ディーゼル機関車

2020年7月16日 (木)

NIKKOR Z24-200mmf/4-6.3VR導入・試写(ぽっぽの丘編)

NIKKOR Z24-200mmf/4-6.3VR試写の続きで小湊鐵道で撮影の後、午前10時から営業開始するぽっぽの丘へ行ってみました。

いすみ鉄道の撮影に行くたびに寄りたいと思いつつなかなか行けずじまいでしたが、国鉄型気動車急行の運行開始が大多喜1137発なので時間調整にちょうど良い形になりました。

駐車料金1000円を払いぽっぽの丘へ入場します。

クモニ83006
クモニ83006 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mmVR

東芝府中工場から搬入されたクモニ83006、現在修復中の仮の姿を見せてくれました。

車のクラクションのような音がしてうるさいなあと思っていたら入換動車が車掌車を牽いて小運転していました。

係員にどうやって乗るのかと聞く「そのまま乗ってください。」と言うので早速ヨ5000に乗り込みました。

2軸貨車(車掌車)の乗り心地はダイレクト感があるというか連結器の遊びの衝動がたまらないです。

ちなみにヨ8000の便所は施錠されていました。

10t入換動車
10t入換動車 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mmVR

写真ではヨ8000と切り離されていますが、車掌車とつないだ状態で数往復し、切り離した後も入換え動車のデッキに乗ることが出来ました。

続いて元銚子電鉄の展示車両です。

銚子電鉄デハ701@ぽっぽの丘
銚子電鉄デハ701@ぽっぽの丘 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mmVR

私が銚子電鉄に初めて乗ったのが初日の出臨のデハ701でした。

実に懐かしいです。

元銚子電鉄デハ702
元銚子電鉄デハ702 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mmVR

こちらは入換動車のデッキから撮影しました。

梅雨の中休みで暑かったのですが、ちょうど涼風が当たるスポットでした。

入換動車を運転していたオーナーさん?の話によるとぽっぽの丘の保存車両は各保存団体に場所を提供しているとの事。

屋外展示で屋根がないので5年を目安に再塗装しているとの事でした。

こちらでの撮影は展示物の記録ですので小型軽量なZ6+Z24-200mmの組み合わせはベストマッチでした。

ぽっぽの丘と言えば生みたて卵の販売ですが、その卵を利用した卵かけごはんを食べてみることにしました。

こちらの営業は午前11時からとなっており、デハ702の写真の後方に見えるいすみ204の車内で食べることが出来ました。

腹ごしらえも出来たのでいよいよいすみ鉄道へ向かいました。

続く

| | コメント (0)

2020年7月 6日 (月)

【C11 207】梅雨空の鬼怒川線SL大樹【汽笛】20200705

東武鉄道鬼怒川線を走るC11 207牽引SL大樹、3か月ぶりに運行再開したので訪問してきました。

7月4日は寝坊と天候不良で撮影断念、5日のSL大樹2号・5号のみをSL撮影リハビリを兼ねて撮影です。

1号は時間的に間に合わなかったので倉ケ崎SL花畑を直接目指しました。

SL大樹2号汽笛version
SL大樹2号汽笛version posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-70mmf/4S

 

SL大樹2号白煙version
SL大樹2号白煙version posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-70mmf/4S

白煙だったので煙が見えるように林をバックにしてみました。

蕎麦の花が咲き乱れる中、SL大樹2号はやって来ました。

前回の撮影が3月上旬のイルミネーションと花火の時期でしたので地元の方々の努力には頭が上がりません。

4月初めに大井川鐵道を撮影したころ、倉ケ崎SL花畑で菜の花が咲いているのを知りましたが、新型コロナウイルス感染防止でSL大樹が運休となり撮影できないまま時間だけが過ぎ去りました。

曇天の天気から雨が降り出しましたが、カメラに防水処置をしてSL大樹5号の撮影をしました。

 

SL大樹5号
SL大樹5号 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-70mmf/4S

下り坂なので煙は期待できませんが単式のコンプレッサーの排気がいい感じに出ています。

冬の撮影では水鏡を楽しんだハート形の池には蓮の花が咲いていました。

12.4kmの短い走行距離、撮影場所が限られる東武鬼怒川線で倉ケ崎SL花畑は季節ごといろいろな姿を見せてくれます。

幸せの黄色いハンカチもいい感じですね。

雨脚が強くなり、翌日の仕事のことを考えてここで撤収しました。

日光宇都宮有料道路が土日無料開放をしていたので国道119号線の渋滞を避けることが出来たのも併せて紹介しておきます。

さて最後に動画です。

【C11 207】梅雨空の鬼怒川線SL大樹【汽笛】20200705

梅雨空の東武鉄道鬼怒川線は走る車両たちとC11 207牽引SL大樹の動画です。

新型コロナウイルス感染拡大防止の緊急事態宣言が解除され鬼怒川線にSL大樹が戻って来ました。

倉ケ崎SL花畑では蕎麦の花と蓮の花が見ごろでした。

SL大樹2号5号と東武鬼怒川線を走る6050系、リバティ、253系1000番台が登場します。

生憎の天気でしたが、4箇月ぶりにC11 207のドラフト音・汽笛を楽しむことが出来ました。

北斗星カラーのDE10やC11 325の入線も待ち遠しいです。

| | コメント (0)

2020年6月21日 (日)

KATO C56小海線入線

新型コロナウイルス感染拡大防止のための県外移動自粛が解除されましたが、以前から欲しかったKATO C56小海線が我が家に入線しました。

GW前に県内で平日限定営業になっていた某模型チェーン店で品定めしていたC56小海線が売り切れになったので、久しぶりに江戸川を越えて下町の模型店で購入しました。

我が家からは京葉道路花輪IC~篠崎~首都高7号線~小松川JCT~首都高C2~四ツ木ランプ経由で約45分でした。

(我が家から京成沿線は少し出にくいのと3密を避けるためです。)

以前、KATO C62東海形やEF58 61を購入した模型店で定価の20%OFFというのもありがたいです。

KATO C56小海線
KATO C56小海線 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-70mmf/4S

ナンバープレートは清里駅前に静態保存されているC56 149を選択しました。

中込所属機で小海線で活躍した4両のC56 144,149,150,159のナンバープレートが付属しています。

静態保存されているC56 149は清里で修復後の姿を撮影したはずですが、残念ながら今回は写真が見つかりませんでした。

この製品そのものにはスノウプラウはついていませんが、ASSYパーツC12 スノープロウをKATOの通販で取り寄せて取り付けました。

このパーツは4個入りで同社のC11にも取り付け可能です。

前面のダミーカプラーと排障器を外して排障器の代わりにスノウプラウを取付けダミーカプラーを元に戻せば完成です。

実車が付けているスノウプラウとは少し形が違いますね。

炭水車には付属のCSナックルカプラーを取付けました。

スノウプラウを取付けると前面がダミーカプラー固定になるのでバック運転・重連用にもう一台C56が欲しくなってしまいます。

さてC56小海線で再現したいのは昭和46年ころまで運転されていた小海線(中込機関区)のC56が牽引する臨時列車八ヶ岳高原号です。

当時、中込のC56は小海線で1日2往復の貨物列車の定期仕業(うち2本は夜間運転)を持っていましたが、旅客仕業は臨時列車だけだったそうです。

GW以降の夏山シーズンの週末に運転された臨時列車で、新宿を午前1時に発車する野辺山行き八ヶ岳高原号は岡谷行きの霧ケ峰高原号と併給し中央本線を西へ進み小淵沢で分割されます。

小淵沢で分割された3両の旧型客車はC56の牽引となり33/1000の勾配を登り終着駅野辺山駅を目指します。

当時は国鉄標高最高地点付近の八ヶ岳バックの鉄橋が有名撮影地で多くの作品が残されています。

この他に上野発小諸経由小海行き臨時急行こうみ号(旧型客車3両)や定期の貨物列車に客車を連結した臨時列車などがあったそうです。

昭和47年ディーゼル機関車DD16の登場で臨時列車八ヶ岳高原号はDD16牽引臨時急行八ヶ岳51号となりC56の使命は終わりました。

昭和48年に小海線で2か月間復活運転したC56 94は飯山線で活躍した機関車でした。

私が撮影した小海線というと小淵沢の甲斐駒ヶ岳バックのオメガカーブでしょうか?

一応、DD16牽引の客車列車を撮影しています。

DD16 302牽引オハフ50眺望車
DD16 302牽引オハフ50眺望車 posted by (C)jun

こちらは五能線ノスタルジックビュートレインのオハフ50眺望車が列車のDC化(リゾートしらかみ)となり高崎へ転属して来た頃のものです。

眺望車は五能線・上越線・小海線で乗車することが出来ました。

臨客に乗った帰り道の撮影で夏山シーズンの夕方なので空が霞んでいますが、この雄大なロケーションを走るC56を見てみたかったです。

小海線C56現役末期に私は生まれてはいましたが、幼児のころのお話ですので詳しい記事を紹介します。

編集長敬白アーカイブ

http://rail.hobidas.com/blog/natori09/sp/archives/2007/05/post_527.html

KATOの製品紹介

http://www.katomodels.com/product/n/c56

KATOのC56製品紹介サイトではスハフ42、スハ43などとなっていますが、画像検索するとナハ10系やオハ46、オハ47の姿も見られます。

青い旧型客車3両とC56の編成も良いですが、ワフやツムを連結した高原の貨物列車や混合列車再現も良いですね。

 

 

 

| | コメント (0)

2018年12月23日 (日)

【D51 498】9136レ臨時快速SL YOGISHAよこかわ号【旧型客車】平成三十年冬至

平成三十年冬至に運行されたD51 498牽引9136レ臨時快速SL YOGISHAよこかわ号の撮影について紹介します。

 

D51 498牽引臨時快速SL YOGISHAよこかわ号
D51 498牽引臨時快速SL YOGISHAよこかわ号 posted by (C)jun Nikon D500 50mmf/1.8G

 
平成最後の夜汽車を撮影すべく信越本線安中へ行ってみました。
 
最初に上り9136レ安中駅発車の撮影場所を確保し、次いで下り9135レDL YOGISHAよこかわ号の撮影に向かいました。
 
今回は高崎発1608発安中1625着であったので薄暮のDL  YOGISHAよこかわ号を撮影できることから安中の碓氷川の鉄橋へ行ってみました。
 

DD51 888牽引9135レDL YOGISHAよこかわ号
DD51 888牽引9135レDL YOGISHAよこかわ号 posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

 
この撮影地は車なら数分の距離なので下りDLを撮影後、安中へ移動しました。
 
昨年のSL YOGISHA碓氷号では2台の一眼レフを使用し、300mm相当の望遠と70mmの中望遠の動画を撮影しましたが、この撮影場所は線路沿いの障害物が多いので中望遠の動画(Nikon D750+24-70mmF2.8G)に絞り、写真はNikon D500+50mmf/1.8Gで1/60秒で軽く流して撮影することにしました。
 
カメラを設定しているうちに安中貨物が到着、EH500の入換えを見ることが出来ました。
 

EH500-62
EH500-62 posted by (C)jun Nikon D500 50mmf/1.8G

 

安中駅1811着、D51 498牽引9136レSL YOGISHAよこかわ号は定刻に発車しました。

 

D51 498牽引臨時快速SL YOGISHAよこかわ号
D51 498牽引臨時快速SL YOGISHAよこかわ号 posted by (C)jun Nikon D500 50mmf/1.8G

 

D51 498牽引臨時快速SL YOGISHAよこかわ号
D51 498牽引臨時快速SL YOGISHAよこかわ号 posted by (C)jun Nikon D500 50mmf/1.8G

 

昨年は動画切り出し画像で妥協しましたが、今回はF2.8ズームより明るい50mmf/1.8Gを使用することによってそれなりに見れる写真となりました。

かなり連写しましたが合焦し、流し撮りのタイミングが合った写真は2枚でした。

国道の歩道から撮ったらどうなるのか気になるところではあります。

 

動画だと車の音がうるさい、大型車通過による振動などでダメでしょうけど…

 

最後に動画です。

 

【D51 498】SL YOGISHAよこかわ号【旧型客車】平成三十年冬至  Nikon D750 24-70mmf/2.8G
 
平成最後の夜汽車D51 498牽引旧型客車9136レ臨時快速SL YOGISHAよこかわ号の動画です。
安中(碓氷川)の鉄橋を渡るDD51 888牽引DL YOGISHAよこかわ号、EH500-62安中駅構内入換、D51 498牽引SL YOGISHAよこかわ号安中駅発車の構成になっています。
この動画はNikon D750を使用した一眼レフ動画です。
 
かくして平成最後の夜汽車の撮影は無事終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月28日 (日)

DD51重連DLレトロみなかみ2017.10.14

2017年10月14日に運転されたDD51重連+旧型客車5BのDLレトロみなかみ号の撮影について投稿します。
 
D51 498が中間検査Aに入場しC61 20全検明けまでの空白の1ケ月間にDD51重連やEF64重連のみなかみ号が運行されました。
 
DD51はなかなか単独の列車で撮る機会がないので友人と上越線沿線に出かけました。
 
最初は下牧のベイシア裏のS字カーブへ行ってみましたが、ネタ列車らしく集団場所取りされており、北上して諏訪狭へ行ってみました。
 

DD51 842+DD51 895+旧客5B
DD51 842+DD51 895+旧客5B posted by (C)jun Nikon D500 

 
俯瞰気味に狙うS字カーブは理想の曲線ですが、ワイヤーの処理が難しいです。
 
DD51の場合はここでいいかと思います。
 
紅葉の時期に訪れてみたい場所でした。
 
続いて水上へ
 
 

貨物用でSGを積んでいない800番台ですが、旧型客車が良く似合います。

最後に動画です。

【DD51重連】DLレトロみなかみ【旧型客車】20171014

磐越西線や磐越東線で活躍していたDD51を思い出しました。

現在、C57 180が故障でDE10が代走中のばんものもDD51牽引だったらうれしいのですが…

この翌週にはEF64重連のELみなかみ号が運転されましたが、この手のネタには懲りたので参戦しませんでした。

2年間休止していた当ブログも回復運転の結果、1年遅れまでになってきました。

これからもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月26日 (金)

SL大樹DL代走とSLもおか号2017.10.7

復活当初、故障が続きDL代走となることが多かったSL大樹、同じ栃木県内のSLもおか号と掛け持ち撮影ができるか試してみました。

まずは新高徳のS字カーブでDL代走の大樹を撮影しました。
 
【DE10】SL大樹ディーゼル機関車代走【14系】
 
私はあえてDL代走を撮影しましたが、中にはSL大樹狙いで来てがっかりする一幕もありました。
こちらで大樹1号を撮影ののち、R119・宇都宮環状道路・新R4バイパス・r64・r69経由で市塙へ、余裕でSLもおか号に間に合いました。
 

SLもおか市塙発車
SLもおか市塙発車 posted by (C)jun Nikon D500

曇り空ということもあり素晴らしい煙とドレインを残してC12 66SLもおか号は走り去りまし た。

この後、SLキューロク館で時間調整後、北真岡へ

 

秋桜とSLもおか
秋桜とSLもおか posted by (C)jun Nikon D500

秋桜が咲き乱れる北真岡をSLもおか号は軽快に走り抜けました。  

最後にSLもおか号の動画です。

 
【C12 66】秋色のSLもおか号【秋桜街道】20171007
 
背景の桜並木は葉が散ってしまい秋桜だけが揺れていました。
 
SL大樹1号と下りSLもおか号の掛け持ちは十分可能であるとの結論に至りました。
 
1日3往復運行されるSL大樹と1往復のSLもおか号、どちらを先に撮影しても掛け持ち出来ますが、帰りのことを考えるとSL大樹を先に撮影したほうがよさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

C12 66SLもおか号2016.12

2016年最後に撮影したSLもおか号。

この日の運用はC12 66でした。
 

C12 66運行前の整備
C12 66運行前の整備 posted by (C)jun Nikon D500

まずは真岡駅へ向かいその日の機関車を確認します。
 
真岡にはNHKのクルーが来ていました。
 
後日、NHKで真岡鐡道を利用する高校生のドキュメンタリー番組が放送されています。
 
寺内で回送を撮影後、市塙へ向かいましたが…
 
 
SLもおか号白煙とドレイン
SLもおか号白煙とドレイン posted by (C)jun Nikon D500
 
なんと後ろにDE10が付いていました。
 
この後は天矢場の有料撮影地で上りを撮影しましたが、DE10のアシストで煙は全くでない状態でした。
 
最後に動画です。
 
【C12 66】SLもおか号【緊急停止?】
 
この日はやたらと乗務員が乗っていましたが、東武鉄道の研修も兼ねていたのかもしれませんね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月15日 (日)

石神菜の花畑と里山トロッコ

桜といすみ鉄道・小湊鐡道撮影の翌週、以前から気になっていた上総大久保~養老渓谷間にある菜の花畑を訪問してみました。

桜の花の見ごろは限られていますが、菜の花はもう少し長持ち?ということで桜の週は避けたのでした。
菜の花のピークは終わっていましたが、まだまだ花が咲いている状態でした。

里山トロッコ3号
里山トロッコ3号 posted by (C)jun Nikon D750 28-300mmVR

こちらは俯瞰気味に撮影してみました。

C型コッペル?いいえDB4です
C型コッペル?いいえDB4です posted by (C)jun Nikon D750 28-300mmVR

サイドから撮影するとロッドがないのとジャンパ線の多さが気になります。
客車側から機関車を制御するケーブル、冷房などのサービス電源等、いろいろあるんでしょうね?
里山トロッコ4号
里山トロッコ4号 posted by (C)jun Nikon D750 28-300mmVR
山には桜が、里には菜の花が咲き、素晴らしい風景でした。

キハ200 3連
キハ200 3連 posted by (C)jun Nikon D750 28-300mmVR

キハ200の3両編成の列車です。
キハ200は基本足回りは国鉄キハ20、車内はロングシート、おでこ2灯の外観ですが、製造期間が長かったことから、初期車のプレスドア、後期車のユニットサッシなど製造時期により仕様が異なります。
最後に動画です。
春の小湊鐡道(石神菜の花畑編)20140416
春の小湊鐡道石神菜の花畑MOVIE
石神菜の花畑は一般の観光客も多く、駐車場も完備されていますが、人を避けて撮るというのはやはり苦労しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月14日 (土)

桜と小湊鐡道

いすみ鉄道の撮影に続いて小湊鐡道へ向かいました。

桜の時期の小湊鐡道は飯給、月崎などの定番駅は混雑するので、上下線撮影可能でキャパが広い上総大久保へ行ってみました。

里山トロッコ1号@上総大久保
里山トロッコ1号@上総大久保 posted by (C)jun Nikon D750 24-120mmVR

周りの枝が煩いのが玉に瑕ですが、桜と里山トロッコの組み合わせを撮ることができました。

里山トロッコ2号@上総大久保
里山トロッコ2号@上総大久保 posted by (C)jun Nikon D750 80-400mmVR

お隣の養老渓谷駅からすぐに折り返してくる里山トロッコ2号は上総大久保の五井寄りから撮影しました。

トトロがいる駅
トトロがいる駅 posted by (C)jun Nikon D750

ここではモデルさんの撮影をしていたので、それを避けて駅の待合室を撮ってみました。
さて、上総大久保での撮影は切り上げて、上総鶴舞駅を目指しました。
里山トロッコはかなりゆっくり走ること、里見駅での停車があるので余裕で追い越してしまいました。

春の上総鶴舞
春の上総鶴舞 posted by (C)jun Nikon D750 80-400mmVR

桜など春の花が咲き乱れる上総鶴舞駅、機関車がこちら向きだとうれしいのですが…
駅構内にはタイガーロープが張られ立ち入りが制限されています。
しかし、お花好きの一般の方の構内乱入は凄まじいものがありました。

小湊鐡道キハ200
小湊鐡道キハ200 posted by (C)jun Nikon D750 80-400mmVR

こちらの写真では、ギャラリーの姿を隠すことができましたが…
里山トロッコは悲惨でした…

桜と里山トロッコ
桜と里山トロッコ posted by (C)jun Nikon D750 80-400mmVR

里山トロッコ
里山トロッコ posted by (C)jun Nikon D750 80-400mmVR

満開の桜と里山トロッコは実に絵になりますが、いたる所にカメラマンが潜んでいます。
このことに関しては動画だとわかりやすいです。
桜と里山トロッコ
桜と菜の花と小湊鐡道
PCの調子が悪く、長い動画は編集中に熱暴走して落ちてしまうようになったので、2つの動画に分けています。
この後、自作PCは起動不能になり、Windows7を再インストール、Windows10にアップグレードという手段を踏むのでした。
Windows10にするとサポートの期間が延長されること、ASUSのサイトに私が使っているマザーボードのWindows10用BIOS、ドライバが用意されていたのでそれを試してみることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 3日 (日)

菜の花と里山トロッコ(五井機関区出庫編)

昨年11月に運行開始直後、故障になった小湊鐡道の里山トロッコ。

3月26日に今シーズンの運行が開始されました。

待望の運行再開にあいにくの空模様でしたが、小湊鐡道沿線に撮影に出かけました。

まずは五井機関区へ行きます。

五井機関区に集う車両たち
五井機関区に集う車両たち posted by (C)jun Nikon D750 28-300mmVR

キハ200型に囲まれ、中央にいるのがトロッコ客車です。

午前7時ころ、出庫します。

入場券を買い、内房線のホームからその様子を観察しました。

小湊鐡道里山トロッコ
小湊鐡道里山トロッコ posted by (C)jun Nikon D750 28-300mmVR

里山トロッコは千葉方向の引き込み線に入り、同列車の始発駅上総牛久 へ向かうため五井駅のホームに入ります。

小湊鐡道キハ200と里山トロッコ
小湊鐡道キハ200と里山トロッコ posted by (C)jun Nikon D750 28-300mmVR

40年以上前に製造された気動車と平成の最新型SL風ディーゼル機関車並びます。

小湊鐡道里山トロッコ
小湊鐡道里山トロッコ posted by (C)jun Nikon D750 28-300mmVR

タイムスリップしたような光景です。

五井から乗車できれば最高なんですけど… 

小湊鐡道里山トロッコ
小湊鐡道里山トロッコ posted by (C)jun Nikon D750 28-300mmVR

再び改札の外から望みます。

昨年のロッド折損事故の関係で主連棒、連結棒が外されてしまいました。

小湊鐵道のコッペル?
小湊鐵道のコッペル? posted by (C)jun Nikon1 V2 10-100mm

ちなみにロッドがあったころの姿です。

ダミーとはいえ強度不足だったのかもしれませんね?

最後に動画です。

小湊鐡道里山トロッコ20160402 Nikon1 V1他

この後は走行写真を撮影すべく、五井駅を後にしました。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧