« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

静態保存機D51125

国鉄の蒸気機関車が全廃された頃、私の住んでいた団地の近くに1台の蒸気機関車がやって来ました。

D51324、長工式デフレクターを装備し、坂田区で廃車となった釜でした。当時、小学校高学年であった私も仲間と遊びに行って、運転席に入ったり、ランボード・テンダーの上を歩き回ったり、連結器の操作をしたりして遊び場にしていたものです。現役蒸気の記憶のない私にとって(幼少の時に乗ったことはあるらしい)初めて生で触れることの出来る蒸気機関車でした。

京成電鉄の実籾第4踏切隣の公園で初代スカイライナーを眺め、習志野市東習志野のD51324の元へ行くのが、放課後の楽しみでした。

時は過ぎて、長男が生まれて物心が付いた頃に、一度D51を見せてあげようと再訪しました。しかし、立ち入り禁止となっており、塗装はひび割れ、無惨な姿になっていました。D51324は平成13年(2001年)に解体されたそうです。

習志野市の隣の船橋市、習志野自衛隊隣の郷土資料館には、D51125が静態保存されています。

こちらは土日祝日に一般開放され、時折、ヘッドマークを取り付けたりしています。今月上旬まで足場が組まれて見えない状態でしたが、その間に整備された模様で、美しい姿を見せてくれました。

Dscn0141s

船橋市郷土資料館のD51125

http://www.city.funabashi.chiba.jp/shisetsu/bunka/0001/0005/0002/p001501.html

現在も市民に親しまれているD51125、子どもの頃遊んだD51234のようにランボードを走り回ったり、ボイラーに上ったりは出来ないでしょうけど、これからも大切に保存してもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

茨城在住の頃(私鉄編)

前回に続いて、茨城の私鉄を撮ったものについて紹介します。

まずは関東鉄道

Dd502

関東鉄道のDD502 EOS-1n EF50mmF1.4

水海道の車両基地公開行事で撮ったものです。ロッドの付いた車輪がSLみたいです。

531

関東鉄道竜ヶ崎線のキハ531(元江若鉄道C25M形キニ5123)とキハ532(キハ20廃車発生品流用車両)

撮影時には、キハ2000形が導入されており、キハ531は平成13年に廃車になったそうです。キハ532は現在も単行運用やキハ2000検査時の予備として活躍しています。

04

筑波鉄道キハ461(旧国鉄キハ04 8)

つくば市桜交通公園に展示されていた筑波鉄道キハ461(旧国鉄キハ04 8)、年に一度の車内公開時に撮影しました。現在は鉄道博物館にキハ41307として展示されています。

続いて、鹿島鉄道。航空自衛隊の燃料輸送列車目当てで何度か通いました。

431

石岡駅に停車中のキハ431(元加越能鉄道加越線キハ120形)とディーゼル機関車

Photo

模型のレイアウトのような石岡機関区

Dd902

鹿島鉄道DD902

貨物列車を撮る時は、まず石岡でディーゼル機関車の状態を確認しました。2往復の貨物列車が設定されていましたが、私が平日に代休を取って行くと、貨物列車を運転していないことが多く、撮影に苦労した記憶があります。

Photo_2

石岡で休むキハ600型(旧国鉄キハ07)

431_2

霞ヶ浦と筑波山を背に走るキハ431(元加越能鉄道加越線キハ120形)

Dd13

航空自衛隊百里基地への燃料輸送列車

鹿島鉄道は、百里基地へのパイプライン施設の老朽化により平成13年8月貨物輸送が廃止され経営が悪化、平成19年4月に廃止されました。

霞ヶ浦を背にのんびり走る鹿島鉄道、私は石岡から航空燃料輸送終着駅の榎本までしか乗車経験がなく、鉾田まで行かなかったのが心残りです。

最後に茨城交通湊線

111

さよならHMを付けたキハ111(旧国鉄キハ11)

11

キハ111の車内(通路側肘掛けもない簡素な車内) 

当時、湊線には3両の旧国鉄キハ11がいました。キハ111(旧国鉄キハ11 19)は映画「鉄道員(ぽっぽや)」の撮影の後に解体されました。後ろに写っているキハ112(旧国鉄キハ11 25)は鉄道博物館で、キハ113(旧国鉄キハ11 26)は佐久間レールパークを経て現在、リニア・鉄道館でキハ48036として保存されています。

これら3両は国鉄真岡線(水モウ)で使用されていた車両で、私が初めての一人旅で、真岡に単身赴任中の父を訪ねた時、国鉄真岡線で乗ったキハ11のうちの1両かも知れません。

Dsc_1929s

旧国鉄準急色に塗られたひたちなか海浜鉄道キハ2004(旧留萌鉄道) D200

茨城交通湊線は平成20年4月1日をもってひたちなか海浜鉄道に移管されました。

旧型気動車の見本市のようであった茨城の私鉄、なかなか奥が深いものがありました。戦前製の気動車の台車などを撮らなかったのは心残りです。現在も残る関東鉄道やひたちなか海浜鉄道を再訪したいところです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

茨城在住の頃(JR編)

前々回の続きで、茨城のJRを撮影したものを紹介します。

私が茨城(土浦)に転勤になった頃、常磐線の主役はスーパーひたちの651系、ひたちの485系でした。中電は415系、貨物はEF81がそれぞれ活躍していました。

その転勤の少し前、国鉄特急色の485系が最後の活躍をしていました。

Tc481

国鉄特急色485系(ボンネット・こだま型)のL特急ひたち EOS-1nHS EF80-200F2.8L KL H6.12

Ef81968

EF81 96牽引のワム80000貨物列車 EOS-1nHS EF80-200F2.8L KL

いまでも佐貫~牛久のお立ち台はよく行きますが、手前の田圃は現在、荒れ地になってしまいました。

続いて、勝田電車区の公開行事から…

Photo

常磐線を走った新旧車両たち EOS5 EF28-105

訓練車両となった485系・455系、リバイバル塗装の415系、そしてスーパーひたちの651系。この訓練車の一部は鉄道博物館入りしています。651系もまもなく657系と交代します。

当時、よく撮りに行った場所としては、佐貫~牛久と神立~高浜でしょうか

Ef81

EF81 16牽引のセメント貨物

485

国鉄特急色に復元された485系特急ひたち EOS-1nHS EF50mmF1.4 RDP2

当時の安中貨物は水戸線経由でしたが、常磐線ではセメント貨物などもEF81が牽引して走っていました。また、灰色のひたち色に塗られていたボンネット型の485系も引退間際に国鉄特急色に戻され、有終の美を飾りました。

その他、現在見られなくなったもの

46

佐貫駅前のオハフ46改造の喫茶店 EOS5

佐貫駅前には、旧型客車オハフ46改造の喫茶店がありました。現役時代、オハフ46という客車を見たことがなく、初めはTR23を履いていることからオハ47かと思いましたが、テールランプが付いており、緩急車であることがわかりました。(オハフ46はオハ47からの改造車です。)ホームに隣接した店内に入ると、窓の外には常磐線の列車が通り過ぎ、オリジナルの内装設備も残っていていい雰囲気でしたが、残念ながら解体されてしまいました。

Dd51

北浦を渡るDD51鹿島貨物 

最後は鹿島貨物のDD51、鹿島神宮参拝の帰りに北浦を渡る鉄橋に行ってみました。DD51がいた佐倉機関区はすでに無く、後釜となった高崎のEF65も一般型やP型F型もすでに鬼籍入りしました。

藤代以北の交流電化のために古くから専用車両が多かった常磐線、そして茨城のJR線、今も着実に世代交代は進んでいます。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

成田臨(OM101、102)

年始恒例の成田山初詣臨時列車、本日は桐生・高崎から183系が2本成田へ向けて運転されました。

旧友からの「安中貨物走っているかな?」メールを受け、成田臨と併せて一緒に撮影してきました。

Dsc_2299s

成田線の主であるE231系 D700 AF-S70-200mmF2.8VR2

Dsc_2308s_2

OM102編成の成田臨 D700 AF-S70-200mmF2.8VR2

Dsc_2315s

OM101編成の成田臨 D700 AF-S70-200mmF2.8VR2

大宮の183系といえば、編成の両側に特急のシンボルマークのついたOM103編成が人気ですが、今回は片側ずつにしかマークのないOM101、102編成がやって来ました。OM101編成のクハ182-101、よく見ると客室の窓の位置が少し高く、後部のドアはステップ付になっています。これはサハ481からの改造車であることがわかりました。183系もなかなか奥が深いです。

続いて、成田臨の成田での滞在時間を利用して、佐貫へ行き安中貨物を待ちかまえます。

Dsc_2331s

EF510-503牽引安中貨物 D700 AF-S70-200mmF2.8VR2

本日の安中貨物はEF510-503、タキ12両、トキ6両のフル編成でしたが、新型貨車のタキ1200の連結はありませんでした。

E657系の試運転情報もありましたが、あくまでも成田始発の返しを撮るために安中貨物通過後は速やかに成田へ移動しました。

Dsc_2341s

OM102編成の成田臨 D700 AF-S70-200mmF2.8VR2

Dsc_2351s

OM101編成の成田臨 D700 AF-S70-200mmF2.8VR2

午前中はよく晴れていたのですが、少しづつ雲が増えてきました。露出も下がり、かろうじて撮影出来たというのが実態です。

1本は武蔵野線経由で、もう1本は上野経由でやって来た本日の成田臨、シンボルマーク付編成を交互に撮れたので良しとしたいと思います。

E657系導入の影響で来年の今頃は651系が波動用に転用される可能性があります。そうなると183系も活躍も終わりが近いのかも知れません。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

茨城在住の頃(蒸気編)

今から10年前まで、私は勤務先の都合で6年間茨城に在住しました。もともと、出生地は亀有であり、常磐線と縁があるのかも知れません。

その間、常磐線100周年や漫遊空間いばらきキャンペーンがあり、平成10年1月~3月にD51498やC58363が茨城を走りました。

D511_4

土浦駅に停車中のD51498(SL漫遊空間いばらき号) EOS-1nHS EF28-70mmF2.8L

D512

土浦を発車するD51498 EOS-1nHS EF28-70mmF2.8L

常磐線では電化されるまでD51が貨物を牽いて走っており、まさに復活運行となりました。

続いて、水郡線でのC58の運行について紹介します。

C58

水郡線を走るC58363(SL奥久慈号) EOS-1nHS EF70-200mmF2.8L 

C58_2

梅とC58 EOS-1nHS EF70-200mmF2.8L 

C58_3

西日を浴びて走るC58363 EOS-1nHS EF70-200mmF2.8L

C58363といえば秩父鉄道がホームグラウンドですが、東北仕様のスノープラウを付けて、非電化の水郡線を爆走する姿は頼もしかったです。私としては、昭和60年のC56160の運行以来の水郡線での蒸気撮影になりました。(この間にD51が入線しています)またこの時は、水戸の転車台が無くなったため、夜間に常陸大子まで回送してC58の方向転換が行われました。

出来ればこのスノープラウ、C6120に付けてもらいたいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

ニコンD4及びAF-S85mmF1.8G発表

ニコンからデジタル一眼レフD4及びFXフォーマット対応のAF-S85mmF1.8Gが発表されました。

D4の実売価格は60万円くらいになりそうなので手が出ませんが、85mmの方は実売価格5万円程度でなんとか手が届きそうです。

ニコン、AFやAEを一新したフラッグシップ機「D4」

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120106_502675.html

http://www.nikon.co.jp/news/2012/0106_d4_01.htm

http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d4/index.htm

ニコン、35mmフルサイズ対応レンズ「AF-S NIKKOR 85mm F1.8 G」

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120106_502761.html

http://www.nikon.co.jp/news/2012/0106_nikkor_02.htm

http://www.nikon-image.com/products/lens/af/fx/singlefocal/af-s_85mmf18g.htm

私はFD85mmF1.8やEF85mmF1.8USMを過去に愛用してきました。また、知人からAi-AF85mmF1.8Dを借用したこともあります。Ai-AF85mmF1.8Dは、写りは良いのですが、円形でない絞り羽根やネジ式のフードがちょっと残念な古い仕様でした。ポートレートの標準レンズであり、鉄道写真でも自然な遠近感で使いやすい中望遠レンズ85mm。D700に付けて本来の画角で、D300では127.5mm相当の135mmの代わりとして使ってみたいところです。ナノクリの85mm1.4Gはちょっと高いですから…

Dsc_0297s

E231系 D700 Ai AF85mmF1.8D

Dsc_3380s

113系 D300 Ai AF85mmF1.8D

3月22日の発売が待ち遠しいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

いすみ鉄道新型車両導入へ

キハ52の導入でなにかと話題の多いいすみ鉄道ですが、社長のブログによると新型車両が導入されるそうです。

http://isumi.rail.shop-pro.jp/?day=20120103

ムーミン列車として親しまれている現行のいすみ200型も耐用年数15年のレールバスを25年も使ったわけですから、よく走った方でしょう。

Dsc_4577

いすみ200型 D300 70-200mmF2.8GVR2

房総に明るい話題を提供してくれるいすみ鉄道に今後も期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

初詣の帰りに

初詣と子どもの合格祈願を兼ねて湯島天満宮に行った帰り道、京成上野で新AEのブルーリボン賞受賞ステッカー付に遭遇しました。

Dscn0079s

ブルーリボン賞受賞ステッカー付新AE Nikon COOLPIX S9100

Dscn0080s

1号車側面のステッカー Nikon COOLPIX S9100

いつも通勤途中に某踏切で、モーニングライナーが通過する姿を見ていましたが、間近で見るのは初めてでした。次は走行シーンを撮りたいと思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。

D51s

雪の磐越西線を走るD51498 EOS-1nHS 70-200mmF2.8L RDP2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »