« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月

2021年8月19日 (木)

【C57 180】SLばんえつ物語総集編【磐越西線】Ver 20210815My Favourite SL BANETSU MONOGATARI

8月15日にSLばんえつ物語を撮影してきましたが、我YouTubeチャンネルの再生リスト(蒸気機関車総集編)の動画が100件目になることを記念しSLばんえつ物語総集編動画を作成したので、15日の撮影と併せて紹介します。

8月11日に新型コロナウイルスのワクチン2回目(職域接種・モデルナ)を終えて3日間休養した後の8月15日にSLばんえつ物語撮影に出かけました。

今回の撮影目的は荒天時若しくは気温が低く湿度が高い時限定の大谷川橋梁(荻野~山都)の上り8226レ撮影と下り三川発車をAF-Fを使用したズームアウトで撮ることでした。

雨の中、磐越西線を目指しました。

途中、津川駅に寄って上り津川発車のリベンジも考えましたが、草ボウボウにつき断念、五十島ストレートへ向かいました。

津川の長時間停車を利用した1回目は新津~津川間で撮ることが多いですが、縦構図になる東下条の俯瞰や国道脇で駐車スペースがなく縦構図になる三川発車を除きほぼ網羅した感はあります。

今思えば第2中野踏切(新関~北五泉)辺りで稲穂と組み合わせても良かったかも知れません。

現地には0640到着、4番目でした。

いつものローアングルの位置と線路寄りのアイレベルの位置を確保しました。

雨も上がり、天気は曇りで涼しくてよかったです。

そこへ孫を連れたお爺さんがやって来ました。

小さな子供の予測できない行動や声が動画に入るのが嫌なので線路際のアイレベルの位置に移動しました。

正直、撮り鉄が集まる殺伐とした場所に小さい子供は連れてきてほしくないです。

お互いに嫌な思いをしますから。

そのお孫さん自体は行儀が良かったのですが、通過30分前にやって来た大きなお友達に外付けマイクの有線ケーブルを踏まれました。

足元くらいしっかりと見て欲しいものです。

C57 180牽引SLばんえつ物語@五十島
C57 180牽引SLばんえつ物語@五十島 posted by (C)jun Nikon Z6II VR70-300mmE

アイレベルですので爆煙の煙は切れてしまいました。

C57 180はこの日も力強いドラフト音を響かせていました。

まあ、ここは何度も撮っているので動画さえ録れればよいです。

続いて、大谷川橋梁を目指します。

津川までR49を進み、磐越自動車道で一気に西会津へ。

荻野~山都の対岸は山都から戻るか、荻野から県道を南下する遠回りの道しかないのですが、荻野から県道を南下し阿賀野川を渡って現地入りしました。

C57 180牽引SLばんえつ物語@大谷川橋梁上り
C57 180牽引SLばんえつ物語@大谷川橋梁上り posted by (C)jun Nikon Z6II VR70-300mmE

増水した川が茶色く濁っていましたが、何とか煙は回収できました。

ドラフト音は良い感じで聞こえるのですが、晴れると煙が出ない場所なのです。

阿賀野川に沿って走る磐越西線の秘境みないな感じがいいですね。

続いて3回目は笈川~堂島(第2学校踏切)目指しました。

先着者が2名いましたが、咲花発車~温泉俯瞰(熊が出没します)と進んできたそうです。

滝の下踏切(尾登~荻野)辺りを対岸から俯瞰する感じでしょうか?

滝の下踏切はアクセスする県道が通行止めで入れない場所。

私も撮ってみたい場所の一つです。

集落側から入れないことはないのでしょうけど、今の時期は下草が厳しそうです。

C57 180牽引SLばんえつ物語@第2学校踏切
C57 180牽引SLばんえつ物語@第2学校踏切 posted by (C)jun Nikon Z6II VR70-300mmE

飯豊山は雲の中、煙もスカスカ。稲穂を前景に入れた方が良かったかも知れませんね?

最近、会津若松~喜多方の交流電化を非電化にする話が出てきていますが、ここはどのような感じになるのか気になるところです。

現地で休憩の後、返しの下り撮影場所を探します。

第2舞台田踏切の縦構図でも撮ろうと思っていたのですが…

現地に設置されたSL撮影者に対する立て看板

「SL通過後3年連続山火事発生、ここは農道、農作業の邪魔にならないように駐車する。」

旨書かれていました。

昨年の門デフの時にパトカーが何度もやってきて喜多方警察が駐車違反の取締りをしていたのを見ていたのでちょっと気持ちが萎えてしまいました。

そんなわけで先へ進み、喜多方~山都にある一ノ戸川橋梁で撮影することにしました。

C57 180牽引SLばんえつ物語@一ノ戸川橋梁下り
C57 180牽引SLばんえつ物語@一ノ戸川橋梁下り posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

ここでは小布施原から鉄橋に出て来るタイミングがわかりにくいこと、動画をパンニングする事に集中するため静止画撮影は諦めて動画から静止画を切り出すことにしました。

停車駅である山都駅に近い場所ですが、棚引く程度に煙が出ました。

この構図、慶徳トンネルに向けて全力で走る上りも撮ってみたくなりました。

この後、磐越西線に沿って三川を目指します。

山都駅発車したSLばんえつ物語の後ろ姿を追う形になりますが、山都からほぼ下り坂になる8233レはあっという間に視界から消えました。

野沢と津川の長時間停車を利用して先へ進みますが、三川到着時、撮影場所にいたのは新潟から来た地元のお爺さん一人でした。

線路の両側は雑草が生い茂り線路を見通す場所は3人もいれば埋まってしまう状態でした。

8233レが三川駅に入線するころ、日出谷のカーブ辺りからの追っかけ組が続々とやって来ました。

動画を回し始めている段階で車で乗り付けられるのは、はっきりと言って迷惑です。

列車が来る5分前にカメラをセットできないなら、諦めて次の撮影場所へ向かってもらいたいもの。

キャパもないし、さぞかし草に埋もれた写真が撮れたことでしょう。

C57 180牽引SLばんえつ物語@下り三川発車
C57 180牽引SLばんえつ物語@下り三川発車 posted by (C)jun Nikon Z6II 80-400mmG

最後なので80-400㎜を縦構図で撮ってみましたが、慣れていないので左側がカツカツになってしまいました。

ここは春先に後方から横構図で何度か撮影したことがありますが、八重桜の時期は人が集中する場所です。

4月の運行開始か5月中旬辺りに撮影したほうがいいかも知れません。

最後に動画です。

【C57 180】SLばんえつ物語総集編【磐越西線】Ver 20210815My Favourite SL BANETSU MONOGATARI

2014年5月から2021年8月まで撮影したC57 180牽引12系客車改・臨時快速SLばんえつ物語の総集編動画です。

森と水とロマンの鉄道・磐越西線を蒸気機関車C57 180が力強く走ります。

前回の総集編から新たに上り8226レ展望グリーン車乗車記録、8223レ普通車乗車記録及び6箇所の新規撮影地を追加しています。

2104年5月に門デフ装着のC57 180を撮影しましたが、2020年11月は6年ぶりに門デフを装着したC57 180の姿をみることが出来ました。

上り8226レ下り8233レ共に列車の進行順に編集しているので、進行状況バー(シークバー)の下に表示されるチャプターのタイトルをクリックするとサムネイル付きのチャプターが表示され、そこから各映像へ飛べるのでSLばんえつ物語の撮影地ガイド的な活用方法もできます。

この動画を一つの区切りとして、これからも未撮影の場所を埋めて充実させていきたいと思います。

| | コメント (0)

2021年8月12日 (木)

【C11 207】向日葵とSL大樹【C11 325】祝!運行開始4周年

向日葵が咲き乱れる倉ケ崎SL花畑を中心に撮影した夏のSL大樹を紹介しましす。

C11 207とC11 325の2両の蒸気機関車が走る東武鉄道鬼怒川線、SL大樹は7月31日から毎日運行になりました。

倉ケ崎SL花畑は地元の方が季節の花を植えたり、冬のイルミネーションなど季節ごとに撮影を楽しめます。

向日葵とSL大樹
向日葵とSL大樹 posted by (C)jun Nikon Z6II Z24-70mmf/4S

向日葵(ひまわり)は、太陽の方向を向いて回るイメージでしたが、花が咲くと朝日の方向(東)を向いたままになるというのを今回の撮影で知りました。

いろいろな角度から向日葵とSL大樹を組み合わせて撮ってみたのですが、花の向きと合わせると中央にある広場から下り方向へ向けて撮影するのがベストのようです。

向日葵とSL大樹
向日葵とSL大樹 posted by (C)jun Nikon Z6II Z24-70mmf/4S

こちらはサイドから狙ってみました。

夏の空と向日葵が気持ちいいですね。

向日葵とSL大樹
向日葵とSL大樹 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-300mmE

こちらは花畑前縁での撮影です。

向日葵は小ぶりですが、こののちに刈り取られ8月10日のSL大樹1号鬼怒川温泉駅到着後、アテンダントにより乗客に生花として配られたそうです。

向日葵と6050系リバイバルカラー
向日葵と6050系リバイバルカラー posted by (C)jun  Nikon Z6II 70-300mmE

その他、6050系リバイバルカラー4連の姿も見ることが出来ました。

大桑駅近くに蓮が咲いており、車を降りて歩いていろいろロケハンしてみました。

隣で撮影していたおじさんが蓮田の持ち主でびっくりでした。

地元の方の協力があって花とSL大樹の撮影ができるのだと改めて感謝します。

最後に動画です。

【C11 207】向日葵とSL大樹【C11 325】祝!運行開始4周年

向日葵が咲き乱れる倉ケ崎SL花畑を中心に撮影した夏のSL大樹の動画です。

C11 207とC11 325の2両の蒸気機関車が鬼怒川線沿線にドラフト音と汽笛を響かせ力強く駆け抜けます。

SL大樹は運行開始4周年を迎え、8月7,8日にはオリジナルヘッドマークが掲出されました。

大桑駅近傍では蓮の花が見ごろを迎えていたので併せてお楽しみください。

2両のSLの息吹が前後から聴こえる不思議な空間でした。

蒸気機関車C11の魅力は(排気膨張室を持たないため)歯切れのよいドラフト音だと思います。

| | コメント (0)

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »