« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年5月

2012年5月27日 (日)

常磐線利根川橋梁

現在、掛け替え工事が行われている常磐線の利根川橋梁。工事は順調に進んでおり、来年度には線路の切り替えも予測されることから、記録を兼ねて撮影に出かけてきました。

Dsc_5562s

E653系フレッシュひたち D300 VR80-400mmF4.5-5.6D

ここの撮影地を訪れるのははじめて、定員3名と聞いていましたが、先客がいて立ち位置でカメラを構えていました。2番目の私は後ろからハイボーイ4段と踏み台を使って撮影することになりました。後方のトラスの左側手前には架線柱が建っており、10両編成でもかなりカツカツな構図となりました。

Dsc_5565s

E531系10連常磐線中距離電車 D300 VR80-400mmF4.5-5.6D

ここまでの光線状態はよかったのですが、この後、太陽が雲に隠れます。

Dsc_5570s

E657系スーパーひたち D300 VR80-400mmF4.5-5.6D

Dsc_5582s 

EF510-505牽引5388レ通称安中貨物 D300 VR80-400mmF4.5-5.6D

本日はトキ無しのタキ15600x12両、タキ1200x2両でした。

Dsc_5587s

新型タンク車タキ1200 D300 VR80-400mmF4.5-5.6D

まだ、真新しいタキ1200を撮ることが出来ました。

さて、利根川橋梁、掛け替えまで何度撮影に行けるかわかりませんが、今回撮れなかった651系や西日を浴びた安中貨物をもう一度撮ってみたいと思います。

最後に、私事ですが、来月から長期出張のため、7月下旬頃までブログ更新をお休みしたいと思います。ひょっとしたら出先から携帯でアップ出来るかもしれませんが、ご了承のほど、よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012夏臨発表

少し前のニュースになりますが、JR東日本から夏の臨時列車の発表がありました。

http://www.jreast.co.jp/press/2012/20120508.pdf

http://www.jreast.co.jp/takasaki/news/docs/120518press.pdf

注目されるのは、久しぶりに運転される往年の季節列車特急そよかぜでしょうか?

Soyokaze489

高崎駅で発車を待つ489系特急そよかぜ S60.6

中軽井沢行きではなく、横川行きというのはしかたがありませんが、185系で運行される模様です。

Soyokaze185

185系で運転された特急白根と特急そよかぜ

Setsoyokaze

EF651104牽引特急サロンエクスプレスそよかぜ

往年の名列車の復活はうれしいですが、引退が近づいてきた185系への餞でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

東京駅のレンガ駅舎

来年、開業100周年を迎える東京駅。丸の内のレンガ駅舎のドーム復元工事が進み、その姿が見えるようになってきました。今回は昼と夜の姿を紹介したいと思います。

金曜日、所要で東京駅に立ち寄った際、丸の内北口を出てみると復元されたドームが姿を現していました。

Dscn0378s

東京駅丸の内北口の駅舎 NikonCoolpixS9100

Dscn0379s

同上 NikonCoolpixS9100

これは、夜の姿も見たくなり、土曜の夜に東京駅を再訪しました。

Dsc_3016s

夜の東京駅丸の内中央口 D700 24-70mmF2.8G

Dsc_3021s

夜の東京駅丸の内北口 D700 24-70mmF2.8G

Dsc_3022s

同上 D700 24-70mmF2.8G

Dsc_3030s 

夜の東京駅丸の内南口 D700 24-70mmF2.8G

今後は内装工事が今年の秋頃まで続くそうですが、来年には開業100周年を迎え、変貌を続ける東京駅。超近代的なビルが建ち並ぶ八重洲口とは対照的にC51牽引超特急燕が発車していた頃の容姿に戻る丸の内駅舎。今後は列車との組み合わせも撮ってみたいところです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

新緑の大井川鐵道

GWの後半戦、新東名が開通し、アクセスしやすくなった大井川鐵道に出かけてきました。新東名の島田金谷ICは、大井川鐵道五和駅近く、新金谷までの往路は千葉の知人宅から3時間45分。80km/hで巡航でこの時間ですから、上越線の津久田S字に行くのと時間的に変わりませんでした。

さて、知人を無理矢理誘って現地入り、まずは新金谷で本日のカマをチェックします。下りはC5644、C11227、C108の順で来ることがわかりました。3年前に訪問した時は誘惑に負けて1001レに乗ってしまいましたが、本日は満席であり、国鉄仕様に復帰して、形式入りナンバープレートになったC5644を撮影するため、かねてから気になっていた笹間川橋梁に向かいました。

桜で有名な笹間川橋梁、笹間渡駅から徒歩20分くらいでしょうか、吊り橋を渡り、森の中を歩いてたどり着きます。さまざまなアングルがありますが、桜も終わったので鉄橋正面から狙います。

Dsc_2926s_2

新緑の笹間川橋梁を渡るC5644牽引臨時SL急行1001レ D700 70-200mmF2.8GVR2

電機の後押しを受けてるとはいえ、C56は軽快なドラフト音と共に駆け抜けていきました。カメラをもう少し上に向ければよかったです。

Dsc_2940s

C11227牽引の臨時SL急行1003レ D700 70-200mmF2.8GVR2

客車4両で補機が付かない臨時SL急行1003レ(かわねじ13号)、C11が本気のドラフト音を響かせて走り去りました。JR東日本の大型蒸気に慣れていると、排気膨張室を持たないC11やC56の歯切れのいいドラフト音は新鮮で迫力を感じます。さて、3本目のかわねじ1号は、上り列車への移動時間を考えてパスして、笹間渡駅近傍のそば屋さんで昼食としました。

ここのそば屋は壁にたくさんの写真が飾られており、写真撮影の参考になりますが、桜などの時期は殺伐としそうで撮りに来たことがありません。

さて、腹も満たされ、時間も間に合ったので101レを鯉のぼりと絡めてみたけど失敗しましたw

Dsc_2951s

C108牽引1003レ D700 24-70mmF2.8G

さて、上りの場所ですが、友人の希望もあり、抜里のインカーブに行ってみました。上り列車の編成写真が順光で撮れる数少ないポイントです。

Dsc_2959s 

抜里のインカーブを走るC11227牽引臨時SL急行1002レ D700 70-200mmF2.8GVR2

ここは、ほとんど煙が出ないのですが、気温も高く、本当にスカスカでした。友人はさらにここでの編成写真を撮ることを望んだので、1004レ、102レは電機の後押し付なので、後から軽く流してみましたが…

Dsc_2969s

C5644牽引臨時SL急行1004レ D700 24-70mmF2.8G

カマの大きさを読み違えて前後がら空きになってしまいました。85mmF1.8Gを忘れてきたのが敗因でしょうか?今回気付いたのは、現地での電車移動でも一緒ですが、笹間渡付近で撮影すると返しもその周辺になることでしょうか?第2鉄橋辺りで下りを撮れば、返しも千頭の発車などが狙えるのでしょうけど…

新東名の開通によりアクセスしやすくなった大井川鐵道。帰り道はGWのUターン渋滞に巻き込まれ、8時間以上かかったのでしたorz...

できれば、桜や紅葉の時期に再訪したいところです。やっぱり、旧型客車に揺られるのが一番かな?  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

いすみ1965その4

大原駅を発車したキハ52臨時急行3号、進行方向右側に席を取り、窓を開けてロケハンをします。

最初の鉄橋に撮り鉄さんが数名、その後ろの八重桜の並木にも数名。車内放送でも紹介される鉄道写真家中井精也さんお気に入り?の4種踏切にも1名この辺で撮影が無難でしょうか?途中の国吉駅の停車時間を利用した追っかけも可能かもしれませんが、国道では警察による取り締まりが行われていました。

Dsc_5437s

国吉駅で交換するいすみ300型 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

Dsc_5438s

同上

ガラガラの臨時急行に対して、交換する列車にはそこそこ客が乗っていました。

指定のボックス席x4の16席が座席指定、残りが自由席ですが…

国吉駅でも数名が乗り込んできました。

Dsc_5439s

国吉駅で列車を見守るミー D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

Dsc_5440s

大原駅に停車中のキハ52と外房線の209系 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

さて、大原での折り返しは7分しかありません。一旦、改札を抜け、硬券の自由席急行券を入手します。この辺がちょっとせわしないです。

Dsc_5441s 

フラワーポットにもレールバスが描かれていました D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

Dsc_5442s 

車窓には大多喜城の姿も… D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

Dsc_5444s

大多喜駅に到着したキハ52臨時急行4号 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

乗車時間は短いですけど、昭和の旅が楽しめました。沿線住民に親しまれているローカル線と言うことが実感できました。

いすみ鉄道の社長のブログにはいろいろなサプライズが掲載されていますが、昭和のお姉さんのパワーも実感した次第です。

いすみ鉄道社長のブログ

http://isumi.rail.shop-pro.jp/

そう言えば、列車にトイレが付いていないとか、大多喜の売店で酒類が売っていないとか、車販らしきものもないとかいろいろありますが、「なんにもないのが取り柄です。」のとおり、自分なりの楽しみを見つけてみてはいかがでしょうか?

追伸、長文におつき合いくださり、ありがとうございました。

元画像はこちらにあります。

http://photozou.jp/photo/show/2416300/132849069

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いすみ1965その3

大多喜駅に列車が到着すると、キハ52は小休止のために引き込み線に入っていきます。

Dsc_5407s

引き込み線に移動中のキハ52 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

Dsc_5406s

農薬散布用でしょうか?謎の保線車両 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

大多喜で降りると、まずは売店を散策。とりあえず、い鉄揚げと急行のサボを購入しました。売店のおばさんは乗務員にTシャツを押し売りしていましたw

次の臨時急行3号の発車は13:45。指定券の発売も発車の1時間前なので、少し時間があるので、1日乗車券を活用し、国見駅に残置した車を取りに戻ることにしました。

Dsc_5409s

まもなく、引退するいすみ200型レールバス D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

レールバスのいすみ200型に乗り込みます。今回はスナプキンシール付きでした。

臨時急行より客は乗っている気がします。300円特別料金がネックなのでしょうか?

Dsc_5410s

まだまだ休憩中のキハ52 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

さて、大多喜に戻ると駅前の無料駐車場は満車、1日300円の町営駐車場に車を止めます。駅に戻り、指定券を購入、こくてつ・JNRの模様が入った硬券の急行・指定券でした。

Dsc_5412s

軽快気動車の新鋭いすみ300型 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

経営が改善し、存続が決定したいすみ鉄道。新型車両のいすみ300型はそのシンボルでしょうか?

この大原行きが発車して、キハ52臨時急行3号がいよいよ入線します。

Dsc_5420s

入れ替え中のキハ52 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

大多喜駅の端に八重桜が咲いていました。

Dsc_5424s

準急房総のHMをつけた2エンド側 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

Dsc_5428s 

日本国有鉄道・新潟鉄工所昭和40年の銘板が付いたキハ52 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

このキハ52 125は私と同じ昭和40年生まれ、車内で配られるパンフレットにも「いすみ1965」とありますが、昭和40年製造に由来しているものと思われます。

Dsc_5434s

大多喜駅2番線のベンチにはムーミンの絵が… D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

Dsc_5431s

いすみ200型と交換 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

Dsc_5433s

大糸線時代のワンマン運転の装備が残るキハ52の車内 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

臨時急行3号は7人の乗客を乗せて、大多喜駅を出発しました。連休中日の平日とはいえ、ちょっと寂しい乗車人員です。まあ、おかげでのんびりとした昭和の旅が楽しめるわけですが…

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いすみ1965その2

さて、いきなり国吉駅から臨時急行2号に乗り込むことになりました。

Dsc_5405s

国吉駅に停車中のキハ52 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

Dsc_5397s

急行のサボ D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

Dsc_5399s

臨時急行のイメージするそと房のサボ D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

Dsc_5398s 

大多喜~大原のサボ D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

Dsc_5401s

キハ52 125の車内 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

Dsc_5402s

カーブミラーに写るキハ52 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

国吉駅の長時間停車を利用して、乗客達は思い思いに駅周辺を散策していました。

私は進行方向右側の自由席を確保しました。

2機のDMH17Hサウンドを響かせて、臨時急行はゆっくりと発車しました。窓を開けて風を浴び、窓の外には水田に水が張られ、日本の原風景とも言える、初夏の風景が広がります。

国吉駅から3駅で終点の大多喜ですからあっという間に到着してしまいました。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

いすみ1965その1

GWの中日の平日、子ども達は学校、お父さんは休みということで、午前中に所要を済ませて、いすみ鉄道のキハ52臨時急行に乗車してきました。

まずは、午後の臨時急行3号、4号を目標にして前進しましたが、国吉あたりなら2号の撮影が出来そうなので、国吉駅に目的地変更しました。途中、大粒の雨が降ってきて撮影は断念しました。

国吉には駅前に利用者専用に無料駐車場がありました。何故かそこには警察の移動交番もいました。

売店のおばさんに急行券について聞いてみると、「途中駅では基本的には乗車できない。しかし、空席がある場合にはアテンダントに交渉すると乗ることが出来る。」との返答があり、自動券売機で1日乗車券を購入し、とりあえず、列車の到着を待ちました。

Dsc_5392s

国吉駅に進入するキハ52臨時急行2号 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

タイフォンを響かせながら、臨時急行2号はやって来ました。

Dsc_5389s

国吉駅のホームではムーミンがお出迎え D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

Dsc_5395s

国吉駅のホームに進入するキハ52 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

さて、早速、アテンダントのお姉様に乗車の交渉をします。はっきり言って自由席はあっさりOKでした。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »