« 山北のD5270 | トップページ | JNRマーク付きG-2デフ装備のC58363 »

2013年6月16日 (日)

MSE特急あさぎり

久しぶりの更新になります。

しばらく御殿場方面へ通う機会があり、高速バスやJR東海道本線・御殿場線を使うことが多かったのですが、時間が合ったので小田急60000形MSE特急あさぎり11号に乗車してみました。

Dscn1558s

新宿駅に停車中のMSE特急あさぎり11号・えのしま11号 S9100

新宿駅に到着したのが発車の10分前。ロマンスカーカフェで食料を調達して一服。

その後、あさぎり号に乗り込みました。

Dscn1562s

MSEの連結面(左があさぎり、右がえのしま) S9100

木目調の落ち着いた車内がいい感じでした。
Dscn1565s
営業休止の売店部分 S9100

新宿を発車したMSE特急あさぎり11号・えのしま11号は順調に走り続けます。

久しぶりに小田急に乗って驚いたのは複々線区間が増えたことでしょうか?

ちょっと車内を散策してみましたが…

売店は営業休止。

車掌さんが行ったり来たりしており車販チームもいなくてがっかりでした。

新宿で食べ物を調達しておいて正解でした。

Dscn1568s_3

ショーケースのグッズ S9100

相模大野で特急えのしま11号を切り離し、6両編成になった特急あさぎり11号は軽快に走り続けます。

車内には欧米系の外国人が多いことに驚きました。

確かに沿線には、座間、厚木、富士と米軍基地が多いのでその関係者かもしれません。

Dscn1570s
1号車の前面展望 S9100

MSEには展望席はありませんが、運転席の後ろはガラス張りで前面展望が楽しめるようになっていました。

この辺は小田急のロマンスカーの伝統でしょうか?

Dscn1571s

松田の連絡線を走る特急あさぎり S9100

あさぎりは御殿場行きの連絡急行時代から運行されていますが、乗り通す乗客は少なくほとんどが松田までに降りてしまいました。

Dscn1575s_3

MSEの車内 S9100

さて、御殿場線にはいると山間の区間となります。

Dscn1576s
車窓の富士山 S9100

御殿場線の車窓には富士山の姿も。

Dscn1581s_4

JR東海の普通電車と交換 S9100

足柄で普通列車と交換、終着駅御殿場ももうすぐです。

Dscn1590s
御殿場駅に到着したMSE特急あさぎり11号 S9100

Dscn1591s_5

貫通扉がある6号車 S9100

MSE特急あさぎり11号はなかなか快適でしたが、高速バスの2倍の料金が玉に瑕かもしれません。

また平日3往復、土日祝日4往復と本数が少ないのも使いにくかったです。

Dscn1557s_4

VSE S9100

VSEも乗りたくなってしまいました。

|

« 山北のD5270 | トップページ | JNRマーク付きG-2デフ装備のC58363 »

鉄道」カテゴリの記事

ローカル線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MSE特急あさぎり:

« 山北のD5270 | トップページ | JNRマーク付きG-2デフ装備のC58363 »