« 初夏の利根川鉄橋 | トップページ | 山北のD5270 »

2013年5月 5日 (日)

パレオエクスプレスと芝桜

GW後半戦、パレオエクスプレスとイチゴ狩りのバスツアーで秩父を訪問してみました。

私が予約したわけではないのですが、行楽渋滞の中、滞在時間時間切り詰めのバスツアーの中で私的に楽しめたものを紹介します。

Dsc_7177s

出発を待つパレオエクスプレスのスタッフ達 D300 VR18-200mm

関越道とR140は大渋滞。

昼食とイチゴ狩りをすませ、三峰口へやって来ましたが、時間はぎりぎり。列車はすでに出発準備中でした。

Dsc_7182s

こどもの日・鯉のぼりデザインのHM D300 VR18-200mm

Dsc_7183s

C58363とこどもの日HM D300 VF18-200mm

Dsc_7188s

C58363の蒸気発電機 D300 VR18-200mm

Dsc_7189s

C58363のキャブ付近 D300 VR18-200mm

ホームへ入り、所要の撮影を済ませました。

本来の家族連れに加えて、バスツアーの客なども合わせて人が多すぎで、座席も相席で家族バラバラになってしまいました。

三峰口から乗ると座れるだけマシかもしれませんが…

Dsc_7185s_2

芝桜エクスプレス D300 VR18-200mm

さて、上りのパレオエクスプレスはほとんど坂道を下るだけの状態、ざわついた車内、冷房の送風の音などでかすかに汽笛が聞こえるくらいでした。

赤茶色にリニューアルされた12系に乗るのは初めてでしたが、木目調の化粧版になり雰囲気は良かったです。

ただ、観光案内の自動放送が随時流されるのでこれがまたうるさいです。

一番落ち着いて乗れるのはJRのSLみなかみ、真岡鐵道のSLもおかでしょうか?大井川もSLおばさんとかSLおじさんがうるさいので…

上りパレオのハイライトは浦山口~影森の上り勾配、ゆっくりと登っていきますが、相席で窓を開けられず、C58の息づかいを感じることは出来ませんでした。

あまり楽しめないので、車販のアイスクリームでお茶を濁し、汽笛の音に耳を傾けました。

窓を開けることに文句を言う初老のツアー客もいるから一般客にはこれで十分なのかな?

さて、30分ほど乗車して秩父で下車、買い物を済ませて羊山公園へ。

こちらもお花畑駅から歩いてすぐの所ですが、渋滞によりバスは1時間ほどかかりました。

羊山公園も観光客で混雑していました。

Dsc_7196s_3
芝桜 D300 VR18-200mm

Dsc_7197s

羊山公園の芝桜 D300 VR18-200mm

お花を撮るなら夜露が乾かない朝のうちがいいです。

ひからびた芝桜を見学して帰途につきました。

帰り道もR140、関越道高坂SAまでは大渋滞、秩父~津田沼5時間、バスの運転手さんお疲れ様でした。

帰りに通った寄居・皆野有料道路、なんで往路で通ってくれなかったのかな?これを使えばもう少し余裕があったのに…

子供達は、イチゴ狩りと芝桜がよかったと言っており、座席指定ではなかったSLの旅は不評だったのでした。

カメラはD300とVR18-200mmはちょうど良かった感じでした。

5月18日にはC5833風の変形デフレクターを付ける予定のパレオエクスプレスですが、私は娘の運動会で撮りに行けないのが残念です。

http://www.chichibu-railway.co.jp/paleo/news2012/130426-1/

|

« 初夏の利根川鉄橋 | トップページ | 山北のD5270 »

蒸気機関車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パレオエクスプレスと芝桜:

« 初夏の利根川鉄橋 | トップページ | 山北のD5270 »