« いすみ1965その2 | トップページ | いすみ1965その4 »

2012年5月 2日 (水)

いすみ1965その3

大多喜駅に列車が到着すると、キハ52は小休止のために引き込み線に入っていきます。

Dsc_5407s

引き込み線に移動中のキハ52 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

Dsc_5406s

農薬散布用でしょうか?謎の保線車両 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

大多喜で降りると、まずは売店を散策。とりあえず、い鉄揚げと急行のサボを購入しました。売店のおばさんは乗務員にTシャツを押し売りしていましたw

次の臨時急行3号の発車は13:45。指定券の発売も発車の1時間前なので、少し時間があるので、1日乗車券を活用し、国見駅に残置した車を取りに戻ることにしました。

Dsc_5409s

まもなく、引退するいすみ200型レールバス D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

レールバスのいすみ200型に乗り込みます。今回はスナプキンシール付きでした。

臨時急行より客は乗っている気がします。300円特別料金がネックなのでしょうか?

Dsc_5410s

まだまだ休憩中のキハ52 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

さて、大多喜に戻ると駅前の無料駐車場は満車、1日300円の町営駐車場に車を止めます。駅に戻り、指定券を購入、こくてつ・JNRの模様が入った硬券の急行・指定券でした。

Dsc_5412s

軽快気動車の新鋭いすみ300型 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

経営が改善し、存続が決定したいすみ鉄道。新型車両のいすみ300型はそのシンボルでしょうか?

この大原行きが発車して、キハ52臨時急行3号がいよいよ入線します。

Dsc_5420s

入れ替え中のキハ52 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

大多喜駅の端に八重桜が咲いていました。

Dsc_5424s

準急房総のHMをつけた2エンド側 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

Dsc_5428s 

日本国有鉄道・新潟鉄工所昭和40年の銘板が付いたキハ52 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

このキハ52 125は私と同じ昭和40年生まれ、車内で配られるパンフレットにも「いすみ1965」とありますが、昭和40年製造に由来しているものと思われます。

Dsc_5434s

大多喜駅2番線のベンチにはムーミンの絵が… D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

Dsc_5431s

いすみ200型と交換 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

Dsc_5433s

大糸線時代のワンマン運転の装備が残るキハ52の車内 D300 VR18-200mmF3.5-5.6G

臨時急行3号は7人の乗客を乗せて、大多喜駅を出発しました。連休中日の平日とはいえ、ちょっと寂しい乗車人員です。まあ、おかげでのんびりとした昭和の旅が楽しめるわけですが…

続く

|

« いすみ1965その2 | トップページ | いすみ1965その4 »

鉄道」カテゴリの記事

ローカル線」カテゴリの記事

いすみ鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いすみ1965その3:

« いすみ1965その2 | トップページ | いすみ1965その4 »