« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月

2021年4月26日 (月)

【C57 180】新緑のSLばんえつ物語【磐越西線】20210425

新緑の磐越西線を走るC57 180牽引SLばんえつ物語とその仲間たちを撮影してきたので紹介します。

C57 180牽引SLばんえつ物語@咲花Sカーブ
C57 180牽引SLばんえつ物語@咲花Sカーブ posted by (C)jun Nikon D500 16-80mmf/2.8-4E

近年、SLばんえつ物語の撮影地順に撮影した動画をYouTubeチャンネルにアップしているので、今回も撮影場所のレパートリーを増やすべく動画未撮影の場所を中心に回ってみました。

今回は東新津~新関にある能代川橋梁(大関道踏切)から撮影開始しました。

C57 180牽引SLばんえつ物語@能代川橋梁
C57 180牽引SLばんえつ物語@能代川橋梁 posted by (C)jun Nikon Z6II 80-400mmVRG

前から知っている場所でしたが、早めに行ってもいつも三脚が置いてあり諦めていましたが、今回は一番乗りでした。

動画を撮影するには踏切の警報機がうるさく、また家族連れのギャラリーが大声を出していたのでちょっと残念でした。

横浜ナンバーのランドクルーザーに乗ったおじさんと仲良くお話をしていたので待ち時間は退屈しませんでした。

次は日出谷の発車でも撮ろうかと思いましたが、山にかかる雲が晴れてきたので久しぶりに上野尻~野沢にある細田新田踏切付近の飯豊山バックのカーブへ行きました。

C57 180牽引SLばんえつ物語@細田新田踏切
C57 180牽引SLばんえつ物語@細田新田踏切 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

ここでは快速あがの通過時に見えていた山が本番は雲に隠されてしまいました。

車の駐車位置が離れるため、荻野付近でSLばんえつ物語に追いつきますが、引き離されてしまいました。

やむを得ず、笈川~堂島(第2学校踏切)へ進みました。

C57 180牽引SLばんえつ物語@第2学校踏切
C57 180牽引SLばんえつ物語@第2学校踏切 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

ここも背景の山が見えず、折からの強風で煙が雲で流されてしまいました。

返しの8233レは舞台田の直線を考えましたが、雨が降ってきて雲で裏磐梯が隠れるので、曇りの日限定・山都~荻野のSカーブへ行ってみました。

C57 180牽引SLばんえつ物語@山都Sカーブ
C57 180牽引SLばんえつ物語@山都Sカーブ posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

今の時期は正面に影が落ちるSカーブ、順光で撮れるのは5月下旬から8月上旬になります。

その時期は晴れたら暑くてスカポッポ、足回りの雑草も伸びるので雨の白煙を期待するしかありません。

野沢の10分停車の頃、西会津ICから磐越道へ津川ICで降ります。

鹿瀬~津川で撮影すれば津川の停車時間を利用して先へ進めますが、雨が降っているので無理せず当初の撮影目的地咲花のSカーブを目指しました。

C57 180牽引SLばんえつ物語@咲花のSカーブ
C57 180牽引SLばんえつ物語@咲花のSカーブ posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL(トリミング)

日没後の残照の中の通過だったので明るいレンズを使いましたが、次に機会が有ったら超望遠で狙ってみたいポイントです。

C57 180牽引SLばんえつ物語@咲花Sカーブ
C57 180牽引SLばんえつ物語@咲花Sカーブ posted by (C)jun Nikon Z6II 70-200mmf/2.8E FL

正面に残照がいい感じで当たりました。

最後に動画です。

【C57 180】新緑のSLばんえつ物語【磐越西線】20210425

新緑の磐越西線を走るC57 180牽引SLばんえつ物語と仲間たちの動画です。

Nikon Z6で撮影した一眼動画です。

今後、今回の撮影地を含むSLばんえつ物語総集編動画も編集してみたいと思います。

 

| | コメント (0)

2021年4月24日 (土)

E493系常磐線試運転と常磐貨物

E493系交直流用電車を撮影したので紹介します。

久しぶりに平日のお休みをいただき、久しぶりに牛久のお立ち台へ行ってみました。

安中貨物と常磐貨物2092レを撮影するつもりでしたが、どうもいつもと様子が違います。

次々に撮影者が現れ、「今日は493が来る。」というのです。

初めは暗号みたいで何のことかわからなかったのですが、ググってみたら納得しました。

E493系常磐線性能確認試運転
E493系常磐線性能確認試運転 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-300mmE

先頭がクモヤE492形、後尾がクモヤE493形になります。

次世代クモヤともいえる車両で双頭連結器を装備したEF64やEF81が実施している配給輸送を担任することになりそうです。

https://www.jreast.co.jp/press/2020/20210119_ho01.pdf

JR東日本のプレスリリースでは入換・けん引用に使用されるとのことですが、その前段階の性能試験で常磐線を試運転していたようです。

私は2092レまで残りましたが、若いネタ鉄の皆様は次の撮影地へと消えていきました。

事業ネタは情弱な私には苦手な分野でしたが、平日の貨物列車を撮影することでE493系に遭遇することが出来ました。

E493系は201系に似た顔で少し懐かしい感じがするデザインでした。

続いてこの日撮影した貨物列車です。

EH500-11安中貨物
EH500-11安中貨物 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-300mmE

タキ・トキを従えた安中貨物も久しぶりの撮影となりました。

最後に土浦始発の常磐貨物2092レです。

EH500-9常磐貨物2092レ
EH500-9常磐貨物2092レ posted by (C)jun Nikon Z6II 70-300mmE

ブラックフェイスの2次型がやって来ましたが、コンテナの積載が今一つですね。

茨城の鉄道もこれから少しづつ撮影していきたいと思います。

| | コメント (0)

2021年4月10日 (土)

北真岡桜菜の花街道とSLもおか号

令和3年4月3日北真岡桜菜の花街道で蒸気機関車C12 66牽引SLもおか号を撮影してきたので紹介します。

SLと桜の組み合わせは鉄道写真としては昔から定番です。

しかし人が密集して殺伐としがちで撮影は避けていましたが、北真岡桜菜の花街道は撮影エリアが広く構図も選べるので過去に何度か撮影しています。

3月27日に寺内駅周辺で撮影した時はまだ一分咲きだった北真岡の桜も4月3日は葉桜になる直前でギリギリ間に合った感じとなりました。

この日は西田井駅周辺をロケハン後、北真岡桜菜の花街道へ進みました。

桜と菜の花とSLもおか号
桜と菜の花とSLもおか号 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-300mmE

下りはかなりの人出となりましたが、桜が一番咲いていた踏切通過直後を狙ってみました。

北真岡から先は追っかけせずに真岡市内で昼食、SLキューロク館のスハフ44 25の車内で休憩しました。

返しの上り列車も北真岡で撮影しました。

桜とSLもおか号
桜とSLもおか号 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-300mmE

下りと比べると半分くらいの人出だったでしょうか?

落ち着いて撮影することが出来ました。

北真岡で撮影後は追っかけが出来ないので帰途に就き、DE10牽引の6103レを下館二高前~折本で見送りました。

動画も撮影しましたが、2箇所のみの撮影なので総集編動画を作るときに編集して入れたいと思います。

(下りはカメ爺の話し声で動画は撃沈?)

北真岡桜菜の花街道は秋には秋桜が咲き乱れるので、秋に再訪したいと思います。

| | コメント (0)

2021年4月 4日 (日)

【C11 190】春雨の大井川鐵道【さくらHM】20210328

桜が咲き乱れる春の大井川鐵道を走る蒸気機関車C11 190牽引旧型客車SLかわね路号を撮影してきたので紹介します。

あいにくの空模様ですが、桜とC11 190を撮影すべく大井川鐵道へ向かいました。

最初に家山川橋梁で桜とさくらHMを掲出したC11 190牽引SLかわね路号を撮影しました。

桜とC11 190大井川鐵道SLかわね路1号
桜とC11 190大井川鐵道SLかわね路1号 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-300mmE

満開の桜を横目にC11 190は走り抜けました。

続いて千頭を目指します。

下泉でSL列車を追い抜き、大井川第二橋梁で動画のみ撮影しました。

先着者がいたので中途半端な立ち位置になったのと雨が本降りになってしまいました。

千頭では入換作業等を撮影しましたが、見学者の傘が邪魔して転車台の撮影も苦労しました。

上りは以前からから撮影したかった下泉の桜と後追い気味のポジションで撮影しました。

ここはいつも車がたくさん停まっていますが、鉄橋の隣にあるお蕎麦屋さんが人気店でその車でした。

先着者がいたので一緒に撮影しましたが、河原に降りて橋の下から撮ると雨に濡れない屋根付き撮影地でした。

下泉の桜とC11 190牽引SLかわね路2号
下泉の桜とC11 190牽引SLかわね路2号 posted by (C)jun Nikon Z6II 70-300mmE

ここは秋の紅葉の時期にも訪問してみたいところです。

新金谷へ戻る途中、家山の手前でSLと並走、雨模様なのでなかなかいい煙が出ていました。

私は有名どころの撮影地しか知りませんが、撮り鉄の皆さんは俯瞰から被り付きまで様々な場所で撮影していました。

最後に動画です。

【C11 190】春雨の大井川鐵道【さくらHM】20210328  Nikon Z6 Z24-200mm

桜が咲き乱れる春の大井川鐵道を走る蒸気機関車C11 190牽引旧型客車SLかわね路号の動画です。

九州地方で活躍したC11 190、さくらHMの組み合わせは春の大井川鐵道に4年間通い続けてようやく撮影することが出来ました。

この動画はNikon Z6で撮影した一眼動画です。

早岐機関区のC11は寝台特急さくら号(佐世保編成)を牽引した実績があり、大井川鐵道の蒸気機関車の中でさくらHMが似合うのが九州で活躍したC11 190だと思います。

C11 190は早岐機関区にも所属したことがありますが、寝台特急さくら(佐世保編成)がC11牽引だったころ(昭和40~43年)は熊本機関区所属でした。

簡易電源車マヤ20とはつかり色のスハフ43を重ねてみるのはちょっと苦しいかもしれませんが、C11唯一の特急仕業をイメージさせるさくらHMでした。

| | コメント (0)

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »