« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月27日 (日)

9021レ臨時寝台特急あけぼの号@上野

品川まで京急に乗車した後は、山手線で上野駅を目指しました。

お目当ては、4月25日から運行された9021レ臨時寝台特急あけぼの号です。

202245815_org

13番線の発車案内 D7000 18-300mmVR

久しぶりにあけぼのの文字が表示されていました。

発車時刻が定期時代より若干遅くなっています。

期待を胸に階段を降りていきました。

まずは先頭から

202245692_org

EF641031【長岡】 D7000 18-300mmVR

ホームの柱にはタイガーロープが張られ、少し離れての撮影になりました。

機関車の先頭部分にはファンの姿があふれており、縦位置で切り取るように撮影をしました。

202257623_org

連結部 D7000 18-300mmVR

後ろにE657系の姿が見えます。

以前、このアングルで北斗星を撮った時に見かけた185系の姿はもうありません。

202245798_org

テールサイン D7000 18-300mmVR

寝台特急の流れ星マークもあけぼのと北斗星だけになってしまいました。

202257484_org

特急あけぼの青森行きの字幕 D7000 18-300mmVR

202257573_org_2

オハネ24 49 D7000 18-300mmVR

白帯車のオハネ24が混ざっていました。

202256581_org

あけぼの号の最後尾 D7000 18-300mmVR

定期時代末期はレディースゴロントで男子禁制だった1号車。

臨時化で解禁されたためか、簡易展望車状態になっていました。

車両さん、車掌室から出られるのかな?

定期列車最終便を牽引したEF641031と1052号機が臨時あけぼの号の第1弾として走り始めた夜でした。

翌朝はニコニコ超会議臨やえちごの春の夜空号と臨時あけぼの号が狙えたのですが、さすがに仕事の疲れがとれず、起きることができませんでした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急600形601編成

毎週末に利用している京浜急行。

今回は600形601編成が当たりました。

金沢文庫で前に4両増結する品川行き快特でした。

終着駅品川にて

202245602_org

600形601編成@品川 D7000 18-300mmVR

そして、隣には快特ウィングが発車待ちしていました。

202245613_org

2100形2125編成快特ウィング号 D7000 18-300mmVR

座席定員制の快特ウィング号、ビール片手のサラリーマンが沢山乗っていました。

今週もお疲れ様でした。

ところで、黄色い京急の詳細が明らかになりました。

「KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN」(京急イエローハッピートレイン)だそうです。

http://www.keikyu.co.jp/company/20140425HP_14020AM.pdf

5月1日から3年間運行するそうです。

また、特定編成が増えてしまいました。

2011編成とブルスカ2編成、デト11、12を撮ったばかりなのに…

幸せの黄色い電車は、デトに由来しているとか???

(詳しくはPDF参照)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月22日 (火)

江ノ電と夕景その2

残照の中を走る江ノ電です。

Eer1052_2

残照と江ノ電1000形 D7000 18-300mmVR

夕日は雲に隠れ、辺りは夕闇に包まれました。

赤く染まった空にパンタグラフが浮かびます。

これ以上の撮影は困難なので稲村ヶ崎から鎌倉行きの江ノ電に乗り込みました。

この電車、極楽寺で後ろ2両を切り離して2両編成になりました。

夕方のラッシュアワー、2両編成で大丈夫なのかな?

Eer1201kamakura

鎌倉駅を発車する2両編成の1200形 D7000 18-300mmVR

藤沢へ向けて発車する江ノ電1200形2連、スローシャッターになったので軽くズーム流ししてみました。

小さな車体と連接車、吊り掛け車とカルダン車や抵抗制御と最新のVVVF車までいろいろな組み合わせのバリエーションで走る江ノ電。

冬場の富士との組み合わせを取り損ねてしまいましたが、魅力ある路線なのでまた再訪したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江ノ電と夕景@稲村ヶ崎

続いて稲村ヶ崎~七里ヶ浜を走る江ノ電と夕景です。

Eer50

江ノ電10形 D7000 18-300mmVR

西日を背にしてレトロ調の10形がやってきました。

オリエントエクスプレスのような塗装はちょっとやりすぎ感があります。

Eer1101

1100形 スキップえのんくん号 D7000 18-300mmVR

ラッピング車のスキップえのんくん号の反対側は…

Eer1552

嵐電カラーの1500形 D7000 18-300mmVR

嵐電カラーもなかなかシブイ1500形でした。

D7k_2215

夕日と線路  D7000 18-300mmVR

空もだんだん赤く染まり始めました。

Eer2053

夕日と江ノ電 D7000 18-300mmVR

明治製菓ラッピングの2000形が夕日を背にしてやってきました。

これが300形ならなお嬉しかったのですが…

Eer2002moon_2

月と江ノ電 D7000 18-300mmVR

反対側の東の空には月が昇り始めました。

Eer2002cocacola

2000形コカコーラ広告車 D7000 18-300mmVR

夕日を浴びた江ノ電はこの電車が最後になりました。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江ノ電の古豪300形@七里ヶ浜

さて、稲村ヶ崎を目指していた私ですが、間違えて七里ヶ浜で下車してしまいました。

そのまま帰るのも何なんで、七里ヶ浜が見える場所まで歩いて見ることにしました。

すると…

Eer305

江ノ電300形305編成 D7000 18-300mmVR

午後の日差しを浴びて300形がやってきました。

Eer355

西日と江ノ電 D7000 18-300mmVR

300形と2000形の江ノ電は軽やかに走り去りました。

稲村ヶ崎駅から歩く撮影地よりも海が入れにくいなと思って、そのまま駅に戻ることにしましたが…

この信号機があるカーブは富士山と江ノ電が組み合わせて撮れるカーブだということに帰ってから気付きました。

もっとよくロケハンしないとだめですね…

さて、江ノ電の線路の上には鳶がたくさん飛んでいました。

Photo

とんび D7000 18-300mmVR

こんな写真が気楽に撮れるのも、軽いD7000とDXフォーマットの高倍率ズーム18-300mmVRの組み合わせのおかげでしょう。

27mm~450mm相当の画角を1本のレンズで撮影でき、カメラでレンズの歪曲補正ができるのでなかなか快適です。

車移動ならFX機のD700に70-200mmF2.8VR2や80-400mmF4.5-5.6GVRなど重い機材を持って行きますが…

さて、七里ヶ浜から江ノ電に乗り、稲村ヶ崎へ移動しました。

Eer501

江ノ電500形 D7000 18-300mmVR

江ノ電には少数ですがいろいろな形式が走っていて飽きません。

さて、1月に撮影した海が見えるカーブへたどり着きました。

D7k_2192s

七里ヶ浜夕景 D7000 18-300mmVR

太陽がどうしても入るポジションで高倍率ズームの短いフードではちょっときつくてゴーストが入ってしまいます。

でも雰囲気はいいのでそのまま待つことにしました。

いつかはナノクリレンズで挑戦したい場所です。

続く

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江ノ電と吊り掛けモーター@鎌倉高校前

京急の撮影の後は、新逗子・鎌倉経由で江ノ電に乗車してみました。

1月に訪問したときは、カルダン車ばかりが当たったのですが、今回は久しぶりに吊り掛けモーター車に乗車することができました。

江ノ電では1200形以前の車両は吊り掛けモーター車、1500形以降はカルダン車となっているそうです。

車内には外人を含む観光客があふれていて海沿いを走る観光鉄道というのを再認識させられます。

さて、鎌倉高校前駅で下車してみました。

Eer1052

江ノ電1000形 D7000 18-300mmVR

おなじみの鎌倉高校前駅に停車中の江ノ電1000形、せっかくなのでD7000の動画機能を生かして録画してみることにしました。

江ノ電1000形鎌倉高校前発車 D7000 18-300mmVR

昔懐かしい吊り掛けモーターのグワ~ンというサウンドを響かせながら江ノ電は発車していきました。

ちょっと風の音がうるさいです。

外付けマイクME-1を忘れたのは失敗でした。

Eer2002_2

鎌倉高校前駅に停車中の江ノ電2000形 D7000 18-300mmVR

 

江ノ電2000形@鎌倉高校前 D7000 18-300mmVR

続いて腰越方向へ発車する2000形です。

こちら側は順光でしたが、踏切の音が少しうるさいです。

Eer1051

鎌倉高校前駅に停車中の江ノ電1200形 D7000 18-300mmVR

続いて、鎌倉方面に吊り掛け車の1200形がやってきました。

以前から撮りたかった稲村ヶ崎~七里ヶ浜の海が見えるカーブに向かうために江ノ電に乗り込みました。

先頭から車窓を眺めていると、運転席後部にちょうどいい高さの台?があったので、そこにD7000を置いて前方展望を撮ってみることにしました。

 

江ノ電1200形前面展望@峰ヶ原信号場~七里ヶ浜

もうちょっと早く気付けば良かったのですが、海沿いを走る前面展望が少しだけ録画できました。

このような用途ではNikon1 V1を使うことが多かったのですが、写真の質的にはD7000が勝っており、720の30pならば動画撮影としてはとりあえず必要十分ではないかと思いました。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月21日 (月)

京急2000形2011編成リバイバル塗装車

最後は2000形2011編成リバイバル塗装車です。

Kq2011f

2000形2011編成リバイバル塗装車 D7000 18-300mmVR

Kq2018

同上 

やっと姿を見せてくれた2000形2011編成リバイバル塗装車。

2000形登場時の2ドア集団見合い式クロスシート時代のリバイバル塗装です。

やっぱり、こちらの塗装の方がよく似合います。

続いて一般塗装の2000形

Kq2051f

2000形2051編成 D7000 18-300mmVR

2000形や800形は次の全般検査は通さないと噂されており、この姿が見られるのも後僅かかもしれません。

ところで、記事を書いていたら、新しいニュースが舞い込んできました。

5月1日から31日まで川崎大師の大開帳奉修に合わせて、1500形の白帯を消した赤色ラッピング大師線赤札号が走るそうです。

http://www.keikyu.co.jp/company/20140421HP_14011KM.pdf

黄色の京急については公式発表はまだのようです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急ブルースカイトレイン@能見台

この日は2種類のブルースカイトレインも撮ることができました。

Kq2157f

京急2100形2157編成  D7000 18-300mmVR

はじめは2100形2157編成がやってきました。

その10分後

Kq606f

京急600形606編成 D7000 18-300mmVR

ブルースカイトレインの快特が続けてくる偶然ってあるんですね…

最後に2100形同士の離合

Kq2141f

京急2100形2141編成 D7000 18-300mmVR

非ドレミ化してしまった2141編成と離合するのは2165編成

Kq2165f

京急2100形2165編成 D7000 18-300mmVR

初めて訪問したときは赤と青の2100形の競演が見られましたが、今回は赤同士でした。

ここは、首都高速の陰が落ちるので薄曇りくらいがいいのですが、悲しいほどお天気でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京浜急行デト11、12形

久しぶりの更新になります。

京急に乗った時、対向列車で見かけた2000形2011編成リバイバル塗装車。

どうしても撮影したくなり、平日休みを頂いたある月曜日のことでした。

金沢文庫駅で各駅停車に乗り換えようとすると黄色い電車が隣にやってきました。

12

デト12形 D7000 18-300mmVR

11

デト11形 D7000 18-300mmVR

デト11、12形は資材運搬用の事業用電動無蓋貨車で、新町検車区に在籍、月・木に神奈川新町~金沢文庫~京急久里浜(京急ファインテック)に資材運搬列車として運行されているのだそうです。

つまり、月曜休みで偶然、デトに遭遇したのでした。

この後、デトは金沢文庫の車庫へ行ってしまいました。

さて、本題の2000形エア急を狙うべく能見台のS字カーブへ向かうと…

先ほどのデトが神奈川新町へ向けて上って行きました。

1112

デト11、12形  D7000 18-300mmVR

1112_2

同上

旧1000形の廃車派生品を流用しているデト11、12形。

有蓋室のドアやサッシにその面影を残しています。

京急の黄色い電車といえば新1000形アルミ車の1064が黄色に塗られたという写真がネットで出回っていますが、いったい何のキャンペーンなんでしょうか?

幸せの黄色い電車なのかな? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月10日 (木)

桜と菜の花のいすみ鉄道 103D東総元編

101Dと102Dの撮影に満足したのですが、たまには違う場所で撮ることにして、東総元駅発着の103Dを最後に撮ってみました。

201091797_org

103D東総元到着 D700 80-400mmF4.5-5.6G ED VR

201091587_org

東総元停車中の103D D700 80-400mmF4.5-5.6G ED VR

201091403_org

103D東総元発車 D700 80-400mmF4.5-5.6G ED VR

201091204_org

103D東総元発車 D700 80-400mmF4.5-5.6G ED VR

201091026_org

103Dキハ52+キハ28 D700 80-400mmF4.5-5.6G ED VR

201090803_org

103D後追い D700 80-400mmF4.5-5.6G ED VR

天気もイマイチだし、後ろの菜の花を前景にして撮った方が良かったかもしれません。

103D東総元発車 Nikon1 V1 VR10-100mmF4-5.6

ここはビデオ向きかもしれません。

もう少し、手前の菜の花が咲いているといいのですが…

春の全国交通安全運動も始まり、いつもより安全運転で帰路についてのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜と菜の花のいすみ鉄道 102Dキハ28+キハ52編

続いて上り列車102Dです。

本日の一番人気と言ってもいい人出でした。

桜カーブの上から撤収して戻ると案の定、私の三脚すれすれに構える人がいました。

頼むから人の三脚蹴らないでね!

足元はぬかるんでおり、長靴が重宝しました。

次々に人がやって来る中、某鉄道応援団の方が興味あることを言っていました。

まず、昨日4月5日の方が人が多かったこと。

某旅行会社主催の小湊鉄道&いすみ鉄道撮影ツアーがあり、集団で移動してくること。

その人達は、やはり年配の素人の方が多く、線路に近づきすぎたりして危険なこと。

黙って人のカメラの前に入ってくること。

菜の花を踏み荒らして、二度と咲かないような道にしてしまうこと。

警察の取り締まりがあり、踏切や一時停止の場所で待ちかまえている。

その応援団の人も携帯をしまおうとしたら切符を切られたことなど…

列車待ちの間の話題には十分すぎる情報でした。

そして残念ながら再び曇り空になってしまいました。

薄曇りが理想なんですけどね…

201092773_org_2

桜のトンネルをキハ28+キハ52 D700 80-400mmF4.5-5.6G ED VR

201092531_org

桜と菜の花と国鉄型キハ  D700 80-400mmF4.5-5.6G ED VR

 

201092264_org

春色のキハ D700 80-400mmF4.5-5.6G ED VR

 

ここの構図はいつも迷いますが、ズームを活用して3種類撮ってみました。

201104113_org

桜と菜の花のカーブ Nikon1 V1 V10-100mm

列車なしでも絵になります。

いすみ鉄道102Dキハ282346+キハ52125 Nikon1 V1 VR10-100mmF4-5.6

列車はゆっきりと駆け抜けていきました。

201091996_org

102Dキハ52後追い D700 80-400mmF4.5-5.6G ED VR

おまけの後追いです。

日曜日だし、十分満足したのでここで帰ろうかと思いましたが…

続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

桜と菜の花のいすみ鉄道 101Dキハ52+キハ28編

いすみ200の56Dを撮影した後は、いつもの桜カーブ久我原寄りのポイントへ移動してみました。

各地から転戦してきた人達と会話を楽しみながら列車を待ちます。

特に私の斜め前に構えていた人、D4sに200-400mmF4という60万のカメラに100万のレンズ、

サブはD800Eと気合いが入っていました。

となりのD700おじさんはサブ?にDf。こちらもうらやましかったです。

「昨日は小湊鉄道沿線では何処の駅も出店とイベントやっていた。」など情報交換をしました。

そして、101Dがやってきました。

201093234_org_2

いすみ鉄道101D D700 80-400mmF4.5-5.6G ED VR

201093037_org

桜カーブを駆ける101Dキハ52首都圏色とキハ28 D700 80-400mmF4.5-5.6G ED VR

直前で晴れたので初めてのキハ52首都圏色(タラコ)は、ちょっと露出オーバー気味になってしまいました。

おまけでキハなしの写真

201104348_org

さくらカーブ  D700 80-400mmF4.5-5.6G ED VR

ここは左側の笹藪をうまくかわせばいい感じで撮れます。

いすみ鉄道101D キハ52125+キハ282346 Nikon1 V1

最後に動画です。

エンジン音を響かせて坂道を駆け上がるキハ。

最高です。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 8日 (火)

桜と菜の花のいすみ鉄道 いすみ200編

続いて、いすみ200編です。

第3セクターとして誕生したいすみ鉄道初期にいすみ100型として登場、ロングシート化していすみ200となり現在に至ります。

201088036_org

いすみ鉄道55D普通列車いすみ206+いすみ202 D700 80-400mmF4.5-5.6G ED VR

今回は上り向きに三脚を据えながら手持ちで撮影しました。

相変わらず、足元はぬかるんでおり、長靴を履きながらの撮影です。

201087973_org

55D桜カーブ後追い D700 80-400mmF4.5-5.6G ED VR

55Dいすみ200 Nikon1 V1 VR10-100mmF4-5.6

続いて上り列車56D。

この時間になると、朝のキハ28+キハ52の快速列車100Dを撮ったカメラマン達がぼちぼち流れてきます。

201087872_org_3

桜のトンネルを抜けるいすみ200 D700 80-400mmF4.5-5.6G ED VR

201087771_org

桜と菜の花といすみ200 D700 80-400mmF4.5-5.6G ED VR

ノンノちゃんのマークを付けたいすみ202とミーのいすみ206が仲良く駆け抜けました。

国鉄型キハの最終構図確認になる56D、桜のトンネルといすみ200この組み合わせもまっもなく見納めになるかもしれません。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 7日 (月)

桜と菜の花のいすみ鉄道 いすみ352編

桜と菜の花が咲き乱れるいすみ鉄道。

4月6日、ようやく休みが取れたので出かけてきました。

この季節撮りたい場所といえば東総元の桜カーブです。

未明からの雨も気にせず、一路いすみ路へ向かいました。

午前7時過ぎに現地着、途中の国道はゴルフへ向かう客で混雑していました。

晴れれば逆光になる桜カーブの東総元よりにはすでに先脚が二つ。

私も三脚を据えてとりあえず上り列車向きの場所を確保します。

大多喜発大原行きの快速列車はあきらめて、下り列車用の撮影場所も確保しました。

201088434_org

桜カーブを駆けるいすみ352ムーミン列車 D700 80-400mmF4.5-5.6G

最新車両のいすみ352がやってきました。

いすみ200から引き継いだムーミンHM付でした。

201088339_org

坂道を駆け上がるいすみ352  D700 80-400mmF4.5-5.6G

キハ顔のいすみ351に比べてヘッドライトまわりがよりリアルに国鉄顔となっています。

とりあえず、101Dの場所も確保できたので上りポジションに戻りました。

201088259_org_2

桜のトンネルと国鉄キハ顔のいすみ352 D700 80-400mmF4.5-5.6G

今回、こちら側ではキハ52の顔を見れないのですが、いすみ352でも十分雰囲気は楽しめました。

201088170_org

さくらと菜の花といすみ352 D700 80-400mmF4.5-5.6G

201088098_org

いすみ352 D700 80-400mmF4.5-5.6G

54Dいすみ352 Nikon1 V1 VR10-100mmF4-5.6

いすみ352は軽やかに駆け抜けていきました。

時折小雨がぱらつく試し撮りでこのロケーションですから、キハ52とキハ28の普通列車に期待がふくらみました。

続く

追伸、当ブログも15万アクセス件数を達成しました。

今後ともよろしくお願いします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 3日 (木)

夜桜

関東地方は今は桜が見頃です。

しかし、こんな時に限って仕事で休めない日々。

職場近くのライトアップされた桜を撮ってみました。

D7k_2028

夜桜 D7000 18-300mmVR

今日の雨で桜の花が散ってしまわないといいですが…

できれば週末まで咲いていて欲しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »