« いすみの春その4 | トップページ | EF64鹿島貨物から撤退 »

2013年3月17日 (日)

京成リバイバル赤電引退へ

京成電鉄で運行されていたリバイバル塗装の3300形。

先日、青電が引退したばかりですが、赤電が3月20日、2代目赤電(ファイアーオレンジ)が24日にそれぞれ引退することが発表されました。

赤電の運用は京成電鉄のWebサイトに掲載されており、金町線に封じ込まれ撮影しやすそうなところ狙って出かけてきました。

Dsc_7100s

3300形赤電塗装と2代目赤電 D300 VR16-85mm

Dsc_7095s

3300形ファイアーオレンジと赤電 D300 VR16-85mm

京成金町線は柴又~金町間が単線なので柴又駅で上下の電車が交換します。

また、現在金町線の高砂駅ホームは独立して高架になっており、ほぼ運用も独立した状態。

この日は赤電とファイアーオレンジが柴又駅で交換する姿が繰り返されました。

引退する両編成を記録するには実に都合のいい運用でした。

Dsc_7105s

高砂駅に進入する2つの特急 D300 VR70-300mm

せっかく高砂まで行ったので、京成電鉄唯一の複々線区間を走る姿を撮ろうとしたら、本線特急とアクセス特急がやって来ました。

両者は別の経路を経由して成田空港を目指します。

こちらも美味しいツーショットでした。

子供の頃、親しんだ赤電、学生時代は通学時に非冷房で夏は本当に暑苦しかったファイアーオレンジと懐かしい赤電2態でしたがお別れの日が近づいています。





|

« いすみの春その4 | トップページ | EF64鹿島貨物から撤退 »

ローカル線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京成リバイバル赤電引退へ:

« いすみの春その4 | トップページ | EF64鹿島貨物から撤退 »