電気機関車

2020年1月15日 (水)

【C61 20】SLぐんまよこかわ号【EF64 1001】令和2年1月11日

令和2年1月11日に蒸気機関車C61 20が牽引する信越本線臨時快速SLぐんまよこかわ号を撮影したので紹介します。

C61 20牽引SLぐんまよこかわ号
C61 20牽引SLぐんまよこかわ号 posted by (C)jun Nikon Z6 70-200mmf/2.8G VR2

往路EL牽引で帰路がSL牽引、運行距離が短く信越本線での撮影は効率がよくありませんが、この機会を逃すと2月まで運行がないので安中へ向かうことにしました。

EF64 1001牽引ELぐんまよこかわ号
EF64 1001牽引ELぐんまよこかわ号 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-70mmf/4S

生憎の曇り空の下EF64 1001が牽引するELぐんまよこかわ号が走り抜けました。

天候が悪いにもかかわらず、大勢のギャラリーが見守る中の通過でした。

この後は横川駅の停車シーンを撮影しました。

旧型客車に比べて全長の長い12系客車故に反対側ホームからC61 20の顔を撮影することが出来ませんでした。

また12系客車の発電機の音がうるさいので動画はNikon Z6のアッテネーター機能を試してみました。

騒音を抑えてかなり静かな動画になりました。

最後は安中の発車です。

夜汽車の時はもう少し前のポジションから撮っているのですが、そこだと下り線と上り線の間にある箱が客車に重なるので一度後方から撮影してみたかったのでした。

C61 20牽引SLぐんまよこかわ号
C61 20牽引SLぐんまよこかわ号 posted by (C)jun Nikon Z6 70-200mmf/2.8G VR2

バランス的にはこのカットがいいのですが、ロッドの位置がイマイチです。

Raw+jpegで連続15枚までしか撮影できないNikon Z6は内蔵メモリのバッファがフルにならないよう短連写しつつの撮影なのでちょうどいい場所でレリーズすることが出来ませんでした。

もう少し手前に引いて煙が架線柱のトラスの前に出たあたりが絵的にはベストかもしれません?

ただし、うっすらと見える浅間山の下にカインズホームの看板が来るのでやはり前方のポジションの方がいいかな。

書き込み速度がXQDカードの3倍になるCFexpressカード、特にニコンがZ6で作動保証をしているソニー製のCFexpressカードの発売が1月末とアナウンスされており、早急に入手したいところです。

C61 20牽引SLぐんまよこかわ号(後追い)
C61 20牽引SLぐんまよこかわ号(後追い) posted by (C)jun Nikon Z6 70-200mmf/2.8G VR2

続いて走り去るC61 20を後追い撮影しました。

最後に動画です。

令和2年1月11日に撮影したC61 20牽引12系客車信越本線臨時快速SLぐんまよこかわ号の動画です。
往路の牽引機及び帰路の補助機関車は国鉄色に復元されたEF64 1001が運用されました。
冬の信越本線を駆ける蒸気機関車C61 20の雄姿をご覧ください。
走行シーンはNikon D500を横川駅ではNikon Z6を使用しました。
12系客車の発電機のエンジン音が気になる横川駅ではNikon Z6のアッテネーターを使用し騒音防止しました。

この三連休はSLもおか号とSL大樹で同じデザインのHMを掲出するイベントをしており、前橋ICから今市ICまで高速道路でワープしSL大樹6号を倉ケ崎SL花畑のイルミネーションを前景にパンニング動画のみ撮影して帰宅しました。

こちらの動画はそのイベント撮影の末尾に添付することにし、次回のブログ・動画で紹介したいと思います。

翌12日が仕事だったので今市から高速道路で帰りましたが、所要時間2時間半であったことも新たな発見でした。

外環道千葉区間開通や圏央道へ迂回等、交通集中の分散の効果ですね。

| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

【C61 20】SL YOGISHA よこかわ号【12系客車】とC61 20SL夜汽車総集編

令和元年最後の夜汽車C61 20牽引12系客車SL YOGISHAよこかわ号を撮影してきたので紹介します。

 

C61 20牽引12系客車SL YOGISHAよこかわ号
C61 20牽引12系客車SL YOGISHAよこかわ号 posted by (C)jun Nikon Z6 AF-S85mm f/1.4G

C61 20は青森新製配置後仙台、青森、宮崎と転属し交流電化の進展とともに赤い電気機関車との交代劇を繰り返して来ましたが、EH500との競演もとてもよく似合っていました。

SL YOGISHA撮影のきっかけはC61 20復活後初の全般検査終了して最初の運用がSL YOGISHAみなかみ号でどうしてもC61が撮りたくて夜の沿線に出かけたのに始まり、かれこれ3年ほど夜汽車撮影にトライしていることになります。

今年はミラーレス一眼Nikon Z6を導入、長年使用したD700・D750を下取りに出して2台目のD500を導入しました。

また、闇鉄用にAF-S50mmf/1.8Gを多用していましたが、中望遠のAF-S85mmf/1.4G(中古)を導入しました。

85mmは水上でD500に付けるとちょうどいいのですが、今回はNikon Z6と組み合わせて使用してみました。

昨年のD51のSL YOGISHAよこかわ号は安中の鉄橋と安中発車を撮影しましたが、陣地変換をやめて安中撮影地に待機することにしました。

真岡鐵道のSLサンタトレインやSL大樹の単機運行をあきらめて午後1時過ぎに現地到着し一番乗りでした。

先着を目指したのはロケハンも兼ねており、下の写真の柵が見えるあたりに地下道がありその柵越しに135mmくらいで抜ける場所もありますが足場が斜めのコンクリートで不安定なのでやめましたが、昼間のSLぐんまよこかわ号などは一度撮ってみたい場所です。

(後ろからだと手前の障害物をかわせます)

また撮影でご一緒した方は真岡鐵道の撮影から流れて来ました。

EF64 1001牽引SL YOGISHA よこかわ号
EF64 1001牽引SL YOGISHA よこかわ号 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-70mm f/4S

下りはEF64 1001牽引で三脚は安中駅方向へ向けセッティングしていたのでZ6を使用し手持ち動画撮影ついでにレリーズしてみました。

これだとFHDの1920×1080になってしまい動画の挿絵くらいにしか使えませんね。

EL YOGISHAよこかわ号は安中で日没を迎えるダイヤでしたが、さすがにフルサイズだと薄暮も明るく写ります。

 

EH500-58安中駅構内機回し
EH500-58安中駅構内機回し posted by (C)jun Nikon Z6 AF-S85mm f/1.4G

今では貴重な車扱いの安中貨物、EF81からEH500に換わってもその魅力はあせません。

常磐線泉からやって来た安中貨物は一番手前の側線に入り、下り本線を通って高崎方向へ機回しされます。

ここでZ6のAF-Cを試しましたが、ヘッドライトに幻惑されAF追従が難しい状態でした。

これでSL YOGISHAよこかわ号は置きピン(AF-S半押し固定)に決定しました。

ミラーレスの置きピンはなぜかピントがズレるので何とかしてもらいたいところではあります。

C61 20牽引12系客車SL YOGISHAよこかわ号
C61 20牽引12系客車SL YOGISHAよこかわ号 posted by (C)jun Nikon Z6 AF-S85mm f/1.4G

D500とアルゴリズムが違うのかZ6はISO上限の51200まで簡単に上がってしまいます。

AEロックを避けたらヘッドライトの灯りでISO10000になっていました。

D500と比べると滑らかでノイズが少ないですが、感度が上がると甘い描写になってしまいます。

またフルサイズの中望遠で絞り値f2なので被写界深度が浅く、12系客車にピントが来ているように感じます。

多少絵が荒くてもAF追従するD500の方が闇鉄に向いているなと実感しました。

最後に動画です。

【C61 20】SL YOGISHA よこかわ号【12系客車】20191221

令和元年12月21日に運行されたC61 20牽引12系客車SL YOGISHA よこかわ号の動画です。
幻想的な夜汽車の走りをお楽しみください。
EF64 1001牽引EL YOGISHAよこかわ号、EH500牽引安中貨物到着・機回し、211系信越本線普通列車、C61 20牽引SL YOGISHA よこかわ号発車の構成になっています。

まだ限定公開中ですが、C61 20牽引のSL YOGISHAシリーズの総集編をまとめてみました。

【C61 20】SL YOGISHA 総集編【夜汽車】

C61 20が牽引するSL YOGISHAシリーズの動画総集編です。
C61 20+12系客車SL YOGISHAみなかみ号、C61 20+旧型客車SL YOGISHA碓氷号、C61 20+旧型客車SL YOGISHAみなかみ号、C61 20+12系客車SL YOGISHAよこかわ号が登場します。
暗闇を駆ける蒸気機関車、真っ白いドレインの中ヘッドライト輝かせ姿を見せる情景はとても幻想的です。
現代を走る復活蒸機C61 20夜汽車の走りをお楽しみください。

闇鉄は機材や環境光の制約からいろいろ難しいですが、夜汽車の情景・魅力は素晴らしいですのでこれからも撮影を挑戦していきたいと思います。

 

| | コメント (0)

2019年8月 1日 (木)

【C57 180】磐越西線臨時快速SLばんえつ物語【20周年】20190728

蒸気機関車C57 180が昨年7月の炭水車の車軸トラブルから運用を外れ大宮での中間検査Bを経て1年ぶりに磐越西線に戻って来ました。

その雄姿を追い沿線で撮影しましたので紹介します。

C57 180の運行再開は7月27日からですが、私は復活2日目の7月28日に撮影しました。

台風は温帯低気圧に変わり大雨の関越道を新津へ向かいました。

車だと給油のタイミングの問題があり新津IC出口にあるエネオスで給油し新津駅へ、7時30分頃の到着でC57 180は蔵の中でした。

昨年のデータだと8時30分頃機回しして客車に連結しますが、そのまま五十島の撮影地へ向かいました。

早出川の鉄橋で撮影後に磐越道に乗るとちょうど五十島の鉄橋辺りで爆煙のSLばんえつ物語を追い抜きますが、五十島で実際に撮影するのはこれが初めてでした。(ロケハンは何度かしています)

天候は雨が降ったりやんだりでしたが、SL通過頃には晴れ間が見えてきました。

C57 180SLばんえつ物語20周年(五十島)
C57 180SLばんえつ物語20周年(五十島) posted by (C)jun Nikon Z6 FTZ AF-S70-200mmf/2.8G VR2

今回はミラーレスのNikon Z6を実戦投入してみました。

被写界深度の問題もあるので置きピンではなくAF-C ダイナミックAFで撮影しましたが、問題なくAF追従しています。

またシャッター音が小さいので隣で動画を撮影してもあまり気にならないのはいいところです。

今回は爆煙でしたが、初日はスカでもう少し手前で煙が途絶えたそうです。

ここは背景の電柱や構造物を列車で隠すかが決め手になります。

続いてR49を東へ日出谷~鹿瀬のカーブ(平瀬)へ向かいました。

阿賀野川当麻橋梁から平瀬(びょうせ)集落に向かうカーブは下りが有名ですが、上りもカメラをパンニングしながら動画撮影をしてみました。

日出谷での動画撮影はC61ばんえつ物語で撮影したのみで昨年6月に訪問した時は工事中で断念、やっとチャンスが巡って来ました。

この後は荻野~山都のS字カーブで動画のみ撮影後、山都の鉄橋で写真撮影しました。

 

C57 180SLばんえつ物語20周年(山都)
C57 180SLばんえつ物語20周年(山都) posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm f/4

あまり時間がなかったのでD500でそのまま手持ち撮影しました。

動画は昨年Nikon1 V3のAF-Fで煙にAFが騙されピンボケになったのでAF-Sで置きピン対応のリベンジとなりました。

気温も上がり暑くなってきたので山都蕎麦でも食べようかと思いましたが、駐車場が満車で断念しました。

今回の撮影目的地はあくまでも五十島と日出谷での動画撮影なのでこの後は日出谷へ向かいました。

 

C57 180SLばんえつ物語20周年(日出谷)
C57 180SLばんえつ物語20周年(日出谷) posted by (C)jun Nikon Z6 FTZ AF-S70-200mmf/2.8G VR2(DXクロップ)

FXのカメラに200mmは短すぎたのでDXクロップしました。

本来なら80-400mmでも持ってくればよかったのですが後の祭りです。

この後は峠道を走って鹿瀬へ抜けましたが、後ろから煽られながら峠道を走るのは危ないので多少遠回りでも川沿いに進んだ方がいいなと思いました。

津川の停車時間でSLを追い抜くと三川の発車や馬下~猿和田などに間に合いますが、田んぼのあぜ道に車を停める場所も見当たらないので早出川の鉄橋で後追い動画撮影をして撮影を終了しました。

最後に動画です。

【C57 180】磐越西線臨時快速SLばんえつ物語【20周年】20190728

運転開始20周年を迎えたC57 180牽引臨時快速SLばんえつ物語の動画です。
風光明媚な夏の磐越西線をドラフト音と汽笛を響かせ復活20周年の蒸気機関車C57 180が力強く走り抜けます。
今回は今まで動画を撮影していなかった爆煙撮影ポイント五十島、日出谷のカーブを中心に撮影しました。
国鉄急行色や新潟色のキハ47、キハ110系快速あがの号の姿も併せてご覧ください。

さて今まで磐越西線で撮影したSLばんえつ物語総集編動画を今回撮影分を加えてバージョンアップしてみました。

 

【C57 180】臨時快速SLばんえつ物語【磐越西線】(平成から令和へ)

2014年から2019年にかけて撮影したC57 180牽引SLばんえつ物語の動画総集編です。
森と水とロマンの鉄道 磐越西線、ロケーションが素晴らしくまだまだ撮影したい場所が沢山ありますが次の課題にしたいと思います。

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

【EF65 2096】陽春の鹿島貨物【EF64 1011】20190413

国鉄型電気機関車EF65 2096(元東京機関区EF65 1096)が鹿島貨物1093レ・1092レに運用されたので撮影してきました。

撮影地はいつもの成田線下総神崎~大戸(重田踏切)です。

3月3日にR464がR408と直結されたので試走してみましたが、片側2車線から1車線に絞る付近で大渋滞、R408から成田線に沿う県道を抜けましたが、従来のルートでもあまり変わらないような気がします。

1093レはEF65 2096牽引でやって来ましたが、動画用のカメラを設定しているうちに列車が来てしまい、写真撮影は出来ませんでした。

続いてやってきた鹿島貨物1094レはEF64 1011更新色が牽引しました。


EF64 1011牽引鹿島貨物1094レ
EF64 1011牽引鹿島貨物1094レ posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

今の時期はいいのですが、5月に入ると架線の影が機関車の面に落ちるそうです。

続いてEF65 2096牽引鹿島貨物1092レです。

EF65 2096牽引鹿島貨物1092レ
EF65 2096牽引鹿島貨物1092レ posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm


EF65 2096は国鉄時代EF65 1096号機として東京機関区に新製配置され九州行きブルートレインで活躍した機関車です。

更新色から国鉄特急色に戻されました。

PFでも東京機関区配置組はHMも誇らしげに寝台特急運用に就いており別格に感じます。

(同機新製当時は東京発EF65牽引プルートレインのみHMを掲出してました。)

最近はSLばかり撮影していましたが、久しぶりの貨物列車撮影となりました。

| | コメント (0)

2019年2月 6日 (水)

登録者1000名達成しました

おかげさまでYouTube登録者数が1000名を越えました。

 
2月6日現在1016名となっています。
 

EF641016牽引コンテナ貨物列車
EF641016牽引コンテナ貨物列車 posted by (C)jun Nikon D700 70-200mmF2.8VR

 
そんなわけで写真はEF64 1016です。
 
ヒガハスを走るロクヨン貨物も過去のものとなりました。
 
昨年から動画の撮影方法を少し変えて、外付けマイクにウィンド・ジャマー(モフモフ)を付けて風切り音を防止、延長ケーブルによるマイクの離隔してカメラのシャッター音を軽減したり、パワーズームレンズ導入や動画用三脚や雲台を導入して固定動画からカメラを積極的に動かして録画するようにしましたが、2月のYouTube規約改定でユーチューブパートナープログラムを解除されました。
 
その頃の登録者数が600名強でしたが、動画投稿を続け少しづつ登録者が増えていき、本年1月27日に1000名を越えました。
 
私の動画を再生する人はGoogle+のお友達が多かったのですが、それも4月2日に終了してしまうので少しばかり焦りはありましたが、何とか達成できました。
 
これもブログ読者をはじめ皆様のおかげです。
 
せっかくなのでおすすめ動画を紹介します。
 
蒸気機関車2018春夏秋冬(平成最後の蒸機編) Steam Locomotive 2018
 
文字通り昨年撮影した蒸気機関車動画の総集編です。
 
正月の信越線・上越線から京都鉄博のC57 1、C62 2など私が通える範囲の蒸気機関車が多く登場します。
 
続いて乗り鉄動画です。
 
【C61 20】晩秋の上越線臨時快速SLぐんまみなかみ号の旅【旧型客車】20181124
 
昨年は大井川鐵道C11 190、京都鉄博8630・C62 2SLスチーム号、D51 498SL YOGISHAみなかみ号、そして改称されたSLぐんまみなかみ号に乗車しました。
 
特に晩秋に乗車したSLぐんまみなかみ号はC61 20+旧型客車に加え沿線の紅葉、夕刻の上越線を走る夜汽車の雰囲気が楽しめます。
 
今年もすでに真岡鐵道SLもおか号に乗車していますが、いままで現地で撮影するばかりであったSL列車にも積極的に乗車したいと思います。
 
またJR群馬DCプレキャンペーンの一環でみなかみ町DC用パンフレットに私が撮影したSL YOGISHAみなかみ号の写真が載ることになりそうな話が出てきたので詳細が分かり次第、紹介したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

【D51 498】新春のSLぐんまよこかわ号【旧型客車】20190103

平成31年1月3日に信越本線で運転したD51 498牽引旧型客車の臨時快速SLぐんまよこかわ号を撮影したので紹介します。
 
旧友とともに信越本線安中の碓氷川の鉄橋へ向かいました。
 

D51 498牽引臨時快速SLぐんまよこかわ号
D51 498牽引臨時快速SLぐんまよこかわ号 posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

 
冬晴れの信越本線、背景に榛名山を臨む位置から撮影しました。
結構な煙が出たので客車が隠れがちとなりました。
 
続いてD51 498アップ写真です。
 

D51 498牽引臨時快速SLぐんまよこかわ号
D51 498牽引臨時快速SLぐんまよこかわ号 posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

 
安中の鉄橋は正面がち、榛名山を入れてサイド気味、国道の歩道や河原から等様々な撮影が楽しめます。
 
私は榛名山を背景にするポジションが好みです。
 
続いて安中駅8分間の停車時間と利用し、下横川へ向かいました。
 

D51 498牽引臨時快速SLぐんまよこかわ号
D51 498牽引臨時快速SLぐんまよこかわ号 posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

 

D51 498牽引臨時快速SLぐんまよこかわ号
D51 498牽引臨時快速SLぐんまよこかわ号 posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

 

D51 498牽引臨時快速SLぐんまよこかわ号
D51 498牽引臨時快速SLぐんまよこかわ号 posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

 
本来のSLぐんまよこかわ号の横川到着時刻は1049、写真のExifを見ると1058になっていますので定時よりかなり遅れての通過となりました。
 
最後に動画です。
 
 
【D51 498】新春のSLぐんまよこかわ号【旧型客車】20190103 Nikon1 V2 10-100mm
 
新春の信越本線を復活30周年記念装飾のD51 498が爆煙を上げドラフト音と汽笛を響かせて力強く走りました。
 
新春の冷えた空気の中、D51 498は爆煙を上げて走り抜けました。 
また、後補機はEF65 501が担当でした。
 
twitterなどの情報から松井田~西松井田の勾配で急停車があり、25/1000の急勾配からの起動があった模様です。
 
線路内立ち入りでもあったのかもしれませんね? 
下横川のカーブでもEF65 501の釣り掛けモーター音がうなりをあげていました。
 
いつもならこの後は横川駅でじっくりとD51を観察しますが、秩父鉄道上りSL PALEO EXPRESS(SL初詣号)の撮影のために群馬県を後にしました。
 
続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月25日 (日)

【C57 180】初夏のSLばんえつ物語【水鏡】20180602

2018.6.2撮影のSLばんえつ物語について紹介します。

 
今回は新しい車の慣らし運転も兼ねて遠征しました。
 
ルートは新4号バイパス、R400、R121と進みR49で新津へ向かいました。
 
途中、五十島の撮影地をロケハンしましたが、五十母川は渡れない状態でした。
 
新津まで約300kmの道のりを無給油で走りましたが、今回の車は2000㏄のミニバンの同じ車格ながらCVTになっており往路は16km/Lと高燃費でした。
 
新津駅西口に到着したのは0830頃、C57 180が庫から出て客車の横に並んでいました。
 

C57 180出発準備中
C57 180出発準備中 posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

 
客車に連結するところまで見ましたが、発車シーンを撮ろうとした場所は道路工事中で断念、R49に出て日出谷に向かいました。
 
日出谷のアウトカーブはPC枕木が並べられて工事中、阿賀野川当麻橋梁をサイドから眺める場所にカメラを据えました。
 

SLばんえつ物語@阿賀野川当麻橋梁
SLばんえつ物語@阿賀野川当麻橋梁 posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

 
阿賀野川を水鏡にしてSLばんえつ物語はゆっくりと通過しました。
 
次へ移動中、日出谷発車も間に合いそうでしたが、撮影ポジションが定まらないので先へ進みました。
 
前回撮影した荻野~山都のS字カーブも雑草が生い茂り、GWまでの撮影地だなと実感しました。
 

SLばんえつ物語@山都
SLばんえつ物語@山都 posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

 
続いて山都の一ノ戸川橋梁です。
 
追っかけなので河原までは降りませんでした。
 
このあと電化区間の笈川~堂島へ行ってみましたが、親子連れがいていい場所がありませんでした。
 
続いて下りSLばんえつ物語の撮影です。
 
6月ともなるとかなり暑く、休憩場所の確保に苦労しますが、返しの一発目は松舞家の築堤にしました。
 

SLばんえつ物語@松舞家
SLばんえつ物語@松舞家 posted by (C)jun Nikon D500 16-80㎜

 
もう少し慶徳峠より行けば裏の電柱や家も隠せるかもしれませんが、動画を優先し踏切から築堤を駆けあがるC57 180をパンしながら追ってみました。
 
水鏡の中のパンという構成になっています。
 
下りのハイライトといえる場所でドラフト音も力強かったです。
 
この後は県道伝いに荻野に抜けましたが、野沢の停車まではSLの前には出れませんでした。
 
R49とクロスするあたりでも撮影できそうでしたが、あえて先に進むと徳沢~豊実で一度撮りたかった鉄橋に出ました。
 
先客は2人でしたが、隣に入れてもらって撮影しました。
 

C57180牽引SLばんえつ物語
C57180牽引SLばんえつ物語 posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

 
動画は手前の落石覆いも含めて撮影しましたが、アップで撮ったほうが良かったみたいです。
 
この先は道が狭いのでR49に戻り、馬下~猿和田に行きましたが、車を止める余席がなく早出川橋梁へ進みました。
 
鉄橋の猿和田側の河原に入りましたが、どうも構図がピンと来ないので五泉側に移りました。
 
堤防内は家庭菜園があり、道が入り組んでいました。
 
蚊が多く対応に苦慮しましたが、西日がいい感じで当たり始めました。
 

C57180牽引SLばんえつ物語
C57180牽引SLばんえつ物語 posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

 
振り返ると西日を背にするSLばんえつ物語の姿がありました。
 

C57180牽引SLばんえつ物語
C57180牽引SLばんえつ物語 posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

 
非電化区間ならではの素晴らしい光景でした。
 
ここからはおおむね逆順で帰途に就きました。
 
一般道経由なので休み休みですが、睡魔に対してメガシャキ、疲れ目には目薬等長距離運転対策して帰り道でした。
 
最後に動画です。
 
【C57 180】初夏のSLばんえつ物語【水鏡】20180602 Nikon1 V3
 
水鏡と鉄橋を渡るシーンが多いC57 180SLばんえつ物語動画となっています。
 
これを元に新緑のなかを走るC57 180SLばんえつ物語号の総集編動画を作成してみました。
 
【C57 180】初夏のSLばんえつ物語【新緑総集編】
 
森と水とロマンの鉄道磐越西線を走るC57 180牽引SLばんえつ物語、まだまだ撮りたい場所はあるのですが7月に炭水車車軸の亀裂が発見され来年夏の中間検査B明けまでその雄姿はお預けになってしまったのでした。
 
日出谷のアウトカーブの動画はまだ撮っていなかったのが悔やまれます。
(C61ばんえつ物語では撮影していますが)
 
新しい保安装置を積んだC57 180が磐越西線に戻ってくるまでしばらくの間の我慢です。
 
追伸、
YouTube登録者数1000人を目指しています。
あともう少しです。
よろしければチャンネル登録をよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

【EF65 2139】晩秋の総武本線・成田線 鹿島貨物【EF64 1010】20181117

鹿島貨物にEF65 2139国鉄色が運用されたので撮影してきました。

 
最初は総武本線物井~佐倉(通称モノサク)へ向かいます。
 

EF65 2139牽引鹿島貨物1093レ
EF65 2139牽引鹿島貨物1093レ posted by (C)jun Nikon D500 70-200mmF2.8VR2

 
逆光線の上に周辺の田んぼで野焼きをしており、かなりもやっとしています。
 
1153頃通過する鹿島貨物に対し30分前くらいに到着したので下りの255系特急しおさい号はカメラセッティング中に通過してしまいました。
 
もう少し余裕を持った行動が必要ですね。
 
モノサクでの撮影後は下総神崎(重田踏切)へ向かいました。
 
EF64牽引の1094レ狙いです。 
 

EF64 1010牽引鹿島貨物1094レ
EF64 1010牽引鹿島貨物1094レ posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

 
1318定刻に1094レは通過しました。
 
この次の撮影は北浦の鉄橋を考えていたのですが、ちょうど遠くの鉄塔を架線柱で隠すポジションが空いたので重田に残ることにしました。
 
この後3時間くらい時間が空くので近くのミニストップで昼食後、再度カメラをセッティングしました。
 
ここでD500からスマートフォンへ画像転送しているうちにカメラのイメージセンサーに大きなごみが付いていることに気づきました。
 
ちょうど画面の左端の上あたりで、青空に丸い染みのようなものが写っていました。
 
カメラのセンサークリーニング機能を使っても落ちないので油汚れと判断し、その分の余白を取って撮影することにしました。
 
また、後から来た人が「日は当たりますか?」と質問してきたので、貨物ちゃんねるで下総神崎駅の日没時刻を調べると1630、前回EF65 2101を撮影した時の撮影時刻を調べると1632で1092レの通過時刻は日没の2分後であることがわかりました。
 
まあ、薄暮での撮影でもいいやと現地に残りました。
 

EF65 2139牽引鹿島貨物1092レ
EF65 2139牽引鹿島貨物1092レ posted by (C)jun Nikon D500 16-80㎜

 
EF65 2139牽引鹿島貨物1092レ
EF65 2139牽引鹿島貨物1092レ posted by (C)jun Nikon D500 16-80㎜
 
 
夕暮れの貨物列車
夕暮れの貨物列車 posted by (C)jun Nikon D500 16-80㎜
 
薄暮の中、EF65 2139牽引鹿島貨物1092レは走り去りました。
 
最後に動画です。
 
EF65 2139】晩秋の鹿島貨物【EF64 1010】20181117  Nikon1 V2&V3
 
動画ではE259系N'EX、255系特急しおさい、E217系総武快速、209系も登場します。
 
前回EF65 2101を撮影した時も感じましたが、今の時期から日が伸びるまで重田は光線が厳しく、北浦鉄橋などより鹿島寄りで撮影しなくてはならないと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

SLYOGISHA碓氷と安中貨物

2017年12月23日に運行されたC61 20+旧型客車+DD51 842で運行されたSL YOGISHA碓氷号について紹介します。

10月に水上駅等で撮影したSL YOGISHAみなかみ号、X'masイヴイヴに旧型客車を従えてSL YOGISHA碓氷号として運行されました。
 
駅の発車が無難そうなので安中駅発車を撮れる撮影ポイントへ向かいました。
 

夜汽車と金太郎

夜汽車と金太郎 posted by (C)jun Nikon D500 70-200㎜F2.8VR2
 
夕闇に包まれる頃、撮影場所を確保します。
 
足場は線路より低く、フェンスもあるのでハスキー4段ハイボーイが役に立ちました。
前回紹介したベルボンのビデオ雲台も最大伸長したSLIK プロフェッショナル・ギアの上に取り付けて使用しました。
(ハスキー4段の足を最大に伸ばし、エレベーターを上げないくらいの高さになりました。)
 
東邦亜鉛の工場夜景もきれいでしたが現場は真っ暗でD500、D750を使った一眼レフ動画を録ることにしました。
 
上記DL YOGISHA碓氷号も動画切り出し画像です。
水銀灯が当たった瞬間を切り出しています。
 
EH500と並ぶC61 20を撮影後は上りSL YOGISHA碓氷号を待ちますが、その間に安中貨物が発車していきました。
 
こちらは本当に真っ暗なので下記の動画をご覧ください。
 
SL YOGISHA碓氷安中発車
SL YOGISHA碓氷安中発車 posted by (C)jun Nikon D750 24-70mmF2.8G
 
こちらも動画切り出し画像です。
 
国道の灯りが当たる瞬間を切り出しています。
 
このように2台の一眼レフを使いD500に70-200mm、D750に24-70mmを使用して動画を撮影しました。
 
 
【C61 20】SL YOGISHA碓氷【旧型客車】 Nikon D500&D750
 
安中出発のドレインは実に幻想的でしたが、架線柱と手前の箱が邪魔でした。
 
手前のポジションと後追いにした方がいいかもしれませんね?
 
気温も低く、盛大なドレイン・爆煙・旧型客車から漏れる電球色の灯り等、本当に見たかった夜汽車の姿でした。
 
こうして2017年最後のSL撮影は幕を閉じました。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1 NIKKOR VR 10-100mm f/4.5-5.6 PD-ZOOM試写と鉄道ムービー入門2017.12

2017年まで鉄道動画は三脚固定中心で撮影していましたが、さらなる高みを目指してパワーズームレンズ1 NIKKOR VR 10-100mm f/4.5-5.6 PD-ZOOMを導入し、玄光社MOOK鉄道ムービー入門なる本をアマゾンから取り寄せました。

 
今までNikon1を中心に動画を撮影していたのは普及帯のビデオカメラの画像素子が1/5インチCMOSその上でもコンデジと同等の1/2.3インチCMOSで食指が伸びなかったことがありますが、ズームイン・アウトするにはパワーズームが必須でありPDズームを導入してみました。
写真機材はプロとアマチュアの垣根が低いのですが、動画撮影は高価な業務用機材とコンシューマー向けのものは価格の桁が違い、今ある機材をとりあえず強化することにしました。
 
E259系N'EX Nikon1 V3 1NIKKOR VR10-100mmPD-ZOOM試写 Nikon1 V3
 
この試写の後、故障してしまい急遽工場入り、修理は何とか年内に間に合いました。
 
EF64 1027 鹿島貨物1094レ稲毛通過+209系500番台ミツC511編成稲毛発車(PD-ZOOM 10-100mm試写) Nikon1 V3
 
さてこれらの動画は手持ち撮影であり、何とかズームアウトの感覚はつかみましたが、撮影地で応用すべく鉄道ムービー入門を熟読しました。
 
この本は2012年8月出版で結構古いのですが、これに代わるものもないので撮影の参考にしています。
 
まず、パンするのにはビデオ三脚を利用したほうが滑らかにパンできることがわかりました。
 
まずはビデオ雲台ベルボン  
  • FHD-53D [オイルフリュード雲台]を導入しました。
  • 写真用三脚の上に取り付けるものですが、比較的安価で滑らかにパンできるようになりました。
    とりあえずSLIK プロフェッショナル・ギアの雲台の上に取りつけました。
    ハスキー4段よりは少し低いですが、ビデオ雲台の分かさ上げ出来て高さが稼げるので、
    この構成でSL YOGISHA碓氷に挑戦することになりました。
     
    続く

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    より以前の記事一覧