« EF510 500番代 動画編 | トップページ | EN-EL4a&BL-3 »

2013年11月24日 (日)

アイソン彗星 モノサク編

今冬、太陽に近づくアイソン彗星。

太陽に接近する11月下旬は、本彗星が目視出来るチャンスであることから、カメラをもって出かけました。

家の近所で周りが暗いところ…モノサクしか思いつきませんでした。

700_4092

オリオン座 D700 70-200mmVR2

午前4時30分頃亀崎踏切着。

北極星から東南東の空を導いても、彗星の姿は見えません。

空には冬の星座オリオン座が輝いていました。

カメラだと見えない星が見えるのに驚きました。

東南東の林が邪魔なので、宮の下踏切の近くにある鹿島川の橋の上に移動してみました。

700_4102

星空の始発電車 D700 70-200mmVR2

東南東の方角を何度探しても彗星は確認できませんでした。

0506そんな中、始発電車が駆け抜けていきました。

700_4115a

鹿島貨物97レの光跡と星たち D700 70-200mmVR2

0524鹿島貨物97レが通過します。

かつて青い流れ星ブルートレインの先頭に立ったEF65PFと彗星のコラボ?

拡大すると見えるかも知れませんが宮の下踏切の右上の星が水星(かな?)、その右隣の薄暗い星がアイソン彗星の模様です。

はっきり言って現地ではさっぱりわかりませんでした。

0535だいぶ明るくなってきて水星の隣の星も見えなくなったので敗北感を感じながら帰ることにしました。

家に帰ってから写真をRAW現像してみてそれらしいカットが見つかったのでトリミングして切り出してみました。

700_4110t
ISON(アイソン)彗星 D700 70-200mmVR2

今回は水星とアイソン彗星が並ぶ配置だったので何とか写せていたという感じでした。

また、赤道儀がないと星が結構流れるのを実感しました。

上の写真も露光時間は4秒ですが結構流れています。

12月中旬のアイソン彗星後段にはもっと立派な尻尾が見える事を期待してまた挑戦してみたいと思います。

でも、林の陰に隠れる時間が多いので素直に九十九里辺りの海岸に行けばよかったです。

|

« EF510 500番代 動画編 | トップページ | EN-EL4a&BL-3 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

天体観測」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイソン彗星 モノサク編:

« EF510 500番代 動画編 | トップページ | EN-EL4a&BL-3 »