« 赤い電機機関車x2 | トップページ | 静態保存機D5272 »

2013年3月24日 (日)

菜の花のローカル線

早春の房総のいすみ鉄道と小湊鉄道を訪問してきました。

Dsc_3625s

菜の花急行 D700 70-200mmF2.8GVR2

元画像

http://photozou.jp/photo/show/2416300/172537349

春のダイヤ改正で設定された、朝の快速列車を狙ってみました。

城見ヶ丘の桜並木はまだ桜が1本一分咲きという状態でしたが、菜の花は満開でした。

臨時急行は国吉などで長時間停車がありますが、この快速列車はそれがなく追いつかないことがわかったので、東総元へ行ってみました。

上り列車を狙う桜のカーブは満員御礼状態でしたので、下り向きのカーブ先端で待ちかまえます。

Dsc_3636s

桜カーブを駆け上がるキハ52+キハ28普通列車 D700 70-200mmF2.8GVR2

ここも桜はほとんど咲いていませんでした。

Dsc_3650s

桜並木とキハ28 D700 70-200mmF2.8GVR2

元画像

http://photozou.jp/photo/show/2416300/172537452

撮影者で混雑する東総元の桜カーブを避けて、大多喜寄りの勝浦街道踏切脇の桜並木の所から上りのキハ28を狙ってみました。

ここは逆光線になります。

その逆光線を利用して桜のボリュームが増えて写ることを期待しましたが、直前に曇ってしまいました。

染井吉野ではありませんが、ピンク色の桜(種類はわかりません)が綺麗でした。

この撮影場所の近くの民家に腕木式信号の様なものがあるのですが、通りかかった自転車のおじさんから「桜撮っているの?腕木式信号動かしてやるよ。」と声をかけられました。

地元の人もいすみ鉄道をそれなりに楽しんでいるようです。

レールバスだけの頃は、景観がすばらしいとわかっていても、なかなか足を運ぶ気になれなかったのですが、今はすっかりはまってしまいました。

日本の原風景というか里山を走る国鉄型ディーゼルカーはなかなか魅力的です。

午後の便はキハ28の正面に日が当たらないのでおおむね満足して帰路につきましたが、

途中、上総中野に寄ってみました。

Dsc_3661s

菜の花の終着駅 D700 70-200mmF2.8G

上総中野でいすみ鉄道の自動販売機で飲料を買って帰るつもりでしたが、ここにいた初老のおじさんが「もうすぐいすみ鉄道のキハと小湊鉄道のキハが並ぶよ」と声をかけてきたので少し待ってみることにしました。

この写真の手前の終端標識が小湊鉄道、奥の矢羽根式転轍機から側線を通じていすみ鉄道と小湊鉄道の線路が繋がっていることを初めて知りました。

Dsc_3687s_2

小湊鉄道のキハ200といすみ鉄道のキハ28 D700 24-70mmF2.8G

国鉄のキハ20の雰囲気があるキハ200とキハ28が顔を合わせました。

キハ200はおでこにライトが2灯、車内がロングシートですが足回りはキハ20と同等でなかなかいい味を出しています。

小湊鉄道の上総中野~養老渓谷間は以前は1日3本しか列車が走っていませんでしたが、里見に交換設備を復活させたのでだいぶ本数が増えていました。

これは小中学校を里見付近に集約するため、通学の足にするためなのだそうです。

養老渓谷は市原市、上総中野は大多喜町なので、その境界を越える列車の本数は少なかったともいえます。

さて、あとは小湊鉄道沿線沿いに車を走らせましたが、先ほどの気動車に追いついたので、里見のS字カーブで小湊鉄道を撮影してみました。

Dsc_3696s

小湊鉄道キハ200 D700 70-200mmF2.8GVR2

Dsc_3699s_4

里見のS字カーブを走るキハ200 D700 70-200mmF2.8GVR2

いすみ鉄道、小湊鉄道双方とも桜はまだまだでしたが、菜の花は今がちょうどいい感じでした。

小湊鉄道の方が菜の花のスケールが大きかったです。

さて、私事ですが来週から単身赴任生活となります。

ブログの更新も、休止とまでは行かなくても、今まで以上に不定期になりますが、よろしくお願いします。

|

« 赤い電機機関車x2 | トップページ | 静態保存機D5272 »

鉄道」カテゴリの記事

ローカル線」カテゴリの記事

いすみ鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菜の花のローカル線:

« 赤い電機機関車x2 | トップページ | 静態保存機D5272 »