« C6120復元ドキュメンタリーのテレビ放映について | トップページ | SLC61復活号最終週その2 »

2011年6月26日 (日)

SLC61復活号最終週その1

6月4日から週末運行のSLC61復活号、第1週、2週はHM付き、第3週、第4週はHM無しで運行ですが、C61に旧型客車・HM無しは今後いつ撮れるかわからないので、6月25日撮影に出かけて来ました。

警察の取り締まりの件もあり、とりあえず上野始発組よりは先に行きたかったので、新前橋の駐車場に車を停めて、そこから電車で行くことにした。途中、雨も降ってきたが、明け方には晴れ間も見えてきた。目的地はとりあえず、八木原~渋川、ついでにMVを操作し、下り渋川~水上が○、水上~新前橋が△であったのでそれぞれ1席確保した。

始発の大前行きに乗り、八木原で降りて八木原通過アウトカーブの撮影地まで徒歩7分、車組がすでに3組いた。そのまま、関越道交差付近までロケハン、駅から20分くらいで着いた。

ここで横から流すつもりであったけど、手前の休耕田がごちゃごちゃしていたので、駅近のアウトカーブまで戻ることにした。

Dsc_1835s

115系 D700 AF-S70-200mmF/2.8GVR2

晴れ間が見えていた空もだんだん雲が広がってきた。私がカメラを構えた黄色い梯子の手前は、晴れるとセメント工場の陰が落ちると京都から来たおじさんに聞いた。

Dsc_1838s

EH200牽引コンテナ列車 D700 AF-S70-200mmF/2.8GVR2

曇天の空にかなり露出が引っ張られる。奥の青い屋根の建物の前の駐車場にはタンクローリーがいっぱいになることもあるそうだ。

Dsc_1848s

湘南色の185系 D700 AF-S70-200mmF/2.8GVR2

Dsc_1863s

SLC61復活号八木原通過! D700 AF-S70-200mmF/2.8GVR2

構図と露出補正は、だいたい追い込み完了、小雨が降る中、C61の通過を待つ 、SLC61復活号は汽笛を鳴らしてスーッと走ってきた。最高速度が時速75kmに押さえられているとはいえ、旅客機だからこのくらいの速度は余裕なのか? D51のような息づかいは感じなかった。

|

« C6120復元ドキュメンタリーのテレビ放映について | トップページ | SLC61復活号最終週その2 »

蒸気機関車」カテゴリの記事

旧型客車」カテゴリの記事

C6120」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SLC61復活号最終週その1:

« C6120復元ドキュメンタリーのテレビ放映について | トップページ | SLC61復活号最終週その2 »