNikon Z6IIによる4K60p動画を試写してみました。

SLパレオエクスプレス@白久駅先
SLパレオエクスプレス@白久駅先 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-120mm

64GBのXQDカードで4K60p動画は22分強しか撮影できず、1日の動画全般を撮影するには厳しいものを感じます。

そんな中、9月のSLばんえつ物語撮影中にNikon Z6が故障しました。

具体的にはCMOSセンサーVR(手振れ補正)の故障により画面の揺れが収まらなくなる状態です。

ニコン東京SCに修理に出すにも予約が必要で、土日はほぼ埋まっている状態。

修理に出したくても出せない状態となりました。

そんな中、Nikon Zfの発売発表があり、予約が開始されました。

Nikon Zfを予約するかNikon Z8を取り寄せる大いに迷いますが、積層センサーで無音シャッターが切れるNikon Z8の方が私には必要と感じてヨドバシカメラでZ8を取り寄せました。

取り寄せ時に2024年1月入荷と言われましたが、取り寄せ4日後の9月27日にZ8入荷の電話がかかってきました。

モノサク等でのNikon Z8の試写をしましたが、モノサクのような開けた場所でのNikon Z8の被写体認識は良好でした。

10月には平日休みをもらってようやくNikon Z6の修理に出すことが出来ました。

その時、ニコン東京SC(新宿)でNikon Zfの実機に触れてみましたが、その魅力に憑りつかれました。

その後、Z8の試写も兼ねてSLばんえつ物語の撮影に向かいました。

動画機はNikon Z6IIとなりましたが、まだ4K30pでの撮影でした。

早出川でSL通過待ちをしている時にNikonのミラーレスで動画を撮影されている方と一緒になりいろいろ動画の話となりました。

その方はいわゆるRAW動画も撮影されていて4K60pと30pでは30pではコマ送りみたいだという話となりました。

その人はYouTubeに動画を上げていないのでもったいないと感じた次第です。

また、この撮影でNikon Z8の被写体認識の作動状況・癖などを概ね把握しました。

その後、ニコンSCより電話連絡があり、Z6の修理価格が見積もりの倍の金額となると伝えられ、修理を断念しました。

そして10月14日塩漬けしていたD500x2とキットレンズ等を処分し、Nikon Zfの予約の流れとなります。

Nikon ZfはDX(APS-C)の範囲内で4K60p動画が撮影できるのはZ6IIと同様ですが、Z9,8で実装された被写体認識が出来るようになっており、Zfを入手したら4K60p動画に移行しようと思うようになりました。

そして、10月21日のSLばんえつ物語の撮影から4K60pの試写を再開しました。

メディアはZ8購入時のポイントで入手したCFexpressカード256GBを4K60p動画用に転用し、元々動画用に使用していた128GBのCFexpressカードをZ8の静止画用としました。

(CFexpressカード128GBで4K60p動画が40分強撮影可能)

C57 180秋雨のSLばんえつ物語
C57 180秋雨のSLばんえつ物語 posted by (C)jun Nikon Z8 Z100-400mm

10月27日Nikon Zfが発売されましたが、予約が10月14日だったので入手できませんでした。

そんな中、倉ケ崎SL花畑の秋桜が満開と聞き、SL大樹の撮影に赴きました。

満開の秋桜とSL大樹4号
満開の秋桜とSL大樹4号 posted by (C)jun Nikon Z8 Z24-120mm

今年の秋桜は咲き方が見事でしたが、風に揺れる秋桜を4K60pの高精細かつ滑らかな動きで表現できたと思います。

11月3日にはD51復活35周年水上号が運行され、三連休の初日の大渋滞を抜けてD51 498の雄姿を撮影しました。

D51復活35周年水上号
D51復活35周年水上号 posted by (C)jun Nikon Z8 Z100-400mm

Nikon Z6IIの4K60p動画では電子手振れ補正が使えないので手持ち撮影となる水上駅転車台広場ではNikon Z8を使用しました。

Z8は動画で使うつもりはなかったのですが、4K60pでも電子手振れ補正が使えて撮影範囲もFX(フルサイズ)でも使えるので狭い場所での手持ち撮影に活用するかもしれません。

こちらでは以前、秩父鉄道撮影で知り合ったNikon Z9使いの方と再会できました。

動画に影響が出ないようにZ9の無音シャッターを使っている方です。

最後に動画です。

蒸気機関車2023夏~秋 4K60p Steam Locomotive 2023 summer to autumn

令和5年夏から秋にかけて撮影した蒸気機関車の4K60p動画総集編です。

秩父鉄道C58 363SLパレオエクスプレス、磐越西線C57 180SLばんえつ物語、C11 325&C11 207SL大樹、上越線D51 498 D51復活35周年水上が登場します。

まだ撮影機材が揃わないので試行段階ですが、逐次Nikon Z6IIを使用し4K60pで動画撮影をしています。

4Kの高精細な画像と60pの滑らかな映像をお楽しみください。

そんなわけで、4K60pで撮影した4回分の撮影記録を一つの動画にまとめてみました。

4K60p動画の編集は私の環境では動画の長さに対して約6倍のレンダリング時間がかかります。

正直、FHD60pを極めた方が合理的な気がします。

しかし、さらなる高みを目指そうと思います。

Nikon Zfが入手できるまで複数方向4K60p動画と静止画の3台同時撮影は不可能なので、しばらくは4K60p動画撮影は試行段階ということになります。

時間と手間はかかりますが、得られる高精細かつ滑らかな動きの動画には代えられないのでしばらく試写を続けてみます。

静止画メインでついでに動画を録る人はたくさんいますが、私のようにミラーレス動画メインでサムネイル用を兼ねて静止画を撮っているのは少数派かもしれません。

しかし、おかげさまでYouTubeチャンネルの登録者数が9300人を越えました。

どうせならキリの良い数字を目指したいと思いますのでよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2023年10月22日 (日)

【C57 180】SLばんえつ物語【磐越西線】2023年晩秋4K60p

令和5年10月21日に撮影した蒸気機関車C57 180牽引SLばんえつ物語の4K60p動画を公開したので紹介します。

今年から4K30pで動画を撮影・YouTube投稿していますが、より高みを目指すため4K60pの動画を撮影してみました。

Nikon Z6の故障・引退、Nikon Z8の導入で今まで静止画用だったNikon Z6IIを動画用に回せるようになったので4K60pに挑戦することにしました。(但し撮影範囲はDX・APS-Cサイズ)

さて生憎の荒天ですが土曜日にSLばんえつ物語の撮影に出かけました。

動画のサムネイルは川吉Sカーブに挑むC57 180です。

C57 180秋雨のSLばんえつ物語
C57 180秋雨のSLばんえつ物語 posted by (C)jun Nikon Z8 Z100-400mm

Nikon Z8を使用した磐越西線訪問は先々週に続き2度目となります。

出来れば曇りがいいのですが、撮っておきたい場所は川吉Sカーブ。

人気があるのでそれなりに早く到着する必要があります。

今年はクマ出没のニュースが話題になっており、1人で何時間も川吉で列車を待つのは怖いものです。

SLばんえつ物語は2度の長時間停車を利用して3回撮れるところを一つ飛ばすことにしました。

最初の撮影場所は三川~津川にある鳥居上のSカーブです。

こちらは雨が強く降っており、動画のみの撮影としました。

津川駅15分の停車時間でそのまま川吉Sカーブへ行ったので深戸橋梁撮影組などに比べて15分以上先行することになり、川吉Sカーブでも最前列内側を確保できました。(先着者は3名)

川吉Sカーブや利田踏切など人気の撮影地へ行く場合は撮影地を一つ飛ばしすることが多いです。

C57 180秋雨のSLばんえつ物語縦
C57 180秋雨のSLばんえつ物語縦 posted by (C)jun Nikon Z8 Z100-400mm

こちらは縦にトリミングしたものですが、45MPもあるので余裕です。

被写体認識(乗り物)にして列車が見えてからレリーズすると列車の先頭を自動的に追ってくれるので、その分動画のパンニング・ズームアウトに集中でき、とても楽が出来ます。(しかも積層センサーによる無音シャッター)

さて、川吉での撮影を終えて車に戻る途中、動画仲間のTさんに会いました。

深戸橋梁から川吉踏切先へ来たようです。

上りの撮影はここで終了して、山都のそば伝承館で昼食としました。

返しはどこで撮るか悩みましたが、下草が減ってきた山都Sカーブにしました。

ここでもTさんとは一緒でした。

往路は15分くらい遅れていましたが、山都発車時点で24分遅れとなっており露出は限界でした。

C57 180秋雨のSLばんえつ物語
C57 180秋雨のSLばんえつ物語 posted by (C)jun Nikon Z8 Z24-120mmf/4S

広めに構えたつもりでしたが、窮屈は画面となってしまいました。

被写体認識は画面左1/3辺りから検出して概ね正確に追ってくれましたが、感度はオートでISO20000になったので絵はザラザラです。

24MP機にZ8のAFが載ったらいいのにと思ってしまいます。

この後は野沢駅で発車を車窓から眺めて三川駅へ向かいました。

三川は土砂降りだったので、津川漕艇場へ行きました。

真っ暗で分かりにくいのですが、清川小学校踏切の対岸付近にカメラを構えました。

こちらは小雨だったのでZ6IIにZ28-75mmf/2.8を装着し、レインカバーをかけて動画のみ撮影しました。

VR無しのレンズなのに電子手振れ補正を入れるのを忘れました。

今後また同様に録るなら85mmf/1.4Gが良いかもしれません?

(動画をご覧ください)

最後に動画です。

【C57 180】SLばんえつ物語【磐越西線】2023年晩秋4K60p JNR Class C57

令和5年10月21日に撮影した蒸気機関車C57 180牽引SLばんえつ物語の4K60p動画です。

蒸気機関車C57 180は令和5年8月8日に製造から77年を迎えました。

C57 180が牽引するSLばんえつ物語は晩秋の磐越西線を力強く駆け抜けました。

響き渡るドラフト音と郷愁の汽笛、森と水とロマンの鉄道磐越西線の美しい景観の中を走る蒸気機関車C57 180 SLばんえつ物語の走りを4K60p映像でお楽しみください。

私の今の環境で4K60pは映像出力に動画の長さの約6倍の時間がかかります。

しかし、4K30pと比べてしまうと滑らかな動きは何物にも代えられません。

来年は4K60pで動画制作をしたいと思います。

また、故障していたNikon Z6でしたが、当初の修理見積額が下取り価格くらいだったのですが、修理するにはその倍の部品代がかかることがわかり、断腸の思いですが修理を断念しました。(中古を買った方が安い?)

また私の環境で4K60pで動画を録れるカメラはZ6II、Z8だけですので、複数方向動画を録る場合に静止画を断念する必要があります。

思い悩んだ末、Nikon Zfを予約しました。

10月27日発売予定ですが、私の元へいつ届くことやら…

Nikonは寝て待てですね。

 

| | コメント (0)

2023年10月 9日 (月)

【C57 180】SLばんえつ物語【喜寿HM】2023年仲秋(秋色の磐越西線とNikon Z8の試写)

令和5年9月から10月にかけて撮影した蒸気機関車C57 180牽引SLばんえつ物語の動画を公開したので紹介します。

9月のSLばんえつ物語撮影でNikon Z6が故障し、新たにNikon Z8を導入しましたが、その試写を兼ねての磐越西線訪問となりました。

動画のサムネイルは早出川橋梁を渡るSLばんえつ物語です。

C57 180牽引SLばんえつ物語@早出川
C57 180牽引SLばんえつ物語@早出川 posted by (C)jun Nikon Z8 Z24-120mm

この日は最初、大関道踏切(能代川橋梁先)へ午前6時に行きましたが置き三脚があり、第2中野踏切も稲が刈り取られた後であったので早出川橋梁で撮影しました。

約4時間の待ち時間がありますが、豊田ナンバーのニコン使いの方と楽しく会話をしたので退屈しませんでした。

Z8はサイレントシャッターにしてもローリング歪みがほぼ出ないので動画カメラと近くてもシャッター音を気にしなくてもよいですが、隣のおじさんのカメラのシャッター音がうるさかったです。

今回はNikon Z8の試写ということもありオートエリアAFと被写体認識オートで基本的に撮っています。

ちょうど薄曇りであったので次は久しぶりに利田踏切へ行ってみました。

C57 180牽引SLばんえつ物語@利田踏切
C57 180牽引SLばんえつ物語@利田踏切 posted by (C)jun Nikon Z8 Z100-400mm

こちらでは木々の間を抜けるSLを認識するかのテストです。

影に入った部分は手前の木にピントが持っていかれました(被写体認識オートの場合です)

ここもギリギリに来る人が多くて困る場所ですが、やっぱりギリギリに来た夫婦がおしゃべりして動画音声に入ってしまいました。

10mのケーブルでマイクを離していますが、声はやっぱり入ります。

現在動画編集に使っているパワーディレクターVer.21で音声をトリミング処理しましたが、出来ればあまりやりたくない処理ですね。

利田踏切の後は川吉方面の場所取りは厳しいので一気に会津盆地へ降りて第2学校踏切へ行ってみました。

ここは2021年12月のSL X'masトレイン以来の訪問です。

踏切より一つ前の農道が障害物が少なくてよいのですが、稲が干してあり踏切わきに撮影者が集まっていました。

このやり方は束たて・わら立てなどと呼ばれているそうです。

稲架掛け(はさがけ)や杭掛けと比べるとシンプルですね。

このように稲を天日干しするとうま味と養分が増すそうです。


SLばんえつ物語@第2学校踏切 posted by (C)jun Nikon Z8 Z100-400mm

この後は久しぶりに舞台田でも行こうと思っていたのですがX(旧Twitter)で尾登に秋桜が咲いていることを知りそちらへ向かいました。

2021年9月に満開の秋桜の動画のみ撮影しましたが、今年の9月にロケハンしたときは秋桜の姿はありませんでした。

現地で聞いた話では今年は雨が降らなくて秋桜が生育しなかったようです。

尾登の秋桜(花ピン)とC57 180
尾登の秋桜(花ピン)とC57 180 posted by (C)jun Nikon Z8 70-200mmf/2.8E FL

SLばんえつ物語は6分遅れで呑曇りでしたのでZ100-400mmから70-200mmf/2.8E FLにレンズ交換しました。

こんな時も電源オフでセンサーシールドが作動するNikon Z8は有難い存在です。

通過5分前くらいに姥堂からの転戦組がやって来ました。

Nikon Z9に600mmを付けた方が花ピンにするというので参考に見せてもらいました。

私の方は被写体認識オートで列車を認識せずに花ピンとなってしまいました。

この後は野沢の10分停車を利用して、徳沢橋梁へ行ってみました。


C57 180牽引SLばんえつ物語@阿賀野川徳沢橋梁 posted by (C)jun Nikon Z8 70-200mmf/2.8E FL

尾登での花ピンに懲りてワイドAFエリアL・被写体認識乗り物に設定しました。

すると鉄橋のトラスの間から列車が見えた時から被写体認識をして機関車を追ってくれました。

今までのNikon Z6IIだとこの暗さならAF-Cが迷うのでAF-Sで置きピンをしていましたのでNikon Z8は頼もしいです。

但し、45MPと24MPでは高感度耐性が違いますので限界のISOを設定しないといけませんね。

感覚的には裏面CMOSのD500と同じレベルだと思うのでISOオート上限をISO20000にしています。

ここから三川の発車は時間的に厳しいのでここで撤収しました。

最後に動画です。

【C57 180】SLばんえつ物語【喜寿HM】2023年仲秋(秋色の磐越西線と蒸気機関車C57) 4K SL Banetsu Monogatari JNR Class C57

令和5年9月から10月にかけて撮影した蒸気機関車C57 180牽引SLばんえつ物語の動画です。

蒸気機関車C57 180は令和5年8月8日に製造から77年を迎えました。

C57 180が牽引するSLばんえつ物語は黄金に輝く稲穂、刈入れを終えた田んぼ、蕎麦の白い花、秋桜、ススキの穂など仲秋の磐越西線を力強く駆け抜けました。

響き渡るドラフト音と郷愁の汽笛、森と水とロマンの鉄道磐越西線の美しい景観の中を走る蒸気機関車C57 180 SLばんえつ物語の走りを4K映像でお楽しみください。

さて、Nikon Z8のAF設定はワイドAFエリアL・被写体認識乗り物が最適と思いました。

Nikon Z6は修理中ですが、今後の体制も検討していきたいと思います。

4K60pで撮れるのは今のところZ6IIとZ8だけですので、被写体認識を使いこなせれば最新のNikon Zfもありかなと思ったのでした。

その前にNikon Z6の修理代を何とか捻出しないといけませんね。

磐越西線は紅葉の時期に再訪したいと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧