« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月23日 (月)

583系団臨わくわくドリーム号@西船橋

残り1編成となった秋田の583系。

TDL臨として時折千葉へやって来ます。

本当は早起きして撮るつもりだったのですが、寝坊したので西船橋の運転停車を狙って撮影してきました。

700_4229
西船橋に運転停車中の583系 D700 24-70mmF2.8G

元祖電車寝台特急の583系は夜の駅が似合います。

700_4232
わくわくドリームのHM D700 24-70mmF2.8G

わくわくドリームのHMに露出を合わせてみました。

700_4236
583系わくわくドリーム号 D700 24-70mmF2.8G

アイレベルでもう一枚。

700_4240
583系わくわくドリーム号西船橋発車 D700 24-70mmF2.8G

ハイビームに対抗して、スポット測光で撮影。

700_4244
583系のテールライト D700 24-70mmF2.8G

583系団臨わくわくドリーム号は静かに西船橋を発車していきました。

TDLで遊び疲れた子供たちは583系の寝台で夢の中でしょうか?

本年の運行は12月21日に東京(舞浜)発を最後に運行終了しました。

来年も583系が元気な姿で上京してくれることを期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

ラブジョイ彗星(C/2013 R1)

11月に撮影したISON(アイソン)彗星は残念ながら消滅してしまいましたが、もう一つ観測可能なLOVEJOY(ラブジョイ)彗星(C/2013 R1)を観測してみました。

前回、モノサクの周囲の林で彗星が見えるようになる時刻が遅くなった事に懲りたので、北東の方向が見渡せる印旛沼の湖岸へ行ってみました。

700_4253
印旛沼と星空 D7000 70-200mmF2.8GVR

午前3時過ぎ、双子座流星群が時折流れる中、Lavejoy彗星は姿を現しました。

700_4298
ラブジョイ彗星(C/2013 R1) D700 70-200mmF2.8GVR TC-17E2

4等級くらいの薄暗い彗星ですが、中央の青白く光る星がLovejoy彗星です。

700_4296t
ラブジョイ彗星(C/2013 R1)拡大 D700 70-200mmF2.8GVR TC-17E2

拡大するとこんな感じです。

ISON彗星は4秒間の露光でも流れてしまったので、今回はポータブル赤道儀Vixen星空雲台POLARIE(ポラリエ)を導入してみました。

本格的な赤道儀は結構な値段するのですが、ポラリエはF1.8級の標準レンズ位の価格で公転する星を追尾してくれます。

D7k_0959
Vixen星空雲台POLARIE(ポラリエ)

機能的には単純で、覗き窓から北極星を探して極軸合わせをして、自由雲台とクイックシューを介してカメラを取り付けます。

耐荷重は2kgまでなのですが、今回はちょっと重量オーバーしてしまいました。

厳密に極軸合わせをするならば、オプションで極軸スコープを取り付ける必要がありますが、彗星を撮る程度ならば本体のみで十分かも知れません。

双子座流星群が降り注ぐ中の彗星撮影でしたが、明け方の冷え込みでレンズ先端が霜で曇ってしまったのは驚きました。

昔、筑波山の麓で見たヘールボップ彗星のように明るくて尾の長い彗星ではありませんでしたが、青白く淡い光を発するラブジョイ彗星(C/2013 R1)を撮影できたので良しとします。

12月22日が太陽に最接近するとのことですが、月明かりで観測しにくくなるので14日未明に撮影に行ったのは正解でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 7日 (土)

C11292X'masイルミネーション

新橋のSL広場に展示されているC11292。

新製以来、姫路に配置され中国地方を中心に活躍した機関車です。

戦時設計の角形ドームやシールドビームの前照灯に現役時代の面影が残されています。

日テレの汐留移転以来TVにもよく登場しますが、X'masイルミネーションの飾り付けが施されていました。

D7k_0928s
C11292イルミネーション D7000 18-300mmVR

雪だるまもかわいかったです。

D7k_0939
C11292正面 D7000 18-300mmVR

正面はちょっと地味です。

D7k_0935
C11292左後部から D7000 18-300mmVR

左後方もいいですが、消費者金融の看板が目立ちます。

D7k_0933
サンタを乗せて D7000 18-300mmVR

運転席にはサンタさんの姿がありました。

サンタさん、私のところにも来てくれないかな?



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 5日 (木)

常磐線利根川橋梁掛け替えへ

12月7、8日の工事で新橋梁へ配線が変更となる常磐線利根川橋梁。

まもなく見納めなので訪問してみました。

193305004_org_2

EF8195試単 D7000 18-300mmVR

何の情報もなく、安中貨物通過1時間前に出かけてみましたが、どこからか汽笛の音が聞こえると思ったらEF8195がやってきました。

某情報サイトによると神立試単とのこと。

なかなか運がいいです。

193305073_org

EH500-81牽引5388レ安中貨物 D7000 18-300mmVR

安中貨物は最終号機EF500-81がやってきました。

せっかくなのでこのまま2092レを待つことにします。

D7k_0892

E657系フレッシュひたち40号 D7000 18-300mmVR

すっかり常磐線の顔となったE657系が通過しました。

D7k_0901

E231系常磐線快速電車 D7000 18-300mmVR

E231通勤型の15連もなかなか見ごたえがあります。

D7k_0904

E531系常磐線特別快速 D7000 18-300mmVR

ここの鉄橋は10連くらいがちょうどよく、15連の撮影には少し不向きです。

ここで少し雨が降り出しました。

193305438_org_2

EH500-51牽引2092レ貨物列車 D7000 18-300mmVR

最後は2092レ、片方のライトが球切れな上に2エンドが先頭でした。

とうとう2092レは最後までまともな写真が撮れないで終わりました。

常磐線利根川橋梁は古くは仙台行き客車普通列車221レや451系急行ときわ、485系L特急ひたち、403・415系中電、651系スーパーひたち、653系フレッシュひたちなど数々の列車で渡りました。

新橋梁は暴風壁が設置され、強風によるダイヤの乱れに強くなると思われます。

今のところ、新橋梁は上り線のみ架線が張られており、とりあえずは上り線の切り替え工事がまもなく行われるものと思われます。

またひとつ撮影地がなくなってしまうのは寂しいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 3日 (火)

D51復活25周年記念号

12月1日に運行されたD51復活25周年記念号を撮影してきました。

なお、先日購入したD3用の充電池EN-EL4aの耐久試験も兼ねています。

まずは八木原~渋川で待ち受けます。

700_4137
107系普通電車 D700 70-200mmF2.8GVR2

夜明け前のヤギシブカーブを走る107系です。

ここで迷うのはカーブで構えて上下線を撮るか(駐車場のタンクローリーが写る)、デンカセメントのサイロの陰を避けて八木原よりの直線で撮るかでした。

今回は八木原寄りの直線に三脚を構えました。

このあと、地元群馬ナンバーのおじさんが現れ、写真談義に花が咲きました。

先月28日に発売になったばかりのNikonDfを持っており、いろいろ作例を見せてもらいましたが、この辺では常連さんのようです。

700_4149
EH200-2牽引貨物列車 D700 70-200mmF2.8GVR2

0718EH200牽引の貨物列車が通過、

700_4152
115系4連上越線普通列車 D700 70-200mmF2.8GVR2

0732上越線115系普通列車が通過します。

今回はD51498に旧客4Bですのでだいたいこんなイメージで撮るつもりでした。

35mm換算で135mmくらいの画角です。

700_4155
EH200-7牽引貨物列車 D700 70-200mmF2.8GVR2

0741続けてEH200-7牽引の貨物列車が通過しました。

ここからはちょっと間があきます。

700_4174
EH200-17牽引貨物列車 D700 70-200mmF2.8GVR2

0912上りの貨物が通過します。

ここは上下の列車が撮れる位置です。

長野から来た少し先輩の方が場所を確保していました。

今回は先ほどの地元のおじさんと長野から来た方と話が弾み、寒さも吹き飛ぶ感じでした。

700_4180
115系普通電車 D700 70-200mmF2.8GVR2(DXクロップ)

このアウトカーブの下り方はこんな感じです。

後ろのタンクローリーが気にならなければいい感じです。

このくらいの時間になるとサイロの陰もかわせることがわかりました。

D51には少し窮屈かな?

さて、撮影地も混んできたので、初めの三脚に位置に戻ります。

700_4186
D51復活25周年記念号 D700 70-200mmF2.8GVR2

1029、D51はやって来ましたが、煙を巻き込んで客車が全く見えません。

700_4190
煙幕? D700 70-200mmF2.8GVR2

後追いの客車のこの有様です。

当然、納得いかないので、渋川駅での停車時間を活用して、この次の撮影地に向かうことにしました。

第1目標シブシキ大正橋東側のアウトカーブ、第2目標シブシキ宮田付近です。

宮田はナビに地点登録してあったのですが、初めての撮影地でした。

みんな考えているのは同じようで、大正橋アウトカーブは駐車スペース満車、続けて宮田に向かいます。

700_4192
築堤を走る115系 D700 70-200mmF2.8GVR2

テスト撮影として、渋川でSLを追い抜く普通電車を狙います。

D511両分をサイドから手持ちでパンしながらの撮影です。

位置を調整して榛名山が入る場所に移動しました。

700_4202
榛名山とD51498+旧客 D700 70-200mmF2.8GVR2

いい感じで撮れたと思ったのですが、若干足回りが上り線で隠れてしまいました。

もう少し高い位置から撮る必要がありますね。

700_4208
D51498サイドビュー D700 70-200mmF2.8GVR2

最後は真横からの撮影。これも足回りが隠れる上にタイガーロープが邪魔します。

まあ、榛名山バックでD51498と旧型客車が撮れたので良しとします。

D51498復活から四半世紀が経ちました。

何度も足を運んだ上越線ですが、まだまだいろいろな撮り方が楽しめそうです。

次はここでC6120でも撮ってみたいです。

最後にEN-EL4aの耐久テストですが、自宅に戻って確認したところ80%以上の容量が残っており、追加投資したかいがある満足行く結果でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »