« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月27日 (金)

新京成80000形運用開始

新京成電鉄で14年ぶりとなる新型車両80000形が12月27日運用開始しました。

新京成の公式ホームページに80000形の運用が掲載されていたので朝練してきました。

初日の運用は平日720系統くぬぎ山~松戸~新津田沼~くぬぎ山となっており近くの北習志野が0759発となっていました。

新京成80000形

新京成80000形 posted by (C)jun Nikon D500 18-300mmVR

最近の新車ですので前面の行先表示がLEDとなっておりとりあえず1/400秒で撮ってみました。

写真のとおりLEDは崩れませんでした。(N800形は崩れます。)

また1/400秒では車体が止まらないので軽くズーム流ししながら撮影しています。

続いて新津田沼から戻ってきた電車を後追い撮影しました。

(正面向きは建物の陰で側面がマダラ状態でした。)

 

新京成80000形
新京成80000形 posted by (C)jun Nikon D500 18-300mmVR

運転席下はテールライトになっていました。

京成標準車両として3100形同等の車体を持ちますが、急行灯を使うことはなさそうです。

また今のところ京成千葉線への乗り入れはない模様です。

これから8000形を置き換えていくのか、8800形未更新車も含むのかまだわかりませんが新京成80000形のこれからの活躍を期待します。

| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

【C61 20】SL YOGISHA よこかわ号【12系客車】とC61 20SL夜汽車総集編

令和元年最後の夜汽車C61 20牽引12系客車SL YOGISHAよこかわ号を撮影してきたので紹介します。

 

C61 20牽引12系客車SL YOGISHAよこかわ号
C61 20牽引12系客車SL YOGISHAよこかわ号 posted by (C)jun Nikon Z6 AF-S85mm f/1.4G

C61 20は青森新製配置後仙台、青森、宮崎と転属し交流電化の進展とともに赤い電気機関車との交代劇を繰り返して来ましたが、EH500との競演もとてもよく似合っていました。

SL YOGISHA撮影のきっかけはC61 20復活後初の全般検査終了して最初の運用がSL YOGISHAみなかみ号でどうしてもC61が撮りたくて夜の沿線に出かけたのに始まり、かれこれ3年ほど夜汽車撮影にトライしていることになります。

今年はミラーレス一眼Nikon Z6を導入、長年使用したD700・D750を下取りに出して2台目のD500を導入しました。

また、闇鉄用にAF-S50mmf/1.8Gを多用していましたが、中望遠のAF-S85mmf/1.4G(中古)を導入しました。

85mmは水上でD500に付けるとちょうどいいのですが、今回はNikon Z6と組み合わせて使用してみました。

昨年のD51のSL YOGISHAよこかわ号は安中の鉄橋と安中発車を撮影しましたが、陣地変換をやめて安中撮影地に待機することにしました。

真岡鐵道のSLサンタトレインやSL大樹の単機運行をあきらめて午後1時過ぎに現地到着し一番乗りでした。

先着を目指したのはロケハンも兼ねており、下の写真の柵が見えるあたりに地下道がありその柵越しに135mmくらいで抜ける場所もありますが足場が斜めのコンクリートで不安定なのでやめましたが、昼間のSLぐんまよこかわ号などは一度撮ってみたい場所です。

(後ろからだと手前の障害物をかわせます)

また撮影でご一緒した方は真岡鐵道の撮影から流れて来ました。

EF64 1001牽引SL YOGISHA よこかわ号
EF64 1001牽引SL YOGISHA よこかわ号 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-70mm f/4S

下りはEF64 1001牽引で三脚は安中駅方向へ向けセッティングしていたのでZ6を使用し手持ち動画撮影ついでにレリーズしてみました。

これだとFHDの1920×1080になってしまい動画の挿絵くらいにしか使えませんね。

EL YOGISHAよこかわ号は安中で日没を迎えるダイヤでしたが、さすがにフルサイズだと薄暮も明るく写ります。

 

EH500-58安中駅構内機回し
EH500-58安中駅構内機回し posted by (C)jun Nikon Z6 AF-S85mm f/1.4G

今では貴重な車扱いの安中貨物、EF81からEH500に換わってもその魅力はあせません。

常磐線泉からやって来た安中貨物は一番手前の側線に入り、下り本線を通って高崎方向へ機回しされます。

ここでZ6のAF-Cを試しましたが、ヘッドライトに幻惑されAF追従が難しい状態でした。

これでSL YOGISHAよこかわ号は置きピン(AF-S半押し固定)に決定しました。

ミラーレスの置きピンはなぜかピントがズレるので何とかしてもらいたいところではあります。

C61 20牽引12系客車SL YOGISHAよこかわ号
C61 20牽引12系客車SL YOGISHAよこかわ号 posted by (C)jun Nikon Z6 AF-S85mm f/1.4G

D500とアルゴリズムが違うのかZ6はISO上限の51200まで簡単に上がってしまいます。

AEロックを避けたらヘッドライトの灯りでISO10000になっていました。

D500と比べると滑らかでノイズが少ないですが、感度が上がると甘い描写になってしまいます。

またフルサイズの中望遠で絞り値f2なので被写界深度が浅く、12系客車にピントが来ているように感じます。

多少絵が荒くてもAF追従するD500の方が闇鉄に向いているなと実感しました。

最後に動画です。

【C61 20】SL YOGISHA よこかわ号【12系客車】20191221

令和元年12月21日に運行されたC61 20牽引12系客車SL YOGISHA よこかわ号の動画です。
幻想的な夜汽車の走りをお楽しみください。
EF64 1001牽引EL YOGISHAよこかわ号、EH500牽引安中貨物到着・機回し、211系信越本線普通列車、C61 20牽引SL YOGISHA よこかわ号発車の構成になっています。

まだ限定公開中ですが、C61 20牽引のSL YOGISHAシリーズの総集編をまとめてみました。

【C61 20】SL YOGISHA 総集編【夜汽車】

C61 20が牽引するSL YOGISHAシリーズの動画総集編です。
C61 20+12系客車SL YOGISHAみなかみ号、C61 20+旧型客車SL YOGISHA碓氷号、C61 20+旧型客車SL YOGISHAみなかみ号、C61 20+12系客車SL YOGISHAよこかわ号が登場します。
暗闇を駆ける蒸気機関車、真っ白いドレインの中ヘッドライト輝かせ姿を見せる情景はとても幻想的です。
現代を走る復活蒸機C61 20夜汽車の走りをお楽しみください。

闇鉄は機材や環境光の制約からいろいろ難しいですが、夜汽車の情景・魅力は素晴らしいですのでこれからも撮影を挑戦していきたいと思います。

 

| | コメント (0)

2019年12月14日 (土)

蒸気機関車 令和元年(新しい時代へ) Steam Locomotive 2019 From early summer to winter

令和元年に撮影した蒸気機関車の動画総集編を編集・アップロードしたので紹介します。

 

C61 20旧型客車SL YOGISHAみなかみ号
C61 20旧型客車SL YOGISHAみなかみ号 posted by (C)jun Nikon D500 AF-S50mmf/1.8G

 

令和元年は5月1日に始まり、12月まで8か月間になります。

令和元年SL撮影は令和HMを掲出したC11 325真岡鐵道SLもおか号から始めました。

C11 325牽引SLもおか号令和HM日章旗付
C11 325牽引SLもおか号令和HM日章旗付 posted by (C)jun Nikon D500

続いて5月5日に青プレートのC58 363秩父鉄道SLパレオエクスプレスを撮影、

夏至の6月22日には旧型客車を牽引し現代を走る夜汽車C61 20上越線SL YOGISHA みなかみ号を撮影、

7月には昼間の上越線を走るC61 20牽引12系客車のSLぐんまみなかみ号や復活20周年を迎えたC57 180磐越西線SLばんえつ物語を撮影しました。

 

C57 180SLばんえつ物語20周年(五十島)
C57 180SLばんえつ物語20周年(五十島) posted by (C)jun Nikon Z6 70-200㎜F2.8VR2

特にSLばんえつ物語は初めての撮影となる五十島や動画では撮ったことがなかった日出谷のカーブでも撮影したほか、Nikon Z6を実践投入し、FX機として写真撮影に運用開始しました。

8月には、真夏の鬼怒川線走るC11 207東武鉄道SL大樹を撮影しましたが、9月~10月は台風15号、19号の水害等の影響で撮影が出来ませんでした。

11月は紅葉の秩父路を走るC58 363秩父鉄道SLパレオエクスプレスを撮影、12月は東武鉄道移籍が決まりラストランとなったC11 325真岡鐵道SLもおか号を撮影しました。

 

真岡鐵道C11 325ラスト・ラン@残念桜
真岡鐵道C11 325ラスト・ラン@残念桜 posted by (C)jun Nikon Z6 70-200㎜F2.8VR2

最後に動画をご覧ください。

蒸気機関車 令和元年(新しい時代へ) Steam Locomotive 2019 From early summer to winter

先に公開した蒸気機関車2019の動画は平成31年の乗車記録動画が長くカットしていたシーンや未収録であった列車も収録しています。

令和の世を駆ける蒸気機関車の力強り走りをお楽しみください。

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

蒸気機関車 2019(平成から令和へ)Steam Locomotive 2019

平成31年から令和元年にかけて撮影した蒸気機関車動画総集編を作成したので紹介します。

 

C57 180SLばんえつ物語20周年(日出谷)
C57 180SLばんえつ物語20周年(日出谷) posted by (C)jun Nikon Z6 70-200㎜F2.8VR2

2019年は4月30日までが平成31年、5月1日から元号変わり令和元年となりました。

2018年に炭水車の車軸不具合と中間検査B施工で1年ぶりに運行されたC57 180牽引SLばんえつ物語号を動画のサムネイルに選びました。

2019年は元旦からC58 363SLパレオエクスプレスを開始、復活30周年記念装飾のD51 498が牽引する信越本線SLぐんまよこかわ号やC56 44が牽引する大井川鐵道SLかわね路号、C11 325が牽引する真岡鐵道SLもおか号では乗車記録動画も撮影しました。

令和元年5月1日は令和HMを掲出したC11 325牽引真岡鐵道SLもおか号を撮影、C61 20牽引旧型客車の組み合わせでは初となるSL YOGISHAみなかみ号の闇鉄動画を撮影、7月には1年ぶりに運行再開したC57 180牽引磐越西線SLばんえつ物語を撮影、事後は台風15号・19号の災害対応などで3か月ほど撮影が空いて11月のC58 363牽引秩父鉄道SLパレオエクスプレス、12月1日ラストランとなったC11 325牽引真岡鐵道SLもおか号の撮影をしました。

続いて動画をご覧ください。

蒸気機関車 2019(平成から令和へ)Steam Locomotive 2019  

この動画に秩父鉄道C58 363、JR東日本高崎支社D51 498・C61 20、東武鉄道C11 207、大井川鐵道C56 44、真岡鐵道C11 325が登場します。平成31年は沿線で撮影した動画と乗車記録動画などを列車ごとに編集、令和元年は令和HMを掲出したC11 325牽引SLもおか号、C61 20+旧型客車SL YOGISHAみなかみ号、1年ぶりに運行を再開したSLばんえつ物語号、紅葉のパレオエクスプレス、真岡鐵道C11 325 Last Runなどを撮影日ごとに編集・収録しています。
汽車旅の車窓、蒸気機関車の力強い走りをお楽しみください。

なお、令和元年はあと3週間ほど残っていますので、令和元年に撮影した動画は後日編集してアップロードしたいと思います。

令和2年はC58 363が全般検査のためEL牽引となるほか、C11 325が真岡鐵道から東武鉄道へ移籍となります。

また高崎所属旧型客車リニューアルでニス塗り内装の復元やラウンジカーに改装が予定されています。

C11 325の東武鉄道での活躍を期待したいと思います。

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

惜別 真岡鐵道C11 325 Last Run 20191201

令和元年12月1日真岡鐵道における蒸気機関車C11 325の最終運行(ラストラン)が行われその雄姿を撮影してきました。

今年1月にSLもおか号に乗車した時、始発の下館駅の出発を撮れそうなところを見つけたので下館へ向かいました。

1月の乗車時に使ったコインパーキングに車を入れようと思いましたが、その近くに1日100円のコインパーキングを見つけてそちらへ駐車しました。

真岡駅で編成されたSLもおか号回送列車はDE10に牽かれ下館駅1番線に入線、その後真岡方向へ戻り側線に退避します。

そこでDE10を切り離し先行の普通列車発車後にSLもおか号は1番線に入線1035発車の流れになります。

その一連の流れを動画撮影しましたが、C11 325ラストランということもあり駅のホームの警備員がトラメガで「白線の内側へ下がってください。」とひたすら連呼するので公開動画には使えませんでした。

C11 325はリース風の飾りを煙室扉に取り付けLast Runと印字したヘッドマークを掲出していました。

最近の真岡鐵道のHMは赤富士風のありがとう平成マークや特急平和を模した令和マークなどなかなかいいデザインだと思います。

 

真岡鐵道C11 325ラスト・ラン@下館
真岡鐵道C11 325ラスト・ラン@下館 posted by (C)jun Nikon D500 18-300mmVR

こちらの写真は出発前の点検と言えばいいのでしょうか非公式側からドレインの蒸気が出ています。

こちらで一緒に撮影した人は大人の休日倶楽部のパスを使いこちらの撮影後は東北新幹線利用でSL銀河を撮影に行くとか?

車ではできない芸ですね。

SLばんえつ物語号クリスマストレインHMとSLもおか号C11 325ラストランどちらを撮るか迷ったそうです。

私は大人の休日倶楽部に年齢的には入会可能ですが、年会費を回収するほど出かけないので入会を迷っています。

さて下館で撮影後は北上して市塙を目指しました。

下りの撮影地といえば多田羅が人気ですが、人が多過ぎは苦手で動画の音声に神経を使うのでまったりと撮影できる市塙に行くことが多いです。

R294をひぐち駅付近から旧道に入ると白煙をたなびかせたC11 325と抜きつ抜かれつの並走が寺本駅付近まで続きました。

人気撮影地八木岡で撮影する集団よりは先に進みたかったのですが、八木岡の真岡線の跨線橋ではSL撮影後撤収する路上駐車車両に行く手を阻まれました。

撮影者は重連運転の時ほどではないのですが、全体的に車が多く流れが遅い感じでした。

ラストランということで撮り鉄より一般人の撮影者が多かったのかもしれません。

市塙には発車25分前に到着、先着者の後ろから撮影させてもらうことにしました。

 

真岡鐵道C11 325ラスト・ラン@市塙
真岡鐵道C11 325ラスト・ラン@市塙 posted by (C)jun Nikon Z6 70-200㎜F2.8VR2

上り列車と交換し、盛大な黒煙とドレインを吐き出しC11 325は25/1000‰の勾配に挑みます。

下り6001レの撮影はここで終了し、上り6002レの撮影橋所へ移動します。

国道はかなり車が多くなかなか先へ進めませんでしたが、有料撮影地近傍の駐車帯が空いていたので上り列車一発目は有料撮影地とします。

HM狙いの正面撃ちポジションはほとんど埋まっていて上段の俯瞰ポイントに入れてもらいました。

 

真岡鐵道C11 325ラスト・ラン@残念桜
真岡鐵道C11 325ラスト・ラン@残念桜 posted by (C)jun Nikon Z6 70-200㎜F2.8VR2

C11 325は豪快なドラフト音で25/1000‰の急勾配を登っていきました。

この雄姿も見納めかと思うと残念でなりません。

続いて八木岡を目指します。

いつも西田井~北真岡間にあるR294の踏切で渋滞にはまるのでそこを避けて北真岡の踏切から八木岡入りしました。

こちらも駐車車両が多く少し離れた場所に車を停めましたが、最後は動画に専念しR294の陸橋から北関東道手前の踏切までパンニングしてみました。

こちらでC11 325ラストランの撮影を終了しました。

最後に動画です。

 

惜別 真岡鐵道C11 325 Last Run 20191201

下館、市塙、八木岡ではNikon1 V2に10-100mmPD ZOOMを使用し動画用三脚・雲台を使用したパンニング・ズームアウトを組み合わせ、茂木~天矢場の急勾配ではNikon D500に70-300mmEを使用してより迫力のあるドラフト音を収録しました。

真岡鐵道C11 325 Last Runの雄姿をご覧ください。

真岡鐵道では21年1月間走り抜けたC11 325、真岡駅で展示されていた時は戦時型のかまぼこドームにシールドビーム1灯の現役最後の姿でした。

復元にあたり標準的なドーム、LP42の姿となりました。

復活を心待ちしていたころから、引退まで見てきたことになりますが、同じ栃木県内の東武鉄道へ譲渡されることになりました。

令和2年に大宮で中間検査の施工後、東武鉄道へ転籍する模様です。

東武鬼怒川線は今より少し遠くなりますが、新天地の活躍を祈念し今後の活躍を見守りたいと思います。

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »