« 京急ブルースカイトレイン@能見台 | トップページ | 鶴見線クモハ12現役の頃 »

2013年9月29日 (日)

205系横浜線・鶴見線・南武線浜川崎支線

E233系に置き換えがアナウンスされた横浜線、旧型国電クモハ12引退以来ご無沙汰している鶴見線を訪問してきました。

D7k_0363s

東神奈川駅で並ぶ横浜線205系 D7000 18-300mmVR

D7k_0360s

サハ204 107 D7000 18-300mmVR

ちょっと手抜きですが、東神奈川駅での駅撮りで済ませて、そのまま京浜東北線で北上しました。

D7k_0364s

鶴見駅で発車を待つ205系1100番代T11編成 D7000 18-300mmVR

鶴見駅の鶴見線改札を抜け、ホームにはいると昔のホームがそのままに205系1100番代T11編成の浜川崎行きが発車を待っていました。

アーチを描くホームの屋根などに鶴見臨港鉄道時代の面影が残っています。

さて、土日ダイヤの鶴見線は本数が少ないのでこの電車に乗り込みます。

しばらく高架線を走り、鶴見小野で地上へ、旧弁天橋電車区を横目に弁天橋到着。

ここから臨港鉄道らしい風景が続きます。

浅野には廃止された貨物線の後に草が生い茂りちょっと寂しい風景が続きます。

D7k_0366s

安善駅を発車する205系1100番代T12編成 D7000 18-300mmVR

D7k_0367s

安善駅から見たタキ1000 D7000 18-300mmVR

安善駅では石油貨物のタキ1000などが停まっていました。

D7k_0369s

浜川崎駅で入れ換える205系 D7000 18-300mmVR

今では使われなくなった貨物線の線路を眺めながら浜川崎に到着。

南武線浜川崎支線に乗り換えます。

D7k_0371s

南武線浜川崎駅 D7000 18-300mmVR

D7k_0375s

浜川崎に停車中の205系1000番代 D7000 18-300mmVR

浜川崎支線は40分に1本しか電車がないのでこれに乗り込みます。

ここで待っていれば貨物列車が眺められるのですが、今日はパスしました。

D7k_0376s

八丁畷駅を後にする南武線205系1000番代 D7000 18-300mmVR

D7k_0378s

浜川崎支線の205系1000番代 D7000 18-300mmVR

この駅は京急に改札業務を委託しているのでスイカの簡易改札機が設置されていました。

横浜線の205系はまもなくE233系に置き換えられますが、鶴見線の205系1100番代や浜川崎支線の205系1000番代はしばらく活躍する姿が見られそうです。




|

« 京急ブルースカイトレイン@能見台 | トップページ | 鶴見線クモハ12現役の頃 »

ローカル線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 205系横浜線・鶴見線・南武線浜川崎支線:

« 京急ブルースカイトレイン@能見台 | トップページ | 鶴見線クモハ12現役の頃 »