« 茨城在住の頃(JR編) | トップページ | 静態保存機D51125 »

2012年1月16日 (月)

茨城在住の頃(私鉄編)

前回に続いて、茨城の私鉄を撮ったものについて紹介します。

まずは関東鉄道

Dd502

関東鉄道のDD502 EOS-1n EF50mmF1.4

水海道の車両基地公開行事で撮ったものです。ロッドの付いた車輪がSLみたいです。

531

関東鉄道竜ヶ崎線のキハ531(元江若鉄道C25M形キニ5123)とキハ532(キハ20廃車発生品流用車両)

撮影時には、キハ2000形が導入されており、キハ531は平成13年に廃車になったそうです。キハ532は現在も単行運用やキハ2000検査時の予備として活躍しています。

04

筑波鉄道キハ461(旧国鉄キハ04 8)

つくば市桜交通公園に展示されていた筑波鉄道キハ461(旧国鉄キハ04 8)、年に一度の車内公開時に撮影しました。現在は鉄道博物館にキハ41307として展示されています。

続いて、鹿島鉄道。航空自衛隊の燃料輸送列車目当てで何度か通いました。

431

石岡駅に停車中のキハ431(元加越能鉄道加越線キハ120形)とディーゼル機関車

Photo

模型のレイアウトのような石岡機関区

Dd902

鹿島鉄道DD902

貨物列車を撮る時は、まず石岡でディーゼル機関車の状態を確認しました。2往復の貨物列車が設定されていましたが、私が平日に代休を取って行くと、貨物列車を運転していないことが多く、撮影に苦労した記憶があります。

Photo_2

石岡で休むキハ600型(旧国鉄キハ07)

431_2

霞ヶ浦と筑波山を背に走るキハ431(元加越能鉄道加越線キハ120形)

Dd13

航空自衛隊百里基地への燃料輸送列車

鹿島鉄道は、百里基地へのパイプライン施設の老朽化により平成13年8月貨物輸送が廃止され経営が悪化、平成19年4月に廃止されました。

霞ヶ浦を背にのんびり走る鹿島鉄道、私は石岡から航空燃料輸送終着駅の榎本までしか乗車経験がなく、鉾田まで行かなかったのが心残りです。

最後に茨城交通湊線

111

さよならHMを付けたキハ111(旧国鉄キハ11)

11

キハ111の車内(通路側肘掛けもない簡素な車内) 

当時、湊線には3両の旧国鉄キハ11がいました。キハ111(旧国鉄キハ11 19)は映画「鉄道員(ぽっぽや)」の撮影の後に解体されました。後ろに写っているキハ112(旧国鉄キハ11 25)は鉄道博物館で、キハ113(旧国鉄キハ11 26)は佐久間レールパークを経て現在、リニア・鉄道館でキハ48036として保存されています。

これら3両は国鉄真岡線(水モウ)で使用されていた車両で、私が初めての一人旅で、真岡に単身赴任中の父を訪ねた時、国鉄真岡線で乗ったキハ11のうちの1両かも知れません。

Dsc_1929s

旧国鉄準急色に塗られたひたちなか海浜鉄道キハ2004(旧留萌鉄道) D200

茨城交通湊線は平成20年4月1日をもってひたちなか海浜鉄道に移管されました。

旧型気動車の見本市のようであった茨城の私鉄、なかなか奥が深いものがありました。戦前製の気動車の台車などを撮らなかったのは心残りです。現在も残る関東鉄道やひたちなか海浜鉄道を再訪したいところです。

 

|

« 茨城在住の頃(JR編) | トップページ | 静態保存機D51125 »

ローカル線」カテゴリの記事

コメント

はい、お待ちしています。
ぜひお越しを。
(吉田)

投稿: ひたちなか海浜鉄道 | 2012年1月17日 (火) 09時27分

吉田様、コメントありがとうございます。
出来れば、旧型気動車が走る時に訪問したいと思います。
ネコたちにも会ってみたいです。
上記ひたちなか海浜鉄道のリンクをたどって情報収集します。

投稿: jun | 2012年1月17日 (火) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茨城在住の頃(私鉄編):

« 茨城在住の頃(JR編) | トップページ | 静態保存機D51125 »