« D70導入の頃その2 | トップページ | AF-S50mmf/1.8G@モノサク »

2011年10月31日 (月)

D70導入の頃その3

最後に、D70導入後のレンズ沼について…

その後の乗り鉄ではD70と18-70Gがメインとなり、VR24-120Gの出番はだんだん減っていくのでした。

Dsc_0738

SL会津只見号 D70 18-70G

Dsc_0743

SL奥利根号のD51498 D70 18-70G

ところで、私の子ども達が通う小学校は5月に、幼稚園は10月に運動会があります。5月の運動会にD70が運動会デビューとなりましたが、VR24-120Gの180mm相当の望遠では全然望遠側が足りず、結局、10月の運動会に併せて、70-300mmF4-5.6Dを導入することになります。

そして、そのレンズの試し撮り

Dsc_0771

183系非貫通しおさい D70 70-300mm4-5.6D

このレンズは、某社のOEMとの噂もありましたが、軽量コンパクトで写りも良かったと思います。換算300mmオーバーの超望遠の世界も初めてとなりました。換算450mmまで使えますが、さすがに手持ちでは不安になる焦点距離でした。

Dsc_0774

217系未更新車 D70 70-300mmF4-5.6D

Dsc_0777

東西線05系 D70 70-300mmF4-5.6D

鉄道を撮るには便利なレンズでしたが、運動会等で使用したところ、ボディ内モーターを使用したAFレンズであり、5点AFのD70では中抜けして背景にピントが来ることがしばしばあって、一度外したAFが元に戻るのに時間がかかりイライラさせられました。

D70を導入して1年、D100後継機である待望のD200が発表され、その直後、FM3AやD100などの銀塩一眼レフの生産停止がアナウンスされました。私はD200購入を嫁に持ちかけましたが却下され、やむなくEOS5と残りEFレンズを手放し、新品のFM3Aをどうにか入手しました。 最後の銀塩機としてFM3Aをどうしても所有したかったのでした。

また、D200発表と同時にVR18-200が発表されましたが、FM3AやMD-12などのアクセサリー購入に手間取り、資金の目処がついたのが翌年4月、その頃でもヨドバシで予約して1ヶ月待ちの人気レンズで、発売から半年が経過してようやく手に入れた11倍便利ズームでした。このレンズは今も現役でD300に使用しています。

Dsc_1989

10周年HM付きの東葉高速2000系 D70 VR18-200

このレンズも広角側はまずまずとしても望遠側はソフトな描写であり、望遠側は緊急用という感じでした。D70で最後に鉄道を撮影したのもこのレンズです。後輩の結婚式の帰りに望遠側を試してみました。

Dsc_2634

EF651041牽引の貨物列車 D70 VR18-200

Dsc_2637

255系しおさい D70 VR18-200

ちょうど2年間使用したD70は、2006年12月に購入したD200の下取りに出して、私のカメラとしての役割を終えました。一眼レフらしいペンタプリズムの飛び出した直線的デザイン、ちょうどいい大きさ、重量でしたが、背に腹は代えられませんでした。

私にデジタル一眼レフの基礎を教えてくれたカメラ、それがD70でした。

|

« D70導入の頃その2 | トップページ | AF-S50mmf/1.8G@モノサク »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: D70導入の頃その3:

« D70導入の頃その2 | トップページ | AF-S50mmf/1.8G@モノサク »