« 根府川(白糸川橋梁) | トップページ | C6120牽引EL&SLみなかみ物語号 »

2014年10月 6日 (月)

583系沼田団臨回送

中間検査を出場し、不具合発生で大宮工場送りになっていたC6120。

その久々の走行シーンを撮影しようと思い立ちましたが、今回の運用は茶色にリニューアルされたSLばんえつ物語号用の客車とEL区間のあるEL&SLみなかみ物語号。

いつもの一般道回りではなく、関越道を利用して早めに現着することにしました。

また、撮影地は651系の運用も始まった八木原のアウトカーブに決めて午前5時に到着するも、先客がいたのでした。

ここは隣のセメント工場の駐車場に止まっているタンクローリーの処理が面倒なのですが、列車本数を優先しました。

とりあえず、撮影場所を確保した頃、脚立を持った青年が現れます。

583系の沼田団臨の回送列車が、ほぼわくわくドリームのスジでやって来るとのこと。

日の出前の薄暮の時間ですが、狙わないわけにはいきません。

211969943_org
583系沼田団臨回送 D7000 18-300mmVR

結構、厳しい条件でしたが、高感度番長のD700と70-200mmVR2の組み合わせで何とか撮影することができました。

いつもの6時現着では撮れない列車なので、早めに到着してよかったです。

思わぬ収穫でした。

その一つ前の貨物列車。

211985112_org
EH200-8夜明け前の貨物列車 D700 70-200mmVR2

かなり厳しいですが、何とかナンバーは読みとれました。

さて、SLを待つ間に撮影した車両たち

212051222_org
上越線115系4連 D700 70-200mmVR2

下りは4連が最長でした。

いつも、上りの6連を撮り損ねてしまいます。

211985189_org
651系1000番台 D700 70-200mmVR2

高崎線の新しい顔になった651系1000番台、オレンジの帯が追加されましたが、スーパーひたちで登場したときの流麗なボディは健在でした。

さて、SLを待つ間に次々と追っかけ組の人がやって来ました。

EL区間での追っかけが可能なダイヤみたいです。

続く

|

« 根府川(白糸川橋梁) | トップページ | C6120牽引EL&SLみなかみ物語号 »

鉄道」カテゴリの記事

ローカル線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 583系沼田団臨回送:

« 根府川(白糸川橋梁) | トップページ | C6120牽引EL&SLみなかみ物語号 »