« 2019年7月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年8月

2019年8月17日 (土)

【C11 207】雨のSL大樹【東武鬼怒川線】20190816(Nikon Z6試写)

8月16日東武鉄道鬼怒川線SL大樹を撮影してきたので紹介します。

台風の影響で午前中が雨の予報でしたが、知人と久しぶりの撮影であり現地へ向かいました。

SL大樹1号は定番の新高徳~小佐越のS字カーブです。

静止画はNikon Z6、動画はD500を使用しました。

SL大樹1号(縦)
SL大樹1号(縦) posted by (C)jun Nikon Z6 80-400mm

 

SL大樹1号
SL大樹1号 posted by (C)jun Nikon Z6 80-400mm

動画は三脚固定ですが、静止画は手持ちで撮影しました。

レンズの焦点距離も丁度良かったのですが、レインカバーを付けていたのでワイド側へ引ききれず中途半端な位置でシャッターを切ることになってしまいました。

続いてSL大樹2号の撮影は大谷向~大桑へ向かいました。

 

SL大樹2号
SL大樹2号 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-70mm f/4

2月にSL大樹に乗車&撮影した時は工事中でしたが、架線柱が両側から片側(東側)になっていました。

線路の反対側は向日葵が咲いており、倉ケ崎SL花畑プロジェクトという看板が設置されていました。

ここは下今市方向へ向けて15/1000の勾配となっており上り向けの撮影地になりそうです。

SL大樹3号は鬼怒川の鉄橋を渡るところを狙ってみました。

 

SL大樹3号
SL大樹3号 posted by (C)jun Nikon Z6 80-400mm

こちらは後ろの道路橋をいかに隠すがポイントとなりそうです。

新高徳駅手前ということもあってかなりゆっくりと通過しました。

この後は食事休憩を取り、SL大樹4号を狙います。

 

SL大樹4号
SL大樹4号 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-70mm f/4

振り返ると向日葵が咲いています。

SL大樹4号
SL大樹4号 posted by (C)jun Nikon Z6 Z24-70mm f/4

ここで痛恨のミスをして鬼怒川温泉方向の動画用カメラの録画ボタンの押し忘れ意気消沈でしたが、知人の翌日のスケジュールの関係もありここで撮影を終了しました。

Nikon Z6試写としては今のところ問題なく使えています。

(連写中にEVFがコマ送りになるのはファームアップで改善してほしいです)

最後に動画です。

 

【C11 207】雨のSL大樹【東武鬼怒川線】20190816

今回の動画はほとんどNikon D500を使用しています。(SL大樹4号はNikon 1 V3)

夏のSLなので煙はスカですが、ドラフト音の力強さが東武鬼怒川線の線形の厳しさを物語っている思います。

また東武特急スペーシア(100系)、リバティ(500系)、AIZUマウントエクスプレス(AT-700形/AT-750形)、普通列車6050系も登場します。

単線区間の東武鬼怒川線もいろいろな列車が入ってくるので飽きないですね。

次の季節にまた再訪したいと思います。

| | コメント (0)

2019年8月 1日 (木)

【C57 180】磐越西線臨時快速SLばんえつ物語【20周年】20190728

蒸気機関車C57 180が昨年7月の炭水車の車軸トラブルから運用を外れ大宮での中間検査Bを経て1年ぶりに磐越西線に戻って来ました。

その雄姿を追い沿線で撮影しましたので紹介します。

C57 180の運行再開は7月27日からですが、私は復活2日目の7月28日に撮影しました。

台風は温帯低気圧に変わり大雨の関越道を新津へ向かいました。

車だと給油のタイミングの問題があり新津IC出口にあるエネオスで給油し新津駅へ、7時30分頃の到着でC57 180は蔵の中でした。

昨年のデータだと8時30分頃機回しして客車に連結しますが、そのまま五十島の撮影地へ向かいました。

早出川の鉄橋で撮影後に磐越道に乗るとちょうど五十島の鉄橋辺りで爆煙のSLばんえつ物語を追い抜きますが、五十島で実際に撮影するのはこれが初めてでした。(ロケハンは何度かしています)

天候は雨が降ったりやんだりでしたが、SL通過頃には晴れ間が見えてきました。

C57 180SLばんえつ物語20周年(五十島)
C57 180SLばんえつ物語20周年(五十島) posted by (C)jun Nikon Z6 FTZ AF-S70-200mmf/2.8G VR2

今回はミラーレスのNikon Z6を実戦投入してみました。

被写界深度の問題もあるので置きピンではなくAF-C ダイナミックAFで撮影しましたが、問題なくAF追従しています。

またシャッター音が小さいので隣で動画を撮影してもあまり気にならないのはいいところです。

今回は爆煙でしたが、初日はスカでもう少し手前で煙が途絶えたそうです。

ここは背景の電柱や構造物を列車で隠すかが決め手になります。

続いてR49を東へ日出谷~鹿瀬のカーブ(平瀬)へ向かいました。

阿賀野川当麻橋梁から平瀬(びょうせ)集落に向かうカーブは下りが有名ですが、上りもカメラをパンニングしながら動画撮影をしてみました。

日出谷での動画撮影はC61ばんえつ物語で撮影したのみで昨年6月に訪問した時は工事中で断念、やっとチャンスが巡って来ました。

この後は荻野~山都のS字カーブで動画のみ撮影後、山都の鉄橋で写真撮影しました。

 

C57 180SLばんえつ物語20周年(山都)
C57 180SLばんえつ物語20周年(山都) posted by (C)jun Nikon D500 16-80mm f/4

あまり時間がなかったのでD500でそのまま手持ち撮影しました。

動画は昨年Nikon1 V3のAF-Fで煙にAFが騙されピンボケになったのでAF-Sで置きピン対応のリベンジとなりました。

気温も上がり暑くなってきたので山都蕎麦でも食べようかと思いましたが、駐車場が満車で断念しました。

今回の撮影目的地はあくまでも五十島と日出谷での動画撮影なのでこの後は日出谷へ向かいました。

 

C57 180SLばんえつ物語20周年(日出谷)
C57 180SLばんえつ物語20周年(日出谷) posted by (C)jun Nikon Z6 FTZ AF-S70-200mmf/2.8G VR2(DXクロップ)

FXのカメラに200mmは短すぎたのでDXクロップしました。

本来なら80-400mmでも持ってくればよかったのですが後の祭りです。

この後は峠道を走って鹿瀬へ抜けましたが、後ろから煽られながら峠道を走るのは危ないので多少遠回りでも川沿いに進んだ方がいいなと思いました。

津川の停車時間でSLを追い抜くと三川の発車や馬下~猿和田などに間に合いますが、田んぼのあぜ道に車を停める場所も見当たらないので早出川の鉄橋で後追い動画撮影をして撮影を終了しました。

最後に動画です。

【C57 180】磐越西線臨時快速SLばんえつ物語【20周年】20190728

運転開始20周年を迎えたC57 180牽引臨時快速SLばんえつ物語の動画です。
風光明媚な夏の磐越西線をドラフト音と汽笛を響かせ復活20周年の蒸気機関車C57 180が力強く走り抜けます。
今回は今まで動画を撮影していなかった爆煙撮影ポイント五十島、日出谷のカーブを中心に撮影しました。
国鉄急行色や新潟色のキハ47、キハ110系快速あがの号の姿も併せてご覧ください。

さて今まで磐越西線で撮影したSLばんえつ物語総集編動画を今回撮影分を加えてバージョンアップしてみました。

 

【C57 180】臨時快速SLばんえつ物語【磐越西線】(平成から令和へ)

2014年から2019年にかけて撮影したC57 180牽引SLばんえつ物語の動画総集編です。
森と水とロマンの鉄道 磐越西線、ロケーションが素晴らしくまだまだ撮影したい場所が沢山ありますが次の課題にしたいと思います。

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年11月 »