« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

70-200mmF2.8GVR2+TC-20E3@モノサク

昨日、休みを取って両毛線のC61試運転に行く予定でしたが、寝坊してしまい予定変更。

ヨドバシカメラ千葉店によりPCの地デジチューナーとアンテナケーブルを購入。そのまま帰るのもしゃくなのでモノサクへ出かけてみました。

Dsc_3080hd

209系C606編成 D700 70-200mmF2.8GVR2+TC-20E3

70-200mmF2.8GVR2+TC-20E3で400mmの撮影をしてみました。

非球面レンズを使用したテレコンのTC-20E3(機種依存文字の使用は避けました)の効果ですが、特に画質の劣化は感じませんでした。

続いてきたE259系N'EXは合照出来ず惨敗。

結構カツカツな構図なのでテレコンをはずして鹿島貨物76レで締めました。

Dsc_3088hd

EF641037牽引鹿島貨物76レ 70-200mmF2.8GVR2

久しぶりだったのでパンタグラフがカツカツになってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

70-200mmF2.8GVR2+TC-20E3@下総中山

もう少し望遠側が欲しくなり購入したTC-20E3を試写するため総武線下総中山へ出かけてみました。

まずは73レ

Dsc_6375hd

EF641022牽引鹿島貨物73レ D300 70-200mmF2.8GVR2+TC-20E3

400mm(換算600mm相当)で編成の短い73レはちょっと寸詰まり気味でした。

Dsc_6377hd

EF641-22牽引鹿島貨物70レ D300 70-200mmF2.8GVR2+TC-20E3

220mm(換算330mm相当)このくらいの方がいいですが、これでも手前の手すりがうるさいです。

Dsc_6381hd

EF652067牽引蘇我行き貨物1091レ D300 70-200mmF2.8GVR2+TC-20E3

こちらは400mmはピンをはずしたので340mm(換算510mm)から投稿します。

ちょうど、TC-17E2を使ったテレ端と同じ画角なので、TC-20E3が必要だったか疑問です。

Dsc_6382hd

EF652067牽引蘇我行き貨物1091レ D300 70-200mmF2.8GVR2+TC-20E3

最後は220mm(換算330mm相当)です。

前に先客がいて、避けることを意識していたら左側が残念な結果になりました。

しかしながら、EF65PFの2000番台改番車を初めて撮れたので良しとしましょう。

それにしても、市川界隈にタワーマンションが増えたのには驚きました。

結論としては、TC-20E3は鉄ではちょっと長過ぎかもしれません。でも、70-200mmF2.8GVR2にTC-20E3をつけた安定感はさすがVR2という感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

百里基地航空祭2012

10月21日(日)茨城県にある航空自衛隊百里基地の航空祭へ出かけてきました。

鉄的にはDLみなかみやいすみ鉄道のキハ28一般公開などのネタもありましたが、10数年前に百里の航空祭へ行った時、当時2歳であった息子が戦闘機の爆音を怖がり泣く泣く帰らざるを得なかった時以来のリベンジとなりました。

さて、駐車場開門時間を目指していざ百里基地へ、途中道を間違えて北側駐車場から入門、WAF(女性自衛官)からパンフレットをもらってすぐに開場となりました。

会場では何故かJKT48のヘビーローテーションがエンドレスで流れていました。

まずは、地上展示機から攻めます。

Dsc_6018s

UH-60Jブラックホーク D300 VR16-85mm

ブラックホークも洋上迷彩になってだいぶイメージが変わりました。

Dsc_6021s

米軍のF/A-18ホーネット D300 VR16-85mm

地上展示ではF/A18ホーネットも来ていましたが、残念ながら飛ぶ姿は見ることが出来ませんでした。

Dsc_6026s

F-2A/B D300 VR16-85mm

F-16ベースのF-2も地上展示のみでした。

Dsc_6030s

RF-4E D300 VR16-85mm

百里でしか見られないRF-4E F-4Eファントムがベースの偵察機です。

地上展示に続き、航過飛行の様子について…

やっとTOPGUNのサウンドトラックからケニー・ロギンスのDanger Zoneが流れて航空祭らしくなります。

Dsc_6042s

F-15Jイーグル D300 70-200mmVR2+TC-17E2

エプロン前から誘導路へすすむF-15Jイーグル。持ってきたレンズの関係で苦しい撮影となりました。DX機に70-200mmVR2+TC-17E2という組み合わせはワイド端が狭くてエプロン前で撮るのはちょっと苦しかったです。展示機も邪魔をするのでこの様子を撮るならエプロンでの撮影は避けた方が良さそうです。

Dsc_6048s

F-4EJファントムの同時離陸 D300 70-200mmVR2+TC-17E2

機体を追いかけるのに夢中でカメラの水平だしが出来ませんでした。百里基地航空祭・第7航空団記念塗装はF-4EJの方が格好良かったです。

Dsc_6101s   

編隊飛行中のF-15Jイーグル D300 70-200mmVR2+TC-17E2

快晴の空の下F-15Jイーグルが編隊を組んで飛んできました。茨城空港のある西側からは逆光になるので、午前中からエプロン側で順光で撮れる航空祭はなかなか魅力的です。

Dsc_6153s

航過飛行を終えたF-15J D300 70-200mmVR2+TC-17E2

このシーンも航空祭ならではです。

Dsc_6180s

RF-4EJ D300 70-200mmVR2+TC-17E2

観客側を写真撮影するRF-4EJです。残念ながら撮影した写真を見ることはありませんでした。

最後に機動飛行の様子です。

会場のBGMは同じくTOPGUNのサウンドトラックからチープ・トリックのMighty Wingsとなりました。

私もDanger ZoneとMighty Wingsは大好きなのでノリノリで撮影しました。

Dsc_6275s

機動飛行中のF-15Jイーグル D300 70-200mmVR2+TC-17E2

記念塗装機のF-15Jと通常塗装のF-15Jです。ここから二手に分かれてパフォーマンスを繰り広げました。

Dsc_6282s

旋回中のF-15Jイーグル特別塗装機 D300 70-200mmVR2+TC-17E2

Dsc_6292s

アフターバーナーを点火して旋回するF-15Jイーグル D300 70-200mmVR2+TC-17E2

下から見上げるF-15Jイーグルの後ろ姿はなかなか立体的です。

Dsc_6352s 

F-15Jイーグル D300 70-200mmVR2+TC-17E2

快晴の空の下、百里の戦闘機達の圧倒的なパフォーマンスに魅了されました。

いつも三脚を据えて架線柱を避けてギリギリのアングルで撮っている鉄道写真とは違い、望遠レンズを振り回しながらの戦闘機撮影もなかなか楽しかったです。

翌日の仕事のことも勘案し、午前中のプログラム終了と共に早々に離脱しました。

先日の百里ではVR80-400mmのAF不稼働に苦しみましたが、70-200mmVR2+TC-17E2の組み合わせも完璧というわけではなく、テレ端やワイド端が足りないというのもあります。しかしながら、ピントを見失った時にワイド端に戻せばAFが再稼働するのも早く、フルタイムマニュアルも出来る。また、VR2の効果にもかなり救われ成功率は高かったです。

でも、出来れば80-400mmを早くAF-S化してもらいたいものです。

元画像はこちらから↓

http://photozou.jp/photo/list/2416300/7300783

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

成田線でC6120運転へ

来年の2月9、10、11日に成田線でC6120が運行されることが発表されました。

区間は佐原~銚子間で、下りがC61牽引、上りがDE10牽引になります。

ダイヤから見るとC6120のねぐらは銚子になりそうです。

今年の2月に内房線で初走行したC6120。

今度は水郷地帯を走る姿を見せてくれます。

http://www.jrchiba.jp/news/pdf/20121017sl.pdf

Dsc_5207s

SL内房線100周年記念号のC6120 D300 24-70mmF2.8G

レギュラー運転の上越線をはじめ、信越本線、両毛線、内房線、東北本線、奥羽本線とあちこちへ出向くC6120ですが、成田線の単線区間を順光線で走るC6120に今から期待してしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

百里基地のF-15J、RF-4EJ

久しぶりに平日休みを頂いたので、茨城県の航空自衛隊百里基地に隣接する茨城空港へ行ってみました。

百里へ行くのは鹿島鉄道の(航空自衛隊用)燃料輸送列車を追いかけていた頃以来です。燃料輸送列車の撮影に合間に百里基地のF-15Jなどを撮影していたものです。

一応、撮り鉄メインのブログなのでかつての鹿島鉄道の姿もアップしておきます。

431

在りし日の鹿島鉄道 Eos5 18-200mmLD

さて、お目当ては航空自衛隊の戦闘機たち、茨城空港に隣接した公園や滑走路に近い外柵付近からの撮影になります。

10月21日に開催される百里基地の航空祭に向けて、航空機マニアの皆様が百里基地周辺に集まっており、国防談議に花を咲かせながらの撮影となりました。

まずはRF-4EJ、要撃戦闘機F-4EJ(通称ファントム)を偵察機にしたもので元から偵察機として製造されたRF-4EとF-4EJを改造したRF-4EJがあります。

Dsc_5861s

RF-4EJ D300 VR80-400mmF4.5-5.6G

Dsc_5960ts

アフターバーナー D300 VR80-400mmF4.5-5.6G

Dsc_5862ts

着地 D300 VR80-400mmF4.5-5.6G

古い機体であり、百里でしか見ることの出来ない偵察機RF-4EJ、なかなかのパフォーマンスを見せてくれました。

続いて制空戦闘機F-15J(通称イーグル)、こちらは現在も主力の名戦闘機です。

Dsc_5914s

E-15Jイーグル D300 VR80-400mmF4.5-5.6G

Dsc_5964s

編隊飛行のF-15J D300 VR80-400mmF4.5-5.6G

Dsc_5939s

特別塗装のF-15J D300 VR80-400mmF4.5-5.6G

午前中は逆光、午後は順光なれど生憎の曇り空でコントラストの低い写真になってしまいました。

子供の運動会では活躍しているVR80-400mmF4.5-5.6Gもフォーカスアウトして撮影不能になったり、AFが追いつかなかったりとちょっと苦しい撮影でした。

戦闘機撮りなら単焦点の300mmF4にテレコンとか、シグマの50-500mmあたりがいいのかな?でも、開放F値が6.3のシグマではAFが不安です。

私の環境では70-200mmF2.8VR2にTC-20E3を導入するのが無難かも知れません。

あと普段の鉄撮りでは架線柱などの構造物との戦いですが、戦闘機撮りではフェンスや有刺鉄線との戦いとなりました。踏み台椅子では足りなかったので今後は脚立が必要を実感しました。

本当は午後から安中貨物でも撮ろうと思っていましたが、戦闘機撮影に嵌ってしまい時間が無くなってしまいました。

せっかくなので北浦の鉄橋まで足を伸ばしてみましたが…

Dsc_6013s

雨の北浦を渡るEF641026牽引鹿島貨物70レ D300 AF-S85mmF1.8G

雨足が強くなり、ごらんのとおりの写真になってしまいました。

北浦の鉄橋も現在工事の足場が組まれていました。

茨城の鉄道と百里の戦闘機達、なかなか楽しめる組み合わせでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

雨の房総その4(久留里編)

さて、本日の最後は久留里線です。今朝のキハ30の不稼働の状況からあまり期待せずに時刻表を見て久留里駅で交換する列車を交互に撮ることにしました。

大多喜から久留里への到着予想時刻をナビで確認すると、上総亀山に寄る余裕はなく大多喜~月崎~久留里へ抜ける県道を走ることにしました。

これがまた険しい山道。普通にいすみ鉄道沿いに上総中野経由で抜けた方がマシでしたorz...

まずは久留里行きの2連

Dsc_5762s

久留里線のキハ38+キハ37 D300 VR80-400mm

Dsc_5765s

同上 D300 VR80-400mm

沿線は盆地で開けているところが多いのですが、線路沿いは雑草が茂りなかなかいい場所が見つかりませんでした。

最後に上総亀山発木更津行きの2連

Dsc_5770s

久留里線のキハ37+キハ38 D300 VR16-85mm 

Dsc_5771s

同上 D300 VR16-85mm

天気も悪いし、帰路の大渋滞も避けたいので、これにて撤収しました。

イベントに行く際は、事前によく調べないといけないと実感した次第です。

でも、木更津の航空祭と房総ローカルの掛け持ちも無理であったことがよくわかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の房総その3(キハ52臨時急行2号)

さて、下り臨時急行2号の撮影場所を探してロケハンを続けました。 

西大原駅近くに開けた水田がありそこで臨時急行2号の最初の撮影場所を確保しました。

下り臨時急行2号 D300 AF-S85mmF1.8G

Dsc_5749s

同上  D300 AF-S85mmF1.8G

空気が霞んでいるので単焦点の85mmF1.8Gを使ってみました。

続いて、本日のいすみ鉄道最後の撮影地へ

Dsc_5757s

国吉~上総中川間の4種踏切付近を走るキハ52 D300 VR80-400mm

「とまれみよ」の踏切でお馴染みのここは中井先生お気に入りのポイントとしてキハ52の車内でも案内されますが、天気も悪いのでサイドではなく正面から狙ってみました。

Dsc_5759s

下り臨時急行2号 D300 VR80-400mm

Dsc_5760s

同上 D300 VR80-400mm

ここはキハ52+キハ28の2連になっても使えそうなポイントでした。

いすみ鉄道キハ52臨時急行2号 Coolpix S9100

これでキハ52単行の撮影も終了し、心残りのある久留里線に向かうことにしました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の房総その2(キハ52臨時急行1号)

木更津駅からは、以前臨時急行に乗車した時にロケハンしていた城見ヶ丘の鉄橋を目指します。

混雑しそうな国道を避けて県道をショートカットしましたが、凄い山道で参りました。

Dsc_5713s

いすみ鉄道の新型車両いすみ300 D300 VR80-400mm

春の桜の時期は混みそうなポイントです。

Dsc_5714s

夷隅川を渡るいすみ300 D300 VR80-400mm

生憎の曇天でしたが、真新しい黄色い車体が映えました。

キハ28導入後に狙いたい大多喜~城見ヶ丘の鉄橋。真ん中の手摺りの処理を考えないといけません。

Dsc_5719s

夷隅川を渡るキハ52 125 D300 VR16-85mm

いすみ鉄道キハ52臨時急行1号 Coolpix S9100

臨時急行のキハ52単行もまもなく見納めですが、大原側(幌無し)の顔もキハ28の検査以外は見ることが出来なくなりそうです。

さて、あまり期待はしていなかったのですが、国見の停車を利用して追っかけとしてみることにしました。

路面も濡れているし、無理せず走りました。

Dsc_5725s

新田野駅を後にするキハ52 125  D300  VR16-85mm

Dsc_5729s

今日は急行そとうみのHM D300  VR16-85mm 

なんか余裕で国見停車中のキハ52を追い越したのでとりあえず適当な場所で1枚。そして下りの2号の撮影ポイントを探します。

ところが、また上総東停車中のキハを追い越してしまいました。

Dsc_5740s

上総東を後にするキハ52 D300 VR80-400mm

Dsc_5741s

キハ52の後追い D300 VR80-400mm

だんだん暗くなってきたので見た目の速度を遅くするために正面ドカンの超望遠撮影。しかし、開放で撮ってしまったので、甘い描写になってしまいました。

霞がかっている時の望遠撮影はかなり画質を犠牲にするので使いどころが難しいです。

せめてF2.8の大口径ズームを持ってきていればもう少し楽だったのですが後の祭りです。

いすみ鉄道は「何にもないのが魅力です。」のとおり、開けたところ有り、鉄橋有り、山間部の雰囲気有りといろいろな方法で表現できるのが魅力です。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の房総その1(木更津編)

生憎の天気ですが、鉄道の日の本日、房総方面に出かけてきました。

本当は木更津駐屯地の航空祭に行こうとしたのですが、昨日13日開催であったという落ちでした。

航空機撮影用の機材の選定で後から泣かされる羽目になりました。

まずは木更津駅へ

Dsc_5708s

キハ30 98とキハE130 D300 VR16-85mm

キハ30と新鋭キハE130のツーショットです。

Dsc_5711s

キハ30 100 D300 VR16-85mm

Dsc_5712s

洗車中のキハ38 4 D300 VR16-85mm

キハ30は3両中2両がエンジンもかかっていない状態。既に1両離脱したという噂もあったのでこの後は素直にいすみ鉄道に向かうことにしました。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

C58239東北で復活!

以前から噂されていた盛岡のC58239が復活することが公式発表されました。

http://www.jreast.co.jp/press/2012/20121003.pdf

SL銀河鉄道(仮称)のこのSL列車、C58239に元50系51形客車のキハ141を改造して使用するとのことです。勾配区間の補助動力にキハの動力を使用するというのが新しい試みでしょうか?てっきりキサハを再客車化するものだと思っていましたが…

KEN OKUYAMA DESIGN 代表の奥山 清行氏のプロデュースの腕の見せ所でしょうか?

国鉄時代をイメージしたSLというのよりも新しい観光列車として捉えた方が良さそうです。

C58

東北タイプのスノープラウ付で水郡線を走るC58363

とりあえず、東北重装備仕様のC58239ことSL銀河鉄道(仮称)が東北復興のシンボルになってくれることを願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

C622SLスチーム号に3年半ぶりに復帰

梅小路機関車展示館に保存されているC622。3年半ぶりにSLスチーム号として運転されるそうです。

http://www.mtm.or.jp/uslm/event/index.html#header

C622ss

大宮工場で展示されたC622 EOS5 28-105mm

今回のC622のSLスチーム号は10月30日まで、14日までは開館記念40周年HM付だそうです。

まさに奇跡の復活に近いものがありますが、これからもその勇姿を見せてもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »