« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月25日 (火)

CaptureNX-Dベータ版

日頃、RAW現像に使用しているNikon CaptureNX2。

そろそろ、バージョンアップが予想されていましたが、今夏無償アプリのCaptureNX-Dとなることとなり、本日そのベータ版が公開されました。

http://www.nikon.co.jp/news/2014/0225_capture_nx-d_02.htm

まだ、ベータ版なので何ともいえませんが、有償版のCaptureNX2ユーザーとしてはまたあたらしいUIを覚えなければならないわけですが、viewNX2でRAW現像していた人には朗報ではないでしょうか?

Capturenxd

CaptureNX-Dのスクリーンショット

赴任先で使っているノートPCではちょっと画面が狭くて使いにくいですが、まあそのうち慣れると思います。

ベータ版のせいか、コントロールポイントがなかったり、ノイズリダクションの高画質2013がなかったりとCaptureNX2に実装されている一部の機能がないのが若干不満ですが、新しいカメラを導入しない限りCaptureNX2はそのまま使えるのでしばらく併用したいと思います。

また、本日はD4Sの仕様や発売日が発表されました。

EXPEED4や新たにRAWサイズSなどの新機能が搭載されましたが、今後の新製品も期待したいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

SPEEDLIGHT SB-910

D70の購入直後に導入したスピードライトSB-600。

もう10年以上活躍してきましたが、CP+2014会場の撮影でD700がAFの不具合で合焦不能に陥ったことから、自宅に戻ってからいろいろ試してみました。

まず、D700本体のAF補助光。

こいつはAF-Sで中央の測距点のみ発光することを確認。

(5年間使っていて知りませんでした。)

ついでSB-600のAF補助光はD700のAFを11点に絞った場合の中央およびその上下左右各1点、計5点しか補助光が出ないことがわかりました。

もう一台のSB-800で試しても同様でした。

元々D2Hの測距点に合わせた発光をすることは知っていましたが、ちょっと使いにくいので思い切ってSBを更新することにしました。

比較対照はSB-700、SB-900(販売終了)、SB-910です。

普段使うにはSB-700でも十分そうなのですが、調べたところD7000基準で中央上下3点左右に中段1列(一番端は除く)のみといった内容でしたが、SB-900/910は20mm~105mmに関してはD3のAF51点すべて対応、106~135mmでSB-700のような十字型の補助光が発光できることがわかりました。

SB-910はSB-900の改良型であり、付属品のカラーフィルターも硬質化されている、やはりストロボは消耗品であり次第に色焼けしていくので新品が買えるSB-910にターゲットを絞りました。

そして、SB-600/800、その他を下取りに出し、SB-910を導入しました。

D7k_1878

SB-910と構成品 D7000 18-300mmVR

D7k_1873

同梱のケースに収納したSB-910

今までの縦長のケースの方がカメラバックにしまいやすい気もしますが、一応こんな感じになります。

真っ暗な部屋でSBの補助光を利用し、AF51点すべて利用できるのはなかなか便利でした。

D7k_1885hd

D700に装着したSB-910+SK-8A D7000 18-300mmVR

また、D7000ならAF-Aにすれば9点ダイナミックAFと補助光を同時に利用できるので動く被写体にも柔軟に対応できそうです。

鉄道ではあまり使用しないですけどね…

以上、10年ぶりのストロボ新調でした。

追伸、スマホアプリ Nikon Manual Viewr2を利用すると撮影地へ分厚いマニュアルを持ち歩かなくても済むので便利になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月18日 (火)

ありがとう一般色キハ52 125

2月16日にラストランとなったいすみ鉄道のキハ52 125一般色、本当は2月15日に知人と撮りに行く予定でしたが、金曜日の朝からの大雪で断念。

翌、16日一人でいすみ鉄道へ撮影に行って来ました。

前回は特急わかしおで現地入りしましたが、今回はR297経由で前進しました。

途中、日陰などに残雪が残っていましたが、車の外気温計を見ると6℃、凍結路はなくスムーズに走れました。

朝の快速列車はまだ積雪でぬかるんでいそうな場所は避け、いつもの城見ヶ丘~上総中川の森宮付近で待ちかまえました。

今回はFX機のD700とAF-S NIKKOR 80-400mmF4.5-5.6G ED VRの本格的な運用開始となりました。

197964843_org_3

キハ28+キハ52快速列車 D700 80-400mmVR

ほぼ正面にしか日が当たらない場所ですが、雪のおかげで何とか側面にも光が回りました。

197964899_org

ありがとう一般色キハ52 125 D700 80-400mmVR

てっきり貫通扉にHMを付けるのかと思いきや四国急行や能登線急行のような小さな円形の物が取り付けられていました。

これは順光で撮りたいところです。

さて、私の隣で撮影した人はあっという間にいなくなってしまいました。

次は西大原まで行くか迷いましたが、今までの軽ではなく普通車のミニバンなので駐車が容易な国吉~上総中川のいつもの踏切へ

197964950_org_2

築堤を走る急行1号 D700 80-400mmVR

この写真の右端の中井先生お気に入り踏切は10数人ほどいましたが、こちらは4人でまったりと撮影できました。

続いて101D上総中野行き普通列車

197965355_org

記念HM付キハ52 125 D700 80-400mmVR

ここは私一人でしたが、この先の橋の上からの撮影者が多数おり、すぐに上り列車の撮影場所へ移動しました。

長靴を履いて雪の上から撮影したのは私一人。

みなさん、歩道上から狙っていました。

197965259_org_3

雪の絨毯を走る国鉄形気動車 D700 80-400mmVR

197965158_org

雪晴れのカーブを走る国鉄形気動車 D700 80-400mmVR

そして後追い

197965063_org

紅梅とキハ52 D700 80-400mmVR

197964995_org

ありがとう一般色キハ52 125 D700 80-400mmVR

下り101Dはここでも良かったかも?

AF-S NIKKOR 80-400mmF4.5-5.6G ED VRはD700との相性も良く、発色も良くて、鉄道を撮るには最適のレンズであることを実感しました。

ここまでの撮影で十分満足したこと、赴任先へ帰る時間が迫っているので102Dの撮影を最後に自宅へ戻ることにしました。

ありがとう一般色キハ52 125、3年間楽しみました。

次の首都圏色(タラコ)も楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

雪の東横線~CP+2014

2月14日関東地方は雪の予報、休みを頂いたので出かけてきました。

まずは東横線で学芸大学まで行き、以前からお世話になっている目黒区の某カメラ店でD7000用のバッテリーグリップMB-D11(中古です)を調達、早速D7000に装着してCP+2014の会場の横浜を目指しました。

沿線は雪景色、せっかくなので東横線でも撮ってみようと武蔵小杉のホームで駅撮りしてみました。

D7k_1645s

横浜高速鉄道Y500系 D7000 18-300mmVR

D7k_1657s

東急電鉄5050系 D7000 18-300mmVR

姉妹車である両型式、この後雪によるポイント不転換で衝突事故を起こしてしまうとは予想もしませんでした。(当該編成ではありません)

さて、横浜高速鉄道は初乗車でしたが、みなとみらいまで行きパシフィコ横浜で開催中のCP+2014の会場へ行きました。

D7k_1660s
CP+2014のポスター D7000 18-300mmVR

事前登録していたのでスマホで登録画面を見せて無料で入場用のパスをもらいいざ入場です。

ニコンユーザーの私としてはお目当てはニコンブースです。

何かセミナーのような事をやっていたのですが、見ていると次は中井精也先生のセミナー「僕と線路とDfと」ではないですか。

立ち見ですがそのまま見ることにしました。

D7k_1681s

鉄道写真家 中井精也氏 D7000 18-300mmVR

こちらはNikonDfで撮られた写真のセミナーなのですが、ゆる鉄という分野を切り開いた人作品のふれることが出来ましたが、それ以上に先生のユーモアあふれるトークが楽しめました。

Dfは値段が落ち着いてから手を出そうと思っていましたが、やばいです欲しくなってきてしまいました。

セミナーの後、ニコンブースを見て回るとありました。

D7k_1705s

Nikon D4s D7000 18-300mmVR

現在開発中のD4sです。

私の知人は、最終価格でD4を導入しましたが、それでも50万円以上するD4はとても手を出せません。

次に高感度ポートレート体験コーナーというところに並んでみました。

ここでは、薄暗いところにいるモデルさんをDfやD610にAF-S85mmF1.4Gを付けて撮らせてもらえるという企画、持参のSDカードの使用もOKだったので、D610とD7000と比べてみましたが…

やはり最新のFX機にF1.4の単焦点レンズと3年前のDX機便利ズームじゃ比べるまでもありませんでした。

続いて高画素ポートレート体験コーナーというところに行ってみました。

こちらはD800やD610にノクトニッコールの再来といわれるAF-S58mmF1.4Gが付いていました。

またしてもD610を手渡されましたが…

正直、D610の縦位置での撮影はAFエリアが狭すぎてきつかったです。

縦位置でモデルさんの目(まつげ)にAFポイントを持っていきたいからです。

こちらは明るかったのでD7000のAFエリアの方が使いやすかったです。

でも、F1.4の開放で絞り優先に設定されていたD610、すぐ後ろが壁なのにとろけるようなボケでした。

高倍率ズームの絵は固くこちらの体験機材にマッチするように設定されたコーナーだなと実感しました。

気を取り直して、カバンの中にA09(タムロンAF28-75mmF2.8LD)が入っていることを思い出しD7000に装着してみました。

館内のキャンギャルさんにお願いして撮らせてもらいました。

そして、先ほどの高画素ポートレート体験コーナーでリベンジです。

今度はD800を借りました。

こちらのD800も設定のせいか、裏にあるセレクトボタンの調子が悪く、AFポイントがすぐ中央に戻ってしまい、日の丸構図ばかりになってしまいました。

(アフタービュー機能を切っていないからかも?)

一方、D7000は縦グリの効果抜群で撮りやすかったです。

カメラは慣れた機材がいいですね。

でも、DX機でA09のボケもAF-S58mmF1.4Gの開放にはかないませんでしたが、18-300mmVRの便利ズームよりはマシに撮れました。

この他にもオリンパスブースなどでモデルさんの撮影(展示機に持参のSDのみ使用可)ができてなかなか楽しめました。

お姉さん写真は肖像権の問題とかありそうなので、こちらでのアップはやめておきます。

中井先生は、「僕の顔には肖像権がないので、つぶやくなり好きにしてください。」とおっしゃっていましたので使わせていただきました。

熱い会場の外は雪が降り続いており、電車が止まる前に引き上げることにしました。

D7k_1754s
雪の日本丸 D7000 18-300mmVR

桜木町へ歩く途中で1枚、日本丸を撮影、雪を強調するために日中シンクロしてみました。

15日は雪のため中止となりましたが、最終日の16日はCP+2014に出かけてみてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

首都圏大雪翌日(新京成・移動編)

2月9日夜半まで降り続いた雪は朝にはやんでいました。

せっかくなので自宅前の雪かきを早めに済ませて、D700とAF-S80-400mmG ED VRを試すべく新京成線前原~薬園台へ行ってみました。

地元の人が雪かきをしていたので気まずくて1本しか撮れませんでした。

197541022_org_2

雪晴れの新京成8804編成 D700 AF-S80-400mmG

197541037_org_2

同上

DX機のD7000で使った後にFX機のD700で使うと400mmの望遠も短く感じてしまいます。

でも、今までのAiAF80-400mmDと比べるとAFが爆速になるのでストレスは感じませんでした。

やはり、人様が雪かきをしているときの撮影で集中できなかったせいか?カメラの設定がプログラムAEになったままでした。

しかも、絞りはF11…

帰りに前原駅前のドラッグストアに立ち寄りましたが、財布を忘れて~♪

長靴を履いて歩き回るのは午前中で終わりにしました。

さて、次は久里浜への移動について

列車運行状況を確認して帰路はとりあえず電車が運行されていることを確認しました。

197590878_org

東京メトロ15000系 D300 18-300mmVR

いつもより30分早く家を出ましたが、東葉高速・東西線はほぼ定時運行されていました。

午前中は西船橋駅のポイント凍結で東海神折り返しだったとか?

(中央緩行線は終日乗り入れ中止でした。)

電車に乗り込むと、いつになく成田空港からの帰りと思われるトランクを持った乗客が沢山乗っていました。

この時点でN'EX、スカイライナー、リムジンバスが運行中止となっていたのが原因のようです。

勝田台から乗り換えの東葉高速に空港利用客が乗車しているということは京成本線も無事のようです。

この日、京成3500形更新車がスカートを利用して除雪が行った事は後から知りました。

9日の夕方の時点で成田空港からのアクセスは実質、スカイアクセスと京成本線くらいしか機能していなかった事になります。

さて、快速中野行きは順調に走り始めました。

そして、日本橋で都営浅草線に乗り換えるか、大手町でJRに乗り換えるかの判断に迫られます。

結局、いつもの都営浅草線に乗り換えることにしました。

浅草線のホームに上がると、行き先表示板に列車の運行状況が出ていません。

しかも、京成線は押上乗り換えで直通運転が中止されていました。

ここで飛び込んできた情報は京浜東北・根岸線の桜木町付近の沿線火災で京浜東北線が止まったという事です。

京急直通もいつ来るのかわからないのでとりあえず西馬込行き電車で泉岳寺まで前進しましたが…

ここでやってきたのは泉岳寺始発1500形快特三崎口行きでした。

品川分断でないだけマシだと思って乗車することにしました。

品川駅に着くと反対側からドレミファインバーターの音がして、振り返ると2133編成が泉岳寺方向へ走り去りました。

1本までば2100形の快特に乗れたのにと思っても後の祭りでした。

1500形の快特もノロノロ運転で金沢文庫では7分遅れということでしたが、駅の行き先表示板に時刻は表示されていなかったので、さっぱりどういうダイヤになっているのかわかりませんでした。

しかし2100形2133編成が後続できているのはわかっていたので金沢文庫で寄り道して駅撮りしてみました。

197592550_org

京急800形と新1000形アルミ車 D300 18-300mmVR

こちらでは上下の列車で乗務員の交代の姿が見ることができました。

線路の雪がレフ板代わりとなり足回りを照らしてくれました。

197593481_org

新1000形アルミ車金沢文庫発車 D300 18-300mmVR

軽くズーム流しして遊んでみました。

この1000形アルミ車、よく見ると全面の行き先表示がカラーLED化されていました。

さて、後続の2133編成も4分遅れでやってきたので、転換クロスシートに身を委ね、ドレミファインバーターの音を楽しみながら久里浜へ向かいました。

197594433_org_2

京急久里浜駅2番線に停車中の2133編成 D300 18-300mmVR

京急久里浜駅では折り返しで使われる事が多い2番線に何故か入線。

そのまま、三崎口方向へ発車していきました。

未だに復旧しない高速道路、何とか走り出した鉄道等、雪に弱い首都圏の一面をかいま見てしまいました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

首都圏大雪(歩き鉄編)

首都圏で20年ぶりの大雪ということですが、自宅から徒歩圏内で撮りにいける範囲で撮影してきました。

先日初めて使ったニコン純正のレインカバーをD300と18-300mmVRの組み合わせに取り付けてみました。

はじめに新京成前原~薬円台

300_7853lhd

吹雪の中を走る新京成8800形 D300 18-300mmVR

300_7860
千葉中央行き新京成8800形 D300 18-300mmVR

300_7866lhd
新京成N800形 D300 18-300mmVR

300_7875hd
新京成8800形 D300 18-300mmVR

久しぶりにD300を使いましたが、こういう悪条件ではAFユニットCAM3500DXが頼もしいです。

外す時はあるけど、合焦するコマも多いので何とかなりました。

でも、レインカバーのビニール越しのファインダーは少し見難いです。

横殴りの吹雪で寒いので上下2本づつ撮影して撤収しました。

続いて東葉高速飯山満~東海神

こちらは歩道橋の上からの撮影で35mm相当で50mmの画角がちょうどいいのでレンズをタムロンA09(28-75mmF2.8LD)に換えて望みました。

300_7885hd
東京メトロ15000系 D300 A09(28-75mmF2.8)

300_7890hd
東葉高速2000系 D300 A09(28-75mmF2.8)

300_7894hd

東葉高速2000系と東京メトロ05N系の離合 D300 A09(28-75mmF2.8)

こちらも上下2本づつの撮影です。

最後は離合してくれたので効率的に撮影することができました。

雪が降るだけでいつもの光景が銀世界に変わりました。

しかし、これだけの大雪は久しぶりです。

スタッドレスやチェーンを装着した車でさえスタックする状態。

遠出は避けることにしました。

最近ご無沙汰していたD300、視野率約100%51点AFはやはり頼もしく使いやすかったです。

高感度ノイズに弱い(ISO1200くらいが限界)ので最近は出番が減っていましたが、もう少し使い倒さないといけないと反省したのでした。

D7000が軽くて持ち歩きが楽なのでつい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

キハ52125臨時単行運転(93Dキハ52撮影編)

さて、上り92D臨時急行の撮影の後は、いつもの西大原寄りの踏み切りへ移動しました。

近くですのですぐに場所は確保できましたが、困ったのは追っかけの人たちの行動。

場所取りしたくて焦る気持ちはわかるのですが、踏み切りの遮断機の前に駐車をしてトランクを開けて三脚で場所取りしようとしていた爺さん。

反対側から来る車の通行を邪魔していますよ!でもその反対側も鉄の車ですからクラクションの応酬となっていました。

3年前のキハ52復活の時に撮っていなかったのかな?

私はどちらかというとレンズの試写的な意味合いが強かったのですが、余裕を持った行動をしたいものです。

D7k_1606hd
いすみ351 D7000 80-400mmVR

まずはワイド端で撮影。

D7k_1608hd
カーブを駆けるいすみ351 D7000 80-400mmVR

本当にD700で撮りたかったですが、西大原S字カーブの西端は下り93Dではベタ順光。

どうしても人が集まります。

D7k_1616hd

93Dキハ52125臨時急行 D7000 80-400mmVR

D7k_1624hd
同上

D7k_1629hd
同上

D7k_1631hd
同上

D7000で400mmは35mm換算で600mm相当、雲台をパンしながらズームリングを戻しながら連続撮影してみました。

まあ、これだけ撮れれば満足したのですが、帰り道を戻りつつ国吉の停車時間を生かしてもう一箇所撮影してみました。

中井精也先生お気に入りでおなじみの4種踏み切りは大変な人ごみとなっていましたが、私が行きたかったのは上総中川~城見ヶ丘間にあるオープンデッキにいすみ鉄道とペイントされた夷隅川の鉄橋。

この日、最後の撮影地となりました。

D7k_1636hd
夷隅川の鉄橋を渡るキハ52125 D7000 18-300mmVR

D7k_1640hd
同上

真横から撮れば川が入るのですが、正面に日が当たるので斜め前から狙ってみました。

ここは、単行の時じゃないとバランスがよくないのです。

平日の臨時運行でさえこの状態ですから、2月16日のラストランはどうなってしまうのか少し心配です。

しかしながら、知人は2月16日までにもう一度撮影に行きたいと言っているので、もう一度出かけるかもしれません。

国鉄一般色のキハ52125、いすみ鉄道の沿線によくマッチしていましたが、3月1日からの首都圏色の姿もまた楽しみにしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キハ52125臨時単行運転(92Dキハ52撮影編)

私と知人は下り93Dの撮影地として選んだ西大原のS字カーブから少し上総東寄りの場所へ移動しました。

さて、ここでD→G化したばかりのAF-S80-400mmF4.5-5.6G ED VRを実戦投入します。

D7k_1588hd
いすみ202上総亀山行き D7000 80-400mmVR

D7k_1590hd
ムーミン列車いすみ202 D7000 80-400mmVR

D7k_1593hd
いすみ202後追い D7000 80-400mmVR

これで撮影のイメージはついたので、キハ52125をじっくりと待つことにしました。

時間ぎりぎりになるとあちこちから転戦してきた人たちがやってきました。

でも、道は狭いし、駐車スペースもあまりない。

おまけに正面に日が当たりそうな区間は線路が高く足回りが雑草で隠れるので半逆光での撮影となりました。

ところで、同行した知人も新兵器投入、なんとD4と70-200mmF2.8VR2でした。

負けた、D4なんて高くて買えない…

こちらも5倍ズームを生かしてワイド側テレ側を駆使して連続撮影に挑みました。

D7k_1596hd
92Dキハ52単行臨時急行 D7000 80-400mmVR

D7k_1600hd

92Dキハ52125臨時急行 D7000 80-400mmVR

D7k_1602hd

キハ52125後追い D7000 80-400mmVR

今回の運行ではキハ52に両側に幌がついていないのがちょっと残念でした。

キハ28に両側つけてしまったということが推測されます。

今回購入して即実戦投入した80-400mmVR。

本当はFX機のD700で試したかったのですが、赴任先からの直行であったので、いつも携行しているD7000で80-400mmVRのデビュー戦となりました。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キハ52125臨時単行運転(移動編)

いすみ鉄道のキハ52125、復活して3年経ちますが、来年の検査期限の前に塗装の痛み始めたことから首都圏色(タラコ色)に塗り替えられることになりました。

これに先立ち、「ありがとう一般色キハ52 125」企画として、キハ52単行での臨時運転が2月5日、7日に実施されました。

平日の運行でしたが、お休みをいただけたのでまたしてもいすみ鉄道を訪問してきました。

まずは赴任先から都内にある某カメラ店で交換レンズを1本新調し、その足で特急わかしお7号で大原へ向かいました。

大原までの道のりで海が見えるのは京葉線の区間だけですが、たまにはこういう旅もいいものです。

D7k_1573
大原駅を発車する特急わかしお7号 D7000 18-300mmVR

大原駅での待ち時間は40分ほどありました。

D7k_1578s

大原駅に進入するいすみ351 D7000 18-300mmVR

D7k_1579s
大原駅で発車を待ついすみ351 D7000 18-300mmVR

いままでいすみ200やいすみ300は乗ったことがありましたが、いすみ350は初めてです。

やや平面顔ですが、国鉄のキハ顔のいすみ351はなかなかいい顔つきをしています。

車内はロングシートなので、運転席の後ろでロケハンしながらの乗車となりました。

ちょうど公募の運転士だったのでしょうか?指導係らしい方が添乗していました。

また車内には地元の乗客の他、撮影に来たと思料される同業者が多数乗車していました。

大多喜発の92D臨時急行は正面に日が当たる場所が少ないので太陽と影を見ながら撮影地を探しました。

D7k_1581hd
国吉に停車中のいすみ351 D7000 18-300mmVR

D7k_1585hd
いすみ202といすみ351 D7000 18-300mmVR

ここで、レールバスいすみ202と軽快気動車いすみ351の交換を見ることができました。

こういうのは鉄道移動ならではです。

国吉で下車して、すでに先行していた知人と合流しました。

さて、ここからは先ほどロケハンした場所に知人と移動しました。

続く


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

いすみ鉄道再訪その4(城見ヶ丘~上総中川編)

最後は104D急行2号を撮るために城見ヶ丘~上総中川間へ行ってみました。

先日の大雪の時に撮影した場所です。

104D急行2号ではキハ28の正面に日が当たる場所ですが、今回は生憎の空模様。

再びレインカバーを活用し、104Dを待ちます。

197134870_org_2

早春の104D急行2号 D700 70-200mmF2.8GVR2+TC17E2

民家の軒先に紅梅が咲く早春の房総を気動車急行が駆け抜けます。

197135108_org

104D急行2号キハ28+キハ52 D700 70-200mmF2.8GVR2+TC17E2

この方向からの撮影は朝の快速が順光ですが、曇り空なのでこちらから狙ってみました。

197135357_org

いすみ351 D700 70-200mmF2.8GVR2+TC17E2

197135257_org_2

いすみ351単行 D700 70-200mmF2.8GVR2+TC17E2

キハ顔の軽快気動車いすみ350。いすみ352も入線しましたが、まだまだいすみ351が活躍しています。

さて、今日2月5日(運行済み)と7日に「ありがとう一般色キハ52 125」企画としてキハ52の単行運転が実施するそうです。

私はキハ52の単行時代にさんざん撮影したり乗車したりしていますが、まだの方は訪問してみてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

いすみ鉄道再訪その3(東総元編)

さて、上総亀山を後にして102Dを撮るために東総元を目指します。

先ほどのカーブの反対側、春には桜のカーブとして賑わう場所です。

また、東総元駅隣の梅は白い花が咲き始めていました。

197135689_org

東総元のカーブを走る国鉄型気動車 D700 70-200mmF2.8GVR2+TC17E2

197135617_org

キハ28 2346+キハ52 125 D700 70-200mmF2.8GVR2+TC17E2

キハ52を撮りに行ったつもりなのですが、キハ28ばかりに目がいってしまいます。

さて、102Dは大多喜に戻ると再び103D普通上総中野行きとしてこの地へやってきます。

先ほど、101Dの桜カーブ撮影で笹がキハ52の顔にかぶり納得いかないと言う知人のリクエストで再び上りカーブで103Dを待ちかまえました。

197135556_org_2  

雨の東総元を走るキハ52+キハ28 D700 70-200mmF2.8GVR2+TC17E2

ここで生憎の雨が降り出してしまいました。

昨年買って使っていなかったNikon純正のレインカバーを初めて使ってみました。

テレコンをつけなければ長さはちょうどいい感じで、レンズを濡らすこともなく撮影に挑むことができました。

レインカバーの後ろの透明ビニールからファインダーを覗くのはちょっと見難かったです。

さて、普通列車運用の撮影はこれで終了。

上り急行2号撮影地へ移動することにしました。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いすみ鉄道再訪その2(上総中野編)

さて、上総中野に到着した101D、キハ28+キハ52をじっくりと観察することにします。

197136093_org

上総中野に到着したキハ28 D700 70-200mmF2.8GVR2

走行写真ではよく見えない側面のサボなど駅ならではの撮影となります。

197135798_org

上総中野に停車中のキハ28 D700 24-70mmF2.8G

キハ52風の自動販売機とのツーショットです。

197135900_org

食堂車のサボ D700 24-70mmF2.8G

小さくキハシ28 2346とかかれた食堂車のサボ。

ここからの普通列車運用はレストランキハ・ランチクルーズの準備でキハ28の車内は閉鎖されます。

いすみ鉄道のWEBによると、この食堂車も、菜の花や桜で賑わう3・4月は営業中止となるそうです。

197135850_org_2

キハ52125 D700 24-70mmF2.8G

3月に首都圏色にリニューアルされるキハ52125。

ちょっと塗装がくたびれてきました。

昨年の水害で小湊鉄道が乗り入れなくなった上総中野、ちょっと寂しい光景でした。

さて、列車は102Dとして大多喜に折り返して行くのでまた撮影地へ向かう事にしました。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

いすみ鉄道再訪その1

先月、雪のいすみ鉄道を訪問しましたが、まだいすみ鉄道へ撮影に行っていない旧友を誘って再訪してみました。

社長のブログにあるとおり、2月16日まではHMなしの姿で走ること、3月1日からキハ52は首都圏色(タラコ色)になるので最後のその勇姿を撮影するのが目的でした。

197134975_org_2

鉄橋を渡る国鉄形気動車快速 D700 70-200mmF2.8GVR2

生憎の曇り空でしたが、大多喜発大原行きの国鉄形気動車快速を捉えました。

朝の快速はどうやっても追いつかないので、次は国吉を訪問してみました。

197136863_org

腕木式信号機とキハ30(生態保存) D700 24-70mmF2.8G

久留里線を引退し、国吉へやってきたキハ30と腕木式信号機の組み合わせです。

これに国鉄形気動車を絡めてもいいですね。

さて、下り101D急行1号の撮影のため西大原のカーブへ向かってみました。

197136603_org

西大原のカーブを走るキハ52+キハ28 D700 70-200mmF2.8GVR2(DXクロップ)

197136556_org

いすみ鉄道101D急行1号 D700 70-200mmF2.8GVR2

西大原~上総東の緩やかなカーブを急行1号は軽やかに駆け抜けていきました。

続いて、国吉~上総中川へ移動します。

197136427_org

とまれみよの4種踏切を後にする急行1号 D700 70-200mmF2.8GVR2

国吉の停車時間を利用して、先回りしてみました。

急行の区間はここまでとし、次は東総元の桜カーブへ行ってみました。

197136335_org

国鉄形気動車普通列車 D700 70-200mmF2.8GVR2

東総元のカーブを駆けるキハ52、排気を吹き上げて力走していきました。

次は終着駅上総中野で駅撮りしようと進みましたが、西畑の手前でまた追い抜いてしまいました。

197136200_org

終着駅上総中野到着! D700 70-200mmF2.8GVR2

さて、ここでじっくりキハを観察するつもりだったのですが…

えっ、折り返して大多喜へ行ってまたここに戻ってくるの?

続く 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »