« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月

2021年10月31日 (日)

【C57 180】SLばんえつ物語2021秋【磐越西線】SL Banetsu Monogatari 2021 Autumn

令和3年初秋から晩秋にかけて撮影した蒸気機関車C57 180牽引SLばんえつ物語の動画総集編を公開したので紹介します。

サムネイルは三川~津川の昭和橋上Sカーブで撮影したものを使用しました。

SLばんえつ物語@昭和橋上
SLばんえつ物語@昭和橋上 posted by (C)jun Nikon Z6II 80-400㎜VR

9月23日までに撮影した写真は以前紹介したので、10月3日以降撮影した写真を紹介します。

10月3日、朝からロケハンしていると小布施原の第1水路橋の水がないことを確認しました。

2発目は第1水路橋で撮影することにし、磐越道で早回りできる場所を探しました。

深戸橋梁南側に稲架掛けを見つけたので1発目としました。

SLばんえつ物語@深戸橋梁
SLばんえつ物語@深戸橋梁 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

もう少し引けば山の稜線も入りますが列車が小さくなりすぎるのが難点です。

続いて第1水路橋

SLばんえつ物語@第1水路橋
SLばんえつ物語@第1水路橋 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

煙の洗礼を受けることが出来ました。

ここではYouTubeに投稿しているsl*gan2015さんとご一緒になりました。

ビデオカメラ4台と4本のマイクは壮観でした。

動画を録る人と一緒になると話し声のご協力に理解を得られやすいので助かります。

返しの8233レは尾登の秋桜畑へ行きましたが、9月23日から10日が過ぎて枯れ始めていました。

花の命は短いですね。

この日の最後は野沢発車の動画のみ撮影しました。

10月24日も朝から磐梯山がサイドに入る場所を中心にロケハンし、利田踏切へ向かうと滝の下踏切へ至る県道が地滑りによる通行止めが2年ぶりに解除されていたのを確認、こちらで一発目を撮ることにしました。

SLばんえつ物語@滝の下踏切
SLばんえつ物語@滝の下踏切 posted by (C)jun Nikon Z6II 80-400mmVR

こちらは下草がボウボウに伸びていましたが、若干の切れ目にC57のスノウプラウを持ってきて撮影しました。

スイートスポットが少ないのでロッドの位置は無視しました。

こちらは来春に期待です。

この後は堂島へ向かいました。

SLばんえつ物語@磐梯山バック
SLばんえつ物語@磐梯山バック posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

磐越道クロスから堂島付近まで数か所撮影ポイントがありますが、私的にはこちらが好みでした。

但し、煙はスカでした。

返しの8233レは一ノ戸川橋梁へ向かいました。

鉄橋南側ではギラリ狙いの人が集まっていましたが、私は逆にシルエット狙いで北側で撮影しました。

生憎の曇り空で失敗に終わりました。

続いて10月30日です。

こちらも2発目を一ノ戸川橋梁を見下ろす和尚山展望台とし、1発目は磐越道で先回りできるところをロケハンしました。

晴れれば早出川をサイドから撮ろうと思っていましたが、朝から雨が降っており三川~津川の昭和橋上Sカーブに場所を確保しました。

写真は冒頭のとおりです。

ここのような引きが取れない撮影場所は沿線に点在していますが、五十島のように大人数では撮影できないので早めの場所の確保が必要です。

磐越道で先回りし、通過50分前には和尚山展望台に到着しました。

場所取り三脚が2本あり、その隣で撮ることにしました。

(こちらは定員3名程度)

滝の下踏切や川吉Sカーブもそうでしたが、この辺は只見線と掛け持ち撮影の方が多いです。

只見線撮影者はSLばんえつ物語追っ掛けより確実に早く来ます。

SLばんえつ物語@和尚山展望台俯瞰
SLばんえつ物語@和尚山展望台俯瞰 posted by (C)jun Nikon Z6II 80-400mmVR

生憎の逆光線でしたが、手前と背景に紅葉した樹木が入りました。

真下の県道には車が往来しており、その音を避けるためマイクを低めにおいて騒音を最小限に食い止めました。

この後、一度堂島へ向かいましたが、選挙の宣伝カーの音声が気になるので一ノ戸川橋梁へ戻り北側でシルエットを狙います。

SLばんえつ物語@一ノ戸川橋梁シルエット
SLばんえつ物語@一ノ戸川橋梁シルエット posted by (C)jun Nikon Z6II Z24-200mm

アップと編成全体を撮りたかったのでZ24-200mmでアップを撮影、

SLばんえつ物語@一ノ戸川橋梁シルエット
SLばんえつ物語@一ノ戸川橋梁シルエット posted by (C)jun Nikon Z6II Z24-200mm

そしてワイド側に引いて全体を撮影しました。

太陽と機関車のテンダー・グリーン車の展望室が重なるくらいが格好いいのですが、もう一台カメラを持ってきていればと思いました。

赴任先から会津へ直行したので2台(動画用・静止画用各1)だったので苦肉の策でした。

山都蕎麦の萬長さんに一ノ戸川橋梁を渡るSLばんえつ物語のシルエット写真が飾ってあり、それを参考に撮影した次第です。

10月24日のリベンジでした。

最後は動画です。

【C57 180】SLばんえつ物語2021秋【磐越西線】SL Banetsu Monogatari 2021 Autumn

令和3年初秋から晩秋にかけて撮影した蒸気機関車C57 180牽引SLばんえつ物語の動画総集編です。

森と水とロマンの鉄道・磐越西線、稲穂が実る水田・白い蕎麦の花・秋桜・ススキ・紅葉など秋色に染まる景色の中、蒸気機関車C57 180が力強く駆け抜けました。

上り8226レ下り8233レ共に列車の進行順に編集しているので、進行状況バーの下に表示されるチャプターのタイトルをクリックするとサムネイル付きのチャプターが表示され、そこから各映像へ飛べるのでSLばんえつ物語の撮影地ガイド的な活用方法もできます。

この動画はNikon Z6を使用し撮影したミラーレス一眼動画です。

10月で秋の動画を締めるのも早いと思いますが、今年は11月7日が立冬で次に撮影に行ったときは暦の上では冬ということでまとめてみました。

紅葉はこれからが盛り、12月4日、5日にはHM無しのX'masトレインの運行が発表されています。

これからもSLばんえつ物語の走りも楽しみですね。

| | コメント (0)

2021年10月18日 (月)

ひたちなか海浜鉄道で国鉄型気動車キハ205(元キハ20 522)運行

2021年10月16,17日にひたちなか海浜鉄道で運行された国鉄型気動車キハ205(元国鉄キハ20 522)を乗車、撮影したので紹介します。

キハ502(元国鉄キハ20 522)
キハ502(元国鉄キハ20 522) posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

ひたちなか海浜鉄道はひたち海浜公園のコキアが色づいてきたとのTV報道があったので混雑を避けるべく湊線最寄り駅でフリー切符を購入し阿字ヶ浦駅へ向かいました。

自動券売機で1,000円でしたが、勝田駅の構内改札で購入すると枚数限定で600円だったのは後から知りました。

3710-2に乗車し、阿字ヶ浦駅で降りるとキハ205が出区準備中でした。

庫から出てきてホームに入る一連の姿を見学し、進行方向右側に席を確保しました。

窓から後方を見ると先ほど乗車した3710-2が阿字ヶ浦から折り返して来ました。

せっかくなので連結シーンも撮影します。

この手の撮影をしていると必ず割り込んでくるやつがいるのが残念です。

さて、DMH17サウンドを聴きながら列車は那珂湊を発車しました。

昔懐かしい“アルプスの牧場”のオルゴールチャイムが流れて来ました。

中根駅周辺は水田の中を走るので沿線には撮り鉄の姿を多く見かけました。

私的にはロケハンも兼ねての乗車となりました。

折り返しの勝田駅からは行楽客も多数乗車してきます。

私は那珂湊で下車して反対ホームに停まっていたキハ11-6に乗り込み戻りました。

そして中根駅周辺でキハ205+3701-2を撮影しました。

キハ205+3710-2
キハ205+3710-2 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

キハ205と3710-2の大きさの違い、まるで親子みたいですね。

国鉄型気動車キハ205と新系列の3710-2が連結して強調運転できるのも驚きました。

出力も加速も違うのに…

この後、ロケハンして中根から2つ目の1種踏切にたどり着きました。

キハ205+3710-2後追い
キハ205+3710-2後追い posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

セイタカアワダチソウ(ブタクサ)だらけでしたが、いい感じの坂なので登ってくるところを撮りたくなりました。

右奥には柿の木がありそちらにも撮り鉄が多数いました。

16日の撮影はここで終了しました。

乗り鉄だからNikon Z6のみ持って出かけましたが、カメラを2台持っていけばよかったなと後悔しました。

17日は朝から大雨、単行で走る夕方の便を撮影に行きました。

キハ205単行
キハ205単行 posted by (C)jun Nikon Z6II 80-400mmVR

雨が上がり柔らかい光線の中、キハ205はやって来ました。

返しは中根駅進入を狙いました。

キハ205単行
キハ205単行 posted by (C)jun Nikon Z6II 80-400mmVR

今年度4日目ということもあり至る所に撮り鉄がおり、単行故にどうしても写り込んでしまうのでした。

最後に動画です。

【キハ205】ひたちなか海浜鉄道国鉄型気動車【湊線】那珂湊~勝田 Nikon Z6

2021.10に運行されたひたちなか海浜鉄道 国鉄型気動車キハ205(元国鉄キハ20 522)の那珂湊~勝田の乗車記録と沿線で撮影した走行シーンの動画です。

昔懐かしいDMH17サウンドを響かせたキハ205が晩秋の湊線を走り抜けました。

車内ではアルプスの牧場のオルゴール・チャイムが流れました。

国鉄型気動車の旅をお楽しみ下さい。

2021年は10月9、10日、16日、17日の4日間運行されました。

次はいつ走るかな…

| | コメント (0)

2021年10月11日 (月)

【C58 363】晩秋のSLパレオエクスプレス【秩父鉄道】20211010

2021年10月10日に撮影した蒸気機関車C58 363牽引秩父鉄道SLパレオエクスプレスを撮影したので紹介します。

C58 363牽引SLパレオエクスプレス@安谷橋
C58 363牽引SLパレオエクスプレス@安谷橋 posted by (C)jun Nikon Z6II Z24-70mmf/4S

2年ぶりの秩父鉄道訪問になりますが、いつものように広瀬川原車両基地へ向かいました。

こちらでは庫から出てきて石炭積載や点検の様子を撮影しました。

いつもなら客車連結まで見ていますが、貨物列車も撮影したいので早めに切り上げました。

続いてふかや花園~小前田の4種踏切跡地へ

民家の先に秋桜や柿の実がなっていましたが、画角的に苦しいので動画をパンニングしながら通過後に写るように操作しました。

併せて撮影したかった貨物列車は残念ながら運休中でした。

貨物が走らないので勝手踏切で有名になった樋口カーブ(私は線路を渡らずインカーブ側でいつも撮影しています。)は行楽渋滞を避けるためパスしました。

続いて皆野寄居有料道路経由で安谷橋へ向かいます。

皆野寄居有料道路はSuicaやPASMOが使えるようになり便利になりました。(普通車430円)

安谷橋の写真は上記のとおりです。

EOS Rを使用した動画ガチの方がいました。

SLIKのPROシリーズの三脚にマンフロットの雲台を装備していました。

ちょっと参考になります。

私はハスキー4段にベルボンの動画用雲台を載せていますが、水平方向のパンニングは良いけど、バランサーが無いため上下方向の動きが苦手です。

SLIKの動画用雲台も気になっています。

安谷橋の撮影の後は白久~武州日野のカーブで撮影場所を確保します。

C58 363牽引SLパレオエクスプレス@白久
C58 363牽引SLパレオエクスプレス@白久 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

過去2~3回撮影した場所ですが、今回は少し後方から撮影してみました。

白久の踏切を過ぎて1回目のドレインの後、カーブ終わり付近で2回目のドレインとなりました。

右側の枝が少しうるさいですね。

こちらでの撮影の後は一気に武川駅へ向かいました。

秩父鉄道のスタッフがイベントの撤収をしていました。

情弱な私は電気機関車の撮影会があったことを後で知りました。

武川駅の発車は歩道橋の中段から撮影したことがありましたが、歩道橋下ははイベント参加者でいっぱい。

熊谷寄りの踏切近くから撮影することにしました。

C58 363牽引SLパレオエクスプレス武川駅発車
C58 363牽引SLパレオエクスプレス武川駅発車 posted by (C)jun Nikon Z6II 80-400mmVR G

写真には写っていませんがこの右側に青いデキ5連が停車していました。

隣に眼鏡をかけた若い女性が来ました。

最近はSLを撮影する若い娘がいるのかと感心しました。

最後は広瀬川原車両基地へ

この時期の広瀬川原は夕日を浴びた車両がオレンジ色に輝きます。

動画は三脚だと移動やセッティングが大変、手持ちだと心もとないので一脚を使ってみました。

夕日を浴びるC58 363
夕日を浴びるC58 363 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

東武鉄道の電機機関車ED5060形に酷似した塗装になったデキ201、中央の社紋は新しいCIになっています。

デキ201入換中
デキ201入換中 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

広瀬川原の土手で撮影していると、武川で隣にいた若い女性が撮影していました。

望遠レンズを駆使しなかなか本格的に撮影をしていました。

帰るときにお疲れ様のお別れ挨拶だけしました。

最後に動画です。

【C58 363】晩秋のSLパレオエクスプレス【秩父鉄道】20211010 Nikon Z6 Z24-200mm

2021年10月10日に撮影した蒸気機関車C58 363牽引秩父鉄道SLパレオエクスプレスの動画です。

晩秋の秩父路を蒸気機関車C58363が汽笛を響かせ力強く走ります。

出区から下り2箇所、上り2箇所、機区(入換・転車台方向変換)までの1日を撮影しました。

秩父鉄道の貨物用電気機関車も登場します。

久しぶりの秩父鉄道訪問でしたが、今回運休中だった貨物列車を撮影してみたかったです。

| | コメント (0)

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »