« 京成リバイバル赤電引退へ | トップページ | ダイヤ改正後の市川界隈 »

2013年3月17日 (日)

EF64鹿島貨物から撤退

3月16日のダイヤ改正で噂されていた鹿島貨物のEF64の撤退。

1年間だけの鹿島貨物での運用でしたが、3月15日最後の姿を納めようと北浦の鉄橋へ出かけてきました。

EF641019に満載のコンテナを積んで鹿島貨物70列車はやって来ました。

Dsc_7107s

北浦の鉄橋を渡るEF641019牽引70レ D300 28-75mmF2.8(A09)

常磐線の651系・653系引退や200系新幹線の引退、東急東横線の渋谷駅地下化などは事前のアナウンスでわかりましたが、貨物の情報については毎度、貨物時刻表発売まで詳細がわからない状態。

16日にようやく貨物時刻表を入手しました。

地元千葉を走る鹿島貨物に関しては1往復削減、牽引機をEF64から新鶴見のEF210、EF65に変更ということが確認できました。

今までの71、72レが廃止、列車番号がそれぞれ90番台になります。

EF210受け持ちが99~98レ(旧73、70レ)

EF65受け持ちが97~96レ(旧77、76レ)

EF64時代の3日連続運用に比べると運用が読みにくい上に、季節によっては撮影できない早朝、夕方の便が残りました。

実際のEF64の運用は16日の96レ(旧76レ)が最後でEF641022が最後を飾りました。

ちょうど、秋葉原に貨物時刻表を買いに行った帰り道、新金線を走り去るEF64の姿を総武線の車内から見ることが出来ました。

安中貨物も今日の5388レがEF510-509が田端まで牽引したそうで、もうちょっと情報収集しておけば良かったなとちょっと後悔しました。

これからのEF210&EF65PFの鹿島貨物もしっかり記録していきたいと思います。

|

« 京成リバイバル赤電引退へ | トップページ | ダイヤ改正後の市川界隈 »

電気機関車」カテゴリの記事

ローカル線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EF64鹿島貨物から撤退:

« 京成リバイバル赤電引退へ | トップページ | ダイヤ改正後の市川界隈 »