« 雨の箱根登山鉄道(モハ1形+モハ2形乗車編) | トップページ | 検見川浜のにゃんこ »

2015年2月23日 (月)

谷津干潟の野鳥たち(V2+FT1+A005)

千葉県習志野市にある谷津干潟は希少な渡り鳥の生息地で、ラムサール条約に登録されています。

せっかくなのでニコワンV2にFT1とA005(タムロン70-300mmF4-5.6)を付けて35mm換算189mm-810mmの超望遠の世界を楽しんでみました。

この日は野鳥保護団体が干潟で作業をしており、近くに水鳥の姿を見つけることができませんでした。

やむなく、雀を撮ってみました。

すずめ
すずめ posted by (C)jun Nikon1V2 FT1 70-300mmF4-5.6

ちょっとボケが汚いですね。

ファームアップで中央1点ながらAF-Cに対応したので格段に撮りやすくなりました。

すずめ

すずめ posted by (C)jun Nikon1V2 FT1 70-300mmF4-5.6

さて谷津干潟野鳥観察センターから更に西側へ行くと水鳥達がお食事中でした。

カモ@谷津干潟
カモ@谷津干潟 posted by (C)jun Nikon1V2 FT1 70-300mmF4-5.6

カモ@谷津干潟
カモ@谷津干潟 posted by (C)jun Nikon1V2 FT1 70-300mmF4-5.6

正直、野鳥の種類はわかりませんが、お手軽に超望遠の世界を楽しめるFT1+望遠レンズの超望遠の世界はなかなかおもしろかったです。

遠くから撮影するので鳥たちに警戒されないのもいいです。

但し、明るい日でないとまともに写らないと実感しました。

合焦しないカットもかなりありましたので、やっぱり1NIKKOR VR70-300mmが欲しくなってしまうのでした。

|

« 雨の箱根登山鉄道(モハ1形+モハ2形乗車編) | トップページ | 検見川浜のにゃんこ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷津干潟の野鳥たち(V2+FT1+A005):

« 雨の箱根登山鉄道(モハ1形+モハ2形乗車編) | トップページ | 検見川浜のにゃんこ »