« 【C61 20】早春のSLぐんまよこかわ号【12系客車】浅間山と妙義山 | トップページ | 【おとちゃんいちごSL】SLもおか号【C12 66】 »

2020年2月10日 (月)

十四夜月とSL大樹 倉ケ崎SL花畑イルミネーション

十四夜月の月明かりの下、青白いイルミネーションの灯りを浴びて走るC11 207単独牽引14系客車の東武鉄道SL大樹号を撮影したので紹介します。

令和2年2月8日C61 20牽引12系客車信越本線臨時快速SLぐんまよこかわ号撮影後、R18~R17~前橋IC~関越道~北関東道~東北道~日光宇都宮有料~今市ICと進み1710頃倉ケ崎SL花畑へ到着しました。

所要時間はPAでのトイレ休憩を含め約2時間です。

前回、Nikon D500+16-80mmf/2.8-4Eで流し撮りしたSL大樹は車体のノイズが目立つのでNikon Z6でリベンジしてみることにしました。

C11 207水タンクに取り付けられたサイドのナンバープレートが光るようになって闇鉄撮り直し2回目となりました。

移動途中の東の空に十四夜月が輝いており、1月の満月ウルフムーン以来の月を入れたサイドからのアングルで撮影することにしました。

当初はAF-S50mmf/1.8Gで撮ろうと思っていましたが、意外に引きが取れない場所であり、十四夜月を入れるために広角が使えるAF-S24-70mmf/2.8Gを使用することにしました。

十四夜月とSL大樹
十四夜月とSL大樹 posted by (C)jun Nikon Z6 24-70mmf/2.8G

続いてサイド流しです。

十四夜月とSL大樹 Side View

十四夜月とSL大樹 Side View posted by (C)jun Nikon Z6 24-70mmf/2.8G

こちらは月の位置が中途半端な気もしますが、ロッドの位置で写真を選んでいるのでご了承願います。

十四夜月とSL大樹6号
十四夜月とSL大樹6号 posted by (C)jun Nikon Z6 24-70mmf/2.8G

そんなわけでもう一枚です。

ロッドが上なのですが、下に来ない時はこの位置が好きです。

イルミネーションとSL大樹6号の撮影を始めた年末年始のころと比べるとだいぶ日が伸びて来ましたが、夕方の風景写真を撮影する時にマジックアワーともいわれる薄暮の時間帯もSL大樹6号通過10数分前までに迫って来ました。

来週以降は薄明るい薄暮の状態で撮れるようになると思われますので使えるカメラやレンズの制限も少なくなると思います。

しかし明るくなりすぎるとイルミネーションの雰囲気が出なくなるのが難しいところですね。

また、オリジナルのSL大樹HM(行灯式)は2.11と15,16のあと3回、単機牽引が3.8までですので単機牽引とイルミネーションの組み合わせで撮影するのは今のうちとなります。

イルミネーションは3.31までですが、2.22~3.8は江戸ワンダーランド日光江戸村とのコラボ企画EDO WONDER TRAINのヘッドマークとなり、それ以降はDE10の補機が復活します。

SL大樹に忍者が参上するイベントは昨年乗車・撮影していますがSL大樹はオリジナルHMが好きです。

今回、高速道路を使ってまでSL大樹6号の撮影を強行したのは残り3回のオリジナルHMの日に仕事が入って撮影に行けなくなったという諸般の事情によるものです。

最後に動画です。

十四夜月とSL大樹 令和2年2月8日 倉ケ崎SL花畑イルミネーション Nikon D500 16-80mmf/2.8-4E

倉ケ崎SL花畑で撮影した十四夜月とイルミネーションと東武鉄道SL大樹の動画です。
十四夜月の夜空の下、倉ケ崎SL花畑のイルミネーション幻想的な青い光に照らされたC11 207単独牽引14系客車東武鉄道SL大樹が汽笛を鳴らしドラフト音を響かせながら走り抜けました。
十四夜月は来るべき人を待つ宵という意味もあるそうです。
立春も過ぎて日が伸びており暗闇を駆けるSL大樹もそろそろ見納めになりそうです。

|

« 【C61 20】早春のSLぐんまよこかわ号【12系客車】浅間山と妙義山 | トップページ | 【おとちゃんいちごSL】SLもおか号【C12 66】 »

蒸気機関車」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

C11 207」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【C61 20】早春のSLぐんまよこかわ号【12系客車】浅間山と妙義山 | トップページ | 【おとちゃんいちごSL】SLもおか号【C12 66】 »