« DD51重連北斗星撮影の旅 五稜郭・函館編 | トップページ | DD51重連北斗星撮影の旅 室蘭本線編 »

2014年9月24日 (水)

DD51重連北斗星撮影の旅 急行はまなす乗車編

スーパー北斗18号撮影後はしばらく待ちの時間が続きます。

モバイルブースターでスマートフォンを充電したりしながら、急行はまなす入線の0044まで待ちます。

211135472_org
201レ急行はまなす D7000 18-300mmVR

こちらはDD51を連結した札幌側です。

211135598_org
ED79 18牽引201レ急行はまなす D7000 18-300mmVR

このED79 18は帰りの2レ寝台特急北斗星でお世話になることになりますが、この時はまだ知るよしもありませんでした。

211135527_org
急行はまなすの14系客車 D7000 18-300mmVR

結構、14系客車はくたびれていました。

211135432_org
DD51とスハフ14 D7000 18-300mmVR

14系客車(座席車)に乗るのは臨時急行八甲田以来かな?

211135418_org
急行はまなすの字幕 D7000 18-300mmVR

211135409_org
行き先表示とオハ14 504 D7000 18-300mmVR

211135425_org
オハ14 504 D7000 18-300mmVR

急行はまなすに乗車してみて感心したのは、座席車に関しては電源車が自由席、それ以外が指定席であり、せっかく指定を取ったのにうるさい電源車ではないということでしょうか?

臨時銀河、八甲田、津軽などでいつも指定を取ったばかりにスハフ14に当たったものいい思い出ですが…

急行はまなす(函館~東室蘭乗車編) Coolpix S9100

さて、0123、201レ急行はまなすは短い汽笛と共に静かに函館を発車しました。

201レ急行はまなすは函館の夜景を背に大沼へ向けて少しずつ勾配を登って行きます。

ここから眺める函館の街灯りはいつ見ても最高です。

さて、今回の旅の目的はDD51重連北斗星の非電化区間での撮影です。

当初は静狩駅から近い長万部~静狩のR37クロスか長万部よりのS字カーブを考えていました。

ところが、長万部に近づくにつれ、雨足が強くなってきました。

0308に長万部を下車して雨の中、撮影地に向かうのも辛いので、東室蘭まで乗車することにしました。

車内の灯りに照らされた沿線をロケハンしながら、東室蘭へと進みました。

211135395_org
201レ急行はまなす東室蘭発車 D7000 18-300mmVR

0415、東室蘭到着、私は下車して急行はまなすを見送りました。

続く

|

« DD51重連北斗星撮影の旅 五稜郭・函館編 | トップページ | DD51重連北斗星撮影の旅 室蘭本線編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

電気機関車」カテゴリの記事

ディーゼル機関車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DD51重連北斗星撮影の旅 急行はまなす乗車編:

« DD51重連北斗星撮影の旅 五稜郭・函館編 | トップページ | DD51重連北斗星撮影の旅 室蘭本線編 »