« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月

2021年5月30日 (日)

【D51 498】新緑のSLぐんまみなかみ【赤プレート】20210523

期間限定の赤いナンバープレートを装着した蒸気機関車D51 498が12系客車を牽引する上越線臨時快速SLぐんまみなかみ号を撮影してきたので紹介します。

今年5月頃からD51 498に赤いナンバープレートが装着されていますが、ようやくその姿を撮影することが出来ました。

赤いナンバープレートを装着するのはD51 498復活30周年記念装飾の前の水色プレートより前ですので2018年9月以来です。

いつもの八木原~渋川のアウトカーブからスタートしました。

D51 498牽引SLぐんまみなかみ号@八木原
D51 498牽引SLぐんまみなかみ号@八木原 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

煙が背後に流れたので後ろにあるタンクローリーをうまく隠してくれました。

渋川駅の停車時間を利用して追い越しますが、久しぶりに渋川~敷島(宮田)に行ってみました。

D51 498牽引SLぐんまみなかみ号@宮田
D51 498牽引SLぐんまみなかみ号@宮田 posted by (C)jun Nikon Z6II 24-70mmf/4S

D51 498牽引SLぐんまみなかみ号@宮田
D51 498牽引SLぐんまみなかみ号@宮田 posted by (C)jun Nikon Z6II 24-70mmf/4S

向かって左の田んぼに水が張られていましたが、風の影響で水鏡とはなりませんでした。

晴れたら榛名山を背景に入れることが出来る場所ですが、榛名山も水鏡も今回はダメでした。

以前は三脚固定動画しか撮影していなかったので、動画のパンニングに挑戦しました。

この後、赤城ICから関越道を使用し水上を目指します。

今回は赤いナンバープレートがお目当てなので諏訪狭をパスし、水上駅到着を撮影、そのまま上り発車まで撮影場所を確保しました。

水上駅転車台広場でD51 498の整備を見学し、1520発の上りを撮影しました。

D51 498牽引SLぐんまみなかみ号水上駅発車
D51 498牽引SLぐんまみなかみ号水上駅発車 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

晴れたり曇ったりの天気でしたが、上り発車の時は日差しがあったので煙は薄めでした。

水上駅発車を撮影後、関越道で渋川~八木原へ移動して走行シーンの動画撮影をしました。

最後に動画です。

【D51 498】新緑のSLぐんまみなかみ【赤プレート】20210523

赤いナンバープレートを装着した蒸気機関車D51 498が12系客車を牽引する臨時快速SLぐんまみなかみ号の動画です。

期間限定の赤いナンバープレート、新緑が眩しい初夏の上越線を駆けるD51 498の力強い走りをお楽しみください。

この動画はNikon Z6・Nikon D500を使用した一眼・一眼レフ動画です。

5月はSL乗務員養成の試運転が行われていて、SLぐんまみなかみ号の設定が少なかったのですが、赤いナンバープレートを装着したD51 498で養成されたSL乗務員が多く誕生することを期待します。

| | コメント (0)

2021年5月15日 (土)

【C57 180】8226レSLばんえつ物語の旅【グリーン車】新津ー会津若松

新緑の磐越西線を駆ける蒸気機関車C57 180牽引SLばんえつ物語8226レ新津ー会津若松間の乗車記録動画を撮影したので紹介します。

GWにSLに乗ろうとSLぐんまよこかわ号の指定券をMVで発券しようとするとほぼ満席。

SLばんえつ物語はどうだろうかとみてみると、グリーン車はそこそこ埋まっているけど普通車は空席だらけ。

撮りたい場所はほとんど撮影したので、これは乗るしかないなとグリーン指定券を入手しました。

当日、会津若松まで車移動し駅前のコインパーキング(24時間500円)に駐車。

始発の221Dで新津を目指しました。

GV-E400系も初めての乗車となりました。

途中から雨も降りだしてきて新津は本降りでした。

0850頃、車庫から出てきたC57を撮影します。

Suicaで入場しホームに戻り客車連結を見学、その後一度改札を出て買い物を済ませ入場するとSLばんえつ物語はホームに入線していました。

C57 180牽引SLばんえつ物語@新津
C57 180牽引SLばんえつ物語@新津 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

7号車のグリーン車に貴重品以外の荷物を置いて機関車を見学しました。

その後の経過は動画をご覧下さい。

【C57 180】8226レSLばんえつ物語の旅【グリーン車】新津ー会津若松 Nikon Z6 Z24-200mm

C57の力行区間では普通車の窓から、流れる車窓はグリーン車(展望車)からそれぞれ撮影しました。

森と水とロマンの鉄道「磐越西線」SLばんえつ物語の旅をお楽しみください。

新津~能代川橋梁(大関道踏切)、津川~平瀬トンネル入口、山都~慶徳トンネル入口、慶徳トンネル出口~喜多方はノーカット編集(撮影)をしています。

7号車の車掌さんをお話しする機会がありましたが、気になるのはJR東日本の電気機関車・ディーゼル機関車検修廃止の話です。

C57 180は来年全般検査を受ける予定ですが、検査を受けずにそのまま廃止にならないのか気になると言うと

車掌さんいわく「SLばんえつ物語が無くなる話は聞いていない。」とのことですが…

グリーン車はそこそこ乗っていますが、普通車ががらがらなのが気になるところですね。

撮ると列車に乗れない、乗ると写真を撮れないというジレンマはありますが、動画については乗車記録を撮影できるし、片道3時間半のC57 180の走りを楽しめました。

グリーン車はとても快適でしたが、私はSLに近い客車の窓を開けて煙とシンダを浴びている方が向いている気がします。

来年は検査で走らないのは確実ですので、撮影もいいですが、今のうちに乗っておきましょう。

| | コメント (0)

2021年5月 7日 (金)

祝 成田線120周年(E231系マト139編成スカ色・120周年HM付)

今年で開業120周年を迎えた成田線(我孫子~成田)、それを記念してE231がスカ色の帯を巻くことになりました。

E231系の前はエメラルドグリーンの103系が走っていましたが、一部113系の運用がありました。

今回はその113系のスカ色にあやかったイベントとなりました。

成田線113系阪和色+スカ色
成田線113系阪和色+スカ色 posted by (C)jun Canon AE-1

成田線の113系の写真がないか探したところ、阪和色+スカ色の混色編成の写真が見つかりました。

国鉄末期、6連だった113系を4両編成に組み替えて登場した編成です。

シールドビームに改造されていますが、グローブ型ベンチレーター・非ユニット窓など初期のクハ111どいうことがわかります。

M車のユニットは押し込み型ベンチレーター、共に非冷房で時代を感じます。

さて今回のスカ色はマト139・5両編成、我孫子~成田を往復する運用となりますが、たいして情報を調べないまま5月3日成田線沿線(木下~小林)へ行ってみました。

途中、いろいろロケハンして回ったため870Mの通過10分後に現地到着、その日はお目にかかれませんでした。

夕暮れの成田線E231系
夕暮れの成田線E231系 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

空振りであったので、当日の運用を調べたところ、827M~870Mの運用に就いていることがわかりました。

時刻表を購入し翌日リベンジしました。

しかし5月4日は829M~840Mの一往復のみの運用でその後は松戸車両センター安孫子派出所に取り込まれてしまい、またしても空振りでした。

5月5日早朝から現地入りしたところ、827M~の運用でマト139編成はやって来ました。

E231系マト139編成スカ色
E231系マト139編成スカ色 posted by (C)jun NikonZ6 Z24-200mm

やっと念願のスカ色を撮影することが出来ました。

下り方は手賀沼の白鳥とE231系

上り方は103系とE231系のデザインのHMとなっていました。

E231系マト139編成スカ色
E231系マト139編成スカ色 posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm

5月下旬まで120周年記念編成は走りますが、これから撮影する方は当日の運用・目撃情報をツイッターなどで検索すると間違いがないと思います。

成田線は昭和44年ころまでC57牽引の上野行通勤列車が走った路線です。

田んぼの中の築堤をC57が走る姿を想像すると楽しいですね。

私が亀有で生まれた頃、常磐線に成田線直通のC57牽引旅客列車が走っていたことになりますが、残念ながら茶色い電車(旧型国電)しか記憶がありません。

| | コメント (0)

2021年5月 1日 (土)

春雨のC57 180SLばんえつ物語

2021年4月29日C57 180牽引SLばんえつ物語を撮影し、総集編動画を公開したので紹介します。

森と水とロマンの鉄道・磐越西線はロケーションが素晴らしく、蒸気機関車C57との組み合わせも魅力的で何度か足を運んでいるところです。

近年、YouTubeチャンネルにSLばんえつ物語の撮影地順の動画をアップロードしていますがが、その内容を充実させるべく再訪してみました。

SLばんえつ物語は上下共途中駅で機関車整備のための10~15分停車が2回あり、上りは津川・山都、下りは野沢・津川でそれぞれ長時間停車します。

その中で撮り漏らしている場所を中心に今回も回ってみました。

生憎の天候でしたが、雨の白煙狙いです。

最初の撮影場所は鹿瀬~日出谷にある深戸橋梁です。

C57 180牽引SLばんえつ物語@深戸橋梁
C57 180牽引SLばんえつ物語@深戸橋梁 posted by (C)jun Nikon Z6II AF-S80-400mm

追っ掛けだと撮影場所の確保が難しい場所で、津川より前の区間を捨てて撮影に臨みました。

こちらは動画向きの場所で鹿瀬から深戸橋梁を渡り平瀬トンネルへ向けてC57は全力で駆けあがって行きます

(上記ハイパーリンクは深戸橋梁を渡るC57動画のチャプターリンクです。)

動画に集中するあまり静止画の撮影はうまくいきませんでした。

雨でレインカバーを付けていたのですが、リモートケーブルでつないでいたNikon Z6IIのフォーカスポイントがズレたためです。

続いて川吉へ向かいました。

今回はいままで撮影したことがなかった川吉踏切より喜多方寄りにある川吉の第3Sカーブへ行ってみました。

C57 180牽引SLばんえつ物語@川吉第3Sカーブ
C57 180牽引SLばんえつ物語@川吉第3Sカーブ posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

川吉踏切手前で煙が出なくなることが多いのですが、雨の白煙は問題なく爆煙でした。

今回は動画を撮影するにあたり、同時撮影している動画へのシャッター音軽減のため、サイレント撮影(電子シャッター)してみました。

電子シャッターだと絵が歪む(ローリングシャッター現象)ことがありますが、正面からの撮影では特に問題はありませんでした。

上りの撮影はここで終了しました。

朝から降り続いた雨は15時過ぎにはやみました。

下りの撮影は山都~荻野にある大谷川橋梁から始めました。

SLばんえつ物語@大谷川橋梁
SLばんえつ物語@大谷川橋梁 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

大谷川橋梁は対岸の道路から撮影できます。

ドスカポイントですが、いい雰囲気で桜の花も残っていました。

動画はリンク先をご覧下さい。

今回の撮影目的は総集編動画の拡充、ここ動画の次のシーンは徳沢~豊実にある大巻橋梁のシーンで似たような場所が連続するのでどこか途中で撮る必要が発生してしまいました。

野沢の10分停車で5分先行できたので徳沢~豊実にある新渡オーバークロスから撮影してみました。

阿賀野川徳沢橋梁を渡るC57 180
阿賀野川徳沢橋梁を渡るC57 180 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm(動画切り出し)

先着者1名がいましたが、その隣で動画を録らせてもらいました

時間に余裕がなかったので、静止画は動画から切り出しました。

ここは線路にかかる橋上からの撮影で、以前上りを撮った時はスカスカでしたが、下りは爆煙で通過でした。

線路の真上には背の高いフェンスが有り、フェンス脇からの撮影になるので先着1~2名ほどのキャパです。

最後は津川の停車時間を活用して清川小学校踏切(過去2回撮影済み)を見下ろす高台を見つけたのでそこから撮影してみました。

C57 180牽引SLばんえつ物語@清川小学校踏切俯瞰
C57 180牽引SLばんえつ物語@清川小学校踏切俯瞰 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

こちらも動画がメインでパンニング中にレリーズするのは難しいので手前のカットを狙ってみました。

ここでは阿賀野川・麒麟山・麒麟橋などを絡めて撮影することが出来ます。

その様子は動画をご覧下さい

写真右側の道路は旧国道49号線で、現在は落石のため一部区間が通行止めとなっています。

私が初めてSLばんえつ物語号を撮影したのは白崎トンネルを抜けた旧国道49号線沿線で現在は立ち入りできません。

最後に動画です。

【C57 180】SLばんえつ物語総集編【磐越西線】Ver 20210429My Favourite SL BANETSU MONOGATARI

2014年5月から2021年4月まで撮影したC57 180牽引12系客車改・臨時快速SLばんえつ物語の総集編動画です。

森と水とロマンの鉄道・磐越西線を蒸気機関車C57 180が力強く走ります。

前回の総集編から新たに9箇所の撮影地を追加しています。

上り8226レ下り8233レ共に列車の進行順に編集しているので下記タイムスタンプをクリックすると各映像へ飛べるほか、進行状況バーの下に表示されるチャプターのタイトルをクリックするとサムネイル付きのチャプターが表示され、そこから各映像へ飛べるのでSLばんえつ物語の撮影地ガイド的な活用方法もできます。

長編動画ですので時間に余裕があるときにご覧ください。

本来なら今回撮影分の動画を別に編集するところですが、3月より単身赴任中で動画の編集に時間が割けないので今回撮影の動画は総集編に編入させてもらいました。

| | コメント (0)

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »