« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月28日 (水)

【C12 66】真岡鐵道SLもおか号【すずしろ】Nikon Z6AF-F動画試写

秋が深まる真岡鐵道、蒸気機関車C12 66が牽引するSLもおか号を撮影してきました。

真岡鐵道では、TVアニメ「レヱル・ロマネスク」の放送開始を記念して、キャラクター(すずしろ)のHMを「SLもおか」に掲出中で、久しぶりの晴れの日曜日、真岡へ向かいました。

今回の撮影はミラーレス一眼Nikon Z6のAF-F動画の試写も兼ねています。

Nikon Z6+Z24-200mm1台で動画撮影し、併せて同時記録できるFHDサイズの静止画を撮影してみました。

C12 66すずしろHM付筑波山バック
C12 66すずしろHM付筑波山バック posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mmVR

カメラ側で-2段露出補正をしてシルエット風にしてみました。

RAWならばもう少し空を青くしたり列車を明るくできますが、同時記録のJpegだとこれが限界です。

続いて北真岡の桜並木をロケハンしてみましたが、秋桜が刈り取られた後でした。

2発目は市塙駅発車を撮ることが多いのですが、ついでに多田羅のお立ち台をロケハンしたところ線路際にポールが建てられており撮影地としては終わってしまった感じでした。

C12 66すずしろHM付市塙発車
C12 66すずしろHM付市塙発車 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mmVR

レヱル・ロマネスクのすずしろさんなかなか可愛らしいですね。

下りの撮影は終了し、茂木駅へ向かいました。

C12 66すずしろHM付茂木
C12 66すずしろHM付茂木 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mmVR

茂木では入場券を購入し、休憩中のC12 66を撮影してみました。

上り6002レはいつもの有料撮影地、HMを強調するため線路際から撮影してみました。

C12 66すずしろHM付@有料撮影地
C12 66すずしろHM付@有料撮影地 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mmVR

奥が日陰、手前が順光線と明暗の差が激しい撮影場所なので曇りの日がおすすめです。

続いて八木岡へ行き線路東側から動画パンニングしました。

往路・帰路ともに筑波山を入れての動画撮影が出来ました。

締めは下館二高前のシルエットです。

C12 66すずしろHM付6103レ編
C12 66すずしろHM付6103レ編 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mmVR

12月の冬至の頃が美しいですが、日が暮れるのが早くなってきておりいい感じで撮影できました。

Nikon Z6のAF-Fはドレインや煙に惑わされることなくいい感じでAF追従していましたが、最後に下館二高前でパンニング中、手前の雑草にAFが引っ張られてしまいました。

動画撮影中のFHD静止画はあくまでも非常用という感じで、別に写真専用のカメラを用意したほうがいいですね。

最後に動画です。

【C12 66】真岡鐵道SLもおか号【すずしろ】20201025

日々秋が深まる真岡鐵道、蒸気機関車C12 66が牽引するSLもおか号を撮影した動画です。

真岡鐵道は、TVアニメ「レヱル・ロマネスク」の放送開始を記念して、キャラクター(すずしろ)のHMを「SLもおか」に掲出しました。

ミラーレス一眼Nikon Z6の動画撮影は満足しましたが、静止画用にもう一台静かなカメラが欲しいところです。

Nikon Z6Ⅱがとても気になります。

| | コメント (0)

2020年10月18日 (日)

【D51 498】秋雨のSLぐんまみなかみ【旧型客車】20201017

蒸気機関車D51 498がリニューアルされた旧型客車を牽いて走る臨時快速SLぐんまみなかみ号を撮影してきたので紹介します。

今春の群馬DCにお披露目のはずだったリニューアルした旧型客車。

10月の秋臨からようやく運用開始されました。

高崎の旧型客車を牽引するSLの姿を撮影するため上越線沿線へ出掛けて来ました。

土曜日の運行とあって早起きが辛かったので高速道路を利用して高崎へ向かいました。

天気が悪いので乗り鉄も考えましたが、高崎駅で指定券の発売状況を確認しましたが、進行方向窓側は全部売り切れておりあきらめて沿線に進みました。

ロケハンを兼ねて大久保第2踏切周辺も行ってみましたが、撮れそうな場所は先客ありでいつもの八木原へ向かいます。

三脚をセッティング中にE655系和(なごみ)の臨時列車が通過してしまいました。

こちらで動画を撮影後、諏訪狭のS字カーブへ向かいました。

D51 498+旧型客車in諏訪狭
D51 498+旧型客車in諏訪狭 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

紅葉にはまだ早いですが、グレーの煙を棚引かせてD51 498は汽笛を鳴らして駆け抜けました。

続いて水上駅へ向かいます。

上りの撮影場所を確保し、いつものさくらい食堂さんで舞茸天丼を食します。

続いて転車台広場のD51 498を見に行きましたが、整備は終わっていました。

入場券を購入し、水上駅に停車中の旧型客車を見学してみました。

オハ47やスハフ42 2234の内装は窓越しに見る限り茶色に塗装され、シートも緑色のモケットに交換されていました。

私は国鉄型車両(普通車)は青いシートの世代ですが、銀河鉄道999の車内みたいですね。

近代化更新車で急行十和田などで使われた高崎のオハ47ですが、デコラ張り(メラニン化粧板)の上に茶色の塗料を塗ったように見えました。

この辺は動画または実車でご確認ください。

5号車のオハニ36は青いモケットのままでしたが、白熱灯カバーがどうなったか確認するのを忘れました。

また、115系(三次新潟色)臨時快速谷川岳紅葉号の回送が構内に留まっていました。

115系新潟色臨時快速谷川岳紅葉号回送
115系新潟色臨時快速谷川岳紅葉号回送 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

普段は新潟へ行かないと見れない車両を見ることが出来ました。

こちらはD51 498の機回し終了後に動き出し、D51 498と並ぶシーンがありましたので動画でご確認ください。

続いてSLぐんまみなかみ号水上駅発車シーンです。

D51 498+旧型客車 SLぐんまみなかみ号水上発車
D51 498+旧型客車 SLぐんまみなかみ号水上発車 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

D51 498+旧型客車臨時快速SLぐんまみなかみ号水上発車
D51 498+旧型客車臨時快速SLぐんまみなかみ号水上発車 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

走り去る旧型客車
走り去る旧型客車 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-200mm

ドラフト音が物足りないですが、12系客車のような発電機用エンジンの音もなく汽笛を響かせSLぐんまみなかみ号は高崎へ向けて発車しました。

旧型客車の窓の内側には劇場版 鬼滅の刃 無限列車編とのコラボイベント「鬼滅の刃×SLぐんま~無限列車大作戦~」 の一環でキャラクターシールが貼られています。

外側から見るとアルミサッシの窓枠のように見えますね。

ここは11月になると建物や電柱の影が伸びるので曇りがおすすめです。

最後に動画です。

【D51 498】秋雨のSLぐんまみなかみ【旧型客車】20201017

蒸気機関車D51 498がリニューアルされた旧型客車を牽いて走る臨時快速SLぐんまみなかみ号の動画です。

秋雨の中、D51 498は白煙をあげ、汽笛・ドラフト音を響かせ上越線を力強く駆け抜けました。

リニューアルされた旧型客車は内装が茶色・モケットが緑色(オハ47、スハフ42)となっていました。

水上では115系臨時快速谷川岳紅葉号の回送シーンも見ることが出来ました。

この動画はNikon D500を使用した一眼レフ動画です。

基本的にNikon D500で動画撮影するときは置きピンしています。

手持ちでNikon Z6で静止画撮影の合間に手持ち動画も試してみましたが、AF-Fはしっかりと追従していますが、手持ち故に画面が揺れるので今度三脚にNikon Z6を据えて動画撮影してみたくなりました。

先日Nikon Z6Ⅱの詳細が発表されましたが、Z6比でバッファが3倍・電源オフでピント据え置きが出来るようになったのでD500を1台処分してZ6Ⅱが欲しいなと思ってしまったのでした。

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »