« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

鶴見線クモハ12現役の頃

おかげ様で当ブログも120,000アクセスを達成しました。

こじ付けではありますが、鶴見線のクモハ12を紹介したいと思います。

188362216_org_6

武蔵白石駅へ向かうクモハ12053 EOS-1nHS EF80-200mmF2.8L

早朝の鶴見線を大川支線へ向けて回送するクモハ12053です。

188362205_org

大川駅に停車中のクモハ12053 EOS-1nHS EF50mmF1.4USM

クモハ11に運転台を増設して誕生したクモハ12、こちら側は増設された運転台側です。

188362186_org_2

大川駅を発車するクモハ12053 EOS-1nHS EF80-200mmF2.8L

京浜工業地帯のコンビナートを後にするクモハ12053、こちら側はオリジナルの運転台側です。

鶴見線のクモハ12は平成8年3月武蔵白石駅大川支線のホーム撤去とともに僚機のクモハ12052とともに引退、大井工場で保管されていましたが、平成18年車籍抹消、平成22年に解体されたそうです。(クモハ12052は静態保存中)

その他、鶴見線で活躍した車両について

188362168_org_4

前面強化された黄色の103系 EOS-1nHS EF80-200mmF2.8L

こちらは平成8年も205系と交代し引退しました。

188362148_org

浜川崎駅に停車中のEF15 79【八】 AE-1 NewFD50mmF1.4

こちらは昭和57年12月に撮影したものです。この日にクモハ12052に乗って写真を撮ったはずなのですが、なぜか見つからず…

浜川崎駅周辺の光景は現在もあまり変わりませんが、使われなくなった貨物線に雑草が茂っていて栄枯盛衰を感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月29日 (日)

205系横浜線・鶴見線・南武線浜川崎支線

E233系に置き換えがアナウンスされた横浜線、旧型国電クモハ12引退以来ご無沙汰している鶴見線を訪問してきました。

D7k_0363s

東神奈川駅で並ぶ横浜線205系 D7000 18-300mmVR

D7k_0360s

サハ204 107 D7000 18-300mmVR

ちょっと手抜きですが、東神奈川駅での駅撮りで済ませて、そのまま京浜東北線で北上しました。

D7k_0364s

鶴見駅で発車を待つ205系1100番代T11編成 D7000 18-300mmVR

鶴見駅の鶴見線改札を抜け、ホームにはいると昔のホームがそのままに205系1100番代T11編成の浜川崎行きが発車を待っていました。

アーチを描くホームの屋根などに鶴見臨港鉄道時代の面影が残っています。

さて、土日ダイヤの鶴見線は本数が少ないのでこの電車に乗り込みます。

しばらく高架線を走り、鶴見小野で地上へ、旧弁天橋電車区を横目に弁天橋到着。

ここから臨港鉄道らしい風景が続きます。

浅野には廃止された貨物線の後に草が生い茂りちょっと寂しい風景が続きます。

D7k_0366s

安善駅を発車する205系1100番代T12編成 D7000 18-300mmVR

D7k_0367s

安善駅から見たタキ1000 D7000 18-300mmVR

安善駅では石油貨物のタキ1000などが停まっていました。

D7k_0369s

浜川崎駅で入れ換える205系 D7000 18-300mmVR

今では使われなくなった貨物線の線路を眺めながら浜川崎に到着。

南武線浜川崎支線に乗り換えます。

D7k_0371s

南武線浜川崎駅 D7000 18-300mmVR

D7k_0375s

浜川崎に停車中の205系1000番代 D7000 18-300mmVR

浜川崎支線は40分に1本しか電車がないのでこれに乗り込みます。

ここで待っていれば貨物列車が眺められるのですが、今日はパスしました。

D7k_0376s

八丁畷駅を後にする南武線205系1000番代 D7000 18-300mmVR

D7k_0378s

浜川崎支線の205系1000番代 D7000 18-300mmVR

この駅は京急に改札業務を委託しているのでスイカの簡易改札機が設置されていました。

横浜線の205系はまもなくE233系に置き換えられますが、鶴見線の205系1100番代や浜川崎支線の205系1000番代はしばらく活躍する姿が見られそうです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月28日 (土)

京急ブルースカイトレイン@能見台

いつもお世話になっている京浜急行。

たまには駅以外で撮ってみようと能見台~金沢文庫のS字カーブを訪問してみました。

D7k_0330

京急ブルースカイトレイン2100形 D7000 18-300mmVR

D7k_0332

赤と青の2100形 D7000 18-300mmVR

いきなりブルースカイトレイン2100形、そして赤と青の2100形離合が撮れましたが、手前の雑草が少し邪魔でした。

この時期は、脚立が必要かもしれません。

国道16号線の歩道から安全に撮影できるのはいいんですが…

続いて元特急車2000形

D7k_0328

2000形ローカル D7000 18-300mmVR

ここは影が出やすいので薄曇りの日に訪問したほうがよさそうです。

続いて能見台での駅撮り

D7k_0325

2000形エアポート急行 D7000 18-300mmVR

ん~、駅撮りで十分な気もしてきました。

最後は京浜急行唯一の複々線区間金沢文庫~金沢八景にて

D7k_0341
京急新1000形ステンレス車 D7000 18-300mmVR

D7k_0349

京急600形 D7000 18-300mmVR

D7k_0351

京急2100形 D7000 18-300mmVR

後ろの車庫で休んでいる2100形は実は更新車なのですが、走行シーンを撮影できませんでした。

ここも、山側の影が伸びるのが早いです。

そういえば、以前こんな写真も撮っていました。

Dsc_0836

月と京急 Nikon1 V1 10-100mm

こんな時に限って、ブルースカイトレインだったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月27日 (金)

新川崎駅界隈

新鶴見機関区の隣にある新川崎駅。昭和55年10月の横須賀線・総武快速線の直通運転開始とともに誕生しました。

元々品鶴貨物線と利用して東海道本線と横須賀線の分離した経緯もあり、武蔵野貨物線へ通り抜ける貨物列車の往来が多く、貨物列車を牽引する電気機関車の姿を楽しめます。

新川崎駅ホーム品川駅寄りに多くの鉄ちゃんがいたので列車を降りてみると…

D7k_0308_3

EF641041牽引石油列車 D7000 18-300mmVR

D7k_0310

EF641041牽引石油列車 D7000 18-300mmVR

原色白Hゴムで人気のEF64 1041号機がやってきました。

塗装が色褪せているのが残念でした。

D7k_0315

EF210-7牽引配給列車? D7000 18-300mmVR

D7k_0318
EF210-7牽引配給列車?後追い D7000 18-300mmVR

続いてEF210-7牽引のタキ、コキ×2、トキの配給列車でしょうか?変わった編成がやってきました。

そして最後は…

D7k_0320_2

205系ハエ2回送列車 D7000 18-300mmVR

帰らぬ旅へ旅立つのか?埼京線ハエ2編成の回送列車がやってきました。

某SNS情報だと茅ヶ崎へ送られた模様です。

あまり撮影環境はよくありませんが、手軽に貨物列車や新鶴見機関区の電気機関車の観察が楽しめるポイントでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

台風18号による帰宅迂回ルート?

各地に甚大な被害をもたらした台風18号、そんな中、各地で台風による運行障害を乗り越えなんとか赴任先より帰宅しました。

出発前の事前情報は横須賀線、総武快速線は運行とあり、京浜急行も一部遅れ、東京メトロ東西線は中野~東陽町で折り返し運転との話でした。

JR東日本については列車運行状況というスマホアプリで、京急はツイッターの公式サイトで、東京メトロはwebでそれぞれ運行状況を確認しました。

雨が小降りになった隙を見て京急久里浜駅へ行ってみましたが…

久里浜線は京急久里浜~三浦海岸が運行分離、三浦海岸~三崎口がバス代行という状態。

電車も間引かれ、20分間隔の快特青砥行きに乗り込みました。

各地で徐行運転しながら銀1000形に乗車していましたが、総武緩行線・総武快速線運転見合わせとの情報が入ります。

横浜での乗り換えは諦めてそのまま乗車。

品川には13分遅れで到着しました。

京成線は何とか動いているようなのでそのまま乗車、押上で後から来た京急600形アクセス特急成田空港行きが先発するので乗り換えました。

Kimg0728
京急600形から見る荒川の鉄橋 URBANO PROGRESSO

押上を出ると京成線の江戸川~国府台間で強風のため運転見合わせとのアナウンス。

高砂には快速佐倉行きが停車していましたが、いつ運行再開になるのかわからないのでこのまま乗車を続けて、北総鉄道新鎌ヶ谷まで行くことにしました。

北総線は線形も良く、設備が新しいので、暴風柵も設置されており無事江戸川を渡り千葉県へ入ることが出来ました。

トンネルと高架区間ばかりですが、120km/hで運行していたのはちょっと感激です。

上りのスカイライナーとも離合しました。

D7k_0285
京急600形アクセス特急 D7000 18-300mmVR

そのまま新京成に乗り換えても良かったのですが、新鎌ヶ谷の駅前を散策するとこんなものが…

Kimg0731
かまがや盛り上げ隊? URBANO PROGRESSO

なんか営団地下鉄のマークに似ていますね?

D7k_0297
新京成8800形8801編成 D7000 18-300mmVR

最後は新京成に乗車しました。

新鎌ヶ谷付近の連続立体化工事もずいぶん進んできたなと実感しました。

1430頃には運行を見合わせしていたJR線も順次運転再開しましたが、おもしろいルートで帰宅できたので良しとします。

JR東日本から暴風柵の設置の案内が出ていました。

総武線(荒川中川、江戸川橋梁)は2014年度ってまだまだ先のようです。

http://www.jreast.co.jp/press/2013/20130908.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月15日 (日)

京浜急行デハ600形(2代)

京浜急行デハ600形(2代)の古い写真をスキャンしてみました。

Deha601
品川駅で発車を待つデハ600形(2代)とデハ1000形初代 AE-1 NewFD50mmF1.4

今から30年くらい前の品川駅、快速特急に2ドアセミクロスシートのデハ600形、特急に当時の主力車両デハ1000形(初代)が並んでいます。

デハ600形(2代)は2000形の導入により引退、琴電に譲渡された車両は貫通型に改造され今も現役。

写真のデハ601は逗子池子第一運動公園に静態保存されているそうです。

2ドアクロスシートの系譜でみると集団見合い式のクロスシート車で登場した2000形は3ドア、ロングシートに改造され2100形にその座を譲りました。

186709233_org_5
快特運用に就く京浜急行2000形 D7000 18-300mmVR

この2000形はラッシュ時に快速特急の運用についていました。

181120098_org_3
八ツ山を渡る京浜急行2100形 Nikon1V1 30-110mm

現在主力の2ドア、クロスシート車の2100形。快速特急や座席定員制のウィングに活躍しています。

そして現在の600形(3代)

181119926_org
京浜急行600形(3代) Nikon1V1 30-110mm

こちらは3ドア、クロスシート車として登場しましたが、収納式のクロスシートとか複雑な機構が嫌われたのか?現在は車端部のみクロスシート、残りはロングシートに改造されました。

続いて新1000形

186120475_org

ドレミファインバーターも健在の1000形アルミ車 D7000 18-300mmVR

初期のアルミ車体の車両は車端部にクロスシートがあり、改造後の600形と似た客室となっています。

またシーメンス社の通称ドレミファインバーターも一部車両で健在です。

そして、現在も増備されている新1000形ステンレス車

D7k_0095
久里浜駅を発車する新1000形ステンレス車 D7000 18-300mmVR

こちらはオールロングシート車となっており、わたくし的には来るとがっかりする車両の一つです。

まあ、初代1000形もオールロングシートでしたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

南武線205系・209系

E233系に置き換えが発表された南武線。

久しぶりに川崎周辺の末端区間を訪問してみました。

D7k_0248

川崎駅で発車を待つ南武線205系 D7000 18-300mmVR

D7k_0249

南武線205系回送電車 D7000 18-300mmVR

D7k_0251
尻手駅に停車中の川崎行き205系普通電車 D7000 18-300mmVR

この205系は間もなく置き換えでしょう。

生憎の天気で露出も最悪、しかたがないのでCaptureNX2のトライアル版をダウンロードしてRAW現像してみました。

プロダクトキーは60日間の試用期間を待って購入しようと思います。

続いて209系

D7k_0254
209系2200番代 D7000 18-300mmVR

こちらは機器更新も施工済みの2200番代車、残る0番代のナハ32編成の処遇も気になるところです。

最後は浜川崎支線

D7k_0266
EF652037単機回送 D7000 18-300mmVR

浜川崎支線の電車を待っている間にEF65PFの単機回送が通過しました。

D7k_0263
尻手駅に入線する205系1000番代 D7000 18-300mmVR

D7k_0268
発車を待つ浜川崎支線205系1000番代 D7000 18-300mmVR

D7k_0275
八丁畷駅を通過するEF641036牽引貨物列車 D7000 18-300mmVR

初めてここを訪れた時は茶色の旧型国電クモハ11とクハ16の2連が走っていましたが、101系時代に続いて205系の2M電車となっていました。

浜川崎支線は貨物線のおまけで営業している感がある路線ですが、長大な貨物列車の合間に2両編成の電車がトコトコ走るのがなんともいい感じでした。

ここまで来ると次はクモハ12引退以来訪問していない鶴見線が気になるのでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝台特急カシオペア@尾久

今月の黒磯訓練にEF64が入ったとの情報に東北本線沿線に向かいましたが、なぜかいつもより1時間くらい早いダイヤに間に合わず、やむなく尾久へ向かってみました。

D7k_0240
EF510-509牽引寝台特急カシオペア D7000 18-300mmVR

D7k_0244
E26系寝台特急カシオペア D7000 18-300mmVR

最近は銀ガマが先頭に立っている事が多いカシオペアでした。

おそらく、黒磯訓練で使われたであろう24系客車は尾久駅のホームの隣に留置されていました。

D7k_0235
24系寝台客車 D7000 18-300mmVR

D7k_0247

北斗星のテールサインの24系寝台客車 D7000 18-300mmVR

これらの客車は黒磯訓練で使われている他、北斗星の予備車両となっていると思われますが、連結面の幌が外されているのが少し気になりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝台特急北斗星@上野

上野駅での寝台特急北斗星について。

D7k_0197_2
推進運転で上野駅に入線する寝台特急北斗星 D7000 18-300mmVR

多くの乗客たち出迎えの中、札幌行き寝台特急北斗星が入線します。

D7k_0210_2
北斗星の24系客車 D7000 18-300mmVR

D7k_0217
食堂車スシ25 D7000 18-300mmVR

スシ25は電車特急の食堂車を種車とするので車体断面がかなり違います。

私は残念ながら電車特急の食堂車には乗車したことがありません。(除く新幹線)

D7k_0218

電源車とEF510 D7000 18-300mmVR

D7k_0219

北斗星のテールサイン D7000 18-300mmVR

D7k_0220
出発を待つEF510-513号機 D7000 18-300mmVR

この日の牽引機はEF510-513でした。

D7k_0225

JR北海道車のエンブレム D7000 18-300mmVR 

D7k_0222

食堂車の準備をするウェイトレスさん D7000 18-300mmVR

こうした姿を見ると実にいろいろな人たちに支えられて寝台特急北斗星は運航されているということに気付かされます。

沿線で通過を待ち構えて写真を撮るのもいいですが、駅で列車をじっくり観察するというのもいいです。

もちろん乗車できればそれに越したことはないですが、新幹線函館開業まで残された時間は短く、私がもう一度北斗星に乗るのは難しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武蔵野線205系・209系

D7000の試写は続いていますが、そろそろ路線ごとに整理します。

西船橋から武蔵野線に乗車したらしもうさ号でした。

三郷で下車時にスマホでパチリ。

Kimg0718

武蔵野線205系メルヘン顔 URBANO PROGRESSO

このスマホ、機能的にもバランスが良くて気に入っていますが、カメラが弱いのが不満でしょうか?

D7k_0134

三郷の鉄橋を渡る205系 D7000 18-300mmVR

この間よりは時間も早いのもありますが、AEロック(ホールド)もなんとか操作に慣れてきました。

D7k_0129_2

三郷駅で顔を合わせた武蔵野線205系 D7000 18-300mmVR

205系もちょっとくたびれてきた感がありますね。

ここで、移動しようとホームを移動するとEF652121の単機回送が通過。

しかしカメラはバッグの中で撮り損ねました。

続いて、吉川美南編

D7k_0138

武蔵野線209系500番代 D7000 18-300mmVR

D7k_0142
武蔵野線209系500番代後追い D7000 18-300mmVR

このM71編成は総武線・京浜東北線・京葉線・武蔵野線と帯色を張り替えてきた電車です。

D7k_0146_2
209系500番代と205系 D7000 18-300mmVR

バリエーションとしては、205系と209系500番代の2種類の電車が活躍する武蔵野線。

貨物線として建設された経緯やホームの有効長から8両編成の電車しか運用できず、205系のE233系への置き換えが発表された南武線と違ってVVVF化された武蔵野線の205系はまだまだ活躍しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nikon D7000 導入編 その3

前回から間が空きましたが、引き続きD7000の試写について。

186709279_org
山手線@東京駅 D7000 18-300mmVR

みどりの山手線が来たと思ったら内回りの電車に被られてしまいました。

続いてISO3200の試写。

D7k_0167
E233系湘南色 D7000 18-300mmVR

D7k_0178

E231系と京浜東北線E233系 D7000 18-300mmVR

D7k_0191

E231系快速ラビット D7000 18-300mmVR

RAW現像の方法にもよると思いますが、ISO3200は非常用かな?

なお、蕨駅のS字カーブはなかなか楽しかったです。

D7k_0192

E233系高崎線 D7000 18-300mmVR

こちらはISO800です。

ISO800程度なら余裕で常用できますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 3日 (火)

Nikon D7000 導入編その2

前回に続いて、D7000の試し撮りで実感したことについて…

まずは地元の東葉高速にて

186183221_org_4

東葉高速2000系 D7000 18-300mmVR

この場所は上下線各15分毎に1本しか電車が来ないので気がついたら夕日は厚い雲の中へ

186183300_org_4

東京メトロ東西線05N系27編成(8次車) D7000 AF-S50mmF1.8G

ちょっと薄暗くなってきたので50mmの単焦点で撮ってみました。

とくに変わった設定はしませんでしたが、感度はISO1600(上限設定)です。

もう少し感度を上げても大丈夫かな?

これ以降の撮影は無理と判断し再び自宅へ…

186212433_org

ちびハム D7000 60mmF2.8Dマイクロ

今度は60mmマイクロでハムスターを撮ってみました。

目にピンが来ませんでしたが、まあまあいい感じです。

D300やD700に慣れた体にD7000の使い勝手といえば当然スイッチ類が減ることがありますが、一番慣れないのがマルチセレクター中央のOKボタンに拡大表示を割り当てられないことでしょうか?

いろいろカスタマイズしてAE/AFロックボタンにはAE-L(ホールド)を割り当てましたが、これはなかなか便利です。

ちなみにD700ではAE/AFロックボタンをLVに割り当てています。

つづいて高感度耐久テスト?

D7k_0066
三郷の鉄橋を渡るEF210-160牽引貨物列車 D7000 18-300mmVR

こちらはMモード、ISOオートでヘッドライトに幻惑されISO800になりました。

事前にAE-Lをかけるべきでした。

D7k_0075

三郷駅に進入するEF210-160牽引貨物列車 D7000 18-300mmVR

こちらは駅の明かりを利用しましたが、ISOオートでISO4000になっています。

今のところViewNX2でRAW現像している赴任先ではノイズの処理ができないのでこの感度での撮影は無理と感じました。

だんだん暗くなってきたので、曇天用にタムロンA09をレンズ交換してみました。

D7k_0078

三郷の鉄橋を渡る205系 D7000 28-75mmF2.8(A09)

ヘッドライトの明かりに対して露出を1.7段プラスにしたところISO6400(上限設定)になってしまいました。

せっかく明るいレンズにしたのに絞りを開けるのを忘れたためです。

ISO6400は非常用ってところでしょうか?

D7k_0091

三郷駅に停車中の205系武蔵野線 D7000 28-75mmF2.8(A09)

こちらは開放絞りですが、ISO3200になりました。

丁寧に現像すれば十分使えると思います。

これにてISOオートの上限感度はISO3200に決定?

このあとは南浦和に行って10時間遅れの北斗星でも見ようかと思っていましたが、栗橋で落雷・停電、ポイント故障で東北本線の電車が停まっており、大粒の雨が降ってきたのであきらめて帰ることにしました。

D7k_0093

埼京線のサハ204(6扉車) D7000 28-75mmF2.8(A09)

MモードのままにしていたのでこちらもISO3200になってしまいました。

ここからは湘南新宿ラインで横浜へ出て京急に乗り継ぎました。

D7k_0095

京浜急行新1000形(ステンレス車) D7000 18-300mmVR

最後は銀1000です。

スポット測光の切り替えがわからず、そのまま撮影。

シャッターボタンの隣にあったのですね、測光モードボタン。

もう少し操作に慣れる必要があると実感したのでした。

次はリモートケーブルが欲しいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月)

Nikon D7000 導入編

2010年10月の発売から間もなく3年が経過するNikon D7000。後継のD7100も登場し、価格がこなれてきてコストパフォーマンスが高いことから導入に踏み切りました。

D300導入から5年ぶりのDX機導入となります。

Dscn1901

Nikon D7000と18-300mmVR CoolPix S9100

実は先日のSLレトロ碓氷に乗車したのち早々と帰宅したのは、夏季休暇前に注文していたD7000を某カメラチェーン店で受け取るためだったのでした。

とりあえず試し撮り…

D7k_0003

開国橋から臨む東京湾フェリー D7000 18-300mmVR

D7k_0004

鋸山と東京湾フェリー D7000 18-300mmVR

かつて黒船に乗ってペリーが来航した場所でファーストショットです。

D7k_0006

残照 D7000 18-300mmVR

D7k_0009

久里浜の夕景 D7000 18-300mmVR

空はすっかり秋の空になりました。

続けて帰宅途中に駅撮り

186120538_org

京浜急行1500形 D7000 18-300mmVR

186121020_org_3

新京成8800形8809編成 D7000 18-300mmVR

D7000の歪曲補正機能と18-300mmVRの相性もばっちりでした。

続いて走行写真

186134694_org

EF652069牽引鹿島貨物97レ D7000 18-300mmVR

夏季限定で撮影可能な鹿島貨物97レ、日の出直後の弱い光線でもAF-C9点ダイナミックAFでしっかり合焦しました。

実はISO1600なのですが、D300では使いたくない感度、D7000ならまだまだ行けそうです。

186134761_org

コンテナ貨物 D7000 18-300mmVR

ちなみにNikon1 V1の動画

EF652069牽引鹿島貨物97レ Nikon1V1 10-100mm

このD7000は14bitロスレス圧縮RAWで撮影、この動画に入ったシャッター音から8コマ目までは秒間6コマで連射、事後、少し間をおいて9、10コマ目となっています。

歪曲補正をかけて14bitロスレスRAWで連続8コマまで撮れれば十分と思います。

D300は14BitRAWだと秒間2.5コマまで落ちてしまいますし、最新型のD7100は同じ条件で4コマで息継ぎしてしまうみたいですので…

とりあえず、スナップ&動画用のNikon1V1と電車移動等持ち運び用のD7000で電池も共通化できたのでした。

車移動ならFX機にナノクリレンズ等機材がいくら重くても構わないのですが、単身生活で電車移動が増えたのでこのくらいの構成がバランスがいいです。

そろそろ生産停止となりそうですが、D7000は性能と価格のバランスが最もいい1台ではないでしょうか?

でも、最初からD7000・18-300mmスーパーズームキット買ったほうが安かったのは後の祭りなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »