« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年11月

2023年11月25日 (土)

【C57 180】SLばんえつ物語【喜寿HM】2023年晩秋総集編 4K60p JNR Class C57 SL Banetsu Monogatari

令和5年晩秋に撮影した蒸気機関車C57 180牽引SLばんえつ物語の4K60p総集編動画を公開したので紹介します。

サムネイルは豊実~徳沢にある豊実トンネル入口(60kmポストSカーブ)を行くSLばんえつ物語です。

C57 180晩秋のSLばんえつ物語@60kmポスト
C57 180晩秋のSLばんえつ物語@60kmポスト posted by (C)jun Nikon Z8 Z100-400mm

Nikon Z6の故障以来、Nikon Z8導入もありNikon Z6IIで動画を撮影するようになりましたが、せっかくなので4K60pで動画を撮影するようになりました。

晩秋のSLばんえつ物語としては10月21日、11月11日(寝坊と大幅な遅延で下りの闇鉄メイン)を撮影しましたが、三川発車の闇鉄で正面に木が生えていることに気付かず失敗したことからリベンジとして11月18日に磐越西線沿線に向かいました。

上りを3回撮影するには津川より前で撮影する必要がありますが、若干出遅れ気味で五十島到着が午前7時30分、線路西側のアウトカーブ側はすでに置き三脚が置かれていました。

ワンパターンですが、線路東側のインカーブ側に三脚を据えました。

C57 180晩秋のSLばんえつ物語@五十島
C57 180晩秋のSLばんえつ物語@五十島 posted by (C)jun Nikon Z8 Z24-120mm

手前は針葉樹、背景の山が若干紅葉していましたが、ちょっとわかりにくいですね。

列車を待つ間に雨が降ったり、霰(アラレ)が降ったりでしたが列車通過時は雨が上がりました。

ここは9時過ぎにレンタカーの鉄がたくさんやって来ます。

新幹線で新潟入りしてレンタカーを借りるとこの時間になるのかもしれません。

続いて三川ICから磐越道に入り津川ICで降りて大巻橋梁を目指しました。

豊実トンネル手前に差し掛かった時、車が2台で場所が確保できそうなので少し離れた広場に車を置いてこちらで撮影することにしました。

(写真は冒頭のとおりです。)

ここではよくお会いする女子鉄さんとX(旧Twitter)の会ったことがなかった新潟在住の相互フォローさんと一緒になりました。

次はどこで撮影するかという話になりましたが、「ここで撮影したので川吉は厳しい。」と言ったところ小布施原の柿の木カーブを先週日曜日に有志が草刈りをしたという話を聞き3発目は小布施原の柿の木カーブに決めました。

五十島では「柿の木カーブは草ボウボウ。」と聞いていたので諦めて電化区間へ行こうと思っていたところでした。

C57 180晩秋のSLばんえつ物語@柿の木カーブ
C57 180晩秋のSLばんえつ物語@柿の木カーブ posted by (C)jun Nikon Z8 Z24-120mm

この時だけ一瞬晴れたので面つぶれ気味ですが、久しぶりに柿の木カーブで撮影できました。

川吉Sカーブで撮影した10月21日は柿がたくさん実っていましたが、だいぶ減ってしまいました。

ここでご一緒した人たちと別れた後、山都そば伝承館で昼食、そして一ノ戸川橋梁へ向かいました。

一ノ戸川橋梁は鉄橋南側のギラリを撮影できないままでいたのでそれを狙いましたが、15時50分頃一瞬日が差しましたが、SLばんえつ物語通過時は太陽は雲に隠れてしまいました。

この後は磐越道で一気に三川へ向かいました。

三川は一番乗りでしたが、すぐ後からおベンツ様など追っかけが2組来ました。

日没後でしたが、まだ線路をなんとか目視できる状態でしたので、前回より少し後ろに三脚を構えました。

若干遅れていつもの女子鉄さんもやって来ました。

Z8には厳しい環境でしたのでZ6IIの動画一本に絞りズームアウトとパンニングに全集中しました。

C57 180晩秋のSLばんえつ物語@ススキと夕闇の三川発車
C57 180晩秋のSLばんえつ物語@ススキと夕闇の三川発車 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

ヘッドライトに照らされた線路とススキの穂が美しかったです。

C57 180晩秋のSLばんえつ物語@闇鉄三川発車
C57 180晩秋のSLばんえつ物語@闇鉄三川発車 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

この2枚は動画切り出し画像を3:2にトリミングしたものです。

列車到着前は月が見えていましたが、SLばんえつ物語発車時には雨が降り出してしまいました。

三川発車はリベンジできたと思います。

この写真にC57 180に光が当たっているのは後ろで写真を撮っていたお爺さんたちが車のヘッドライトの灯りを当てていたもので、マナーとしてはよろしくないですね。

2023年は11月8日に立冬を迎えていて暦の上では初冬と言える時期ですが、11月なので晩秋とさせていただきました。

最後に動画です。

【C57 180】SLばんえつ物語【喜寿HM】2023年晩秋総集編 4K60p JNR Class C57 SL Banetsu Monogatari

令和5年晩秋に撮影した蒸気機関車C57 180牽引SLばんえつ物語の4K60p動画です。

蒸気機関車C57 180は令和5年8月8日に製造から77年を迎えました。

C57 180が牽引するSLばんえつ物語は晩秋の磐越西線を力強く駆け抜けました。

響き渡るドラフト音と郷愁の汽笛、森と水とロマンの鉄道磐越西線の美しい景観の中を走る蒸気機関車C57 180 SLばんえつ物語の走りを4K60pの高精細かつ滑らかな映像でお楽しみください。

さて、Nikon Zf発売から4週間が経過しましたが、今のところ音沙汰がありません。

新ファームが公開され、出荷第2弾の噂もありますが、今のところ待ちの状態です。

今回の動画でも挑戦した闇鉄動画ですが、Nikon Z8には荷が重いので改めてZ6系の24MB裏面CMOSの優秀さを実感したところです。

早く来い来いZf♪

| | コメント (0)

2023年11月16日 (木)

【C57 180】SLばんえつ物語【磐越西線】2023年夏~秋 総集編 4K SL Banetsu Monogatari 2023 summer to autumn JNR Class C57

令和5年夏から秋にかけて撮影した蒸気機関車C57 180牽引SLばんえつ物語の4K動画総集編を公開したので紹介します。

サムネイルは晩秋の川吉Sカーブを行くC57 180牽引SLばんえつ物語です。

C57 180牽引SLばんえつ物語晩秋の川吉Sカーブ
C57 180牽引SLばんえつ物語晩秋の川吉Sカーブ posted by (C)jun Nikon Z8 Z100-400mm

今年の磐越西線訪問はC57 180試運転から始まりました。

C57 180磐越西線試運転
C57 180磐越西線試運転 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-300mmE

先般検査明けの試運転では装飾が一切ない真っ黒なC57 180を見ることが出来ました。

7月下旬には待望の営業運転が始まりました。

C57 180喜寿HM付SLばんえつ物語
C57 180喜寿HM付SLばんえつ物語 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

そして季節は秋へと進みます。

C57 180牽引SLばんえつ物語@稲穂と裏磐梯
C57 180牽引SLばんえつ物語@稲穂と裏磐梯 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

本当に磐越西線のロケーションは素晴らしいですね。

晩秋の11月11日、上りSLばんえつ物語が落ち葉で空転し大幅に遅延することがありました。

その日は下りだけ撮影しようと思っていたのですが、会津若松始発は17時を過ぎていました。

その姿はまるで夜汽車でした。

C57 180野沢発車
C57 180野沢発車 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

4K動画切り出しですが、水銀灯の逆光線を縁取る蒸気が幻想的でした。

最後に動画です。

【C57 180】SLばんえつ物語【磐越西線】2023年夏~秋 総集編 4K SL Banetsu Monogatari 2023 summer to autumn JNR Class C57

令和5年夏から秋にかけて撮影した蒸気機関車C57 180牽引SLばんえつ物語の4K動画総集編です。

令和5年7月全般検査を終えたC57 180は真っ黒な装いで試運転に登場しました。

製造から77年を迎え、喜寿の祝いの紫色のHMを掲出したC57 180、営業運転では新津機関区伝統のランボード下の白線が入れられ十字ハンドルや給水温め器の装飾等、真っ黒だった試運転とは違う姿で登場しました。

昨年の水害から1年ぶりに磐越西線に戻って来たC57 180。

本動画では、試運転と営業運転(夏・仲秋・晩秋)の4部構成になっています。

43:06以降の晩秋編は4K60pで撮影しました。

44:53以降は夕闇の走行で夜汽車の雰囲気を楽しめます。

48:35以降の新津駅構内での撮影はNikon Z8を使用しました。

蒸気機関車C57 180の響き渡るドラフト音と郷愁の汽笛、森と水とロマンの鉄道磐越西線の美しい景観の中を走るSLばんえつ物語の走りを高精彩な4K映像でお楽しみください。

SLばんえつ物語は12月3日まであと3週、6往復運行されますが、今週末は天候も悪く、月末は所用で出かけられないのでこの辺りで令和5年のSLばんえつ物語の動画をまとめてみました。

来年2024年はJR東日本の機関車全廃(蒸気機関車を除く?)も噂されており、今後のSL列車の運行形態が気になるところです。

| | コメント (0)

2023年11月11日 (土)

蒸気機関車2023夏~秋 4K60p Steam Locomotive 2023 summer to autumn

令和5年夏から秋にかけて撮影した蒸気機関車の4K60p動画総集編を公開したので紹介します。

その前に前回、フォト蔵さんの不具合で貼れなかった写真を1枚

D51復活35周年水上号
D51復活35周年水上号 posted by (C)jun Nikon Z6II Z24-200mm

4K動画切り出しですが、榛名山に沈む夕日とD51 498シルエットです。

それでは、本題に入ります。

知り合いの鉄子さんが4K60pで動画をYouTubeにアップしていてその高精細さ、動きの滑らかさに感動しました。

その影響を受けて今年は4Kで動画を撮影しアップしてきましたが、私の撮影環境(Nikon Z6)が4K30pまでであったので60pと比較するとコマ送り感は否定できないものがありました。

7月のパレオエクスプレス撮影時に2方向同時撮影をした場所等からNikon Z6IIによる4K60p動画を試写してみました。

SLパレオエクスプレス@白久駅先
SLパレオエクスプレス@白久駅先 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-120mm

64GBのXQDカードで4K60p動画は22分強しか撮影できず、1日の動画全般を撮影するには厳しいものを感じます。

そんな中、9月のSLばんえつ物語撮影中にNikon Z6が故障しました。

具体的にはCMOSセンサーVR(手振れ補正)の故障により画面の揺れが収まらなくなる状態です。

ニコン東京SCに修理に出すにも予約が必要で、土日はほぼ埋まっている状態。

修理に出したくても出せない状態となりました。

そんな中、Nikon Zfの発売発表があり、予約が開始されました。

Nikon Zfを予約するかNikon Z8を取り寄せる大いに迷いますが、積層センサーで無音シャッターが切れるNikon Z8の方が私には必要と感じてヨドバシカメラでZ8を取り寄せました。

取り寄せ時に2024年1月入荷と言われましたが、取り寄せ4日後の9月27日にZ8入荷の電話がかかってきました。

モノサク等でのNikon Z8の試写をしましたが、モノサクのような開けた場所でのNikon Z8の被写体認識は良好でした。

10月には平日休みをもらってようやくNikon Z6の修理に出すことが出来ました。

その時、ニコン東京SC(新宿)でNikon Zfの実機に触れてみましたが、その魅力に憑りつかれました。

その後、Z8の試写も兼ねてSLばんえつ物語の撮影に向かいました。

動画機はNikon Z6IIとなりましたが、まだ4K30pでの撮影でした。

早出川でSL通過待ちをしている時にNikonのミラーレスで動画を撮影されている方と一緒になりいろいろ動画の話となりました。

その方はいわゆるRAW動画も撮影されていて4K60pと30pでは30pではコマ送りみたいだという話となりました。

その人はYouTubeに動画を上げていないのでもったいないと感じた次第です。

また、この撮影でNikon Z8の被写体認識の作動状況・癖などを概ね把握しました。

その後、ニコンSCより電話連絡があり、Z6の修理価格が見積もりの倍の金額となると伝えられ、修理を断念しました。

そして10月14日塩漬けしていたD500x2とキットレンズ等を処分し、Nikon Zfの予約の流れとなります。

Nikon ZfはDX(APS-C)の範囲内で4K60p動画が撮影できるのはZ6IIと同様ですが、Z9,8で実装された被写体認識が出来るようになっており、Zfを入手したら4K60p動画に移行しようと思うようになりました。

そして、10月21日のSLばんえつ物語の撮影から4K60pの試写を再開しました。

メディアはZ8購入時のポイントで入手したCFexpressカード256GBを4K60p動画用に転用し、元々動画用に使用していた128GBのCFexpressカードをZ8の静止画用としました。

(CFexpressカード128GBで4K60p動画が40分強撮影可能)

C57 180秋雨のSLばんえつ物語
C57 180秋雨のSLばんえつ物語 posted by (C)jun Nikon Z8 Z100-400mm

10月27日Nikon Zfが発売されましたが、予約が10月14日だったので入手できませんでした。

そんな中、倉ケ崎SL花畑の秋桜が満開と聞き、SL大樹の撮影に赴きました。

満開の秋桜とSL大樹4号
満開の秋桜とSL大樹4号 posted by (C)jun Nikon Z8 Z24-120mm

今年の秋桜は咲き方が見事でしたが、風に揺れる秋桜を4K60pの高精細かつ滑らかな動きで表現できたと思います。

11月3日にはD51復活35周年水上号が運行され、三連休の初日の大渋滞を抜けてD51 498の雄姿を撮影しました。

D51復活35周年水上号
D51復活35周年水上号 posted by (C)jun Nikon Z8 Z100-400mm

Nikon Z6IIの4K60p動画では電子手振れ補正が使えないので手持ち撮影となる水上駅転車台広場ではNikon Z8を使用しました。

Z8は動画で使うつもりはなかったのですが、4K60pでも電子手振れ補正が使えて撮影範囲もFX(フルサイズ)でも使えるので狭い場所での手持ち撮影に活用するかもしれません。

こちらでは以前、秩父鉄道撮影で知り合ったNikon Z9使いの方と再会できました。

動画に影響が出ないようにZ9の無音シャッターを使っている方です。

最後に動画です。

蒸気機関車2023夏~秋 4K60p Steam Locomotive 2023 summer to autumn

令和5年夏から秋にかけて撮影した蒸気機関車の4K60p動画総集編です。

秩父鉄道C58 363SLパレオエクスプレス、磐越西線C57 180SLばんえつ物語、C11 325&C11 207SL大樹、上越線D51 498 D51復活35周年水上が登場します。

まだ撮影機材が揃わないので試行段階ですが、逐次Nikon Z6IIを使用し4K60pで動画撮影をしています。

4Kの高精細な画像と60pの滑らかな映像をお楽しみください。

そんなわけで、4K60pで撮影した4回分の撮影記録を一つの動画にまとめてみました。

4K60p動画の編集は私の環境では動画の長さに対して約6倍のレンダリング時間がかかります。

正直、FHD60pを極めた方が合理的な気がします。

しかし、さらなる高みを目指そうと思います。

Nikon Zfが入手できるまで複数方向4K60p動画と静止画の3台同時撮影は不可能なので、しばらくは4K60p動画撮影は試行段階ということになります。

時間と手間はかかりますが、得られる高精細かつ滑らかな動きの動画には代えられないのでしばらく試写を続けてみます。

静止画メインでついでに動画を録る人はたくさんいますが、私のようにミラーレス動画メインでサムネイル用を兼ねて静止画を撮っているのは少数派かもしれません。

しかし、おかげさまでYouTubeチャンネルの登録者数が9300人を越えました。

どうせならキリの良い数字を目指したいと思いますのでよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2023年11月 4日 (土)

【D51 498】D51復活35周年水上号【旧型客車】2023年錦秋 4K60p JNR Class D51 JR East joetsu Line

令和5年11月3日に撮影した蒸気機関車D51 498牽引旧型客車の臨時快速D51復活35周年水上号の4K60p動画を公開したので紹介します。

サムネイルは錦秋の諏訪峡Sカーブを行く臨時快速D51復活35周年水上号です。

D51復活35周年水上号
D51復活35周年水上号 posted by (C)jun Nikon Z8 Z24-120mmf/4S

11月3日(金)文化の日の三連休初日ということもあり、道路はそれなりに混んでいました。

最初の撮影場所は八木原の直線からアウトカーブになるデンカセメント脇からです。

仕事が終わって家で仮眠後、午前1時半に出発、午前4時過ぎに道の駅まえばし赤城に4時過ぎに到着、少し仮眠をします。

6時前に目が覚めて八木原へ、一番乗りですが5時45分頃通過する上り貨物には間に合いませんでした。

他にネタが分散しているのか、いつもほどの混雑ではありません。

下り方に動画・静止画用に三脚2台、上り方に動画用三脚を1台設置しました。

上り方は9時台に来る上り貨物用です。

今回も4K60p動画を試しているので下り方向けのNikon Z6IIを上り動画用に据え付けます。

静止画はNikon Zfcを使用して撮影しました。

EH200-16高速貨物2088レ
EH200-16高速貨物2088レ posted by (C)jun Nikon Zfc Z DX18-140mm

Zfcは4K60p動画が撮影できないので静止画用に使いましたが、コンパクトなZ DX機も4K60p動画に対応してほしいところです。

現在予約中のNikon Zfが入荷するまでこの撮影スタイルになりそうです。

貨物列車撮影後は上り方の三脚を撤収してD51 498を待ちます。

撮影の待ち時間は7月のD51水色ナンバープレートの時に一緒になった70代のおじいちゃんと楽しく会話をして過ごしました。

D51復活35周年水上号
D51復活35周年水上号 posted by (C)jun Nikon Z8 Z100-400mm

列車に対して向かい風が吹いていたので客車の後ろの方に煙が巻いています。

列車は2分遅れでしたが、渋川の停車時間を利用して先へ進みます。

宮田の榛名山バックへ行きました。

時間に余裕はありましたが、動画のパンニングのみとしました。

D51 498+青い旧型客車
D51 498+青い旧型客車 posted by (C)jun Nikon Z6II Z24-200mm

煙がたなびきましたが、榛名山が隠れてしまいました。

続いて関越道を利用して一気に水上ICへ、沿線は紅葉が始まっており、諏訪峡大橋も一般観光客も含めて撮影者が鈴なりです。

そのまま水上駅へ行けば返しの撮影場所確保が楽ですが、せっかくなので諏訪峡のSカーブへ行ってみました。

私はいつも先端の方で広角気味に撮影しますが、珍しく先の方が埋まっていたので中央付近にカメラを構えました。

後ろに行くほど架線が車体に掛かりますorz...

錦秋の諏訪峡を行くD51 498
錦秋の諏訪峡を行くD51 498 posted by (C)jun Nikon Z6II Z24-200mm

程よく色づき始めた諏訪峡、Sカーブも悪くないです。

列車は3分遅れたので上り普通列車が通過後にD51 498はやって来ました。

次は水上を目指しました。

いつものところに車を止めて、上りの発車撮影位置を確保します。

諏訪峡に寄り道した分、いい場所がありません。

今回は後方向きの動画はないので先着者から少し前に三脚を置かせてもらいました。

そして転車台広場へ向かう途中、185系の臨時特急谷川岳もぐら号がやって来ました。

突然のことだったので首から下げていたZ6IIで手持ち動画を撮影しましたが、4K60pだと電子手振れ補正が効かないのでブレブレとなってしまいました。

これでは厳しいので三脚1台を持っていくことにしました。

しかし、混雑する場所で三脚を構えるのも大変なのでNikon Z8で手持ち動画を録ることにしました。

Z8は静止画用に設定していたので詰めが甘いところはありますが、VR付きのZ24-200mmを付けて撮影しました。

またZ8ならばFXでも4K60p動画を撮影できます。

この辺の設定がまだ不慣れで煮詰めていないので今後の課題にしたいです。

転車台広場での撮影後はさくらい食堂さんで天ざる蕎麦を食しました。

お腹も満たしたので、水上駅発車の位置へ戻ります。

私の後ろに1台の三脚が置かれていました。

以前、秩父鉄道でご一緒になったZ9使いの方でX(旧Twitter)のフォロワーさんでした。

ハンドルネームをどう読んでいいかわからなかったのですが、三脚に貼られていたテプラでようやく理解できました。

ここまで書き込んでまたフォト蔵さんが調子悪くなってきたのでテキストで説明します。

水上駅発車はまずますの煙が出ましたが、バイクの集団が来てエンジン音で動画は残念な結果となりました。

続いて宮田の榛名山バックを目指します。

日没の時間も早くなってきたので榛名山との夕陽の組み合わせで動画を撮影しました。

また、この後は関越道を利用して新前橋駅発車を撮影してみました。

ここで一緒になった人は高崎アリーナへ行くと言っていたけど間に合ったかな?

細部は動画をご覧ください。

【D51 498】D51復活35周年水上号【旧型客車】2023年錦秋 4K60p JNR Class D51 JR East joetsu Line

令和5年11月3日に撮影した蒸気機関車D51 498牽引旧型客車の臨時快速D51復活35周年水上号の動画です。

錦秋の上越線を蒸気機関車D51 498が力強く駆け抜けました。

八木原、宮田の榛名山バック、水上駅転車台広場での各種点検整備、水上駅構内機回し、水上駅発車、新前橋発車等で撮影しました。

EH200高速貨物や211系普通列車も登場します。

蒸気機関車D51 498の力強いドラフト音、郷愁の汽笛、上越線沿線のロケーションをお楽しみください。

Nikon Z8試写とNikon Z6IIによる4K60p動画試写を続けていますが、一度4K60pの滑らかな動画を知ってしまうと4K30pには戻れないです。

早くNikon Zf入荷しないかな…

| | コメント (0)

2023年11月 1日 (水)

【C11 207】SL大樹2023年晩秋【C11 325】Trick or TAIJU?

令和5年10月29日に撮影した蒸気機関車C11 207&C11 325が牽引する東武鉄道SL大樹の4K60p動画を公開したので紹介します。

前回に続きNikon Z8試写とNikon Z6IIの4K60p動画試写を兼ねて東武鉄道鬼怒川線沿線に進みました。

動画のサムネイルは満開の秋桜とSL大樹4号です。

満開の秋桜とSL大樹4号
満開の秋桜とSL大樹4号 posted by (C)jun Nikon Z8 Z24-120mmf/4S

煙は風に流されましたが、満開の秋桜が見事でした。

当日の撮影は大桑~新高徳にある栗原カーブから始めました。

C11 325SL大樹1号
C11 325SL大樹1号 posted by (C)jun Nikon Z8 Z24-120mmf/4S

栗原カーブには0730に到着しましたが、あと一歩の差で2番目となりました。

手前に看板が出来て撮影しにくくなった栗原カーブですが、右上から左下にかける被写体はNikon Z8の試写にはもってこいでした。

このような切通の奥のSLはオートエリアでは認識しにくく、W-C1という横長のワイドエリアを使ってみました。

無音シャッターにしてMC-30Aでレリーズしたので奥のS字カーブのみ撮れていて手前はレリーズされていないミスをしてしまいました。

仕方がないので奥の方のカットを縦にトリミングしてみました。

被写体が縦に走るのでセンサー枠に当てるには少し難しかったです。

続いてSL大樹3号です。

C11 207SL大樹3号
C11 207SL大樹3号 posted by (C)jun Nikon Z8 Z24-120mmf/4S

今度は3Dトラッキングを使用してみました。

S字カーブの奥に枠を置き、シャッターボタンを半押しすると最後まで機関車の先頭を追ってくれました。

このような場合は有効のようです。

続いて倉ケ崎SL花畑へ移動しました。

駐車場は満車で臨時駐車場へ案内されました。

写真は冒頭のとおりです。

W-C1で秋桜を避けた上にフォーカスポイントを置きます。

機関車が枠に入ると自動的に先頭を追い始めました。

最後は小佐越カーブの残り柿を撮影しました。

残り柿とSL大樹7号
残り柿とSL大樹7号 posted by (C)jun Nikon Z8 Z100-400mm

こちらでは縦長のW-C2を使用し、フォーカスポイントを線路上に置きました。

このように状況に応じてフォーカスエリアを切り替えると上手く撮影できそうです。

最後に動画です。

【C11 207】SL大樹2023年晩秋【C11 325】Trick or TAIJU?4K60p 20231029 JNR Class C11

令和5年10月29日に撮影した蒸気機関車C11 207&C11 325が牽引する東武鉄道SL大樹の4K60p動画です。

ハロウィンを記念してTrick or TAIJU?のHMが掲出されました。

秋桜が咲き乱れる倉ケ崎SL花畑や小佐越カーブの残り柿も見事でした。

晩秋の東武鉄道鬼怒川線を蒸気機関車C11が郷愁の汽笛と力強いドラフト音を響かせ力強く走り抜けます。

今回は4K60pで撮影・編集してみました。

4K環境が整っている方は大画面でお楽しみください。

下記タイムスタンプをクリックすると各映像へ飛べるのでSL大樹撮影地ガイド的な活用方法もできます。

空想旅行、作業用BGMとしてもご活用ください。

この動画はNikon Z6IIを使用したミラーレス一眼動画です。

さて10月27日にNikon Zfが発売されました。

とても気になるカメラで、私も遅ればせながら10月14日に予約しました。

Z6の修理代が当初の見積もりの倍以上の値段となり、修理断念しましたが、その連絡を受けZfを購入することに決めたので予約が遅くなりました

(D500x2とD500用のレンズを買い取りに出し購入資金としました。)

発売日には間に合いませんでしたが、何時になれば入荷するのか気になるところです。

グリップなどのアクセサリーは一通りそろいましたが肝心な本体が届きません。

Nikon Zfが入手出来たら本格的に4K60p動画へ移行しようと思っています。

| | コメント (0)

« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »