« C6120牽引SLおいでよ銚子号最終日 | トップページ | Nikon1V1デビュー »

2013年2月17日 (日)

京成3300形3356編成通称青電引退へ

京成電鉄創立100周年を記念して青電塗装で運行されていた3300形3356編成が来る2月18日に引退することになりました。

1編成のみの運行でなかなか捉えにくかった同編成ですが、京成津田沼で捕捉したので紹介します。

Dsc_3427s

京成津田沼2番線に到着した3300形青電 D700 24-70mmF2.8G

夜の京成津田沼に到着した青電編成、このあと引き上げ線に入り再び千葉線へ向かいますが、これがなかなかタイトなダイヤでした。

この後ろから下り電車が迫っているので撮影できるのはほんの一瞬でした。

Dsc_3438s

京成津田沼3番線で発車を待つ青電 D700 24-70mmF2.8G

京成津田沼止まりの回送電車の陰で入線した3300形青電、発車は上り特急と同時刻に発車とあって、こちらもあまり時間がありません。

Dsc_3443s

ちはら台へ向けて発車した青電 D700 24-70mmF2.8G

青電の急行や快速に乗った世代としては懐かしい青電塗装ですが、本来赤電であった3300形に青電塗装は違和感がある方もいると思います。

おでこにライトがあればより完璧なんですけど…

それでは、本当の青電の姿を紹介します。

2008

赤い青電クハ2008他 AE-1 NewFD50mmF1.4

津田沼の引き込み線で休憩する戦災復旧車のクハ2008、地下鉄に乗り入れできない従来車両でしたが、末期には赤電塗装に塗られてしまいました。

本来の都営地下鉄浅草線乗り入れ車両と違い、ステンレスの帯がありませんでした。

前サボと種別サボが懐かしいです。

210

花見川の鉄橋を渡るモハ210形&クハ2100形 AE-1 NewFD100-200mmF5.6

最後まで青電で営業運転されたのが、モハ210形とクハ2100形の4連でした。

昭和56年5月撮影です。

704

青電モハ704とクハ2203 AE-1 NewFD100-200mmF5.6

最後まで荷電(行商専用列車)に使用されたモハ704とクハ2203です。この編成が廃車になった後、一時的にモハ3100形未更新車(赤電)の2両編成の荷電が走りましたが、行商専用列車が廃止となり、普通の列車の最後部が行商専用車両という運転形態になりました。

新京成へ移籍したモハ200形などの写真を撮っていなかったのは今でも心残りです。

初代赤電(ツートン)も、2代目赤電(ファイアーオレンジ)もリバイバル塗装でまだ運用されていますが、懐かしい青電塗装車が走り去ってしまうのは少し寂しいですね?




|

« C6120牽引SLおいでよ銚子号最終日 | トップページ | Nikon1V1デビュー »

鉄道」カテゴリの記事

ローカル線」カテゴリの記事

コメント

jun様

初めまして。
アキバのセブと申します。

青電の復刻カラー引退ですか。
ちょっと寂しいです。

昨日(19日)、ツートンカラーの
(名前がわかりません。昔の国鉄の特急色の様な。)
復刻カラー四両編成が走っていました。
こちらも、引退予定なのでしょうか。

懐かしいー。と見掛ける度に思っていたのですが。

投稿: アキバのセブです。 | 2013年2月20日 (水) 11時48分

アキバのセブさん
コメントありがとうございます。
今回、青電塗装の引退は京成のホームページでアナウンスがありました。
残る復刻塗装の初代赤電(上クリーム、下赤)、2代目赤電(ファイアーオレンジ)も次の検査切れまでは走ると思われます。
車でいえば車検が切れたら廃車にするような感じです。
運用撤退前に京成電鉄から何らかの発表があると思いますが、残された期間は短いと思っていた方がいいと思います。
寅さん記念館ラッピングの3300型はいつの間にか終わっていましたので…

投稿: jun | 2013年2月20日 (水) 22時06分

jun様

ツートンカラーも赤電というのですね。

そうそう、四両編成だけが、停車出来た
動物園博物館駅に停車しなくなってもう長いですね。

行商のおばさんが、大きくて重い荷物を担ぐ姿も
見かけなくなりました。
十数年前まで、JRの総武線でも見掛けましたが。

最近、時間が、凄く早く流れている気がします。
はははははははは。歳です。

アキバのセブです。

投稿: アキバのセブです。 | 2013年2月21日 (木) 13時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京成3300形3356編成通称青電引退へ:

« C6120牽引SLおいでよ銚子号最終日 | トップページ | Nikon1V1デビュー »