« キハ58・キハ28の終焉 | トップページ | 高崎の旧型客車 »

2011年3月 7日 (月)

キハ58の思い出

夕べは迂闊にも寝てしまったので今日は写真を貼ります。

キハ58系1961年に登場した国鉄急行型気動車。北海道型のキハ56系、信越線対応のキハ57系、北海道を除く全国で活躍したキハ58系に大きく分類される。

58

写真は水郡線ローカル運用

私が乗った列車では急行たかやま、由布、火の山など、快速格下げでは快速リアス、月山、えびの、錦江など、ローカル運用では山田線、飯山線、小海線などの山岳路線が中心。ワイド周遊券や青春18きっぷの乗りつぶしの友であった。個別に撮影目的で訪れることもなく、SLや特急列車のついでに撮ったものが多い。まさに名脇役といったところでしょうか?

58_2

写真は立野駅で交換する急行火の山

また、上野口では、急行いいで、おがのような長距離・多層建ての長大編成も見られたが、非冷房車中心であった。

58_3

写真は急行いいで

北海道ではキハ56を小樽で撮影するだけで終わってしまった。

Photo

写真は小樽駅に停車する函館本線のキハ56快速列車

最後に乗ったのは山田線。セミクロスに改造されたキハ58であった。ローカル線によく似合うキハ58、JR化後の地方色に興味を失い写欲が湧かいまま引退を迎えてしまった。最後まで残ったのが、高山線というのも以外でした。

|

« キハ58・キハ28の終焉 | トップページ | 高崎の旧型客車 »

ローカル線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キハ58の思い出:

« キハ58・キハ28の終焉 | トップページ | 高崎の旧型客車 »