« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月27日 (月)

大本営発表!いすみ鉄道キハ28導入!

いすみ鉄道 社長ブログから大本営発表!キハ28形急行型気動車を導入するそうです。

今回導入されるキハ28 2346は、昭和39年製で新製当初、房総の夏の多客臨に使用された経歴があり、千葉へ里帰りするということになります。

http://isumi.rail.shop-pro.jp/?eid=843586

58

キハ28と同系列2エンジンのキハ58(国鉄水郡線) AE-1 FD100-200mmF5.6

Dsc_4604

いすみ鉄道キハ52 125 D300 70-200mmF2.8G VR2

キハ52 125とキハ28 2346の2両編成で、房総のローカル線をのんびりと走る姿、いまから楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月21日 (火)

651系スーパーひたち

651系スーパーひたち。JR東日本最初の特急形として昭和63年に誕生し、常磐線を走り続けてきました。後継のE657系も登場し、いよいよ第一線から退く日が近づいてきました。

Dsc_5608s

651系スーパーひたち D300  VR70-300mmF4.5-5.6G

651系スーパーひたち Coolpix S9100

タキシードボディを呼ばれた651系の白い端正な車体が夕日に染まりました。この姿を何時まで見られるでしょうか?

来年度にはこの鉄橋も後ろの新線に切り替わります。

元画像はこちら↓

http://photozou.jp/photo/show/2416300/150306821

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月20日 (月)

常磐線2092レ

夏季限定で撮影可能な常磐線2092レ。Coolpix S9100の動画機能の試しに撮影してみました。

編成は長いし、デジカメで静止画を撮影するにはもうきついかも知れません。

EF510牽引常磐線2092レ貨物列車 Coolpix S9100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月17日 (金)

雨の真岡鐵道

先日中途半端に訪問した真岡鐵道。

久しぶりにSLもおか号に乗車したくなり、再訪してきました。

Dscn0521s

SLミュージアムの看板 Coolpix S9100

この間、撮り忘れた道路側の看板(構想図)よく見るとC11の後ろに茶色の旧客の姿が…

これはスハフ44を茶色にするのか?JR東日本から旧客を借用するのか???

とりあえず、49671とスハフ44 25は新しい建物に入るみたいです。

Dscn0522s

真岡鐵道のディーゼルカー Coolpix S9100

Dscn0524s

真岡鐵道のディーゼルカー Coolpix S9100

乗るか?撮るか?いつも迷うのですが、今回はSLもおか号の茂木~真岡間に乗車して、真岡で下館方面に発車する姿を撮ることにして、茂木行きのディーゼルカーに乗り込みました。

気になるポイントを列車からロケハンしながらの乗車となりました。車内には学生さんやカメラを持った夫婦、外国人のカップルなどが乗っていました。

有料化されてから訪問していない天矢場のお立ち台がどうなったか気になっていましたが、なにやら小さい立て看板が立っていましたがなんと書いてあるか読めないまま通過してしまいました。

Dscn0525s

C11325 Coolpix S9100

Dscn0527s

茂木駅 Coolpix S9100

さて、茂木に到着すると、既にC11325は方向転換を済ましていました。天気も薄曇りだし、天矢場あたりで撮影すればよかったかな・・・と思いましたが、とりあえず1時間半ほどの滞在時間を生かして駅のそば屋で昼食を済ませました。

そば屋のおばちゃんは一人でかき氷から鮎の塩焼きまでこなしておりなかなか忙しそうでした。

蕎麦を食べている間にC11の汽笛の音が聞こえ、客車への連結作業が終わってしまいました。

さて、発車まであと30分くらいになった頃、雷と共に大粒の雨が降ってきました。

そして、先行する気動車が入線したので、駅のホームへ、とりあえず乗車位置に待機しました。

Dscn0531s

側線で待機するSLもおか号 Coolpix S9100

先行するディーゼルカーも発車し、いよいよ入線です。若干の空転をしながらC11325牽引のSLもおか号が入線してきました。

私は、3号車に席を確保し、とりあえずC11325の撮影をしました。

Dsc_5596s

C11325牽引SLもおか号 D300 24-70mmF2.8G

客車に戻り時計を見ると発車時刻を過ぎていました。おかしいなと思っていると落雷の影響で信号故障が発生し、発車できないとのこと。しばらくそのまま待つことになります。

Dsc_5597s

C11325のサンドドームと煙突 D300 24-70mmF2.8G

Dsc_5600s

C11325の後ろ姿 D300 24-70mmF2.8G

いろいろ情報が錯綜していましたが、どうやら市塙付近の信号機が落雷でやられそれが復旧するまで発車できないとのこと。しびれを切らして帰る客もいましたが、真岡駅に車を置いてきた私はどうすることも出来なくただ発車を待つばかりでした。

1時間30分くらい待ったでしょうか?まもなく発車出来るという連絡に機関助手さんが石炭をくべ、ブロアーを吹いたり、給水ポンプで水を送ったりし始めました。

ようやく信号機が青色になりSLもおか号は発車します。

茂木を出ると天矢場にかけて25/1000の急勾配があるのですが、C11325は力強いドラフト音を響かせて勾配に挑みます。上りSLもおか号のハイライトです。

気になっていたお立ち台。ここで撮影する人は500円を入れてください。旨の看板を確認。とりあえず撮影禁止では無かったみたいですが、駐車スペースも少ないし、背景に民家が入りますが、道の駅の隣で撮った方が無難でしょうか?

機関車は一度空転を起こし、みるみる速度が落ちていきました。砂を撒いて、加減便を戻したのでしょうか?なんとか天矢場まで持ちこたえて、その後は快調に走り出しました。

Dsc_5606s

のどかな田園地帯を走るSLもおか号 D300 24-70mmF2.8G

Dscn0533s

真岡駅の動輪モニュメント Coolpix S9100

SLもおか号は本日の信号故障の影響で真岡駅打ち切りとなりました。真岡で降りた後、発車を撮ろうと思っていただけに残念な結果になりました。

真岡鐵道のSLの魅力は、C11やC12の小型機でも精一杯走るところにあると思います。なんとか、田園風景とうまく合わせて撮ってみたいです。

大雨の中、復旧作業や運行に携わった皆様お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月16日 (木)

只見線のC11(動画試行)

只見線を走ったSL会津只見号。C11325+旧型客車で何度か走りました。

今までは写真中心に投稿してきましたが、今回は動画投稿を試行したいと思います。

動画は専門ではありませんで、お見苦しいところがあると思いますが、ご笑納ください。

SL会津只見号 SONY TRV30

現在、不通区間を抱える只見線。早く全線復旧するといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月)

旧型客車スハフ44 25とSLもおか号

井頭公園を訪問した後は、真岡駅へ行ってみました。

先日、青函連絡船羊蹄丸の船内から搬出され真岡駅へやって来た旧型客車スハフ44 25がお目当てです。

Dsc_3066s

スハフ44 25 D700 24-70mmF2.8G

Dsc_3064s

スハフ44 25 D700 24-70mmF2.8G

Dsc_3068s

スハフ44 25 D700 24-70mmF2.8G

Dsc_3069s

スハフ44 25 D700 24-70mmF2.8G

Dsc_3067s

スハフ44 25の台車TR47 D700 24-70mmF2.8G

船の科学館の青函連絡船羊蹄丸に展示されていたスハフ44 25、十数年ぶりの再会となりました。

スハフ44に乗車したことがあるのはC62ニセコ号だけなのですが、常磐線を走っていた青い旧型客車スハフ42には何度もお世話になったので本当に懐かしいです。

これまでは青い旧客は大井川鐵道にいかないと見れませんでしたから、なんとか復活させてもらいたいところですが、来春オープンするSLミュージアムに展示されるそうです。

さて、その箱ものに入れらてしまう前にC11325とのツーショットを撮りたいというのが、今回のもう一つの訪問目的でした。

Dsc_3075s

真岡駅を発車するSLもおか号と旧型客車スハフ44 25 D700 70-200mmF2.8GVR2

Dsc_3076s

SLもおか号と旧型客車スハフ44 25 D700 70-200mmF2.8GVR2

Dsc_3077s

SLもおか号 D700 70-200mmF2.8GVR2

Dsc_3078s

SLもおか号 D700 70-200mmF2.8GVR2

Dsc_3079s

最後尾オハ50に寅さんのそっくりさん? D700 70-200mmF2.8GVR2

C11325に取り付けられていた寅のHM、寅さんのそっくりさんが乗車していたからなのでしょうか?

真夏の蒸気機関車なので煙はスカスカですが、排気膨張室をもたない蒸気機関車特有の歯切れのいいドラフト音を残してSLもおか号は走り去りました。

JR東日本の大型蒸気のような迫力は無いかも知れませんが、沿線の住民に愛され、北関東のローカル線をのんびりと走る姿に惹かれてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井頭公園の9600(49671)

上越線後閑での撮影の後、真岡の井頭公園を訪問してみました。

子どもの頃、真岡へ単身赴任中の父を訪ねて、井頭公園の一万人プールに連れて行ってもらったことがありますが、そのころ9600があることも知らず、まさか再訪することになるとは夢にも思いませんでした。

Dsc_3061s

井頭公園に展示中の49671 D700 24-70mmF2.8G

Dsc_3062s

49671の説明書き

屋根付きとはいえお世辞にも状態はよいとは思えませんが、この49671が来春真岡駅にオープンするSLミュージアムに移設され、青函連絡船羊蹄丸内に展示されていたスハフ4425とともに展示されるそうです。

Dscn0515s

真岡駅前の看板 Coolpix S9100

帰ってきて気付いたのですが、この看板の裏側に駅側から見た構想図があったのでした。

http://www.mcatv.co.jp/menu/mokasl/20120805100643/index.html

来春オープンということですが、どんな姿を見せてくれるのか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AF-S NIKKOR 85mmF1.8G@上越線(後閑)

夏期休暇に入ったので久しぶりに上越線沿線に出かけて来ました。

後閑のS字(アウト)カーブにちょうどぴったりの85mmF1.8G一本勝負です。

Dsc_3037s

EH200-22牽引貨物列車95レ D700 85mmF1.8G

Dsc_3043s

EH200-9牽引貨物列車6085レ D700 85mmF1.8G

このくらいコンテナ満載だと気持ちがいいです。

Dsc_3047s

上越線115系普通電車  D700 85mmF1.8G

SL直前の普通電車はぐんまちゃんHM付でした。

Dsc_3054s

C6120牽引SLみなかみ号 D700 85mmF1.8

C6120@後閑S字 Coolpix S9100

まずまずの煙をだしてC61は走り去りました。昨年と違っているのは煙室ハンドルが磨きだしタイプに変わったこと、空気圧縮機などに飾り帯が入ったことでしょうか?

昨年の姿とちょっと表情が変わりました。

私とほぼ同着の方は朝から待っていましたが、高速の帰省ラッシュの渋滞に巻き込まれた追っかけ組はギリギリにやって来ました。

余裕を持った行動をしたいところです。

待っている間、一緒に話をしていた人は、水上経由でSLばんえつ物語号撮影に行くとか言っていましたが、無事たどり着いたかな?

この後、私は撤収し、一路真岡へ向かいました。

元画像はこちらから↓

http://photozou.jp/photo/show/2416300/148325192

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

電気機関車EF59

EF59形直流用電気機関車、山陽本線瀬野~八本松間の22.6%の勾配用補助機関車として、昭和39年、EF53、EF56形から改造され誕生しました。

重連総括制御装置が取り付けられ、東京寄りの連結器は自動解錠装置を装備し、優等列車などは走行中に連結器の開放が行われました。

Ef59

瀬野駅で発車を待つEF59重連補機 AE-1 FD50mmF1.4 S56.3

写真は私が大垣夜行から鈍行列車を乗り継いで九州の親戚宅へ向かう途中に普通電車の車内から撮ったものです。

初めてをEF59見たのは寝台特急あさかぜの最後尾ナハネフ22の展望室から見たEF59の4重連の回送列車です。下関寄りの運転室側はゼブラ塗りの警戒色となっているのが印象的でした。

トップナンバーのEF591とEF532に復元された元EF5911が現在、碓氷峠鉄道文化むらで静態保存されています。

梅小路に静態保存されているC59164にも同様の自動開錠装置が取り付けられているそうで、もし見学できる機会があれば見てみたいと思います。

後継機のEF61-200もすでに引退し、EF67もEF210に交代が迫って来ており、月日の流れを感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »