旧型客車

2022年6月25日 (土)

蒸気機関車2022冬~初夏 Steam Locomotive 2022 winter to early summer

2022年(令和4年)1月から6月まで東日本エリアを中心に撮影した蒸気機関車の動画総集編を公開したので紹介します。

サムネイルはC57 180牽引SLばんえつ物語です。

C57 180牽引SLばんえつ物語松ヶ平トンネル飛び出し
C57 180牽引SLばんえつ物語松ヶ平トンネル飛び出し posted by (C)jun Nikon Z6II 70-300mmE

今年の撮影は元旦の秩父鉄道C58 363牽引SL初詣号から始めました。

C58 363牽引SL初詣号@白久
C58 363牽引SL初詣号@白久 posted by (C)jun Nikon Z6II Z24-70mmf/4S

正月恒例の日章旗が凛々しいですね。

紫のナンバープレートは正月の運行まででした。

続いて東武鉄道C11 325SL大樹「ふたら」と続きます。

SL大樹「ふたら」72号
SL大樹「ふたら」72号 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

赤いHMのSL大樹「ふたら」は下今市~東武日光~下今市~鬼怒川温泉と運行しその返しは通常のSL大樹となります。

続いて真岡鉄道C12 66牽引SLもおか号です。

C12 66牽引SLもおか号おとちゃんいちごSL
C12 66牽引SLもおか号おとちゃんいちごSL posted by (C)jun Nikon Z6II 80-400mmG

C12 66の赤いナンバープレートは1月まで取付でした。

2月はSL大樹を撮影しました。

C11 325牽引SL大樹5号Zfcバージョン
C11 325牽引SL大樹5号Zfcバージョン posted by (C)jun Nikon Zfc 70-300mmE

Nikon Zfcを導入し、いろいろ試写しました。

3月はお休みして4月のJR東日本磐越西線C57 180から撮影再開です。

C57 180牽引SLばんえつ物語@三川
C57 180牽引SLばんえつ物語@三川 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

C57 180牽引SLばんえつ物語@馬下夕陽シルエット
C57 180牽引SLばんえつ物語@馬下夕陽シルエット posted by (C)jun Nikon Z6II Z24-120mmf/4S

鉄道開業150年を記念し、「はじまりの黒」のキャッチフレーズのもとSLばんえつ物語はGWまでヘッドマークなしで運行されました。

GWには上越線でC61 20が運行されました。

C61 20牽引旧型客車SLぐんまみなかみ@諏訪峡
C61 20牽引旧型客車SLぐんまみなかみ@諏訪峡 posted by (C)jun Nikon Z6II Z24-120mmf/4S

水上駅SL転車台広場が有料化され同広場入場時に必要な上りの指定券を購入したので、返しは渋川~新前橋間を旧型客車に乗ってみました。

GW明けは3年連続黄色い(金メダル)HMとなったC57 180牽引SLばんえつ物語で締めました。

C57 180牽引SLばんえつ物語@深戸橋梁
C57 180牽引SLばんえつ物語@深戸橋梁 posted by (C)jun Nikon Z6II 80-400mmG

C57 180牽引SLばんえつ物語@早出川シルエット
C57 180牽引SLばんえつ物語@早出川シルエット posted by (C)jun Nikon Z6II Z24-120mmf/4S

色飛びしやすい黄色いHMは撮りにくいのですが、全般検査を控えたC57 180は今年は9月までの運行と思われますのでしっかり記録していきたいです。

最後に動画です。

蒸気機関車2022冬~初夏 Steam Locomotive 2022 winter to early summer

令和4年1月から6月まで東日本エリアを中心に撮影した蒸気機関車の動画総集編です。

秩父鉄道C58 363、東武鉄道C11 325,C11 207、真岡鉄道C12 66、JR東日本磐越西線C57 180、JR東日本上越線C61 20が登場します。

蒸気機関車の力強い走りをお楽しみください。

さて、7月には東武鉄道でC11 123が復活、8月には高崎地区でD51 498の運行も発表されました。

まもなく運行を終える釜石線のC58 239牽引SL銀河や山口線のD51 200牽引SLやまぐち号(故障で運休中)はちょっと遠くて行けないので、他の方の撮影を期待したいと思います。

無理をしないのが長続きの秘訣だと思いますので、これからも自分で行ける範囲で撮影していきます。

| | コメント (0)

2022年4月30日 (土)

【C61 20】新緑のSLぐんまみなかみ【旧型客車】20220429

令和4年4月29日に撮影した蒸気機関車C61 20牽引旧型客車上越線臨時快速SLぐんまみなかみ号を撮影してきたので紹介します。

C61 20は中間検査Bを終えて試運転の様子はネットに上がっていましたが、情弱な私は平日休みも含め試運転はいけないので本運転からスタートすることにしました。

最初の撮影地は八木原~渋川(通称ヤギシブ)です。

現地に到着し、撮影準備をしていたところ農家のおじちゃんが草刈りしに来て「10時まで待つの。」と言われましたが、「はい。」と答えました。

こんな地元の人との会話も楽しいですね。

C61 20牽引旧型客車臨時快速SLぐんまみなかみ号
C61 20牽引旧型客車臨時快速SLぐんまみなかみ号 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8FL

電車移動の人は仕方ないとしても、本当にここは次から次へと人が現れます。

裏の駐車場にタンクローリーがたくさん駐車していたので今回は正面がちに捉えました。

天気が良ければ次は宮田の榛名山バックも考えましたが、曇天なので関越道を使用して諏訪峡へ向かいました。

諏訪峡Sカーブは後ろの方が迫力がありますが、架線が車体に掛かるので私はいつも煙突をかすめるくらいになる前の方で撮影しています。

ここで準備をしているとおじさん二人が前に入って来ました。

車道にはみ出して危ないので私はカメラ位置を後ろにずらして場所を譲りました。

場所を譲った人は図らずも鉄道写真家の持田さんでした。

C61 20牽引旧型客車SLぐんまみなかみ@諏訪峡
C61 20牽引旧型客車SLぐんまみなかみ@諏訪峡 posted by (C)jun Nikon Z6II 24-120mf/4S

ここで撮影後は水上へ向かいます。

よく見かけるナンバーの車が上りの短いトンネルの方へ向かっていきました。

私はいつもの林道の入り口の広いところに車を止めて、発車の撮影位置を確保しました。

今回からSL運行日の水上駅転車台広場は有料となり、エキトマチケット購入かSL指定券の提示が必要となりました。

下りは満席でしたが、上りの通路側席を確保していたので転車台広場で所要の撮影をしました。

昼食後、いつものお店を出ると先ほど見かけた持田Cマンが駅前を歩いていました。

天気予報通り雨が降り始めました。

C61 20牽引旧型客車SLぐんまみなかみ@水上発車縦
C61 20牽引旧型客車SLぐんまみなかみ@水上発車縦 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8FL

天気も悪いので動画のみ三脚固定とし、静止画は手持ち撮影で縦横切り替えて撮ってみました。

C61 20牽引旧型客車SLぐんまみなかみ@水上発車
C61 20牽引旧型客車SLぐんまみなかみ@水上発車 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8FL

撮影場所を確保した時、前後方向を撮るのにかなり前の方になってしまったので、左上の太いワイヤーが入ってしまいました。

C61 20牽引旧型客車SLぐんまみなかみ@水上発車後追い
C61 20牽引旧型客車SLぐんまみなかみ@水上発車後追い posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8FL

新しいHMはちょっと好みではないので旧型客車の後ろ姿がいいですね。

最後尾のスハフ32 2357は高2夏にED77やDD51が牽引する普通列車に乗って以来のご縁ですが、これからも長く走り続けてほしいです。

水上の撮影後は渋川へ向かいました。

いつもはヤギシブカーブ辺りでもう一度撮影しますが、土砂降りの雨となったので渋川から乗車することにしました。

指定券は6号車のスハフ32でしたが、通路側の相席でしたのでいろいろ撮影しラウンジカーへ行ってみたりしてみました。

ラウンジカーは相席の人が避難しているのか、席はほぼ埋まっていました。

売店のカウンターがあり、販売員の方や乗務員の方と話しているとやっぱり列車に乗っている方が楽しいなと感じました。

リニューアルした旧客に乗るのは初めてでしたが、デコラ張りのオハ47は近代化更新車は壁が茶色に塗られていました。

アルミサッシが木枠に戻されたり、蛍光灯が電球色のLED照明となったり、いろいろ進化しています。

私の世代だと青15号のアルミサッシの世代ですが、現役時代はニス塗内装の客車を選んで乗っていました。

昔ながらの旧型客車は大井川鉄道で乗るとして、高崎の旧型客車は現代へ進化した旧型客車といった感じです。

一昨年は鬼滅の刃コラボで窓にキャラクターシールが貼ってあったのでコラボ企画が終わってから乗ろうと思っていたら2年も経過してしまいました。

このまま高崎まで乗ってみ良かったのですが、新前橋駅で下車して反対側のホームからホームから発車を撮影しました。

細部は動画をご覧ください。

【C61 20】新緑のSLぐんまみなかみ【旧型客車】20220429

令和4年4月29日に撮影した蒸気機関車C61 20牽引旧型客車上越線臨時快速SLぐんまみなかみ号の動画です。

新緑の上越線を力強く駆ける蒸気機関車C61 20の走りをお楽しみください。

有料化されたSL転車台広場、渋川~新前橋の乗車記録、新前橋駅発車も収録しています。

生憎の空模様でしたが、煙とドレインが見事でした。

撮りつくした感のある上越線ですが、時間があるときに最初から最後まで乗りたいなと思いました。

| | コメント (0)

2021年12月11日 (土)

C57 180牽引SLクリスマストレインと蒸気機関車2021総集編

令和3年12月5日に磐越西線で運行されたC57 180牽引SLクリスマストレインを撮影してきたので紹介します。

また2021年に撮影した蒸気機関車動画総集編を本投稿末尾に紹介しています。

本当は12月4日に撮影したかったのですが、新潟側が大雨、会津地方が雪予報だったので天候の回復を待って現地入りしました。

いつもは白河からR289経由で会津入りしますが、甲子トンネル手前は吹雪いており、除雪車が作業するほど路面の積雪があり新雪の峠道を越えるもの怖いので、折り返して白河まで戻り東北道で郡山まで北上してR49中山峠経由で会津入りしました。

回り道したので会津坂下ICから安田ICまで磐越道を使い新潟入りしました。
晴れたら早出川の鉄橋スタートを考えていましたが、どんよりと曇っており大関道踏切をロケハンしたところ置き三脚がなかったのでここをスタートにすることにしました。(午前6時到着)

C57 180牽引SLクリスマストレイン@大関道踏切
C57 180牽引SLクリスマストレイン@大関道踏切 posted by (C)jun Nikon Z6II 80-400mmVR

ここの構図は縦位置(面縦)が定番だと思いますが、16:9の動画用サムネイルを生成することも考慮し横位置で撮影しています。

縦構図はトリミング対応しています。

縦構図(面縦)で撮った写真を横構図の16:9の動画用サムネイルにするのは難しいので…

滝の下踏切で撮影した時に一緒になった方と再会したほか、地元の方ともいろいろ情報交換できました。

8226レは人によっては6か所くらい追っかけで撮るそうで、大関道踏切~五十島(or三川発車)~深戸橋梁(or平瀬)~徳沢~荻野~一ノ戸川橋梁~電化区間と回るらしいです。

私は磐越道ワープを含む10~15分停車の津川・山都を利用した3回が限度ですね。

SLクリスマストレインでは普段の3倍以上の撮影者がいたほか、R49道路工事による渋滞、警察によるパトカーの巡回(ペースカー的走行及び駐停車禁止場所の警告・排除等)があったのでSLクリスマストレインを6回追っかけで撮れたかどうか確認するすべもありません。

こちらでの撮影の後は安田ICから西会津ICまで磐越道を利用し荻野の利田踏切へ移動しました。

通過1時間前に到着しましたが、最前列は既に場所取りしてあり、私は3列目ハスキー4段最大伸長・3段脚立使用となりました。

11月に一度撮影していたので前回の教訓からSカーブを見通せるカーブ外側のポジションを確保しました。

ギリギリまで追っかけが来る場所で油断が出来ないのですが、交差点内駐車した車両や右側駐車車両はパトカーにより排除されていました。

交差点から5m以内は駐停車禁止です。

昨秋の門デフC57の時に舞台田でパトカーの警告を無視した交差点5m以内の駐車車両が違反切符を切られているのは目撃しています。

動画を撮影するものとしてはカメ爺の話し声と共にパトカーによる警告のマイク放送はマジ勘弁してもらいたいものなので、無理な追っかけ・右側駐車を含む駐停車禁止場所での駐車はやめましょう。

C57 180牽引SLクリスマストレイン@利田踏切
C57 180牽引SLクリスマストレイン@利田踏切 posted by (C)jun Nikon Z6II 80-400㎜VR

こちらの写真は16:9にトリミングして蒸気機関車2021春夏秋冬の総集編動画のサムネイルにも使用しています。

C57 180牽引SLクリスマストレイン@利田踏切・縦
C57 180牽引SLクリスマストレイン@利田踏切・縦 posted by (C)jun Nikon Z6II 80-400㎜VR

縦に切り抜くとこんな感じになります。

曇りなので気になりませんが、川吉のカーブ同様に晴れると木の影が落ちる場所なので注意が必要です。

最後は会津縦貫道を利用して笈川~堂島の第2学校踏切へ行ってみました。

こちらはSL通過15分前に到着です。

C57 180牽引SLクリスマストレイン@第2学校踏切
C57 180牽引SLクリスマストレイン@第2学校踏切 posted by (C)jun Nikon Z6II 80-400㎜VR

生憎の曇り空ですが、背後の飯豊連峰が冠雪していたので左を多めに入れてみました。

ちょうど白鳥が飛来しており、特徴のある鳴き声が聞こえましたが、カメラを三脚に固定していたので残念ながら白鳥が空を飛ぶ姿を撮ることはできませんでした。

会津地方は晴れ予報でしたが、生憎の曇り空。

翌日の仕事のことも考えてここで撤収することにしました。

Twitterのフォロワーさんの投稿を見ると8233レは舞台田付近で晴れた写真を見ましたが、後の祭りですね。

当初の予定では8233レを1回撮影した後、磐越道・常磐道で戻るつもりでいました。

でも積雪等による交通規制や渋滞が読めないのでこれでよかったのかもしれません。

マメに撮影に行ける地元の人にはかなわないです。

今回は3箇所の撮影であったので動画にしても3分強なので総集編動画の最後に入れることにしました。

最後に動画です。

蒸気機関車2021春夏秋冬総集編 Steam Locomotive 2021

2021年1月から12月まで撮影した蒸気機関車動画総集編です。

新春の信越本線D51 498牽引SLぐんまよこかわ号から初冬の磐越西線C57 180牽引SLクリスマストレインまで東日本エリアを中心に撮影しました。

美しい日本の四季を駆ける蒸機機関車の力強い走りをお楽しみ下さい。

まだまだ撮影してみたいところがたくさんありますのでこれからも撮影を続けていきたいと思います。

| | コメント (0)

2021年4月 4日 (日)

【C11 190】春雨の大井川鐵道【さくらHM】20210328

桜が咲き乱れる春の大井川鐵道を走る蒸気機関車C11 190牽引旧型客車SLかわね路号を撮影してきたので紹介します。

あいにくの空模様ですが、桜とC11 190を撮影すべく大井川鐵道へ向かいました。

最初に家山川橋梁で桜とさくらHMを掲出したC11 190牽引SLかわね路号を撮影しました。

桜とC11 190大井川鐵道SLかわね路1号
桜とC11 190大井川鐵道SLかわね路1号 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-300mmE

満開の桜を横目にC11 190は走り抜けました。

続いて千頭を目指します。

下泉でSL列車を追い抜き、大井川第二橋梁で動画のみ撮影しました。

先着者がいたので中途半端な立ち位置になったのと雨が本降りになってしまいました。

千頭では入換作業等を撮影しましたが、見学者の傘が邪魔して転車台の撮影も苦労しました。

上りは以前からから撮影したかった下泉の桜と後追い気味のポジションで撮影しました。

ここはいつも車がたくさん停まっていますが、鉄橋の隣にあるお蕎麦屋さんが人気店でその車でした。

先着者がいたので一緒に撮影しましたが、河原に降りて橋の下から撮ると雨に濡れない屋根付き撮影地でした。

下泉の桜とC11 190牽引SLかわね路2号
下泉の桜とC11 190牽引SLかわね路2号 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-300mmE

ここは秋の紅葉の時期にも訪問してみたいところです。

新金谷へ戻る途中、家山の手前でSLと並走、雨模様なのでなかなかいい煙が出ていました。

私は有名どころの撮影地しか知りませんが、撮り鉄の皆さんは俯瞰から被り付きまで様々な場所で撮影していました。

最後に動画です。

【C11 190】春雨の大井川鐵道【さくらHM】20210328  Nikon Z6 Z24-200mm

桜が咲き乱れる春の大井川鐵道を走る蒸気機関車C11 190牽引旧型客車SLかわね路号の動画です。

九州地方で活躍したC11 190、さくらHMの組み合わせは春の大井川鐵道に4年間通い続けてようやく撮影することが出来ました。

この動画はNikon Z6で撮影した一眼動画です。

早岐機関区のC11は寝台特急さくら号(佐世保編成)を牽引した実績があり、大井川鐵道の蒸気機関車の中でさくらHMが似合うのが九州で活躍したC11 190だと思います。

C11 190は早岐機関区にも所属したことがありますが、寝台特急さくら(佐世保編成)がC11牽引だったころ(昭和40~43年)は熊本機関区所属でした。

簡易電源車マヤ20とはつかり色のスハフ43を重ねてみるのはちょっと苦しいかもしれませんが、C11唯一の特急仕業をイメージさせるさくらHMでした。

| | コメント (0)

2021年1月23日 (土)

大井川鐵道SL急行C11 190総集編(門デフ&通常デフお召仕様)

大井川鐵道SL急行を牽引する元お召機C11 190の総集編動画をYouTubeちゃんねるに公開したので紹介します

サムネイルは昨年10月31日に新金谷車輛区で撮影した通常デフお召仕様C11 190です。

C11 190新金谷車両区出区
C11 190新金谷車両区出区 posted by (C)jun Nikon D500 VR18-140mm

C11 190は復活プロジェクトの寄付で動態保存となりましたが、復活15周年を記念し門デフを装備しました。

2018年7月に乗車しました。

C11 190門デフ
C11 190門デフ posted by (C)jun Nikon1 V3 VR10-100mmPD

トーマス号が走るときはSLかわね路号に確実に茶色旧客が運用されるのを見越してのことです。

また2018年12月には門デフお召仕様を沿線で撮影しました。

C11 190家山駅発車
C11 190家山駅発車 posted by (C)jun Nikon D500 70-200mmf/2.8G VR2

C11 190は検査のためしばらく運用を外れていましたが、2020年10月に運用復帰。

通常デフお召仕様という復活当初の姿に近い仕様となりました。

(デフレクターの社紋はなし)

C11 190牽引SLかわね路13号
C11 190牽引SLかわね路13号 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

この日はC11 190とC11 227の2本のSL列車が運行されてので先に来たC11 190は中徳橋から俯瞰撮影してみました。

C11 190牽引SLかわね路14号(大井川第一橋梁)
C11 190牽引SLかわね路14号(大井川第一橋梁) posted by (C)jun Nikon D500 VR18-140mm

上りは大井川第1橋梁リベンジですが、10月31日撮影なので山の影が鉄橋にかかるようになります。

これからもたくさん撮影したいC11 190ですが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が発表され、しばらくSL列車運行が困難な状態となってしまいました。

そんな状況で、お家でSL列車の旅を楽しめるようにC11 190の総集編動画を編集してみました。

大井川鐵道SL急行C11 190総集編(門デフ&通常デフお召仕様)

門デフ仕様C11 190牽引SL急行かわね路号の乗車記録及び門デフ仕様と通常デフ仕様の沿線撮影動画を撮影地順に編集してみました。

リベット打ち・ニス塗りの内装で人気の旧型客車、特に白熱灯装備で人気のオハフ33 215の車内も登場します。

大井川鐵道川根路の車窓、力強く走るSL列車の旅をお楽しみください。

信越本線や東武鬼怒川線など一部SL列車は運行されていますが、緊急事態宣言ということで県外移動も躊躇する状態。

早くSL列車の旅が心置きなく楽しめるようになるといいですね。

| | コメント (0)

2020年12月24日 (木)

蒸気機関車2020春夏秋冬 Steam Locomotive 2020

2020年(令和2年)に撮影した蒸気機関車の動画総集編を作成したので紹介します。

サムネイルはD51 498牽引SL YOGISHAよこかわ号です。

SL YOGISHAよこかわ号
SL YOGISHAよこかわ号 posted by (C)jun NikonZ6Ⅱ 24-70mmf/2.8G

SL YOGISHAよこかわ号オリジナルのHMかと思ったら鬼滅の刃×SLぐんま~無限列車大作戦~HMのままでした。

今年最後の撮影になるかまだ分かりませんが、とりあえずこれで締めることにしました。

さて、2020年のSL撮影はC11 207単機牽引のSL大樹から始めました。

2019年12月末にSL大樹の撮影をしたところ倉ケ崎SL花畑でイルミネーションをしていることを知り年明けから通い続けることになります。

十四夜月とSL大樹
十四夜月とSL大樹 posted by (C)jun Nikon Z6 24-70mmf/2.8G

1月に通い詰めて納得が出来る写真が撮れたと思ったらサイドのナンバープレートが光るようになり、2月も再訪、3月には花火があったりと何度も通うことになりました。

筑波山とSLもおか号
筑波山とSLもおか号 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-70mmf/4S

C11 325が東武鉄道へ譲渡されC12 66のみが走ることになったSLもおか号。

撮影地で出会った方の影響を受けたり、いままで撮ったことがなかった八木岡の線路西側など新たな挑戦をするようになりました。

冬季でSL運行をしていたのがこの2路線と信越本線のSLぐんまよこかわ号です。

C61 20牽引SLぐんまよこかわ号
C61 20牽引SLぐんまよこかわ号 posted by (C)jun Nikon Z6 70-200mmf/2.8G VR2

片道運行で効率が悪いSLぐんまよこかわ号ですが、夜汽車は撮っていても昼に撮影していなかった安中発車と冬の済んだ空気を利用して妙義山や浅間山を絡めた沿線での撮影をしてみました。

4月唯一の撮影になったのが大井川鐵道のC11 227です。

家山川橋梁を渡るC11 227さくらHM付
家山川橋梁を渡るC11 227さくらHM付 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-70mmf/4S

さくら号のHMを掲出したC11 227と桜の組み合わせはようやく撮影できました。

金曜日の撮影だったので、割と余裕がありましたが、この後の新型コロナウイルス感染拡大による非常事態宣言によりSL列車が運行中止になってしまいました。

7月の緊急事態宣言解除後は、SL大樹、SLもおかと徐々に運行再開、この2つの列車は冬季にさんざん撮影したので総集編では割愛しています。

そして4月のぐんまDCで登場予定だった全検を終えたD51 498が上越線に帰って来ました。

雨の諏訪狭を行くD51 498

雨の諏訪狭を行くD51 498 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

レンズは新型コロナウイルスの影響で発売が遅れていたZ24-200mmf/4-6.3VRを使用しました。

いわゆる高倍率の便利ズームですが、なかなかの描写力です。

フォーカスブリージングを抑えているので動画にも最適なレンズでした。

8月にはC57 180牽引SLばんえつ物語が運行再開しました。

C57 180臨時快速SLばんえつ物語@五十島
C57 180臨時快速SLばんえつ物語@五十島 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mmVR

雨の五十島を駆けるC57 180、8月と思えない爆煙でした。

続いて上越線を駆けるC61 20です。

C61 20牽引SLぐんまみなかみ号@岩本ストレート
C61 20牽引SLぐんまみなかみ号@岩本ストレート posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mmVR

長梅雨の影響で梅雨明けは8月になってからでしたが、次は猛暑の中の撮影となりました。

9月は再び磐越西線を訪問しました。

C57 180 1日の運行を終えて@新津駅
C57 180 1日の運行を終えて@新津駅 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mmVR

SLばんえつ物語はトンネル飛び出しや新津駅到着~回送など今まで撮影していなかったところを中心に回りました。

10月はリニューアルされた高崎の旧型客車が運用開始されました。

D51 498+旧型客車in諏訪狭
D51 498+旧型客車in諏訪狭 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mmVR

近代化更新車でクリーム色の内装から木目調?茶色の内装・緑色のモケット化など銀河鉄道999の客車のようになりました。

またスハフ42 2173がラウンジカーに改装され、シートはエンジ色となっています。

続いて、C11 190が検査を終えて大井川鐵道へ帰って来たので、C11 227と一緒に走る日に訪問してみました。

C11 190牽引SLかわね路14号(大井川第一橋梁)
C11 190牽引SLかわね路14号(大井川第一橋梁) posted by (C)jun Nikon D500 18-140mmVR

今回は下りが中徳橋と大井川第2橋梁、上りは大井川第1橋梁で撮影してみました。

下りの大井川第1橋梁と上りの他の撮影地は今後の課題にしたいと思います。

11月はC57 180に6年ぶりに門デフが装着されました。

C57 180門デフ@新津
C57 180門デフ@新津 posted by (C)jun NikonZ6Ⅱ 24-70mmf/2.8G

門デフC57の撮影は2回行きましたが、D500のシャッター音が動画にかなり影響するので思い切ってNikonZ6Ⅱを導入し早速実践投入しました。

RAW+JPEGでもストレスなく連写が出来るので頼もしい存在です。

なお、CFexpressカードは従来どおりZ6にZ6Ⅱには余っていたXQDカードを転用しました。

Nikon Z6は常時AFを使用した動画用カメラとして本格的に運用を開始しました。

また、Nikon D500もファームアップでCFexpress対応となったのでカードの供給面の不安が解消されました、

当面はXQDをそのまま使うと思います。

12月は社会現象となっているアニメとのコラボ企画鬼滅の刃×SLぐんま~無限列車大作戦~のD51 498牽引SLぐんまよこかわ号を撮影しました。

D51 498(NikonZ6?無限連写大作戦)
D51 498(NikonZ6?無限連写大作戦) posted by (C)jun Nikon Z6Ⅱ 80-400mmf/4.5-5.6G VR

西松井田の急勾配を駆けあがるD51 498、もう少し手前に引き付けるとビームが煙に隠れますね。

ここではNikon Z6を使用した常時AF(AF-F)でズームアウト・パンニングに挑戦しました。

最後に動画を紹介します。

蒸気機関車2020春夏秋冬 Steam Locomotive 2020

2020年(令和2年)に撮影した蒸気機関車の動画総集編です。

日本の四季を駆ける蒸気機関車の力強い走りをお楽しみください。

00:00 C11 207単機+14系客車東武鉄道SL大樹
05:43 C12 66真岡鐵道SLもおか号
11:27 C61 20+12系客車JR東日本信越本線SLぐんまよこかわ号
15:58 C11 227+旧型客車春の大井川鐵道SLかわね路号
20:48 D51 498+12系客車JR東日本上越線SLぐんまみなかみ号
24:55 C57 180+12系客車改JR東日本磐越西線SLばんえつ物語
30:43 C61 20+12系客車JR東日本上越線SLぐんまみなかみ号
34:18 C57 180+12系客車改JR東日本磐越西線SLばんえつ物語
46:14 D51 498+旧型客車JR東日本上越線SLぐんまみなかみ号
51:19 C11 190&C11 227+旧型客車大井川鐵道SLかわね路号
1:06:11 C57 180門デフ+12系客車改JR東日本磐越西線SLばんえつ物語
1:19:44 D51 498+旧型客車JR東日本信越本線SLぐんまよこかわ号
1:21:52 D51 498+旧型客車JR東日本信越本線SL YOGISHAよこかわ号
が登場します。

長い動画ですのでチャプターを利用してみたいシーンへ飛んでみてください。
この動画はNikon Z6&Nikon D500で撮影した一眼・一眼レフ動画です。

今年もあと1週間ほどとなりましたが、C11 325が12月26日から運行開始されます。

令和3年1月17日以降は単機運行が発表されていますのでC11 325撮影本番は来春以降になりそうです。

年内にもう1回くらい撮影に行くかもしれませんが、来年も当ブログ不定期列車・YouTube Junichi Channelをよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2020年12月21日 (月)

【D51 498】SL YOGISHAよこかわ【旧型客車】20201219

2020年12月19日に運行されたD51 498牽引旧型客車SL YOGISHAよこかわ号を撮影してきたので紹介します。

例年だと横川発の上り列車がSL牽引ですが、今回は下り列車がSL牽引ということでそれに合わせた撮影地選びをしました。

当初は安中の鉄橋を俯瞰するつもりでしたが、12月19日の日の入り時刻は1732、SLの通過時刻が1620頃と微妙に明るい時間なのでHMが良く見える群馬八幡~安中(板鼻踏切近く)のインカーブに撮影場所を確保しました。

安中の鉄橋はおそらく正月運行の1月2日に行くと思います。

冷たい風が吹いており、皆さんは車の中で待機しているのか?通過ギリギリになるとどんどん人が増えて来ます。

また、西日の影が伸びてきて周囲が暗くなるのを見越しての撮影場所選びでしたが、通過20分前くらいまでは背後の道路橋の影と西日が当たるエリアが混在した状態でヒヤヒヤしました。

SL YOGISHAよこかわ号
SL YOGISHAよこかわ号 posted by (C)jun NikonZ6Ⅱ 24-70mmf/2.8G

昨年末C61 20に掲出されていたカートレインのようなSL YOGISHAよこかわ号のHMかと思いきや、鬼滅の刃×SLぐんま~無限列車大作戦~のHMのままでした。(ちなみに一昨年末はD51復活30周年HM)

これでは、先週の西松井田の撮影とあまり変化がないですね。

夜汽車の雰囲気はないですが、動画のサムネイル用の写真としてとりあえず確保しました。

続いて横川へ向かいます。

追いつけなくても返しのELをそこで撮るつもりでした。

SL YOGISHAよこかわ号の横川駅到着は1705、R18の混雑を考えると追っかけは厳しいのですが、大型トラックの後尾であり車の流れに乗って走った結果、下横川のカーブに就いたのが1703、夜汽車は5分ほど遅れてきたので動画のみ何とか撮影できました。

(詳細は動画をご覧ください)

D51 498は豪快なドラフト音を響かせて勾配を駆けあがっていきました。

列車通過後、カメラを振って横川方向へ向けましたが、Z6はピント合わせが出来ず、後追い撮影は出来ませんでした。

(下り方向はR18の灯りに反射したレールにピントを合わせました。)

動画の置きピンもままならないのとその場の思い付きで松井田の鉄橋に行ってみることにしました。

崖の上から撮る場所は暗闇では怖いので道路橋の下から見上げるアングルで撮影してみました。

妙義山と夜汽車
妙義山と夜汽車 posted by (C)jun NikonZ6Ⅱ 50mmf/1.8G

下からだと木の枝がうるさいですね。

環境光がなく、妙義山のシルエットで何とかピント合わせした形になります。

続いて、下りを撮影した板鼻踏切の群馬八幡寄りの直線を目指します。

でも、背景に灯りや線路が光る場所がないとピント合わせ出来ない、EL YOGISHAよこかわ号安中駅到着前に安中駅付近へ着いたのでいつもの安中駅発車ポジション(線路南側)へ行ってみました。

混雑していたら田んぼから遠めに望遠流しするつもりでしたが、先着は1名だったのでその人の後ろからハスキー4段最大伸長・脚立使用でいつものSLを撮影する要領で撮ってみました。

なお、EL先頭であり、煙やドレインはないので動画は手前へ引いた構図のみとしました。(Nikon Z6 24-70mmf/2.8G使用 )

静止画は暗闇でもAFが喰い付くNikon D500に50mmf/1.8Gを装着、1/60秒で軽く流しながら撮影しました。

EF64 1001牽引ELぐんまよこかわ号
EF64 1001牽引ELぐんまよこかわ号 posted by (C)jun Nikon D500 50mmf/1.8G

安中の停車時間は8分ですのでマイクを離す余裕はなく、D500のシャッター音は動画にそのまま入ってしまいました。

最後に動画です。

【D51 498】SL YOGISHAよこかわ【旧型客車】20201219

2020年12月19日に運行されたD51 498牽引旧型客車SL YOGISHAよこかわ号の動画です。

補助機関車はEF64 1001でした。

今回の夜汽車は鬼滅の刃×SLぐんま~無限列車大作戦~仕様HMのままでした。

夕闇を走る夜汽車の世界をお楽しみください。

この動画はNikon Z6で撮影しました。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響でGo Toトラベルも年末年始は中断となり、大井川鐵道では年末年始のSL運転中止がアナウンスされました。

他社も追従するのか不透明な状態。

また、JR東日本では大晦日の終夜運転中止がすでにアナウンスされています。

C11 325が12月26日から東武鬼怒川線で運行開始されますが、令和3年1月17日以降単機牽引が発表されています。

どうせ行くなら単機牽引の方が良いです。

2020年の蒸気機関車撮影は今回が最後になるかも知れません。

| | コメント (0)

2020年12月14日 (月)

【D51 498】鬼滅の刃×SLぐんま【煉獄】急勾配に挑むD51 498 20201213

令和2年12月13日に撮影したD51 498牽引旧型客車SLぐんまよこかわ号、25/1000の急勾配に挑むD51 498を撮影してきたので紹介します。

撮影地は西松井田の急勾配、Nikon Z6でAF追従・ズームアウト・パンニングしながら動画を撮影してみたかったのと、静止画用のNikon Z6Ⅱの耐久試験です。

午前3時半起床、4時半出発京葉道~外環道~関越道~上信越道経由で7時過ぎに現地入りしました。

先着者は2名でした。

撮影地の混雑が予想されるときは午前6時半くらいには現地入りしたいものです。

千葉から下道だと4時間強かかりますが、ちょっと出遅れたので高速道路を使ってみました。

D51 498(鬼滅の刃×SLぐんま~無限列車大作戦~)
D51 498(鬼滅の刃×SLぐんま~無限列車大作戦~) posted by (C)jun Nikon Z6Ⅱ 80-400mmVR

Nikon Z6Ⅱ導入後、2回目の撮影になります。

動画用のNikon Z6をズームアウトしつつパンニングしながら、縦位置に固定したNikonZ6ⅡをリモートコードMC-DC2でレリーズ(ロック)しながらの撮影になりました。

捨てコマが増えますが、動画に集中できます。

連続撮影可能枚数がZ6の3倍に増えたNikonZ6Ⅱ。

まさにNikonZ6Ⅱ×SLぐんま~無限連写大作戦~となりました。

10月から「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」とのコラボイベント「鬼滅の刃×SL ぐんま~無限列車大作戦~」が実施されていますが、12月のコラボHMは煉獄杏寿郎でした。

最後尾のEF64 1001には鬼滅の刃5人のキャラクターが登場します。

EF64 1001鬼滅の刃HM
EF64 1001鬼滅の刃HM posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

後ろ向きにカメラを固定して後補機のEF64 1001を追い打ちしました。

いつもなら沿線での撮影後、横川駅を訪問していますが、今回は入場制限がかけられており、まっすぐ帰宅しました。

最後に動画です。

【D51 498】鬼滅の刃×SLぐんま【煉獄】急勾配に挑むD51 498 20201213 Nikon Z6 70-300mmE

令和2年12月13日に撮影したD51 49牽引旧型客車SLぐんまよこかわ号の動画です。

25/1000の急勾配に挑むD51 498を撮影してきました。

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」とのコラボイベント「鬼滅の刃×SL ぐんま~無限列車大作戦~」12月のコラボHMは煉獄杏寿郎でした。

最後尾のEF64 1001には鬼滅の刃5人のキャラクターが登場します。

片道運行で効率が悪いSLぐんまよこかわですが、25/1000に挑むD51 498の息遣いを堪能することが出来ました。

 

| | コメント (0)

2020年11月10日 (火)

【C57 180】錦秋の磐越西線SLばんえつ物語【門デフ】20201107

令和2年11月7日から6年ぶりに門デフ(門司鉄道管理局切取り式除煙板)を装着したC57 180、錦秋の磐越西線を駆けるSLばんえつ物語を撮影してきたので紹介します。

ネタ鉄が集まる門デフ初日は避けたかったのですが、一緒に撮影した友人のスケジュールに合わせて11月7日に撮影することにしました。C57 180門デフ・錦秋のSLばんえつ物語@川吉ストレート(横)
C57 180門デフ・錦秋のSLばんえつ物語@川吉ストレート(横) posted by (C)jun
 Nikon D500 70-200mmf/2.8G VR2

金曜日の仕事明けに3時間ほど仮眠し、東北道・磐越道と進みました。

撮影場所を検討した結果、煙が期待できる五十島からスタートすることにしました。

いつもは0630までには現地入りしていますが、少し出遅れて0635到着。

先着の車は2台、私達の後にさらに2台が続けて到着しました。

とりあえず、前回撮影した進行方向右側のポジション(横構図機関車公式側)を確保しましたが、動画のバリエーションを増やすために縦位置の場所へ移動します。

動画はNikon Z6+70-300mmVRで正面(ズームアウト&パンニング)、D500+16-80mmf/4Eが後ろ向き(固定)、静止画はD500+70-200mmf/2.8G VR2(縦)としました。

列車通過まで4時間強ありますが、その間のエピソードについて…

五十母川の鉄橋を渡った先の東北電力の鉄塔下付近にアウトカーブを俯瞰するポイントがあります。

そこへ向かうには長靴を履いて川を渡るしかありませんが、磐越西線の鉄橋を歩いて渡る人が偶にいます。

今回も鉄道橋を渡ろうとした人が、監視をしていたJRの職員さんに「コラー!」と怒られたそうです。

あきらめてその人は私の近くで撮影していましたが、後追い動画を見る限り5~6名が鉄塔脇にいるのがわかりますね。

次はどこで撮影するかという話になり、私達は当初群岡のアウトカーブを考えていましたが、そばにいた人に川吉S字カーブ手前のストレートで撮影した動画を見せてもらうと引きが取れない直線ですが、長い直線を見通すことになり尺が稼げる動画向きのポイントであることがわかりました。(定員2~3名)

錦秋のSLばんえつ物語@五十島
錦秋のSLばんえつ物語@五十島 posted by (C)jun D500+70-200mmf/2.8G VR2

汽笛を吹鳴するC57 180、面縦だと門デフがわかりにくいです。

C57 180門デフ・錦秋のSLばんえつ物語@五十島
C57 180門デフ・錦秋のSLばんえつ物語@五十島 posted by (C)jun D500+70-200mmf/2.8G VR2

カーブに差し掛かり少し顔を振ると門デフらしさが出て来ました。

背景の山は紅葉していましたが、C57の爆煙で隠れてしまいました。

門デフ狙いで皆さんは公式側のサイドアングルに回りかなり混雑していましたが、反対側の縦位置ポジションはまったりと撮影することが出来ました。

動画を録っていると列車通過直後にカメラの前を横切る追っかけ野郎が写っているのはいつものことでした。

三脚を3台使用したので撤収は遅くなり、結局最後まで残っていることになりました。

R49に戻ると時間を稼ぐために三川ICから磐越道ワープすることにしました。

三川ICはR49から3kmほど離れていますので津川ICへ向かうときは高速ワープの効果はありませんが、一気に西会津ICに出ました。

野沢駅発車時刻基準で考えると40分ほど先行した形になりました。

目指すは川吉S字カーブ、私はS字カーブ中ほどの俯瞰場所(前回は中段だったので上段狙い)で撮影したかったのですが、すでに4名ほどカメラを構えていたので川吉ストレートへ向かいました。

そこにはすでに置き三脚が2本ありましたが、私が三脚を据えるスペースはなんとか確保できました。

友人はS字カーブ中ほどの俯瞰ポイントで撮影しました。

置き三脚の主は写真専門のおじいさんで、熊除けの鈴を鳴らしSL通過5分前に現れました。

日出谷の鉄橋俯瞰(阿賀野川当麻橋梁)~大巻橋梁~荻野駅通過と3箇所撮影して川吉ストレートに現れたのでした。

大巻橋梁上りはまだちゃんとした場所で撮っていない(8月に藪漕ぎに失敗した)ので次の課題として、荻野はパスして川吉に移動するのは有りだと思いました。
C57 180門デフ・錦秋のSLばんえつ物語@川吉ストレート
C57 180門デフ・錦秋のSLばんえつ物語@川吉ストレート posted by (C)jun Nikon D500 70-200mmf/2.8G VR2

ホワイトバランスは曇天にして赤みを増し増ししていますが、紅葉のトンネルを爆煙を上げて進むC57 180の雄姿を捉えることが出来ました。

冒頭の写真は動画のサムネイル用に横向きトリミングしています。

ここでの動画撮影もマイクをケーブルで離したのですが、後ろから撮影する人の邪魔になるので線路際に置けず、D500のシャッター音をまともに拾ってしまいました。

上り2箇所の撮影でしたが、十分満足が出来る爆煙写真が撮れました。

門デフらしさはないですが…

下りは慶徳峠を降りて舞台田の築堤付近の撮影場所を確保します。

友人が第二舞台田踏切付近のアウトカーブを見たいというのでロケハンしましたが、濁川から直線を進みカーブするポイントに余席はありませんでした。

ここも次の課題とします。

撮影場所を確保すると喜多方駅へ向かい、駅前の喜多方ラーメン屋さんで少し遅い昼食を取りました。

天気予報どおり雨が降って来たので、舞台田の下り撮影は動画撮影のみとしました。

Nikon1 V3が客車に巻いた煙でフォーカスアウトした時のリベンジでD500でパンニング撮影しました。

ようやく門デフをサイドから撮影した形になります。

こちらでは山形から来たおじいさんと楽しくSL談義することが出来ました。

下りの闇鉄も検討しましたが、雨が降っているのでここでSL撮影は打ち切り、国鉄日中線熱塩駅跡にある日中線記念館を訪問してみました。
日中線記念館(旧熱塩駅)
日中線記念館(旧熱塩駅) posted by (C)jun Nikon D500 16-80mmf/2.8-4E

38年前の夏、DE10 5が牽引する2両の客車(オハ61・オハフ61)に乗り訪問した熱塩駅。

その跡地は日中線記念館となっていました。
オハフ61 2752の車内
オハフ61 2752の車内 posted by (C)jun Nikon D500 16-80mmf/2.8-4E

ニス塗りの車内は懐かしいにおいがしました。

車内のスイッチを入れるとSLのドラフト音が流れる仕組みになっていました。

オハ61は日中線と磐越西線で乗ったのが最後でした。

最後に動画です。

【C57 180】錦秋の磐越西線SLばんえつ物語【門デフ】20201107

令和2年11月7日に撮影した錦秋の磐越西線を駆ける蒸気機関車C57 180牽引SLばんえつ物語と仲間たちの動画です。

新潟県・庄内エリアアフターDCのためK-7タイプの門デフ(門司鉄道管理局式デフレクター)を特別に取付けたC57 180が紅葉真っ盛りの磐越西線を力強く走ります。

力強いドラフト音・郷愁の汽笛、C57 180の爆煙をお楽しみ下さい。

この動画はNikon Z6とNikon D500で撮影した一眼・一眼レフ動画です。

Z6で動画撮影した際のD500のシャッター音がうるさいので早くNikon Z6Ⅱが欲しいなと思ったのでした。

C57 180の門デフ装着は12月5~6日のSLクリスマストレインまで発表されていますのでもう少し楽しめそうですね。

なお、SLクリスマストレインは門デフ・HM無しなのでまたしても撮影地の大混雑が予想されます。

クワバラクワバラ…

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

【D51 498】信越本線SL列車の旅【旧型客車】25/1000急勾配に挑むD51

蒸気機関車D51 498牽引旧型客車の信越本線SLぐんまよこかわ号乗車記録動画と沿線で撮影したSL動画を編集したまとめ動画を作成したので紹介します。

D51 498牽引臨時快速SLぐんまよこかわ号
D51 498牽引臨時快速SLぐんまよこかわ号 posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

サムネイルは復活30周年記念装飾のD51 498です。

本来なら本年4月から群馬DCで全般検査を終えたD51 498の姿が見られるはずでしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のためSL列車がいつ運行再開できるかわからない状態となってしまいました。

ならば今まで撮りためた映像を編集してstay homeでも楽しめるようにYouTube動画投稿してみた次第です。

【D51 498】信越本線SL列車の旅【旧型客車】25/1000急勾配に挑むD51

25/1000の急勾配に挑むD51 498のドラフト音、汽笛など信越本線SL列車の旅をお楽しみください。

勾配区間が続く下り列車中心で編集していますが、末尾にSL YOGISHAよこかわ号上り列車安中駅発車シーンも収録しています。

D51 498牽引臨時快速SL YOGISHAよこかわ号
D51 498牽引臨時快速SL YOGISHAよこかわ号 posted by (C)jun Nikon D500 50mmf/1.8G

補助機関車はDD51、EF64 1000番台、EF65 501が登場します。

新型コロナウイルス感染拡大防止の非常事態宣言は解除されましたが、県外移動自粛は続いており6月19日解禁と言われています。

7月にはSL列車も順次運行再開すると思われますが、群馬DCに合わせて整備された高崎の旧型客車のラウンジカー改装・シートモケット交換(青→緑?、ラウンジカーはエンジ)・内装を木目調にリニューアル(ニス塗り風?)は冷房設備がないので秋までお預けになりそうですね。

報道公開されたラウンジカー改装のスハフ42 2173の内装はペンキ塗り潰しの上に茶色塗料を塗ったように見えますが、

メラニン化粧板に交換されているオハ47の内装をどのように変えてくるか気になるところです。

私のようなおじさんでも旧型客車のシートモケットは青色の世代、銀河鉄道999の世界のような緑色のシート・木目調の内装になった旧型客車に早く再会したいですね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧