« まもなく開設1年 | トップページ | 踊り子号誕生の頃 »

2012年2月25日 (土)

489系急行能登

急行能登、東京と金沢を結ぶ夜行急行列車として登場し、定期列車としては平成22年(2010年)3月廃止、それ以降は臨時急行能登として上野~金沢間を運行してきました。

今春の臨時列車では設定が無く、実質2月24日発の列車をもって運行を終了した模様です。

さて、本日大宮辺りで最終運行を捕捉しようとしましたが、寝坊してしまい撮影することが出来ませんでした。しかたがないので2年前の定期急行時代の能登を紹介します。

Dsc_0572s

大宮駅に停車中の489系上り急行能登 D700 28-75mmF2.8(A09)

Dsc_0576s

大宮駅を発車する上り急行能登 D700 28-75mmF2.8(A09)

Dsc_0830ss

定期列車最終日、上野へ向かう急行能登 D700 28-75mmF2.8(A09)

ボンネット形489系を使用した最後の定期列車となった急行能登、臨時化以降は485系が使用されましたが、深夜早朝の運行のため撮影できずに終わってしまいました。

出来れば夏臨での運行を期待したいところです。

|

« まもなく開設1年 | トップページ | 踊り子号誕生の頃 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 489系急行能登:

« まもなく開設1年 | トップページ | 踊り子号誕生の頃 »