« 夕暮れの江ノ電 | トップページ | 成田山初詣臨 モノサク編 »

2014年1月20日 (月)

雪のいすみ鉄道

3月に首都圏色に塗り替えと発表されたいすみ鉄道のキハ52、何度も撮影したので春先に撮影に行こうと思っていましたが、社長のブログを見ていると、今までキハ52上総亀山方向に取り付けられていた幌がキハ28に付いているとのこと。

せっかくなので出かけてみましたが…

未明に降り積もった雪で凍結しているR297、何度も事故現場を見てなんとか大多喜にたどり着きました。

大多喜を出たところの鉄橋は積雪で接近が困難なので、比較的撮影しやすい城見ヶ丘~上総中川の踏切脇に行ってみました。

196303471_org

銀世界を走るいすみ350 D7000 18-300mmVR

196304531_org

雪のいすみ350 D7000 18-300mmVR

国鉄顔の新型ディーゼルカーいすみ350が銀世界の中を軽快に走り抜けていきました。

196304439_org

雪のいすみ300 D7000 18-300mmVR

こちらはいすみ300、逆光線の中を駆けていきました。

196303580_org

雪晴れの国鉄型気動車快速列車 D7000 18-300mmVR

幌付きのキハ28を求めていすみ鉄道を訪問しましたが、思いがけない大雪で能登線のような写真が撮れました。

196304342_org

雪のキハ52 D7000 18-300mmVR

まもなく、国鉄標準色とお別れとなるキハ52 125。

首都圏色になったらこのヘッドマークは似合わないですね。

四国の気動車急行や急行能登路などの小さい円形のタイプが似合いそうです。

いすみ鉄道へやってきてはや3年、雪景色を走るキハ52の姿に大糸線時代を思い出してしまいました。

さて、この後はモノサクで3月引退予定のお座敷電車「宴」の姿を納めるべく、大多喜を後にしました。

帰路は融雪剤もまかれ走りやすくなったR297を北上しました。

 

|

« 夕暮れの江ノ電 | トップページ | 成田山初詣臨 モノサク編 »

鉄道」カテゴリの記事

ローカル線」カテゴリの記事

いすみ鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪のいすみ鉄道:

« 夕暮れの江ノ電 | トップページ | 成田山初詣臨 モノサク編 »