鉄道

2023年1月21日 (土)

蒸気機関車2022-2023冬 4K(冬の蒸機編)Steam Locomotive 2022-2023 Winter

令和4年12月から令和5年1月まで、今シーズン冬の蒸気機関車を撮影した動画総集編を公開したので紹介します。

動画紹介に先立ち、前回まで紹介した以降の写真撮影について

1月8日に真岡鐵道で運行されたC12 66牽引SL新年号を撮影しました。

623_5859_1

C12 66牽引SL新年号@八木岡シルエット NikonZ6II Z24-120mmf/4S

例年、冬季にシルエット写真に挑戦していますが、今回は太陽を入れてみました。

いざ撮ってみると汽車と太陽が離れているので、冬至の頃がいいかもしれません。

当日は撮影地はどこも混んでおり移動も大変でした。

下り市塙駅発車(動画のみ)、上り有料撮影地下段で撮影後八木岡へ

(上り八木岡では動画パンニング失敗でボツ)

623_6005

筑波山とC12 66  NikonZ6II Z24-120mmf/4S

最後は筑波山とC12 を組み合わせて撮影しました。

C12 66重要部検査前の最終運行日は1月15日でした。

生憎の曇天なので曇り向けの撮影地を選択しました。

623_6242

C12 66多田羅発車  NikonZ6II AF-S80-400mmVR

追っかけ組で混む多田羅でしたが、最初からここにいたら2番目到着で私なりのポジションを確保できました。

踏切検障のポールが立ち撮影しにくくなった多田羅ですが、縦位置撮影してポールをかわしました。

続いて上りです。

623_6344

C12 66@有料撮影地上段 NikonZ6II AF-S80-400mmVR

晴れると手前に日が当たり明暗の差が激しい有料撮影地ですが、曇天を活用して縦位置で捉えました。

動画のサムネイルで使わない場所は縦で撮ったりしています。

3月まで運行が無いこともあり、HM無しでも撮影地は混雑していました。

最後に動画です。

令和4年12月から令和5年1月まで、今シーズン冬の蒸気機関車を撮影した動画総集編です。

新雪と打ち上げ花火とイルミネーションの東武鉄道SL大樹、新春の鬼怒川線SL大樹「ふたら」、大井川鐵道SLかわね路号&きかんしゃトーマス号、真岡鐵道SLもおか号が登場する冬の蒸気機関車・4部構成となっております。

イルミネーションの季節となった倉ケ崎SL花畑、恒例の花火が打ち上げられ、X'masイヴは朝から雪が降り初めホワイトクリスマスの鬼怒川線沿線を力強いドラフト音を響かせてSL大樹が走りました。

SL大樹「ふたら」は元旦に謹賀新年HMと日章旗が掲出されました。

大井川鐵道ではC10 8に謹賀新年HM&日章旗が掲出され、きかんしゃトーマス号も運行されました。

もおか鉄道SLもおか号はSL新年号として謹賀新年HMと日章旗が掲出されました。

また重要部検査で入場する前の最終運行日1月15日はあいにくの曇天でしたが、曇り向けの撮影地として多田羅発車と有料撮影地上段で撮影しました。

白煙が美しい冬の蒸気機関車の雄姿をお楽しみください。

| | コメント (0)

2023年1月 4日 (水)

【C10 8】新春の大井川鐵道【日章旗】令和五年賀正 with きかんしゃトーマス

令和5年1月3日に撮影した大井川鉄道の蒸気機関車C10 8ときかんしゃトーマス号の動画を公開したので紹介します。

動画のサムネイルは福用のお立ち台付近を行くC10 8牽引SLかわね路1号です。

大井川鐵道C10 8牽引SLかわね路1号
大井川鐵道C10 8牽引SLかわね路1号 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

この日は旧友と大井川鐵道を撮影に訪問しました。

午前2時に友人宅を出発、午前6時前には新金谷へ到着しました。

せっかくなので大代川側線を見学してみることにしました。

復活の時を待つC56 135
復活の時を待つC56 135 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

昨年、クラウドファンディングで復元の整備費用の呼びかけがあったC56 135号機です。

私も微力ながら投資させていただきました。

C11 190号機の復活支援プロジェクトに支援して以来となります。

まもなく東海汽缶へ運び出されて復元開始でしょうか?

返礼品も待ち遠しいです。

この後、新金谷車両区を見える範囲で見学して撮影地へ向かいます。

(SLに乗ろうかとの私の提案に友人がNGだったためです。)

現在、新金谷から家山へ向かう大井川鐵道と並行している国道は災害で通行止めとなっており、大井川対岸の県道を進み家山付近で大井川の橋を渡ります。

せっかくなので友人に家山駅上り発車の撮影場所を車で見せながら福用へ向かいました。

途中、国道沿いの林の中にイノシシと思われる大型の動物を見かけました。

福用駅近くの踏切わきの空き地には遠征組と思われる車が多数駐車していました。

私たちはそのまま福用のお立ち台へ向かいました。

後ろから見覚えのある車がついてきました。

撮影地でよく合うTさんでした。

車を方向変換し、福用のお立ち台を友人に説明します。

私も何度かロケハンで来たことがありましたが、撮影するのは初めてです。

お立ち台のすぐ下には小さな鉄橋がありますが、そこにキョンと思われる大型動物がいました。

またここで一緒にいたおじさんが鉄橋真横からきかんしゃトーマス号を撮影していましたが、見せてもらった写真はなかなかいい感じでした。

お立ち台自体は下から笹が生えてきてキャパも狭くなっており、線路反対側からの撮影も面白そうでした。

きかんしゃトーマス(C11 190)
きかんしゃトーマス(C11 190) posted by (C)jun NikonZ6II 70-200mmf/2.8E FL

新金谷~家山を往復するきかんしゃトーマス号、最後部にE10 1が連結され、返しはそのまま先頭に立ちます。

C10 8牽引のSLかわね路1号は冒頭の写真のとおりですが、上りは久しぶりの逆向き運転となります。

コールバンカーの面縦写真をSNSにアップされている人も多いですが、ここは横から狙ってみることにしました。

大井川鐵道C10 8牽引SLかわね路2号
大井川鐵道C10 8牽引SLかわね路2号 posted by (C)jun Nikon Z6II Z24-120mmf/4S

流し撮りするか、固定で撮るか迷いましたが、動画のパンを優先して固定で撮影しました。

ちょっと明るすぎたのでシャッター速度を落としにくいというのもあります。

福用での撮影を終了し、後半戦は家山へ向かいました。

いろいろな撮り方が出来てキャパもそれなりにある家山駅周辺ですが、桜の時期にいつも家山川の堤防のところで撮影しているので今回は正面から狙ってみました。

C10 8牽引SLかわね路15号
C10 8牽引SLかわね路15号 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-300mmE

線路際のロープが張ってある場所の外側から撮影しましたが、左の退避場所が気になりますね。

ここを真正面から撮るには駅手前のカーブから撮るというのに後から気づきました。

(友人に上り発車はここで撮ると説明した場所でした。)

返しの16号は家山駅から出てくるところ(スプリングポイントを抜けた辺り)で撮影しました。

詳細は動画をご覧ください。

最後に動画です。

【C10 8】新春の大井川鐵道【日章旗】令和五年賀正 with きかんしゃトーマス 4K

令和5年1月3日に撮影した大井川鉄道の蒸気機関車C10 8ときかんしゃトーマス号の動画です。

蒸気機関車C10 8には今年の干支のウサギのHMと日章旗が掲出されました。

大代川側線には復活が予定されているC56 135の姿もありました。

新春の川根路を走る蒸気機関車C10 8の郷愁の汽笛、響き渡るドラフト音、蒸気機関車や旧型客車の線路を刻む音をお楽しみください。

今回は新金谷~家山駅で運転されたため、C10 8の珍しい逆向き運転を見ることが出来ました。

また小さな子供たちに大人気のきかんしゃトーマス号の姿も併せてお楽しみください。

4Kで撮影しました。

4K動画再生環境が整っている方は大画面でお楽しみください。

4Kの編集もアプリに少し慣れてきました。

最後の書き出し(レンダリング)も昨年末に自作PCを強化したので快適に行うことが出来ました。

SL関連のお正月ネタとしては今週末のSLもおか号を残すのみとなりました。

例年大混雑なのでどうしようかなと思っております。

| | コメント (0)

2023年1月 2日 (月)

【C11 207】新春のSL大樹【C11 123】令和五年元旦 4K Tobe Line SL Taiju Futara

令和5年元旦に撮影した蒸気機関車C11 123&C11 207が牽引する東武鉄道SL大樹「ふたら」の動画を公開したので紹介します。

謹賀新年ヘッドマークに日章旗を掲出した蒸気機関車C11は東武日光線及び鬼怒川線を郷愁の汽笛と力強いドラフト音を響かせ力強く走り抜けました。

動画のサムネイルは、小佐越カーブを行くSL大樹「ふたら」72号です。

小佐越カーブを行くC11 123牽引SL大樹「ふたら」72号
小佐越カーブを行くC11 123牽引SL大樹「ふたら」72号 posted by (C)jun NikonZ6II Z24-120mmf/4S

本年元旦から3日まではSL大樹に恒例の謹賀新年HMを取付、元旦は日章旗掲出とあり、とりあえず今市へ向かいました。

鉄道コムでみたHMのデザインはなかなか可愛らしいのでいつもの構図で狙うこととします。

正直、出遅れたのでSL大樹「ふたら」から撮影出来ればいいと思っていましたが、1号通過の数分後に現地入りしました。

せっかくなので鬼怒川温泉駅へ行ってみます。

駅前のコインパーキングは満員でSL大樹見学客中心に空き待ち状態でした。

駅前の転車台の方向変換が終わるまでロケハンし、ホームわきの引上げ線にいるところを撮影しました。

こちらもコインパーキング内なので車を入れたうえで撮影します。

C11 207謹賀新年HM日章旗付き
C11 207謹賀新年HM日章旗付き posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

1112発のSL大樹2号を跨線橋の階段から狙ってみましたが、ギャラリーの話し声で没となりましたorz...

続いて倉ケ崎へ向かいます。

どこも国道沿いの見えるところは一般の観光客の見学で混んでいる感じでした。

倉ケ崎東側では女峰山が見えていたので動画のパンニングだけ録りました。

そして東武日光駅近くのカーブへ向かいました。

こちらも結構混みあっていたので脚立を使い後方から抜き、パンニングしながら男体山が入るところまでカメラを回しました。

東武日光の返しを撮ると次の撮影地が厳しそうなので、小佐越カーブへ向かいました。

そしてSL大樹「ふたら」72号を撮影、以前から気になっていた栗原のカーブへ向かいます。

今シーズンから栗原カーブでもイルミネーションが行われていますが、イルミネーション特別運行のSL大樹9号を撮影できずに終わってしまいました。

うさぎのオブジェとうさぎのHMのC11 207SL大樹7号
うさぎのオブジェとうさぎのHMのC11 207SL大樹7号 posted by (C)jun NikonZ6II Z24-120mmf/4S

兎年なのでウサギのHMとうさぎオブジェの組み合わせを狙いました。

写真右下にあるウサギやキノコ、網目上のLED発行体が光る仕組みになっています。

ここも木の枝の影が微妙な感じですが、SL大樹7号通過までには何とか影の中に入りました。

続いてロケハンしながら倉ケ崎東側へ向かいました。

地方からの遠征組が多数来ているのか倉ケ崎SL花畑の駐車場は満車でした。

夕闇のイルミネーションとC11 207牽引SL大樹8号
夕闇のイルミネーションとC11 207牽引SL大樹8号 posted by (C)jun NikonZ6II AF-S85mmf/1.4G

12月25日に訪問した時、SL大樹8号通過は真っ暗でしたが、マジックアワーの空の色が残っていました。

少しづつ日が伸びているようです。

最後に下今市駅へ行ってみました。

一日の運行を終えてC11 123
一日の運行を終えてC11 123 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

駅前の駐車スペースに空きが出来たのは転車台回転が終わり庫に機関車が収まってからでした。

こちらの広場も1800で閉鎖されます。

最後に動画です。

【C11 207】新春のSL大樹【C11 123】令和五年元旦 4K Tobe Line SL Taiju Futara

令和5年元旦に撮影した蒸気機関車C11 123&C11 207が牽引する東武鉄道SL大樹「ふたら」の動画です。

謹賀新年ヘッドマークに日章旗を掲出した蒸気機関車C11が東武日光線及び鬼怒川線を郷愁の汽笛と力強いドラフト音を響かせ力強く走り抜けました。

日没後の運行となるSL大樹8号はイルミネーションの中を走る夜汽車の雰囲気も味わえました。

今回も4Kで撮影してみました。

4K環境が整っている方は大画面でお楽しみください。

4K動画を編集するにあたり、パワーディレクターv21を購入し、先回の大雪と花火のSL大樹で初めて使用し、今回で2回目となります。

アプリにまだ慣れていないのでお見苦しいところがあるかもしれません。

いままでのFHDと比べ4K動画はレンダリング等の処理に4倍くらいの時間がかかります。(単純に処理するデータ量も4倍に増えています)

Corei5 3570KというCPUを使っていましたが、環境を強化すべくGPUを増設することにしましたNVIDEA GeFORCE GTX1650というモデルで廉価版ですが、CPUの負担が軽減されたのか今まで70℃を超えることが多かったCPU温度が40~50℃くらいに下がりました。

動画処理にかかる時間は動画の長さの4倍という事には変わりませんでした。

そこで最後の強化として(GPUは次にも使いまわせますが)、LGA1155のCorei7 3770Kというモデルをじゃんぱらで中古品を購入しました。(9.8k)

作業自体はリテール品のクーラーを外し、CPU取り外します。

取付は逆順でCPUを取付、中古なので耐熱グリスを塗布してリテール品クーラーを取り付けます。

ついでにマザーボードの電池も交換しました。

PCの電源を入れるとCPU交換をしたので、初期の画面が出てきたのでBIOS(UEFI)の設定をやり直しました。

BIOSにはHTなんていう懐かしい機能の設定もありました。

大晦日に簡単な工作(PC DIY)をしたことになります。

大雪大樹のデータを再エンコすると処理時間は動画の長さの3倍に短縮されました。

その後電源を調整し、CPUの出力の設定を変えて動画の長さの約2.6倍の処理時間になっています。

100%の出力をするとCPU温度が80℃を越えてしまったので、98%くらいの出力で様子を見ています。

省電力設定でCPUクロックが2.8GHzくらいで動いていたところを3.4Ghzくらいに調整しています。(最大値は3.5Ghz)

あと2年半でWindows10のサポートは終了するのでそれまでに次の環境を整えたいと思います。

また大みそかには私のYouTubeチャンネルが登録者数7000人を越えました。

これからも素材重視で迫力のある映像をお届けしたいと思いますので本年もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2022年12月26日 (月)

【C11 207】初冬のSL大樹【C11 123】イルミネーション特別運行と初雪 4K Tobu Line SL Taiju 2022 December

令和4年初冬の鬼怒川線、イルミネーションや花火、そして新雪の中を駆ける蒸気機関車C11 123&C11 207が牽引東武鉄道SL大樹の動画を公開したので紹介します。
11月下旬からSL大樹イルミネーション特別運行は始まっていましたが、釜石線のSL銀河撮影を終えてから参戦という形になりました。

そんな中、倉ケ崎SL花畑駐車場に12月17日、24日に花火を打ち上げる旨の掲示物を見つけました。

今回は下りのSL大樹9号に合わせての打ち上げでしたので煙は期待できず、17日は夕方の6号から参戦となりました。

さて動画のサムネイルは12月17日撮影のSL大樹10号です。

今回から動画は4Kで撮影しています。

SL大樹10号イルミネーション特別運行
SL大樹10号イルミネーション特別運行 posted by (C)jun Nikon Z6II AF-S85mm f/1.4G

スカイツリー風のイルミネーションを入れて軽く流しながら撮影してみました。

続いて12月24日の撮影になります。

夜に行けばいいやと思っていましたが、SL大樹2号に間に合いそうなので倉ケ崎へ行ってみました。

今市ICを降りると白銀の世界、ノーマルタイヤの車が坂道などでスタックしていました。

吹雪に中を行くSL大樹2号
吹雪に中を行くSL大樹2号 posted by (C)jun NikonZ6II Z24-120mm f/4S

この日は1,2,5,6,9,10号の運行でこの後は小佐越カーブへ向かいました。

吹雪の中を行くSL大樹5号
吹雪の中を行くSL大樹5号 posted by (C)jun NikonZ6II Z24-120mm f/4S

水っぽいボタ雪でびしょ濡れとなりました。

この後は倉ケ崎の東側に行き、花火に備えます。

花火とSL大樹
花火とSL大樹 posted by (C)jun NikonZ6II AF-S85mm f/1.4G

24日の撮影はここまで、ここで会った知り合いの方に

「雪があるので明日も撮りましょう。」

と誘われます。

翌朝は小佐越からスタートです。

C11 207雪の小佐越カーブSL大樹1号
C11 207雪の小佐越カーブSL大樹1号 posted by (C)jun NikonZ6II Z24-120mm f/4S

満員御礼の国道の歩道でしたが、下から撮影していたのは私一人でした。

国道の路面の状態も悪く、雪とSLという事で撮影者も多かったので無駄に動かずに3号もここで撮影しました。

C11 123雪の小佐越カーブSL大樹3号
C11 123雪の小佐越カーブSL大樹3号 posted by (C)jun NikonZ6II Z24-120mm f/4S

続いて2号撮影のために大桑へ向かいました。

C11 207雪の大桑跨線橋SL大樹2号
C11 207雪の大桑跨線橋SL大樹2号 posted by (C)jun NikonZ6II Z24-120mm f/4S

ここで午前の撮影は中止し、昼食後倉ケ崎東側へ5号4号を撮影しました。

最後は倉ケ崎SL花畑の見晴らしの丘から撮りたかったので7号から3時間台上で待機します。

6号が来る少し前に鉄道写真家の中井先生がやってきました。

「どうやったらそこに登れるのですか?」

から始まり一緒に撮影することになります。

C11 207雪の倉ケ崎SL花畑SL大樹6号
C11 207雪の倉ケ崎SL花畑SL大樹6号 posted by (C)jun NikonZ6II AF-S85mm f/1.4G

中井先生は10号はサイドから撮影すると言って線路の反対側へ歩いていきました。

C11 123雪原のイルミネーション
C11 123雪原のイルミネーション posted by (C)jun NikonZ6II AF-S85mm f/1.4G

C11 123号機初のイルミネーション闇鉄撮影となりました。

撤収して帰ろうとすると中井先生が駐車場に戻ってきたので挨拶して帰途に就きました。

最後に動画です。

【C11 207】初冬のSL大樹【C11 123】イルミネーション特別運行と初雪 4K Tobu Line SL Taiju 2022 December

令和4年初冬の鬼怒川線、イルミネーションや花火、そして新雪の中を駆ける蒸気機関車C11 123&C11 207が牽引東武鉄道SL大樹の動画です。

イルミネーションの季節となった倉ケ崎SL花畑、恒例の花火が打ち上げられました。

またX'masイヴは朝から雪が降り初めホワイトクリスマスの鬼怒川線沿線を力強いドラフト音を響かせてSL大樹が走ります。

イルミネーション特別運行のSL大樹9,10号や日没後の運行となるSL大樹8号はイルミネーションの中を走る夜汽車の雰囲気も味わえました。

今回は4Kで撮影してみました。

環境が整っている方は大画面でお楽しみください。

4Kで編集するにあたりパワーディレクター21を11月に購入したいましたが、やっと重い腰を上げてインストールしました。

まだアプリに慣れていないのでお見苦しい点もあると思います。

またmp4に書き出すときH.265HEVCを試してみましたが18分ほどの動画の書き出しに4時間を要し、使用するには現実的ではありませんでした。

結局、H.264で書き出したところ1時間強で処理が終わりました。

GPU(グラフィックボード)の導入も検討したいところですが、今は円安なのでちょっとお高いですね。

年内の撮影はほぼ終了となりそうです。

それでは皆様よいお年を!

| | コメント (0)

2022年12月10日 (土)

蒸気機関車2022春夏秋冬 祝!鉄道150周年 Steam Locomotive 2022

2022年に撮影した蒸気機関車動画総集編を公開したので紹介します。

今回の動画のサムネイルはHM無しで運行されたC57 180牽引SLばんえつ物語です。

C57 180牽引SLばんえつ物語@新緑の川吉Sカーブ
C57 180牽引SLばんえつ物語@新緑の川吉Sカーブ posted by (C)jun NikonZ6II AF-S80-400mmG

今年は秩父鉄道C58 363牽引SLパレオエクスプレスから、東武鉄道C11 123、C11 207,C11 325牽引SL大樹「ふたら」、真岡鉄道C12 66牽引SLもおか、磐越西線C57 180牽引SLばんえつ物語、上越線C61 20,D51 498牽引SLぐんまみなかみ、釜石線C58 239牽引SL銀河まで東日本エリアを中心に撮影しました。

今回の総集編動画作成に当たり前回の動画公開以降の12月3日に撮影した年内最終運転(下り)のSL銀河について紹介します。

11月26日同様に道の駅みやもりを目指して進みました。

途中、宮根橋のSカーブや宮守Sカーブをロケハンしましたが、置き三脚が大量にあるので前回と同じ江刺街道踏切からスタートしました。

C58 239牽引SL銀河@江刺街道踏切 posted by (C)jun NikonZ6II Z24-120mmf/4S

C58 239牽引SL銀河@江刺街道踏切 縦
C58 239牽引SL銀河@江刺街道踏切 縦 posted by (C)jun NikonZfc Z18-140mm

ここでは明るくなってから5時間ほど待つことになります。

北上川の鉄橋に行けばよかったかな?

続いて平倉~足ヶ瀬へ進みます。

C58 239牽引SL銀河@平倉~足ヶ瀬
C58 239牽引SL銀河@平倉~足ヶ瀬 posted by (C)jun NikonZ6II AF-S80-400mmG

こちらも前回と変わらない位置が確保できました。

HM付の正調編成が爆煙で撮れたということでヨシ!

最後は陸中大橋へ

C58 239牽引SL銀河 陸中大橋発車
C58 239牽引SL銀河 陸中大橋発車 posted by (C)jun NikonZ6II AF-S80-400mmG

こちらも大盛況でしたが、鬼ヶ沢橋梁を割愛したのでハスキーハイボーイ4段を最大伸長して動画を撮影、静止画はサイレントシャッターで手持ち撮影しました。

この後は釜石駅へ行ってSL銀河を見学しようと思いましたが、すでに機関車は切り離された後でした。

上りのSL銀河はスケジュールの関係上今回も断念しました。

最後は動画です。

蒸気機関車2022春夏秋冬 祝!鉄道150周年 Steam Locomotive 2022

2022年に撮影した蒸気機関車動画総集編です。

秩父鉄道C58 363牽引SLパレオエクスプレス、東武鉄道C11 123、C11 207,C11 325牽引SL大樹「ふたら」、真岡鉄道C12 66牽引SLもおか、磐越西線C57 180牽引SLばんえつ物語、上越線C61 20,D51 498牽引SLぐんまみなかみ、釜石線C58 239牽引SL銀河まで東日本エリアを中心に撮影しました。

磐越西線では運行開始からGWまでHM無しで運行されました。

SL大樹用に新たにC11 123が復活。 上越線では旧型客車スハフ42 2234が青15号に塗装変更されました。

今まで未撮影だった釜石線のSL銀河を撮影しました。

特にSL銀河のC58 239のドラフト音は素晴らしかったです。

またSL大樹「ふたら」、SLぐんまみなかみでは実際に乗車して車窓シーンも撮影しています。

美しい日本の四季を駆ける蒸機機関車の力強い走りをお楽しみ下さい。

まだまだ年内に撮影に出かけると思いますが、動画が長くなりすぎるのでこの辺で締めることにしました。

| | コメント (0)

2022年11月27日 (日)

【C58 239】初冬のSL銀河【釜石線】20221126

令和4年11月26日に撮影した蒸気機関車C58 239牽引臨時快速SL銀河を紹介します。

11月のSL銀河はヘッドマークなし、その最終週ということもあり沿線はかなりの人出でした。

往路は国道4号線をひたすら北上しました。

道の駅みやもりで車中泊して明るくなってきたころにロケハンを開始、江刺街道踏切で最初の撮影をすることにしました。

ここで5時間ほど待ちましたが、一ノ関から来られている方に撮影地情報を教えてもらいました。

C58 239 SL銀河(江刺街道踏切)縦
C58 239 SL銀河(江刺街道踏切)縦 posted by (C)jun Nikon Zfc Z18-140mm

 

C58 239 SL銀河(江刺街道踏切)
C58 239 SL銀河(江刺街道踏切) posted by (C)jun NikonZ6II Z24-120mmf/4S

追っかけ組がかなり来て、沿線が大混雑であることを知ります。

ここは25/1000の急勾配ですが、C58 239は爆音ともいえる激しいドラフト音を響かせてきました。

2発目は地元の方について行って平倉~足ヶ瀬(日出踏切)へ向かいました。

C58 239 SL銀河(日出踏切)
C58 239 SL銀河(日出踏切) posted by (C)jun NikonZ6II 80-400mmG

ここは季節の花を植えることで有名らしいですが、冬枯れの中爆煙でSL銀河はやってきました。

20/1000の勾配となっているので煙は期待できるのかと思いきやその時々で違うそうで地元の方に運がいいねと言われました。

足ヶ瀬で運転停車するので陸中大橋へ行くよう勧められたのでその先へ進みます。

C58 239 SL銀河(鬼ヶ沢橋梁)
C58 239 SL銀河(鬼ヶ沢橋梁) posted by (C)jun NikonZ6II 80-400mmG

ここで撮影後にオメガカーブを通り抜けた陸中大橋駅発車を見ることができますが、人が多すぎて撮影場所を確保できませんでした。

この後は釜石駅へ行って転車台回転を撮影しました。(動画をご覧ください)

帰路は今まで通ったことが無かった三陸道(無料)と常磐道経由で戻りました。

最後に動画です。

【C58 239】初冬のSL銀河【釜石線】20221126

令和4年11月26日に撮影した蒸気機関車C58 239牽引臨時快速SL銀河の動画です。

初冬の釜石線を力強いドラフト音と郷愁の汽笛を響かせC58 239が駆け抜けました。

ヘッドマークなしで運行されたC58 239の爆煙とドラフト音が見事でした。

SL銀河のC58 239のドラフト音は素晴らしく、関東近辺の何も聞こえない去勢された蒸気とは違う迫力を感じました。

来秋で今年の運行は終了、来年春に運行を取りやめると発表されており、もう少しこの魅力に気付くべきでした。

C58 239自体はかなり好調な感じを受けましたが、SL銀河廃止後はどのように扱われるのか気になるところですね。

| | コメント (0)

2022年11月 3日 (木)

【C11 123】晩秋のSL大樹「ふたら」【C11 207】秋桜と紅葉の始まり 2022 October

令和4年10月23日と30日に晩秋を駆ける蒸気機関車C11 123&C11 207が牽引する東武鉄道SL大樹「ふたら」のを撮影し、動画を公開したので紹介します。

サムネイルは秋桜が咲き乱れる倉ケ崎SL花畑を行くSL大樹6号です。

秋桜とSL大樹
秋桜とSL大樹 posted by (C)jun NikonZ6II Z24-120mm f/4S

昨年の磐越西線では尾登の秋桜が9月中旬が見ごろでしたが、種蒔きの時期の関係でしょうか?10月下旬に満開の秋桜を見ることが出来ました。

それでは時系列に沿って説明します。

秋桜とSL大樹
秋桜とSL大樹 posted by (C)jun NikonZ6II AF-S85mm f/1.4G

日没約20分後にやってきたSL大樹8号、85mm f/1.4Gを使いましたが、高感度ノイズでドロドロです。

素直に流した方がいいですね。

倉ケ崎SL花畑での正面撃ちはぼぼ撮ったので翌週は紅葉狙いで訪問しました。

晩秋のSL大樹「ふたら」
晩秋のSL大樹「ふたら」 posted by (C)jun NikonZ6II Z24-120mm f/4S

2週連続で寝坊して、SL大樹1,2号は撮り損ねましたが、幸いSL大樹「ふたら」運転日であったので上今市へ向かいました。

夏に稲穂を入れて撮った時より正面がちに狙ってみました。

続いて、東武日光へ向かいますが、駅手前のカーブは撮影者の集団がいたのでそのまま小佐越カーブへ向かいました。

紅葉を期待しましたがイマイチでした。

C11 123牽引SL大樹「ふたら」72号小佐越カーブ上から撮るか?
C11 123牽引SL大樹「ふたら」72号小佐越カーブ上から撮るか? posted by (C)jun NikonZ6II Z24-120mm f/4S

後から気づいたのですが、このカーブの中ほどのオートキャンプ場の線路際に柿の木があり、残り柿と

なっていました。

今後の課題としたいと思います。

次にSL大樹7号は同じところで撮っても芸がないので上記写真右下の小道から撮影してみました。

小佐越カーブ下から撮るかSL大樹
小佐越カーブ下から撮るかSL大樹 posted by (C)jun NikonZ6 Z24-200mm

こちらは動画切り出し画像です。

3:2の画像でも空を多めにすれば良いかもしれません。

明暗の差がありますが、国道沿いの紅葉が入りました。

ここで撮影地でよく合うTさんがやってきたので合流し、SL大樹6号は倉ケ崎SL花畑の反対側から狙ってみました。

女峰山とSL大樹
女峰山とSL大樹 posted by (C)jun NikonZ6II Z24-200mm f/4S

女峰山が見えていたのでサイドから狙ってみました。

白煙の季節となりましたね。

秋桜と残照のSL大樹8号
秋桜と残照のSL大樹8号 posted by (C)jun NikonZ6II Z28-75mm f/2.8

日没後約20分の世界なのでかなり暗いです。

廉価Z2.8ズームZ28-75mmにレンズ交換しました。

いろいろ言われますがとろけるボケのタムロンのA09が大好きだったのでその後継レンズ?が純正として歪曲補正やAF作動保障があるというのは大変ありがたいです。

これ以上暗くなると単焦点レンズを使います。

最後動画です。

【C11 123】晩秋のSL大樹「ふたら」【C11 207】秋桜と紅葉の始まり 2022 October

令和4年晩秋を駆ける蒸気機関車C11 123&C11 207が牽引する東武鉄道SL大樹「ふたら」の動画です。

秋桜が咲き乱れる倉ケ崎SL花畑、紅葉が始まった鬼怒川線沿線を力強いドラフト音を響かせてSL大樹が走ります。

日没後の撮影になったSL大樹8号は夜汽車の雰囲気も味わえました。

さて、季節は一気に冬へ向かいます。

高崎の蒸機は走らないので大樹・もおか・パレオが身近に撮影に行ける範囲となります。

SL大樹のイルミネーション特別運行が始まります。

今年は11月26日から12月24日までの土曜日運行みたいです。

イルミネーション特別運行はとても寒かった記憶しかありません。

楽しみですね。

| | コメント (0)

2022年10月29日 (土)

【D51 498】SLぐんまみなかみ号の旅 後編【旧型客車】鉄道開業150周年 JR EAST Joetsu Line SL GUNMA MINAKAMI

令和4年10月10日に撮影したD51 498牽引旧型客車臨時快速SLぐんまみなかみ号の乗車記録動画を公開したので紹介します。

動画のサムネイルは水上駅転車台広場で出発準備中のD51 498です。

D51 498帰路出発準備中
D51 498帰路出発準備中 posted by (C)jun Nikon Zfc Z18-140mm

今回の動画は帰路の分になるのでここからバックで引上げ、水上駅1番線ホームから機回し、客車連結まで撮影しました。

ここまではNikon Zfcを使用しました。

軽量で手持ち撮影は快適でした。

帰り道の指定の2号車に乗り込みます。

Zfcで常用しているZ18-140mmは逆光線に弱く、電池も容量が怪しくなってきたのでここでNikon Z6に切り替えました。

Z24-200mmを付けてDXで撮影すると広角側が弱いのは難点です。

午後の日差しを浴びてD51 498は汽笛を吹鳴し水上駅を発車しました。

(細部は動画をご覧ください。)

鉄道開業150周年を記念し青15号に塗装変更されたスハフ42 2234が6号車に連結されたいましたので沼田駅の停車時間を利用し、スハフ42 2234の後尾を見に行きました。

青い旧型客車スハフ42 2234
青い旧型客車スハフ42 2234 posted by (C)jun Nikon Zfc Z18-140mm

私が少年の頃、見慣れた姿の青い旧型客車が本線に戻ってきました。

赤い円板がついていないのがうれしいですね。

旧型客車のレールを刻む音、鋳鉄制輪子の音、ブレーキの制動音・緩解音、D51 498の汽笛は動画でお楽しみください。

発電機のエンジン音がうるさい12系客車と違って旧型客車は音鉄を楽しめます。

最後に動画です。

【D51 498】SLぐんまみなかみ号の旅 後編【旧型客車】鉄道開業150周年 JR EAST Joetsu Line SL GUNMA MINAKAMI

令和4年10月10日に撮影したD51 498牽引旧型客車臨時快速SLぐんまみなかみ号の乗車記録動画です。

鉄道開業150周年を記念し青15号に塗装変更されたスハフ42 2234が6号車に連結されたいました。

今回はPCが不調のため、上下列車を分けて復路のみの動画となっています。

往路はhttps://youtu.be/_OK7c7VaQtk

晩秋の上越線を走るSLぐんまみなかみ号の車窓とD51 498の郷愁の汽笛と力強い走り、旧型客車のレールを刻むジョイント音、ブレーキ緩解音、鋳鉄制輪子の作動音、上越線沿線のロケーションをお楽しみください。

車窓にはEH200貨物の姿もありました。

せっかくの青いスハフ42ですが、鉄道150周年イベントではスハフ32 2357が連結され、今季の上越線のSL運行は終了しました。

冬臨が発表されましたが、高崎地区のSL運行もなくお寒い状態です。

SL大樹のイルミネーション運行が発表されたので冬は凍てつく倉ケ崎へ行くしかないのかな?

| | コメント (0)

2022年10月16日 (日)

【D51 498】SLぐんまみなかみ号の旅 前編【旧型客車】鉄道開業150周年

令和4年10月10日に撮影したD51 498牽引旧型客車臨時快速SLぐんまみなかみ号の乗車記録動画を公開したので紹介します。

鉄道開業150周年を記念し青15号に塗装変更されたスハフ42 2234が6号車に連結されたいました。

D51 498と青い旧型客車 高崎
D51 498と青い旧型客車 高崎 posted by (C)jun KYOCERA KYG01(TORUQE 5G)

青い旧型客車によく乗った世代としてはワクワクします。

D51 498出発準備中 高崎
D51 498出発準備中 高崎 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

久しぶりの旧型客車の運行でしたが、12系のような発電用エンジンの騒音が無いので静かでよいです。

細部は動画をご覧ください。

10月の上越線の旧客の運行は10日の昼行きと14日の夜汽車鉄道百五十年号のみでしたので沿線での撮影はなしです。

次に走るのは12月でしょうか?

青い旧型客車
青い旧型客車 posted by (C)jun NikonZfc Z18-140mm

駅のホームで見るとこんな感じです。

大井川鉄道の青い旧型客車がトーマス用にオレンジとなった今、この塗装はうれしいです。

D51 498と青い旧型客車 水上駅
D51 498と青い旧型客車 水上駅 posted by (C)jun NikonZfc Z18-140mm

最後に動画です。

【D51 498】SLぐんまみなかみ号の旅 前編【旧型客車】鉄道開業150周年 JR EAST Joetsu Line SL GUNMA MINAKAMI

令和4年10月10日に撮影したD51 498牽引旧型客車臨時快速SLぐんまみなかみ号の乗車記録動画です。

鉄道開業150周年を記念し青15号に塗装変更されたスハフ42 2234が6号車に連結されたいました。

今回はPCが不調のため、往路のみの動画となっています。

復路については別途公開したいと思います。

晩秋の上越線を走るSLぐんまみなかみ号の車窓とD51 498の力強い走りをお楽しみください。

蒸気機関車D51 498の力強いドラフト音、郷愁の汽笛、上越線沿線のロケーションをお楽しみください。

さて、使用した機材の使用感ですが、今回はNikonZfc+Z18-140mm、Nikon Z6+Z24-200mmを使用しています。

NikonZfc+Z18-140mmは軽くて手持ち撮影が楽です。

しかし、Z6用のEL-EN15Cに比べて電池容量が約半分であることZ18-140mmはコーティングが弱く逆光線などでゴースト・フレアが出やすいなどの弱点もあります。

往路は電池パック2本を使いました。

転車台広場などの手持ち撮影はNikonZfcが圧倒的に楽なので、状況に応じて使い分けでしょうか?

またNikon Z6ではDXで動画を撮影していますが、換算36-300mmとなるのでワイド側はFXに切り替えています。

FXで撮影するとピントがシビアなのでこれも状況に応じて切り替えかな?

PCの容量が圧迫してきて今回は往路のみの動画としました。

帰路は編集等準備出来次第公開したいと思います。

11月に高崎エリアのSL運行が無いのが少し残念ですね。

| | コメント (0)

2022年9月18日 (日)

【D51 498】SLぐんまみなかみ号の旅【12系客車】JR EAST Joetsu Line SL GUNMA MINAKAMI

令和4年9月17日に乗車した蒸気機関車D51 498牽引SLぐんまみなかみ号の乗車記録と沿線で撮影したD51 498走行シーンの総集編動画を公開したので紹介します。

D51 498@水上駅転車台広場
D51 498@水上駅転車台広場 posted by (C)jun Nikon Zfc Z DX18-140mm VR

D51 498が牽引するSLぐんまみなかみ号の現行HMで岩本ストレートなどの未撮影地を補完しようとSLぐんまみなかみ号の乗車券を確保しましたが、今3連休は台風接近で生憎の天気予報。

幸い上りは進行方向窓側を確保できたので全区間乗車し乗車記録動画を撮影することにしました。

先月のSLぐんまみなかみ号やSL大樹「ふたら」に乗車した時はNikon Z6+Z24-200mmを使用しましたが、ずっと構えた姿勢で撮影するには重いのでより軽量なNikon Zfc+Z DX18-140mmVRを使用してみることにしました。

カメラのみ持ってSL列車に乗車したのでほぼ動画撮影のみでした。

(細部は動画をご覧ください。)

今回は単身赴任先の茨城からR50~R354等を使用し高崎入りしました。

早朝の到着でしたが、駅近のコインパーキングに車を入れて仮眠します。

その前にトイレに行こうとしたら夜間閉鎖。

やむを得ず、駅前の公衆便所へ行きその後仮眠しました。

今回の駐車場は夜間最大300円、昼間最大700円で合計1000円となりました。

目覚めると午前9時、荷物を準備し高崎駅へ向かいます。

のんびりしているうちにSL列車はすでにホームに入線していました。

往路は前寄り2両目の4号車通路側席、中年夫婦と相席でした。

車窓の撮影はデッキのドア窓や洗面所の小窓を使用しました。

Nikon Zfc+Z DX18-140mmの組み合わせはZ6にZ24-200mmを組み合わせるより軽くて楽でした。

Z DX18-140mmはズームリングが固いので録画中のズームアウトは避けた方が良いです。

グリップ兼ミニ三脚を付けてみましたが、普通にグリップとレンズを持った方が楽でした。

岩本で下車して沿線での動画撮影も考えましたが、乗車記録動画が中途半端になるので止めておきました。

私は現役蒸機には間に合わなかった世代ですが、D51 498は復活以来30年以上のお付き合いになります。

蒸気機関車は乗ると撮れない、撮ると乗れないジレンマがありますが、乗り鉄でないと見れない世界もありますので今回はそちらへ集中することにしました。

またNikon ZfcのVlog機として素質の検証も兼ねています。

電池パックは予備を一つ用意しましたが、水上到着前に一つ目が充電切れサインが出ました。

予備電池と交換して水上駅のホーム先端へ行き機関車切り離しを待っていると1番線にTRAIN SUITE四季島がやってきて上越国境の方へ走り去りました。

機関車切り離しを撮影後、水上駅転車台広場へ向かいます。

何とか先頭付近から転車台回転を撮影することが出来ました。

Z DX18-140mmのワイド端(35mm換算27mm)でも転車台回転するD51 498を切らずに撮影できました。

立ち位置によっては厳しいかも?

Z6+Z24-200mmだと転車台回転を撮影するだけで手が攣りそうになりますが、Zfcは軽くて楽でした。

所要の撮影の後、さくらい食堂さんで昼食(舞茸天ざる)を取りました。

発車の撮影地へ行ってみると見覚えのある車が止まっていて、顔見知りの鉄子さんが陣取っていました。

私は三脚を持ってこなかったので、挨拶を済まして再び転車台広場へ向かいました。

転車台広場から機回しへ向かうD51 498を撮影して水上駅のホームへここで1番線を通過するD51 498を撮影。

続いて客車への連結シーンを撮影しました。

いつもなら線路わきでスタンバイをしていますが、乗り鉄は身軽でいいです。

上り列車は相席ながら進行方向窓側なので発車シーンのみ上段の窓を開けて撮影させていただきました。

ちなみに転車台回転で柵にアルミ合金の一脚をぶつけてはカランカランと音を立てる動画撮影には迷惑なおじいちゃんが相席でした。

転車台広場で文句を言わないで良かったかも?

危うく気まずい思いをするところでした。

短気は損気ですねw

上り列車ではほとんど寝落ちしていたおじいちゃん、湿度と暑さが堪えたのかな?

台風の影響で蒸し暑い天気でしたが、今回は冷房付きの12系客車で良かったです。

前回の上越線の撮影では渋川~新前橋を乗車して新前橋発車を撮影しましたが、今回は水上から高崎まで全区間乗車。

水上から上りSLに乗るのは2013年のC61復活号以来となりました。

線路際で手を振る知り合いの鉄子さんを車窓に眺めながら列車は進みます。

最近はトンネルに入る前の汽笛を鳴らさなくなったのか、車内放送でトンネル進入前に窓閉めの案内放送が入るようになりました。

広い水上駅の構内を通過してトンネルに入る手前の山々に響き渡る汽笛が好きだったのですが…

SL運転士によるのかな?

Nikon Zfcは上牧を通過したあたりで2個目の電池切れサインが出ました。

もう1個ある充電池は充電器と一緒に車に置いてきたのでここでカメラをNikon Z6に切り替えました。

モバイルバッテリーで給電できるとはいえ撮影中にコードを繋ぎっぱなしは不便です。

編集した動画で見て録画時間が1時間を超えたあたりで2個目の電池を使い切った形になります。

ZfcのEN-EL25は1120mAh、Z6のEN-EL15bは1900mAh(EN-EL15cは2280mAh)ですので、Vlog機としてNikon Zfcを使用した場合は本体が軽くて楽した分は予備電池を多めに用意した方がいいかもしれません。

車窓の黄金色の稲穂を眺め、沼田ではEH200が牽引する貨物列車と離合しました。

また渋川手前ではEH200が牽引するDD200の配給列車とも離合。

新前橋ではEasti-Eや211系A28編成「矢絣」柄の姿を見ることが出来ました。

(動画をご覧ください。)

水上発車を撮影しても後続の普通列車に乗れば渋川で追いつく、また下り坂だから煙が出ないと言い訳して上りSLの水上~渋川間を乗っていなかったのですが、列車の乗客としての視点で見ると新しい発見がありますね。

車内放送で12系客車の紹介がありましたが、快速海峡に12系客車が使われていたことは知りませんでした。

調べると臨時便で使用された模様です。

列車は高崎に到着。

なんだかんだ30年以上前からD51 498と12系客車の組み合わせで乗っているわけですが、不思議と飽きがこないものです。

昔から旧型客車に乗る方が好きでしたが…

高崎からは車で自宅へ戻りましたが、3連休ということもあり異常に流れが悪く、いつもより時間がかかりました。

最後に動画です。

【D51 498】SLぐんまみなかみ号の旅【12系客車】JR EAST Joetsu Line SL GUNMA MINAKAMI

令和4年9月17日の運行された蒸気機関車D51 498牽引SLぐんまみなかみ号の乗車記録と沿線で撮影したD51 498走行シーンの総集編動画です。

中秋の上越線を走るSLぐんまみなかみ号の車窓と沿線で撮影したD51 498の力強い走りお楽しみください。

蒸気機関車D51 498の力強いドラフト音、郷愁の汽笛、上越線沿線のロケーションをお楽しみください。

車窓にはTRAIN SUITE四季島、EH200貨物・配給、211系A28編成「矢絣」柄の姿もありました。

列車の進行順に編集しているのでタイムスタンプをクリックすると各映像へ飛べるのでSLぐんまみなかみ号の撮影地ガイド的な活用方法もできます。

空想旅行、作業用BGMとしてもご活用ください。

10月に入ったら旧型客車のSLぐんまみなかみに乗りたいと思っていたけど、10月の三連休10月8日は12系で10月10日が旧型客車なんですね。

知らずに10月8日の指定を抑えてしまったけどどうしようかな?

SLぐんまみなかみ号に列車愛称が変更になって、旧型客車使用時のレトロがなくなったので客車種別がわかりにくくなりました。

10月21日から大井川鐵道にようやくSLかわね路号が戻ってくるし、そちらも気になるところです。

C11 190が黒くなるのか?C10 8の検査が終わるのか?

かつて復活プロジェクトで支援したC11 190ならば行きたいところです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧