« C56160の思い出 | トップページ | 安中貨物、鹿島貨物まもなく運転再開へ! »

2011年5月19日 (木)

佐倉のDD51と仲間達

佐倉機関区には国鉄時代からDD51が配置されおり、主に総武本線で運用された。民営化後はJR貨物が継承し、H9.3閉区された。特にDD51 1801~1805号機は成田空港ジェット燃料輸送用として製造され、EF65に交代するまで千葉地区で使用された。

子供の頃からよく見かけたDD51であったが、撮影したのは平成になってからの方が多い。

Dd511801

H6.1 雪の成田線を走る鹿島貨物DD511801 AE-1 NewFD85mmF1.8

Dd511803

H7.9 物井~佐倉を走る鹿島貨物DD511803 EOS5 200-400LDF5.6 KL

Dd511805

H7.7 小名木川で入れ替え中の最終号機DD511805 EOS-1n 80-200F2.8L RDP2

生え抜きではないけど国鉄時代に門司で廃車となり車籍復活したDD51874や北海道で活躍したA耐寒仕様のDD511014もいた。

Dd51874

H7.6 京葉線千葉貨物ターミナルで入れ替え中のDD51874 EOS-1n 80-200F2.8L RDP2

Dd511014

H7.7 旋回窓が凛々しいA耐寒仕様のDD511014 EOS-1n 200-400mmLDF5.6 RDP2 

DD51の他に総武線の貨物列車で忘れてはならないのが、田端のEF80、高崎のEF65である。

Ef80 

S60.6 市川を通過するEF8039(1次形)+DE10貨物列車 AE-1 NewFD50mmF1.4

Ef65519  

H7.7 新検見川付近を通過するEF65519(F型) EOS-1n 200-400mmLDF5.6 RDP2

最後にDD51牽引客車列車について、年始恒例の成田臨がありますが、JR以降のJTなどは宇都宮所属(佐倉常駐)のDD51897、898が担任しました。特にJTは、内房線、外房線を走り千倉で折り返す運用が多かったと記憶しています。

Dd51

S62.1 成田臨を牽引するDD51(号機不明) AE-1 NewFD85mmF1.8

Dd51897

H6.2 外房線を走るやすらぎ牽引のDD51897 AE-1+P NewFD85mmF1.8

Dd51898

H6.3 新検見川付近を走行するくつろぎ牽引のDD51898 AE-1 NewFD70-210mmF4

佐倉機関区の面影は既になく、千葉地区でのDD51の活躍を思い出に、残されたDD51最後の活躍を期待したいと思います。

 

 

|

« C56160の思い出 | トップページ | 安中貨物、鹿島貨物まもなく運転再開へ! »

ディーゼル機関車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐倉のDD51と仲間達:

« C56160の思い出 | トップページ | 安中貨物、鹿島貨物まもなく運転再開へ! »