C11325

2019年12月 7日 (土)

蒸気機関車 2019(平成から令和へ)Steam Locomotive 2019

平成31年から令和元年にかけて撮影した蒸気機関車動画総集編を作成したので紹介します。

 

C57 180SLばんえつ物語20周年(日出谷)
C57 180SLばんえつ物語20周年(日出谷) posted by (C)jun Nikon Z6 70-200㎜F2.8VR2

2019年は4月30日までが平成31年、5月1日から元号変わり令和元年となりました。

2018年に炭水車の車軸不具合と中間検査B施工で1年ぶりに運行されたC57 180牽引SLばんえつ物語号を動画のサムネイルに選びました。

2019年は元旦からC58 363SLパレオエクスプレスを開始、復活30周年記念装飾のD51 498が牽引する信越本線SLぐんまよこかわ号やC56 44が牽引する大井川鐵道SLかわね路号、C11 325が牽引する真岡鐵道SLもおか号では乗車記録動画も撮影しました。

令和元年5月1日は令和HMを掲出したC11 325牽引真岡鐵道SLもおか号を撮影、C61 20牽引旧型客車の組み合わせでは初となるSL YOGISHAみなかみ号の闇鉄動画を撮影、7月には1年ぶりに運行再開したC57 180牽引磐越西線SLばんえつ物語を撮影、事後は台風15号・19号の災害対応などで3か月ほど撮影が空いて11月のC58 363牽引秩父鉄道SLパレオエクスプレス、12月1日ラストランとなったC11 325牽引真岡鐵道SLもおか号の撮影をしました。

続いて動画をご覧ください。

蒸気機関車 2019(平成から令和へ)Steam Locomotive 2019  

この動画に秩父鉄道C58 363、JR東日本高崎支社D51 498・C61 20、東武鉄道C11 207、大井川鐵道C56 44、真岡鐵道C11 325が登場します。平成31年は沿線で撮影した動画と乗車記録動画などを列車ごとに編集、令和元年は令和HMを掲出したC11 325牽引SLもおか号、C61 20+旧型客車SL YOGISHAみなかみ号、1年ぶりに運行を再開したSLばんえつ物語号、紅葉のパレオエクスプレス、真岡鐵道C11 325 Last Runなどを撮影日ごとに編集・収録しています。
汽車旅の車窓、蒸気機関車の力強い走りをお楽しみください。

なお、令和元年はあと3週間ほど残っていますので、令和元年に撮影した動画は後日編集してアップロードしたいと思います。

令和2年はC58 363が全般検査のためEL牽引となるほか、C11 325が真岡鐵道から東武鉄道へ移籍となります。

また高崎所属旧型客車リニューアルでニス塗り内装の復元やラウンジカーに改装が予定されています。

C11 325の東武鉄道での活躍を期待したいと思います。

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

惜別 真岡鐵道C11 325 Last Run 20191201

令和元年12月1日真岡鐵道における蒸気機関車C11 325の最終運行(ラストラン)が行われその雄姿を撮影してきました。

今年1月にSLもおか号に乗車した時、始発の下館駅の出発を撮れそうなところを見つけたので下館へ向かいました。

1月の乗車時に使ったコインパーキングに車を入れようと思いましたが、その近くに1日100円のコインパーキングを見つけてそちらへ駐車しました。

真岡駅で編成されたSLもおか号回送列車はDE10に牽かれ下館駅1番線に入線、その後真岡方向へ戻り側線に退避します。

そこでDE10を切り離し先行の普通列車発車後にSLもおか号は1番線に入線1035発車の流れになります。

その一連の流れを動画撮影しましたが、C11 325ラストランということもあり駅のホームの警備員がトラメガで「白線の内側へ下がってください。」とひたすら連呼するので公開動画には使えませんでした。

C11 325はリース風の飾りを煙室扉に取り付けLast Runと印字したヘッドマークを掲出していました。

最近の真岡鐵道のHMは赤富士風のありがとう平成マークや特急平和を模した令和マークなどなかなかいいデザインだと思います。

 

真岡鐵道C11 325ラスト・ラン@下館
真岡鐵道C11 325ラスト・ラン@下館 posted by (C)jun Nikon D500 18-300mmVR

こちらの写真は出発前の点検と言えばいいのでしょうか非公式側からドレインの蒸気が出ています。

こちらで一緒に撮影した人は大人の休日倶楽部のパスを使いこちらの撮影後は東北新幹線利用でSL銀河を撮影に行くとか?

車ではできない芸ですね。

SLばんえつ物語号クリスマストレインHMとSLもおか号C11 325ラストランどちらを撮るか迷ったそうです。

私は大人の休日倶楽部に年齢的には入会可能ですが、年会費を回収するほど出かけないので入会を迷っています。

さて下館で撮影後は北上して市塙を目指しました。

下りの撮影地といえば多田羅が人気ですが、人が多過ぎは苦手で動画の音声に神経を使うのでまったりと撮影できる市塙に行くことが多いです。

R294をひぐち駅付近から旧道に入ると白煙をたなびかせたC11 325と抜きつ抜かれつの並走が寺本駅付近まで続きました。

人気撮影地八木岡で撮影する集団よりは先に進みたかったのですが、八木岡の真岡線の跨線橋ではSL撮影後撤収する路上駐車車両に行く手を阻まれました。

撮影者は重連運転の時ほどではないのですが、全体的に車が多く流れが遅い感じでした。

ラストランということで撮り鉄より一般人の撮影者が多かったのかもしれません。

市塙には発車25分前に到着、先着者の後ろから撮影させてもらうことにしました。

 

真岡鐵道C11 325ラスト・ラン@市塙
真岡鐵道C11 325ラスト・ラン@市塙 posted by (C)jun Nikon Z6 70-200㎜F2.8VR2

上り列車と交換し、盛大な黒煙とドレインを吐き出しC11 325は25/1000‰の勾配に挑みます。

下り6001レの撮影はここで終了し、上り6002レの撮影橋所へ移動します。

国道はかなり車が多くなかなか先へ進めませんでしたが、有料撮影地近傍の駐車帯が空いていたので上り列車一発目は有料撮影地とします。

HM狙いの正面撃ちポジションはほとんど埋まっていて上段の俯瞰ポイントに入れてもらいました。

 

真岡鐵道C11 325ラスト・ラン@残念桜
真岡鐵道C11 325ラスト・ラン@残念桜 posted by (C)jun Nikon Z6 70-200㎜F2.8VR2

C11 325は豪快なドラフト音で25/1000‰の急勾配を登っていきました。

この雄姿も見納めかと思うと残念でなりません。

続いて八木岡を目指します。

いつも西田井~北真岡間にあるR294の踏切で渋滞にはまるのでそこを避けて北真岡の踏切から八木岡入りしました。

こちらも駐車車両が多く少し離れた場所に車を停めましたが、最後は動画に専念しR294の陸橋から北関東道手前の踏切までパンニングしてみました。

こちらでC11 325ラストランの撮影を終了しました。

最後に動画です。

 

惜別 真岡鐵道C11 325 Last Run 20191201

下館、市塙、八木岡ではNikon1 V2に10-100mmPD ZOOMを使用し動画用三脚・雲台を使用したパンニング・ズームアウトを組み合わせ、茂木~天矢場の急勾配ではNikon D500に70-300mmEを使用してより迫力のあるドラフト音を収録しました。

真岡鐵道C11 325 Last Runの雄姿をご覧ください。

真岡鐵道では21年1月間走り抜けたC11 325、真岡駅で展示されていた時は戦時型のかまぼこドームにシールドビーム1灯の現役最後の姿でした。

復元にあたり標準的なドーム、LP42の姿となりました。

復活を心待ちしていたころから、引退まで見てきたことになりますが、同じ栃木県内の東武鉄道へ譲渡されることになりました。

令和2年に大宮で中間検査の施工後、東武鉄道へ転籍する模様です。

東武鬼怒川線は今より少し遠くなりますが、新天地の活躍を祈念し今後の活躍を見守りたいと思います。

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

【C11 325】真岡鐵道SLもおか号【平成から令和へ】

時代は平成から令和へ変わりましたが、まもなく真岡鐵道から東武鉄道へ譲渡されるC11 325の平成・令和HMを掲出した雄姿を撮影してきました。

写真は某有料撮影地の俯瞰です。

C11 325牽引SLもおか号令和HM日章旗付
C11 325牽引SLもおか号令和HM日章旗付 posted by (C)jun Nikon D500 80-400mm

撮影自体は平成30年4月28・30日(ありがとう平成HM)と令和元年5月1日(令和HM)に行っています。

令和HM・日章旗を掲出したC11 325は市塙発車、茂木駅、有料撮影地、八木岡で撮影しています。

特に日章旗を掲出した日の撮影者は多く、撮影場所の確保等には苦労しました。

続いて動画をご覧ください。

【C11 325】真岡鐵道SLもおか号【平成から令和へ】

平成から令和へ改元を記念し平成・令和HMと日章旗を掲出したC11 325牽引のSLもおか号が芳賀路を力強く走り抜る動画です。
C11 325はまもなく真岡鐵道から東武鉄道へ譲渡されますが有終の美を飾りました。

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

【C11 325】菜の花と桜とSLもおか号【最後の春】20190407

真岡鐵道で菜の花と桜が咲き乱れる最後の春を走るC11 325牽引のSLもおか号を撮影したので紹介します。

東武鉄道へ譲渡されることが決まったC11 325、最後の春を撮影すべく真岡鐵道へ出かけました。

北真岡桜菜の花街道ではギャラリーが多数で撮影が困難ですが、比較的すいている午後の便を撮影してみました。

 

菜の花と桜とSLもおか号
菜の花と桜とSLもおか号 posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

西田井~北真岡(北真岡桜菜の花街道)で撮影後は、折本~下館二高前で動画のみ撮影しました。

そういう訳で動画をご覧ください。

 

【C11 325】菜の花と桜とSLもおか号【最後の春】20190407 Nikon1 V3 10-100mm PD ZOOM

真岡鐵道では引退間近のC11 325が最後の春を駆け抜けました。

| | コメント (0)

2019年1月26日 (土)

蒸気機関車平成31年1月Steam Locomotive2019 January

平成31年1月に写真・動画撮影した蒸気機関車について紹介します。

 

D51 498牽引臨時快速SLぐんまよこかわ号
D51 498牽引臨時快速SLぐんまよこかわ号 posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

 
平成31年最初の撮影は元旦に運行された秩父鉄道パレオエクスプレスです。
 

C58 363秩父鉄道SL初詣号@広瀬川原
C58 363秩父鉄道SL初詣号@広瀬川原 posted by (C)jun Nikon D500 70-200mmVR2

 
いつもの広瀬川原の出区から撮影をスタートしました。
 
石炭を炭水車に積む作業や、各種点検を見ることが出来ます。
 
日章旗を付ける旗棒がクロスしている場所に締め飾りがついていました。
 
こういう演出がいいですね。
 

C58 363秩父鉄道SL初詣号@大麻生
C58 363秩父鉄道SL初詣号@大麻生 posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

 
続いて大麻生の直線で撮影、ネタがないのか沿線は非常に混みあっていました。
 
この後は親鼻の鉄橋、武州日野の鉄橋と進みました。
 

C58 363秩父鉄道SL初詣号@武州日野
C58 363秩父鉄道SL初詣号@武州日野 posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

 
あまりに混んでいるので上りの撮影は割愛し、帰宅しました。
 
2回目の撮影はD51 498牽引信越本線SLぐんまよこかわ号です。
 

D51 498牽引臨時快速SLぐんまよこかわ号
D51 498牽引臨時快速SLぐんまよこかわ号 posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

 
こちらは旧友を連れての初撮りとなり、昨年同様安中の碓氷川の鉄橋からスタートしました。
 
正面撃ちする人が多いですが、私は榛名山が入るこのアングルが好きです。
 
2発目は下横川のカーブで撮影しました。
 

D51 498牽引臨時快速SLぐんまよこかわ号
D51 498牽引臨時快速SLぐんまよこかわ号 posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

 
この日は松井田~西松井田間で線路内立ち入りによるSL列車の緊急停車があったそうでかなり遅れて来ました。
 
返しはEF65 501牽引になりますが、秩父鉄道へ転進し上りSLパレオエクスプレスの撮影をしました。
 

C58 363牽引秩父鉄道SL初詣号(SL PALEO EXPRESS)
C58 363牽引秩父鉄道SL初詣号(SL PALEO EXPRESS) posted by (C)jun Nikon D500 70-200㎜F2.8VR2

 
影森の急勾配は満員御礼であったので白久駅近くのカーブから撮影しました。
 
山影に入りますが、まあまあの場所でした。
 
この後は親鼻の鉄橋へ向かいました。
 

C58 363牽引秩父鉄道SL初詣号(SL PALEO EXPRESS)
C58 363牽引秩父鉄道SL初詣号(SL PALEO EXPRESS) posted by (C)jun Nikon D500 70-200㎜F2.8VR2

最後は下りをいつも撮影している小前田(関越道クロス付近)で反対側から撮影してみました。

C58 363牽引秩父鉄道SL初詣号(SL PALEO EXPRESS)
C58 363牽引秩父鉄道SL初詣号(SL PALEO EXPRESS) posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

 
近くに出来たふかや花園駅の近くとあってほぼ絶気でした。
 
この日辺りから70-200㎜F2.8VR2のAFの調子が悪くなり合焦しないことが多々あるようになってきました。
 
3回目の撮影はC11 325牽引SLもおか号(SL新年号2019)です。
 

C11 325牽引真岡鐵道SL新年号2019 
C11 325牽引真岡鐵道SL新年号2019 posted by (C)jun Nikon1 V3 10-100mmPD ZOOM

 
いつもの真岡駅の出区から撮影を開始しました。
 
続いて八木岡へ
 

C11 325牽引真岡鐵道SL新年号2019
C11 325牽引真岡鐵道SL新年号2019 posted by (C)jun Nikon D500 80-400mmVR

 
先日調子が悪かった70-200mmF2.8VR2に代わりAF-S80-400mmVRを使用しました。
 
この後は市塙へ向かいましたが目ぼしい撮影場所は満員御礼で市塙駅近くの直線で撮影したらほぼ絶気でした。
 
上りは有料撮影地と八木岡で撮影しました。
 
 

C11 325牽引真岡鐵道SL新年号2019
C11 325牽引真岡鐵道SL新年号2019 posted by (C)jun Nikon D500 80-400mm

 
1月14日は乗車記録動画を撮影すべく、下館~茂木と茂木~下館間のSLもおか号に乗車しました。
(細部は動画を参照願います)
 
1月20日は前回撮り損ねた市塙の発車と茂木~市塙の進行方向右側動画を撮影すべく現地入りしました。
 

C11 325市塙駅発車
C11 325市塙駅発車 posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

 
午前中、市貝町内では至る所で野焼きが行われていましたが、SLもおか号が来ることにはほぼ終了していました。
 
最後に動画です。
 
蒸気機関車平成31年1月Steam Locomotive2019 January
 
平成31年1月に撮影した蒸気機関車動画総集編です。
 
長期の故障から復帰したC58 363秩父鉄道パレオエクスプレス、D51 498信越本線SLぐんまよこかわ号、4月に引退するC11 325真岡鐵道SLもおか号が登場します。
 
平成最後の冬(1月)の蒸機の旅をお楽しみください。
 
追伸、YouTubeチャンネル登録者数1000人を目指しています。
 
もしよろしければチャンネル登録のほどよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月25日 (金)

急勾配に挑むC11 325真岡鐵道SLもおか号

豪快なドラフト音と汽笛を響かせ25/1000の急勾配に挑むC11 325牽引真岡鐵道SLもおか号の動画総集編を作成したので紹介します。
 
SLもおか号は上下列車共に市塙~茂木間にある25/1000の急勾配を登ります。
 
下り6001レは市塙を発車して最初の踏切を過ぎて右カーブを終える中村寺の付近まで数百メートルが25/1000の勾配となり、市塙駅発車後、一気に加速します。
 
また笹原田から天矢場へ向かう途中にも16.7/1000の勾配があります。
 

25/1000に挑むSLもおか号
25/1000に挑むSLもおか号 posted by (C)jun Nikon D500 80-400mmVR

 
写真と見ると直線の途中から急勾配になっていますね。
 
上り6002レは茂木を出発し道の駅もてぎ付近から25/1000となり天矢場駅手前の踏切辺りまで約1.5km急勾配が続きます。
 
 
おとちゃんSL@有料撮影地俯瞰 縦version
おとちゃんSL@有料撮影地俯瞰 縦version posted by (C)jun Nikon D750 80-400mmVR
 
写真は勾配の中ほどにある有料撮影地からの俯瞰撮影になります。
 
最後に動画です。
 
市塙~茂木間にある25/1000の急勾配を登るC11 325牽引SLもおか号の雄姿を車窓と沿線から撮影した動画を総集編にまとめてみました。
 
急勾配に挑むC11 325真岡鐵道SLもおか号
 
排気膨張室を持たないC11のドラフト音は歯切れよく、汽笛とドラフト音を響かせながら25/1000の急勾配を登る姿はSLもおか号のハイライトです。
 
 
道の駅もてぎ付近から始まる25/1000の急勾配では多くのギャラリーが見守る中、C11 325は汽笛とドラフト音を響かせ豪快に走り抜けました。
 
おまけ画像として水郡線を走るC11 325も収録しています。
 
全般検査を終えて1年も経過していないC11 325、絶好調のように見えますが、譲渡する方針が決まってしまった以上、次の行先が早く決まるといいですね。
 
追伸、YouTubeチャンネル登録者数1000名を目指しています。
 
もしよろしければチャンネル登録よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月20日 (日)

【C11 325】大寒の真岡鐵道SLもおか号【爆煙】20190120

真岡鐵道での引退が発表されたC11 325が牽引するSLもおか号を撮影したので紹介します。
 
今回はC11 325牽引6001レSLもおか号の市塙駅発車をズームアウト・パン等2018年以降取り入れた撮影方法で動画撮影すべく現地入りしました。

C11 325市塙駅発車
C11 325市塙駅発車 posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

 
今回は撮り直ししたかった場所や今まで撮影していなかった場所を中心に撮影しました。
 
C11 325は大寒の芳賀路を爆煙で駆け抜けました。
 
詳細は動画をご覧ください。
 
【C11 325】大寒の真岡鐵道SLもおか号【爆煙】20190120 Nikon D500&Nikon1 V3
 
真岡駅での入換え、市塙駅発車、茂木駅入換え、茂木~市塙間の25/1000の急勾配に挑む進行方向右側車窓、西田井駅発車、折本~下館二高前などで撮影しました。 
 
C12 66が大宮から帰ってくるまでの命となったC11 325、まだまだ撮り足りない部分があるので真岡鉄道訪問は続きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月17日 (木)

【C11 325】冬晴れの真岡鐵道SLもおか号の旅【6002レ】20190114

前回に続きC11 325牽引SLもおか号上り6002レの乗車記録について紹介します。
 
茂木駅に到着したSLもおか号は一度真岡寄りに引き上げて側線に入ります。
 
ここで客車を切り離したC11 325は転車台で方向変換しました。
 

C11 325 SLもおか号
C11 325 SLもおか号 posted by (C)jun Nikon1 V3 10-100mm PD ZOOM

 
方向変換後、給水してしばらく休止します。
 
1411発普通列車が発車するとC11 325は客車に連結され入線します。
 
本来なら進行方向右側の席を取りたかったのですが、日が低く動画等撮影時のハレーションがきついので進行方向左側の席を確保しました。
 
1426上りSLもおか号は下館へ向けて発車します。
 
茂木から天矢場へかけて25/1000の急勾配が続きそのドラフト音はなかなか豪快でした。
 
特に"道の駅もてぎ"では多くのギャラリーが見送る中の走行となりました。
(細部は動画をご覧ください。)
 
SLもおか号は区間利用の客が多く、茂木~市塙、益子~真岡、真岡~下館のみの乗客も多数いました。
 
天矢場のサミットを通過後は、定尺レールのジョイント音も軽快に冬晴れの芳賀路を走り抜けました。
 
6002レ上りSLもおか号は下館到着後、DE10 1535を連結し真岡への回送を兼ねて普通列車6103として運転されます。
 

真岡鐵道普通列車6103レ
真岡鐵道普通列車6103レ posted by (C)jun Nikon1 V3 10-100mm PD ZOOM

 
こちらも貴重なディーゼル機関車牽引の普通列車なので機会があれば乗りたいものです。
 
動画撮影にあたり太陽光線によるハレ切りするのにはレンズフードでは足りず、左手を添えましたがところどころ手袋をした指が写ってしまいその分はカットして編集しています。
 
1NIKKOR 10-100mmPD ZOOMはハレーションに弱く、AF-S NIKKOR16-80mmEはさすがナノクリスタル・コートの効果がありハレーションには強かったです。
 
パワーズームとナノクリズームは場所により使い分けた方がより良い成果が得られそうです。
 
最後に動画です。
 
【C11 325】冬晴れの真岡鐵道SLもおか号の旅【6002レ】20190114
 
突然の引退が発表された真岡鐵道C11 325、冬晴れの芳賀路を走るSLもおか号上り6002レの乗車記録動画です。
25/1000の勾配に挑む茂木~天矢場間のドラフト音は圧巻です。
 
郷愁の汽笛、歯切れ良いドラフト音、力いっぱい走るC11 325牽引真岡鐵道SLもおか号・最後の冬の旅をお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月15日 (火)

【C11 325】冬晴れの真岡鐵道SLもおか号の旅【6001レ】20190114

突然の引退が発表された真岡鐵道C11 325、冬晴れの芳賀路を走るSLもおか号に乗車してきましたので紹介します。
 
いつも沿線で撮影ばかりしていましたが、真岡鐵道のSLもおか号に乗車するのは7年ぶりになります。
 
C11 325SLもおか号6001レ@市塙
C11 325SLもおか号6001レ@市塙 posted by (C)jun Nikon1 V3 10-100mmPD ZOOM
 
今回は始発から乗車したかったので下館駅へ車で向かいました。
 
下館駅周辺のコインパーキングは24時間500円が相場でした。
 
JRの窓口では切符が買えないのでホームに入ってから乗車券、SL整理券を購入します。
 
いつもも沿線で撮影している回送列車は0956ころ下館駅に1番線に入線しました。
 
一度引き込み線に入って所要の整備の後、1017発普通列車の発車後、再び1番線に入って来ます。
細部は動画をご覧ください。
 
1035汽笛一声とともに6001レSLもおか号は下館駅を発車しました。
 
C11 325は力強いドラフト音を響かせぐんぐん加速していきます。
 
排気膨張室を持たないC11はドラフト音も歯切れよく、発車時の自動バイパス弁が閉じるときの作動音も心地よかったです。
 
このドラフト音の良さは蒸気暖房を客車に送るためにボイラーの圧力もぎりぎりまであげているのもあるかもしれません。
 
このドラフト音はまさに私が求めていたもので、上越線や秩父鉄道の汽笛しか響いてこない車内とは違うものがありました。
 
私が乗車したのは先頭の客車でしたが、下館発車時は各ボックスシートがグループ客ごとに埋まる程度でした。
 
真岡駅で最初の長時間停車、乗客たちの撮影タイムとなります。
 
真岡から乗車する客も結構いて車端のロングシートも埋まりました。
 
そしてたくさんのギャラリーの見送りを受けて発車します。
 
次の交換駅は西田井となります。
 
こちらでは反対側のホームからほぼ順光線の編成が撮れる事のに気づいたのは発車間際で反対側ホームからの撮影は断念しました。
 
西田井発車後はお立ち台通信+動画で廣田尚敬先生もおすすめの西田井発車を車窓からロケハンします。
 
踏切脇からの撮影になるので警報機や手前に置かれた資材が動画では気になるかもしれません。
次の益子では多くの乗客が下車しました。
 
七井、多田羅と停車し、市塙では上り列車交換のため再び記念撮影タイムになります。
 
市塙発車は私の好きな撮影場所でパワーズームで撮り直ししたのですが、今回は乗り鉄に徹します。
 
そして中村寺手前まで続く25/1000の急勾配を一気に駆け上がり、天矢場からは坂を下っていきました。
 
道の駅もてぎでは多くのギャラリーが見送る中の通過となりました。
 
そしてSLもおか号は終着駅茂木へ到着しました。
 

C11 325SLもおか号@茂木
C11 325SLもおか号@茂木 posted by (C)jun Nikon D500 18-300mmVR

余談ですが、茂木駅で上り列車を待っている途中に震度4の地震がありました。
 
7年前に乗車した時は、落雷による停電で市塙駅で抑止を食らったことがあり、どうも私はSLもおか号に乗車するとこの手の自然災害に巻き込まれるようです。
 
最後に動画です。
 
 
【C11 325】冬晴れの真岡鐵道SLもおか号の旅【6001レ】20190114
 
突然の引退が発表された真岡鐵道C11 325、冬晴れの芳賀路を走るSLもおか号下り6001レの乗車記録動画です。
郷愁の汽笛、歯切れ良いドラフト音、力いっぱい走る真岡鐵道C11 325の旅をお楽しみください。
 
上り列車も動画撮影しましたが、長編な上に光線状態が悪くハレーションに苦慮したのでどうしようかと思っているところです。 
 
続く?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

【C11 325】真岡鐵道SL新年号2019【日章旗】20190106

平成31年1月6日にC11 325が牽引する真岡鐵道SL新年号2019を撮影したので紹介します。

 
昨年のC11 325及びDE10 1535の機関車故障により運休となっていたSLもおか号が年明けの1月5日から運行を再開しました。
 
まずは真岡駅に向かいます。
 
仕業検査と言えばいいのでしょうか、出発準備を見学します。
 

C11 325牽引真岡鐵道SL新年号2019
C11 325牽引真岡鐵道SL新年号2019 posted by (C)jun Nikon1 V3 10-100mmPD-ZOOM

 
庫内での検査が終了すると客車に連結します。
 
その後、八木岡へ移動しました。
 
重連の時ほどではないですが、撮影地はだいぶ混みあっていました。
 
八木岡は真岡寄りの踏切周辺と、中央付近の2箇所にファンが集まっていました。
 
私は動画撮影するのに踏切の警報音を避け中央付近から撮影しました。
 
C11 325牽引真岡鐵道SL新年号2019
C11 325牽引真岡鐵道SL新年号2019 posted by (C)jun Nikon D500 80-400mmVR
 
背後の北関東道も気になりますが、手前の道路わきにバラストが積み上げられていたのでこのような構図になりました。
 
続いて、市塙へ向かいましたが、発車や25/1000の急勾配の位置は満員御礼、多田羅~市塙の適当な場所で撮影しましたが、絶気であったのでここでは割愛します。
(動画には入れています)
 
上り列車の撮影はいつもの有料撮影地から始めました。
 
俯瞰場所はすでに埋まっており、線路際からの撮影になりました。
 

C11 325牽引真岡鐵道SL新年号2019
C11 325牽引真岡鐵道SL新年号2019 posted by (C)jun Nikon D500 24-120mmF4

 
こちらのドラフト音はいつ聞いても素晴らしいです。
 
最後の撮影場所は八木岡の一番奥、北関東道付近から撮影しました。
 

C11 325牽引真岡鐵道SL新年号2019
C11 325牽引真岡鐵道SL新年号2019 posted by (C)jun Nikon D500 80-400mmVR

 
線路際の道路で正面狙いの人がいたので手前に引きつけて撮影することはできませんでした。
 
最後に動画です。
 
【C11 325】真岡鐵道SL新年号2019【日章旗】20190106  Nikon1 V2&V3
 
久しぶりに見るC11 325はきれいな白煙とともに早春の芳賀路を駆け抜けました。
 
我が家から真岡まで2時間強で行ける環境ですが、撮影地は賑わっていましたが、SL列車は空席もある状態、次は乗車してC11 325の元気な姿を肌で感じたいなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)