« 2019年8月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月26日 (火)

【キハ28】国鉄型気動車晩秋のいすみ鉄道【キハ52】(急行犬吠HM付)20191124

国鉄型気動車キハ28 2346+キハ52 125が走るいすみ鉄道、キハ52 125復活以来何度も足を運び撮り尽くした感がありしばらくご無沙汰していました。

しかし鳥塚前社長のクラウドファンディングの呼びかけに国鉄標準色(ツートンカラー)に戻されたキハ52 125を現在の機材や撮影技法で撮影したくなり晩秋の南房総を訪ねてみました。

 

いすみ鉄道キハ28+キハ52普通列車104D
いすみ鉄道キハ28+キハ52普通列車104D posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-70mmf/4S

従来のダイヤだと朝8時台の快速で大多喜から大原へ向かい急行が3往復するダイヤでしたが、国鉄型気動車の老朽化が進み今春より1日2往復に減らされました。

また大多喜始発1150急行2号からなので遅く起きた朝でも間に合うようになりました。

台風15号同19号の影響により通行止めなどの規制がかかっていることから船橋の自宅からVICS情報に基づくカーナビの指示に従い大多喜へ向かいます。

急行2号発車15分前に大多喜に到着し、HMが急行犬吠と確認しましたが、駅前が混雑していたのでそのまま新田野の築堤へ向かいました。

 

いすみ鉄道急行2号(キハ28+キハ52)
いすみ鉄道急行2号(キハ28+キハ52) posted by (C)jun Nikon Z6 AF-S 80-400mmf/4.5-5.6G

DMH17のエンジン音を響かせながら国鉄型気動車は緩やかに勾配を登っていきました。

ここでは動画を35mm換算480mmの超望遠で狙ってみました。

続いての急行1号は止まれみよの踏切にしました。

いすみ鉄道急行1号
いすみ鉄道急行1号 posted by (C)jun Nikon Z6 AF-S 24-120mmf/4G
 

動画はここでパンニングしたかったのですが、内側に撮影者が現れたので前後2台のカメラで対応しました。

続いては東総元の桜カーブへ向かいました。

桜カーブの久我原寄りポジションは立ち入り禁止となっており、やむを得ず久我原~総元へ転戦しました。

途中、道に迷いぎりぎりの到着となり、三脚セッティング中に列車が来てしまい、Nikon Z6で手持ち動画となってしまいました。

次は桜カーブか小谷松の銀杏か迷いましたが、秋なので小谷松へ向かいました。

写真は冒頭のとおりです。

大多喜の停車時間を活用し、国吉駅の交換を撮影することにしました。

ホームではいすみ鉄道応援団の方々が雑談をしています。

ここでいすみ352と急行4号の交換を撮影したのち西大原のカーブで急行3号を撮影し気動車急行の撮影は終了しました。

細部は動画を参照してください。

時刻表を確認すると先ほどのいすみ352が小谷松で撮影できそうなので戻ることにしました。

 

いすみ鉄道いすみ352普通列車68D
いすみ鉄道いすみ352普通列車68D posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-70mmf/4S

生憎の曇り空で露出もぎりぎり、開放絞りで少しシャッター速度を上げ過ぎてしまいました。

FXであるNikon Z6この条件でも被写界深度は本当に浅いです。

銀杏の葉もまだ黄色くなる余地がありそうなのでリベンジするか迷うところです。

最後に動画です。

【キハ28】国鉄型気動車晩秋のいすみ鉄道【キハ52】(急行犬吠HM付)20191124

日本の原風景ともいえる晩秋のいすみ鉄道を国鉄型気動車キハ28+キハ52が走る動画です。
急行犬吠HMがキハ28 2346に取り付けられていました。
また国鉄型気動車の顔を持ついすみ351、352も名わき役として登場します。

秋遅い南房総の旅をお楽しみください。

| | コメント (0)

2019年11月19日 (火)

【C58 363】晩秋のパレオエクスプレス【青プレート】20191117

令和元年11月17日晩秋の秩父路を駆けるC58 363牽引SLパレオエクスプレスを撮影してきたので紹介します。

今秋は台風15号、19号などによる自然災害発生の影響で勤務が不規則となり、3か月ぶりの撮り鉄となりました。

SLパレオエクスプレスの牽引機C58 363は来年全般検査を控えており、来年はEL代走がアナウンスされ紅葉をC58 363の雄姿を収めるべく秩父へ向かいました。

 

 

SLパレオエクスプレス@安谷橋
SLパレオエクスプレス@安谷橋 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-70mmf/4S

さていつものとおり広瀬川原の車両基地を訪問してみました。

移動経路の選定ミスがあり、入換え客車連結まで時間の余裕がありませんでした。

 

C58 363青プレート
C58 363青プレート posted by (C)jun Nikon D500 AF-S16-80mmf/4E

C58 363は青色(水色)ナンバープレートに埼玉県立小鹿野高等学校とのコラボイベント「地域も心も照らす 小鹿野高校SL竹あかり号」HMを掲出していました。

この後はふかや花園~小前田

撮影地へ向かいました。

広瀬川原で長居したこともあり、撮影地到着直後にやって来た貨物列車を撮り損ねてしまいました。

SLパレオエクスプレス
SLパレオエクスプレス posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-70mmf/4S

今回は走行写真は基本的にNikon Z6、走行シーン動画はNikon D500を使用しています。

前者はFXの画質で撮りたかった・シャッター音低減で動画に配慮、後者はD500は音声を広域帯を選ぶことにより迫力のあるドラフト音を録音できるからです。

かつてこちらの撮影地は4種踏切が有り、センサーによる踏切警告音声が鳴るので以前は前方の木の陰から撮影していました。

しかしここの4種踏切は廃止されて気になる音声が流れなくなったので旧踏切付近で撮影してみました。

この後はR140・皆野寄居バイパス経由で安谷橋へ向かいました。

有料のバイパスは普通車430円に料金改定となりましたが、R140の行楽渋滞を避けるには有効な手段です。

荒川の対岸を走り影森付近に進みました。

安谷橋の撮影は冒頭の添付写真のとおりで逆光線が厳しいですが、紅葉が見ごろでした。

上りパレオの撮影は白久~武州日野のカーブから始めました。

SLパレオエクスプレス
SLパレオエクスプレス posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-70mmf/4S

写真のとおり線路沿いにPC枕木が並べられていました。

まあ、これは記録程度の写真ですが、動画用のドラフト音を録るのが目的であります。

帰り道は荒川対岸の県道を進みましたが、渋滞を避けた観光バスが行く手を塞ぎます。

上り2発目の撮影を親鼻の鉄橋でと考えていましたが、川下り送迎用のマイクロバス以外荒川の河原に進入禁止となっており野上~樋口で動画のみ撮影することにしました。

下りでは正面に日が回る有名な撮影地ですが、動画でパンニングしてみました。

有料バイパスを通らなかったせいか上りパレオエクスプレスには追い付かないことが分かったのでここで撮影を切り上げ帰途に就きました。

最後に動画です。

 

【C58 363】晩秋のパレオエクスプレス【青プレート】20191117

広瀬川原ではNikon V2、その他はNikon D500で録画しました。

晩秋の秩父鉄道を走るC58 363・SLパレオエクスプレスの走りをお楽しみください。

来年の全般検査でC58 363の雄姿はしばしのお別れとなりそうです。

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年12月 »