« 静態保存機C57139他(リニア・鉄道館) | トップページ | AF-S NIKKOR 85mmF1.8G@上越線(後閑) »

2012年8月 1日 (水)

電気機関車EF59

EF59形直流用電気機関車、山陽本線瀬野~八本松間の22.6%の勾配用補助機関車として、昭和39年、EF53、EF56形から改造され誕生しました。

重連総括制御装置が取り付けられ、東京寄りの連結器は自動解錠装置を装備し、優等列車などは走行中に連結器の開放が行われました。

Ef59

瀬野駅で発車を待つEF59重連補機 AE-1 FD50mmF1.4 S56.3

写真は私が大垣夜行から鈍行列車を乗り継いで九州の親戚宅へ向かう途中に普通電車の車内から撮ったものです。

初めてをEF59見たのは寝台特急あさかぜの最後尾ナハネフ22の展望室から見たEF59の4重連の回送列車です。下関寄りの運転室側はゼブラ塗りの警戒色となっているのが印象的でした。

トップナンバーのEF591とEF532に復元された元EF5911が現在、碓氷峠鉄道文化むらで静態保存されています。

梅小路に静態保存されているC59164にも同様の自動開錠装置が取り付けられているそうで、もし見学できる機会があれば見てみたいと思います。

後継機のEF61-200もすでに引退し、EF67もEF210に交代が迫って来ており、月日の流れを感じます。

|

« 静態保存機C57139他(リニア・鉄道館) | トップページ | AF-S NIKKOR 85mmF1.8G@上越線(後閑) »

電気機関車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電気機関車EF59:

« 静態保存機C57139他(リニア・鉄道館) | トップページ | AF-S NIKKOR 85mmF1.8G@上越線(後閑) »