« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月19日 (日)

JR東日本春臨発表(SL重連・SL夜汽車も運行)

JR東日本は春の増発列車をプレスリリースしました。

JR東日本 春の増発列車のお知らせ

https://www.jreast.co.jp/press/2019/20200117_ho02.pdf

JR東日本高崎支社 春の臨時列車のお知らせ

https://www.jreast.co.jp/takasaki/news/pdf/20200117-01info.pdf

当ブログはSLがメインなのでSL列車を中心に紹介したいと思います。

今年は群馬ディスティニーションキャンペーン(群馬DC)が行われますが、4月4日に上越線でSLの重連運行が行われます。

D51498+C58363重連+旧型客車
D51498+C58363重連+旧型客車 posted by (C)jun Nikon D300 24-70mmf/2.8G

写真はD51 498とC58 363の重連ですが、今回はD51 498とC61 20の重連が旧型客車6両を牽く姿が見られます。

またSL YOGISHA よこかわ号が牽引機未発表ですが旧型客車6両を牽いて4月25日に運行されます。

D51 498牽引臨時快速SL YOGISHAよこかわ号
D51 498牽引臨時快速SL YOGISHAよこかわ号 posted by (C)jun Nikon D500 50mmf/1.8G

一昨年12月のSL YOGISHA よこかわ号は復活30周年記念装飾でしたが、大宮で検査中のD51 498がどのような姿で現れるか楽しみですね。

6月20日には牽引機未発表ですが上越線で旧型客車6両のSL YOGISHAみなかみ号が運行されます。

C61 20牽引旧型客車SL YOGISHAみなかみ号水上駅発車
C61 20牽引旧型客車SL YOGISHAみなかみ号水上駅発車 posted by (C)jun Nikon D500 50mmf/1.8G

上越線SLぐんまみなかみ号は3月20日からの運行となっています。

C61 20+12系客車SLぐんまみなかみ号(機回し)
C61 20+12系客車SLぐんまみなかみ号(機回し) posted by (C)jun Nikon Z6 70-200mmf/2.8G VR2

今回の群馬DCに合わせて旧型客車オハ47が1両ラウンジカーに改装されるほか、近代化更新車のスハフ42・オハ47の塗りつぶし・デコラ張り内装が木目のニス塗りに復元されるとのことですのでそちらの仕上がりも楽しみです。

(ひょっとしたら木目調のデコラ張りかもしれません)

4月5日には熊谷始発のさいたま×ぐんま号が旧型客車6両で運行されますが、牽引機は熊谷~高崎がELのPP、高崎からSL牽引とあるのでD51 498が先頭の立つと思われます。

また高崎のDD51が2両廃車になった影響でしょうか、DLぐんまよこかわ号の設定がないのが寂しいところです。

新潟支社のSLばんえつ物語は4月25日から運行を開始します。

JR東日本新潟支社 春の増発列車のお知らせ

https://www.jrniigata.co.jp/press/20200117harurin2.pdf

C57 180SLばんえつ物語新緑のS字カーブ(荻野~山都)
C57 180SLばんえつ物語新緑のS字カーブ(荻野~山都) posted by (C)jun Nikon D500 70-200mmf/2.8G VR2

高崎の旧型客車は4月4日の重連(群馬DCオープニング号)でお披露目になる模様でSLひな街道の設定はありません。

盛岡支社のSL銀河は4月18日

JR東日本 盛岡支社 春の臨時列車のおしらせ

https://www.jr-morioka.com/cgi-bin/pdf/press/pdf_1579237205_1.pdf

こちらは遠すぎて撮影に行ったことがないので写真はありません。

最後にC61 20とD51 498の夜汽車動画を編集したので紹介します。

【C61 20】SL YOGISHA 総集編【D51 498】(夜汽車の旅)

蒸気機関車C61 20・D51 498牽引によるSL YOGISHAシリーズ・夜汽車総集編動画です。
上越線や信越本線で年数回運行される夜汽車を一眼レフ等を使用し撮影しました。
沿線から撮影した走行シーンの他、D51 498牽引SL YOGISHAみなかみ号の乗車記録・車窓も収録しています。

1時間越えの長編ですので時間に余裕があるときにご覧ください。

数年ぶりの上越線のSL重連やリニューアルされた旧型客車とラウンジカー、夜汽車運行など楽しみですね。

 

 

| | コメント (0)

2020年1月18日 (土)

【C12 66】SLもおか・SL大樹【C11 207】Strawberry Locomotive

令和2年1月11日から同月13日にかけていちご王国栃木のキャンペーンのため真岡鉄道SLもおかのC12 66と東武鉄道SL大樹のC11 207にStrawberry Locomotiveと記された同じデザインヘッドマークが掲出されました。

コラボ企画ともいえる同一デザインのHMを撮影するため11日にSL大樹6号、13日に下りSLもおか号・SL大樹4号を撮影したので紹介します。

C11 207SL大樹Strawberry Locomotive HM
C11 207SL大樹Strawberry Locomotive HM posted by (C)jun Nikon Z6 70-200mmf/2.8G VR2

11日は信越本線SLぐんまよこかわ号を撮影した安中からR18~前橋IC~関越道~北関東道~東北道~日光宇都宮道路~今市ICと進み夕闇迫る倉ケ崎SL花畑に到着しました。

イルミネーションを実施しているSL大樹、夜間走行となるSL大樹6号は昨年末から何度か撮影しましたが、今回は静止画を捨ててイルミネーションを前景としたパンニングを試してみました。

この日は1月の満月ウルフムーンであり、南北に走る鬼怒川線に対して東向きにカメラを据えてパンニングしてみました。

満月(ウルフムーン)とSL大樹6号とイルミネーションと欲張りセットの動画を撮影することが出来ました。

動画の末尾に編集しているのでそちらをご覧ください。

ここの撮影地に先日SLもおか号を一緒に撮影した方がいたと後から知ったのですが、挨拶できず残念でした。

翌日の仕事が早かったので日光宇都宮道路・東北道・外環道・京葉道路経由で帰宅しましたが、所要時間2時間半で千葉県船橋市へ戻れました。

いつもは下道で4~5時間かかっているので時間短縮効果に驚いてしまいます。

12日は仕事だったので13日は少し遅めの出発で下館駅近傍から撮影開始、SLもおか号回送到着・入換え・出発を撮影しました。

C12 66SLもおか号StrawberryLocomotive
C12 66SLもおか号StrawberryLocomotive posted by (C)jun Nikon D500 18-140mmVR

花のない桜とSLもおか、春に再訪したいですね。

C12 66SLもおか号StrawberryLocomotive
C12 66SLもおか号StrawberryLocomotive posted by (C)jun Nikon D500 18-140mmVR

下館駅の入換えを見て思うのですが、回送や入換えでは煙・汽笛・ドレインはほどんど出ません。

営業運転時は演出しているのだなと思いました。

また下館駅を発車するときに踏切手前で盛大に空転していました。

この様子は動画をご覧ください。

動画撮影はNikon1 V2 10-100mmPDズームを使用しました。

PDズームは滑らかにズームイン・アウトできるので重宝しています。

Zシリーズでいいから動画用にパワーズームのレンズ出して欲しいところです。

続いて市塙へ向かいました。

C12 66SLもおか号StrawberryLocomotive
C12 66SLもおか号StrawberryLocomotive posted by (C)jun Nikon Z6 70-300mmf/4.5-5.6VR

ここでのドレインは駅のホームを出る前に終わってしまいちょっと残念でした。

謹賀新年HMの時ほどではないのですが撮影者が多くガヤガヤしていたので動画を撮影しているNikon1 V2に延長コードを使ってマイクを離隔しましたが、家で確認すると音声が入っていませんでした。

イヤホン端子がないNikon1 V2だとヘッドホンでモニターしながらの撮影が出来ないのですが痛恨のミスです。

ここの撤収を終えたのが正午ころ、HM狙いなのでSL大樹4号を正面から順光撮影ができる倉ケ崎SL花畑を目指します。

鬼怒川を渡り新4号バイパス・宮環・R118・日光宇都宮有料と進み倉ケ崎へ到着しましたが、SL大樹3号は10分前に通過したとの事でした。

カメラをセッティング中に雨が降り始めて来ましたが、レインカバーを一つ家に忘れてしまいコンビニ袋で雨をしのぎました。

C11 207SL大樹Strawberry Locomotive HM
C11 207SL大樹Strawberry Locomotive HM posted by (C)jun Nikon Z6 70-200mmf/2.8G VR2

イルミネーション期間中のSL大樹のヘッドマークは行灯式になっておりSLもおか号についているHMと少し印象が違いますね。

こちらでの動画は三脚固定なのでD500 16-80mmf/2.8-4Eを使用しました。

これで同一デザインのHMをSLもおか号・SL大樹でコンプリートということになり倉ケ崎SL花畑を撤収します。

このまま帰宅しても良かったのですが、下今市駅に寄ってみました。

C11 207SL大樹Strawberry Locomotive HM
C11 207SL大樹Strawberry Locomotive HM posted by (C)jun Nikon D500 16-80mmf/2.8-4E

私が下今市駅に着いた時にはC11 207は方向変換を終えて庫に収まっていました。

下今市機関区の庫は2・3番庫がありますが駅舎寄りに1番庫を増設工事中で骨組みが出来上がって来た状態でした。

今年中には真岡鐵道から移籍してきたC11 325が収まる姿が見られるようになるでしょう。

ここでは動画・静止画共にD500 16-80mmf/2.8-4Eを使用しました。

私の持っている機材では手持ち動画はレンズ内VRと電子補正の組み合わせでD500が一番安定します。

基本置きピンですが、動態予測AFも使うならNikon Z50という選択もいいかなと思いました。

Z50は電池がD500やZ6と違うので衝動買いを抑えられている状態です。

この後はC11 207が庫から出て客車に連結するまで見届けて帰宅しました。

最後は動画です。

【C12 66】SLもおか・SL大樹【C11 207】Strawberry Locomotive

いちご王国栃木のキャンペーンのため真岡鉄道SLもおかのC12 66と東武鉄道SL大樹のC11 207にStrawberry Locomotiveと記された同じデザインヘッドマークが掲出されました。
SLもおかは下館駅周辺、SL大樹は倉ヶ崎SL花畑と下今市駅で撮影しました。
SLもおか号下館発車ではC12 66の動輪が空転する一幕も見られました。

冬季に関東地方でSL運行しているのは通年運航している真岡鐵道・東武鉄道くらいでたまに信越本線で走るくらい。

D51 498が検査中で坂道を下るだけのC61 20も2月まで運行はありません。

あとはC10 8が孤軍奮闘している大井川鐵道ですが、行くなら桜の時期にしたいですね。

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

【C61 20】SLぐんまよこかわ号【EF64 1001】令和2年1月11日

令和2年1月11日に蒸気機関車C61 20が牽引する信越本線臨時快速SLぐんまよこかわ号を撮影したので紹介します。

C61 20牽引SLぐんまよこかわ号
C61 20牽引SLぐんまよこかわ号 posted by (C)jun Nikon Z6 70-200mmf/2.8G VR2

往路EL牽引で帰路がSL牽引、運行距離が短く信越本線での撮影は効率がよくありませんが、この機会を逃すと2月まで運行がないので安中へ向かうことにしました。

EF64 1001牽引ELぐんまよこかわ号
EF64 1001牽引ELぐんまよこかわ号 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-70mmf/4S

生憎の曇り空の下EF64 1001が牽引するELぐんまよこかわ号が走り抜けました。

天候が悪いにもかかわらず、大勢のギャラリーが見守る中の通過でした。

この後は横川駅の停車シーンを撮影しました。

旧型客車に比べて全長の長い12系客車故に反対側ホームからC61 20の顔を撮影することが出来ませんでした。

また12系客車の発電機の音がうるさいので動画はNikon Z6のアッテネーター機能を試してみました。

騒音を抑えてかなり静かな動画になりました。

最後は安中の発車です。

夜汽車の時はもう少し前のポジションから撮っているのですが、そこだと下り線と上り線の間にある箱が客車に重なるので一度後方から撮影してみたかったのでした。

C61 20牽引SLぐんまよこかわ号
C61 20牽引SLぐんまよこかわ号 posted by (C)jun Nikon Z6 70-200mmf/2.8G VR2

バランス的にはこのカットがいいのですが、ロッドの位置がイマイチです。

Raw+jpegで連続15枚までしか撮影できないNikon Z6は内蔵メモリのバッファがフルにならないよう短連写しつつの撮影なのでちょうどいい場所でレリーズすることが出来ませんでした。

もう少し手前に引いて煙が架線柱のトラスの前に出たあたりが絵的にはベストかもしれません?

ただし、うっすらと見える浅間山の下にカインズホームの看板が来るのでやはり前方のポジションの方がいいかな。

書き込み速度がXQDカードの3倍になるCFexpressカード、特にニコンがZ6で作動保証をしているソニー製のCFexpressカードの発売が1月末とアナウンスされており、早急に入手したいところです。

C61 20牽引SLぐんまよこかわ号(後追い)
C61 20牽引SLぐんまよこかわ号(後追い) posted by (C)jun Nikon Z6 70-200mmf/2.8G VR2

続いて走り去るC61 20を後追い撮影しました。

最後に動画です。

令和2年1月11日に撮影したC61 20牽引12系客車信越本線臨時快速SLぐんまよこかわ号の動画です。
往路の牽引機及び帰路の補助機関車は国鉄色に復元されたEF64 1001が運用されました。
冬の信越本線を駆ける蒸気機関車C61 20の雄姿をご覧ください。
走行シーンはNikon D500を横川駅ではNikon Z6を使用しました。
12系客車の発電機のエンジン音が気になる横川駅ではNikon Z6のアッテネーターを使用し騒音防止しました。

この三連休はSLもおか号とSL大樹で同じデザインのHMを掲出するイベントをしており、前橋ICから今市ICまで高速道路でワープしSL大樹6号を倉ケ崎SL花畑のイルミネーションを前景にパンニング動画のみ撮影して帰宅しました。

こちらの動画はそのイベント撮影の末尾に添付することにし、次回のブログ・動画で紹介したいと思います。

翌12日が仕事だったので今市から高速道路で帰りましたが、所要時間2時間半であったことも新たな発見でした。

外環道千葉区間開通や圏央道へ迂回等、交通集中の分散の効果ですね。

| | コメント (0)

2020年1月 6日 (月)

【C12 66】真岡鐵道SL新年号2020【日章旗】令和2年1月5日

令和2年1月5日C12 66牽引の真岡鐵道SL新年号2020を撮影してきたので紹介します。

本年のSL撮影は東武鉄道SL大樹に続いて2回目になります。

1月5日未明に雨(茨城はみぞれ?)が降った影響で往路は路面が凍結しABSやTRCのお世話になりながらの現地入りとなりました。

まずは真岡駅へ向かいC12 66出区の撮影をしました。

真岡駅0859発下館行きの発車前後に客車に連結すると思い油断してD51 146を撮影していたところC12 66はDE10 1535の横へ移動してしまい途中からの撮影となってしまいました。

また回送列車が1番線に入線するころ、駅前でラジオ体操をしていて動画音声に入るので撮影を切り上げ撮影地へ向かいました。

最初は下館の発車でも撮ろうかと思っていましたが、R294の路面が凍結していたこと、八木岡は日章旗狙いで混雑することから寺内の発車を撮影することにしました。

C12 66牽引真岡鐵道SL新年号2020
C12 66牽引真岡鐵道SL新年号2020 posted by (C)jun Nikon D500 18-300mmVR

いままで真岡鐵道の動画撮影はNikon1を使用していましたが、今回はNikon D500のみの一眼レフ動画に挑戦してみました。

回送列車が通過するころ撮影者は私一人でしたが、6001レが発車するころには10名くらいの撮影集団となっていました。

一緒に撮影した方から「ここに来る途中に田んぼに車が7台くらい落ちていた。」という話を聞きました。

冬の道路は怖いですね。

寺内駅発車の写真は気温が低いためかドレインの白い湯気で客車が完全に隠れてしまっています。

続いての撮影地はいつもの市塙駅発車を目指します。

C11ラストランの時はR294旧道の真岡線の跨線橋周辺の路上駐車車両に足止めをくらったので手前の三差路を左折してR294バイパスへ入ります。

しかしながら線路を越えて信号待ちしていると右折禁止の場所から八木岡での撮影車両が次々と出て来ました。

気持ちはわかりますが、違反はよろしくないですね。

私は路面凍結を考慮してかなりゆっくりと走りましたが、市塙駅に発車20分前に到着しました。

C12 66牽引真岡鐵道SL新年号2020
C12 66牽引真岡鐵道SL新年号2020 posted by (C)jun Nikon Z6 70-200㎜F2.8G VR2

ここでは先着者がかなり前の位置でカメラを構えていたので脚立で高さを稼いで撮影することにしました。

そのため手前に引いての撮影は出来ませんでした。

下りの撮影はここで終了して上りを撮影する有料撮影地へ移動しました。

有料撮影地では俯瞰する場所を確保できたので茂木駅へ行くか迷いましたが、今回は撮影者が多く国道脇の駐車場所が埋まると困るのでこのまま2時間待つことにしました。

ここでは地元真岡線沿線の方や茨城から来られた方と楽しく話をしながら列車を待つことが出来ました。

C12 66牽引真岡鐵道SL新年号2020
C12 66牽引真岡鐵道SL新年号2020 posted by (C)jun Nikon Z6 70-200㎜F2.8G VR2

天気が良かったので機関車と客車1両目までしか光が当たらない状態でカーブの頂点付近で縦構図も撮ればよかったなと思いましたが後の祭りです。

カーブの頂点付近は日陰ですが、爆煙とドレインでかなり幻想的な感じでした。

この後はいつもの八木岡を目指しました。

西田井~北真岡間にあるR294の真岡線踏切はいつも渋滞するので北真岡駅脇の踏切を通る道に迂回しました。

八木岡ではD500でパンニングしながら動画撮影をしてみました。

Nikon1 V3で撮影した時はVRのセンタリングの影響か機関車が前後に跳ねる感じになることが多かったのでVRをOFFに設定、ついでに動画の電子手振れ補正をOFFにしましたが、後者はパンニング中のカメラの上下の揺れを拾ってしまい失敗でした。

このようにいつも試行錯誤を繰り返しています。

八木岡では先ほど有料撮影地でご一緒した方と再会、別れの挨拶をして帰途に就きました。

帰宅のためにR294バイパスを南下中、折本~下館二校前の撮影地で6103レを見送ろうと立ち寄りましたが、時間に余裕があったので手持ち動画を撮影してみました。

この時期は夕日をシルエットに写真が撮れる模様です。

作例は何度か見て来ましたが、ここで撮るのかと思った次第です。

最後に動画です。

【C12 66】真岡鐵道SL新年号2020【日章旗】

令和2年1月5日に撮影したC12 66牽引真岡鐵道SL新年号2020の動画です。

謹賀新年のヘッドマークに日章旗をなびかせて早春の芳賀路を蒸気機関車C12 66が力強く駆け抜けました。 

芳賀路の蒸機をこれからも追い続けたいと思った一日でした。

| | コメント (0)

2020年1月 4日 (土)

初撮り【C11 207】東武鉄道SL大樹【2020賀正】

令和2年(西暦2020年)の初撮りに正月限定の賀正2020HMを掲出したC11 207牽引SL大樹を撮影してきたので紹介します。

最初の撮影は新高徳~小佐越のS字カーブです。

C11 207牽引SL大樹2020賀正HM
C11 207牽引SL大樹2020賀正HM posted by (C)jun Nikon Z6 AF-S70-200mmf/2.8G VR2

氷点下に冷え込んだ朝、真っ白い煙を上げてSL大樹はゆっくりと通過しました。

続いて倉ケ崎へ移動しました。

2号はいつもの線路東側、3号は倉ケ崎SL花畑の池で水鏡を撮影、移動をせずに限定HM正面狙いの4号に賭けます。

SL大樹4号は午後の日差しを浴びてゆっくりと坂道を登って来ました。

C11 207牽引SL大樹2020賀正HM
C11 207牽引SL大樹2020賀正HM posted by (C)jun Nikon Z6 AF-S70-200mmf/2.8G VR2

ここは6の標識が足回りに掛からないよう脚立に乗って撮影、周りに鉄が多かったので動画の音声は無線(ワイヤレスマイクロフォンNikon ME-W1)でマイクを離隔しました。

線路際にマイクを置いたので列車が近づかないと音を拾いませんでした。

さて倉ケ崎SL花畑といえば3.31までやっているイルミネーション。

5号は水鏡を撮影、6号の闇鉄に備えます。

今回は闇鉄リベンジということでNikon Z6にAF-S85mmf/4Gを用意しましたが、手前の区画のイルミネーションが断線で歯抜けになっていたので50mmf/1.8Gに切り替え1/60秒・f2.5に設定しサイドから軽く流すことにしました。

暗いのでAF-Cは厳しいのでAF-Sで置きピンし感度はISO20000上限に設定しました。

C11 207牽引SL大樹2020賀正HM
C11 207牽引SL大樹2020賀正HM posted by (C)jun Nikon Z6 AF-S50mmf/1.8G

車体が高感度ノイズで溶けることなく写っています。

C11 207牽引SL大樹2020賀正HM
C11 207牽引SL大樹2020賀正HM posted by (C)jun Nikon Z6 AF-S50mmf/1.8G
足回りの照明で動輪が浮かび上がって見えます。

C11 207牽引SL大樹2020賀正HM
C11 207牽引SL大樹2020賀正HM posted by (C)jun Nikon Z6 AF-S50mmf/1.8G

走り去る姿も美しいですね。

イルミネーションに照らされたC11 207撮影をなんとかリベンジすることが出来ました。

動画は前方と後方から2台のNikon D500で撮影してみました。

次行くときは動画はパンニングしようかな?

最後に動画です。

【C11 207】東武鉄道SL大樹【2020賀正】倉ケ崎SL花畑イルミネーション

2020年(令和2年)の正月限定の賀正ヘッドマークを掲出したC11 207牽引東武鉄道SL大樹の動画です。
新高徳~小佐越のS字カーブと倉ケ崎SL花畑周辺で撮影しました。
日没後の走行となるSL大樹6号は倉ケ崎SL花畑のイルミネーションの中を軽快に走り抜けました。
前段は賀正2020ヘッドマークのSL大樹、後段は通常版(行灯式)ヘッドマークのSL大樹の構成になっています。

倉ケ崎SL花畑イルミネーションが3.31まで、DE10 1099検査入場によるC11 207単機牽引が3.8までですのでまだまだ東武鬼怒川線沿線への通いは続きそうです。

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

【C11 207】東武鬼怒川線SL大樹【6050系】倉ケ崎SL花畑イルミネーション

ディーゼル機関車DE10 1099が検査入場中でC11 207が単機で客車を牽いている姿を撮影するため友人と東武鬼怒川線沿線に向かいました。

前回は夏季休暇中に訪問しましたが、今回は年末年始休暇で約4箇月ぶりのSL大樹撮影になります。

C11 207牽引SL大樹
C11 207牽引SL大樹 posted by (C)jun Nikon D500 DX35mm f/1.8G

新4号バイパス・宇都宮環状・R119経由で新高徳~小佐越のS字カーブへ向かいました。

(友人はなぜか下今市の出区は撮りたがらないのです)

現地には先着者が1名おり、三脚を見てみるとtwitterのフォロワーさんの名前が…

本人に会うのは初めてでしたが、SL大樹1号の通過まで楽しくお話をさせていただきました。

そこで聞いたのは倉ケ崎SL花畑でイルミネーションをやっていることでした。

それでは6号まで撮らないといけないねという話になりました。

C11 207牽引SL大樹
C11 207牽引SL大樹 posted by (C)jun Nikon Z6 70-200mmf/2.8G VR2

DE10の補機が付かないSL大樹はS字カーブをゆっくりと登っていきました。

ここでフォロワーさんと別れて2号は倉ケ崎の東側から狙います。

そしていつも迷う3号の撮影地は鬼怒川温泉駅手前の複線になるところ、4号は踏切を挟んで反対側にしました。

大した場所でないので写真は割愛します。

(動画でご覧ください。)

そして6号の撮影場所を確保するため倉ケ崎SL花畑へ向かいました。

そして5号は普段DE10が後補機についていてお目に掛かれない14系のテールサインを撮影しました。

SL大樹5号後追い
SL大樹5号後追い posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-70mm f/4S

ここで気づいたのはSL大樹HMが行灯式で光っていることです。

SL大樹6号通過は真っ暗なのでHMが白く飛ぶことになります。

またイルミネーションの話は現地で聞いたので明るいレンズを持ってきていませんでした。

(70-200㎜F2.8VR2だけでした。)

6号の動画はD500に16-80mm f/2.8-4Eで1/30秒・絞りf/4・FHD30pで対応する事にし、静止画はZ6に14-30mmf/4S(DXクロップ)で1/60秒絞り開放ISO32000上限で軽く流すことにしました。

C11 207牽引SL大樹
C11 207牽引SL大樹 posted by (C)jun Nikon Z6 14-30mm f/4S(DXクロップ)

軽く流してサイドのナンバープレートが読み取れたのがこれ1枚でした。

友人はD5に70-200㎜F2.8Eで正面がち1/400秒ISO40000で止めていました。

感度を上げ過ぎるとその分絵が溶けるのでどちらがいいか迷うところです。

この日はこのまま帰宅しましたが、リベンジしたいという友人のリクエストに応え翌日4号から再度撮影しました。

C11 207牽引SL大樹
C11 207牽引SL大樹 posted by (C)jun Nikon Z6 DX18-140mm f/3.5-5.6G 

C11 207牽引SL大樹
C11 207牽引SL大樹 posted by (C)jun Nikon Z6 DX18-140mm f/3.5-5.6G 

上が90mm、下が33mm相当(35mm換算)でちょうどいい長さのレンズがなかったのでD500(2号機)につけていた18-140mmを転用してみました。

本来なら24-120mmf/4Gでも持ってくれば良かったのでしょうけど…

煙で背後の那須連峰が隠れてしまったのが残念ですが、順光線でSL大樹4号を撮ることが出来ました。

このあと6050系の6000系リバイバル塗装車がやって来ました。

東武鉄道6050系(リバイバル塗装)
東武鉄道6050系(リバイバル塗装) posted by (C)jun Nikon D500 DX18-140mm f/3.5-5.6G

東武鉄道6050系(リバイバル塗装)
東武鉄道6050系(リバイバル塗装) posted by (C)jun Nikon D500 24-70mm f/2.8G

続いてSL大樹5号です。

SL大樹5号
SL大樹5号 posted by (C)jun Nikon D500 24-70mm f/2.8G

夕暮れ時の斜光線を浴びてSL大樹5号は通過しました。

午後6時ころ通過するSL大樹6号はZ6に50mmf/1.8GにするかD500にDX35mmf/1.8Gにするか迷いましたが被写界深度が稼げるD500で撮影することにしました。

C11 207
C11 207 posted by (C)jun Nikon D500 DX35mm f/1.8G

やっぱり真っ暗ですがISO5000になっていてかなり露出が稼げました。

Z6で50mmの方がよかったかなと思うも後の祭りでした。

最後に動画です。

【C11 207】東武鬼怒川線SL大樹【6050系】倉ケ崎SL花畑イルミネーション

DE10 1099が検査中のためC11 207が単独牽引しているSL大樹と東武鉄道鬼怒川線を走る列車たちの動画です。
6000系リバイバルカラーの6050系をはじめ東武特急スペーシア・リバティ・JR東日本253系1000番台・AIZUマウントエクスプレスなどが登場します。
また倉ケ崎SL花畑ではイルミネーションが点灯され「いっしょにイルミネーション」イベントを盛り上げていました。

動画はなんとかなりましたが、静止画の方はもう一度Z6に単焦点流しか正面撃ちF2.8ズームで高速シャッターか?

イルミネーションが3.31までなのでまた挑戦するかもしれません。

動画中に倉ケ崎SL花畑でおじさんが行ったり来たりしていますが、イルミネーションの配線が動物(足跡有り)か何かが原因で外れたりズレたりしてしまうのを直しているとの事でした。

倉ケ崎にイノシシはいないそうですが…

大きなネズミかな?

令和2年もよろしくお願いします。

 

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »