2018年10月22日 (月)

C58 363鳳凰2017.5.20

2017年5月20日秩父鉄道わくわく鉄道フェスタでC58 363が鳳凰の装飾を施しました。

 

C58 363鳳凰
C58 363鳳凰 posted by (C)jun Nikon D500

 
菊紋を付けたらお召列車のような仕上がり具合でした。
 

C58 363鳳凰
C58 363鳳凰 posted by (C)jun Nikon D500

 
このままの姿ではさすがに走行しなかったので動画はありません。
 
次はどんな姿を見せてくれるのか楽しみであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

保護ねこ・キジトラ子ねこミー君我が家へ2017.6.13

2017年6月近所の畑で1匹の子ねこが保護されました。

 
母を探し鳴いていましたが、母ねこは現れなかったそうです。
 
子ねこだからすぐに里親は見つかると思っていましたが、希望者は現れず我が家にお迎えすることになりました。
 

キジトラ子ねこミー君
キジトラ子ねこミー君 posted by (C)jun Nikon D750

 
2017年6月13日、我が家へやって来たキジトラ子ねこ♂420g、ちょうど1箇月齢くらいでしょうか?
 
先住ねこのシュガーとショコラもちょうどそのくらいの大きさの時お迎えしました。
 
食欲も旺盛で、ミーミーよく鳴く子なのでミー君と名付けました。 
 

キジトラ子ねこミー君
キジトラ子ねこミー君 posted by (C)jun Nikon1 V2

 
大人のネコと比べると小さいですね。
 

キジトラ子ねこミー君
キジトラ子ねこミー君 posted by (C)jun Nikon1 V2

 
先住姉妹ねこはハチワレ柄でしたが、ミー君は完全なキジトラで丸首の柄もきれいです。
 
最後に動画です。
 
我が家に子ねこがやって来た!(保護ねこキジトラ子ねこミー君編)
 
ミー君が保護された日、私は近所の駐車場でキジトラ母ねこが茶トラ子ねこに授乳しているところを目撃しましたが、どうやらそのキジトラ母ねこがミー君の母ねこのようです。
 
最初は4匹の子ねこを連れていましたが、1匹づついなくなり、最後は茶トラ子ねこと母ねこが母子で保護されたそうです。
 
ミー君が鳴いても母が現れないはずでした。
 
現在ではシュガー、ショコラ、ミー君の3にゃんが我が家の家族となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年10月21日 (日)

零式艦上戦闘機22型東京湾を舞う2017.6.3

零式艦上戦闘機22型通称ゼロ戦が東京湾の空を70年ぶりに飛びました。

 
これはエアレースのゲストとして飛来したものです。
 

零式艦上戦闘機22型
零式艦上戦闘機22型 posted by (C)jun Nikon1 V3 70-300mmVR

 

零式艦上戦闘機22型
零式艦上戦闘機22型 posted by (C)jun Nikon1 V3 70-300mmVR

 

スカイツリーと零式艦上戦闘機22型
スカイツリーと零式艦上戦闘機22型 posted by (C)jun Nikon1 V3 70-300mmVR

 
非常に露出も厳しく、雰囲気だけでも感じ取っていただければと思います。
 
続いて動画です。
 
【ゼロ戦】零式艦上戦闘機東京湾を舞う【22型】20170603
 
ゼロ戦は軽やかに東京湾上空を舞って行きました。
 
翌日、ベースとなって竜ケ崎飛行場を訪ねてみました。
 

零戦22型
零戦22型 posted by (C)jun Nikon D500 80-400mmVR

 

青空と零戦
青空と零戦 posted by (C)jun Nikon D500 80-400mmVR

 

零戦22型旋回
零戦22型旋回 posted by (C)jun Nikon D500 80-400mmVR

零式艦上戦闘機22型竜ケ崎飛行場帰還
零式艦上戦闘機22型竜ケ崎飛行場帰還 posted by (C)jun Nikon D500 80-400mmVR

 

ZERO Fighterミッション終了!
ZERO Fighterミッション終了! posted by (C)jun Nikon D500 80-400mmVR

 
2日間にわたるフライトは無事終了しました。
 
現在はアメリカへ戻ってしまったゼロ戦22型、再び平和な日本の空を飛んで欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年10月20日 (土)

初夏のSLばんえつ物語(下り8233レ編)2017.5.5

続いて下りSLばんえつ物語8233レの撮影編です。

裏磐梯が一望できる喜多方~山都(第1舞台田踏切)へ行ってみました。

 

下りSLばんえつ物語@第1舞台田踏切
下りSLばんえつ物語@第1舞台田踏切 posted by (C)jun Nikon D500

 
微妙な位置に磐梯山があり、一緒に撮影するのは難しい状態でした。
 
 

C57 180公式側
C57 180公式側 posted by (C)jun Nikon D500

 
C57のサイドビューが美しいですね。
 
最後は今まで行ったことがなかった三川の発車を撮影することにしました。
 

下りSLばんえつ物語@三川発車
下りSLばんえつ物語@三川発車 posted by (C)jun Nikon D500

 

下りSLばんえつ物語@三川発車
下りSLばんえつ物語@三川発車 posted by (C)jun Nikon D500

 
三川には八重桜の木があり、皆さまはそちらの方に集結して撮影していました。
 
私的にはこちらのポジションで満足です。
 
SLばんえつ物語と磐越西線、ロケーションが素晴らしく撮影したい場所がまだまだたくさんありますが、少しづつ攻略していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年10月19日 (金)

初夏のSLばんえつ物語(上り8226レ編)2017.5.5

GW恒例のC57 180SLばんえつ物語の撮影について。

 
2017年GW、私は友人IとSLばんえつ物語の撮影に向かいました。
 
いつも早出川の鉄橋からスタートするのでたまには場所を変えようと思いましたが、新関の鉄橋は先客ありキャパなしだったので2016年GWと同じパターンになりました。
 

上りSLばんえつ物語@早出川橋梁
上りSLばんえつ物語@早出川橋梁 posted by (C)jun Nikon D500

 
最近、ここではあまり煙を出さない傾向にあると思います。
 
例年5月5日は津川で狐の嫁入りイベントがあり、その混雑を避けつつ、磐越道でワープして徳沢~上野尻(群岡)へ行ってみました。
 

上りSLばんえつ物語@群岡
上りSLばんえつ物語@群岡 posted by (C)jun Nikon D750

 

上りSLばんえつ物語@群岡D500version
上りSLばんえつ物語@群岡D500version posted by (C)jun Nikon D500

 
ここでは望遠、中望遠の2パターンで撮影してみました。
 
2016年はなかった電柱が後ろの道路沿いに出来ていました。
 
この後何処で撮影するか迷いましたが、電化区間笈川~堂島の第2学校踏切へ行ってみました。
 

上りSLばんえつ物語@第2学校踏切D750version
上りSLばんえつ物語@第2学校踏切D750version posted by (C)jun Nikon D750

 

上りSLばんえつ物語@第2学校踏切D500version
上りSLばんえつ物語@第2学校踏切D500version posted by (C)jun Nikon D500

 
どちらも甲乙つけがたいですが、朝日連峰を引き寄せられる望遠バージョンの方がよさそうです。
 
最後に動画です。
 
 
【C57 180】新緑のSLばんえつ物語【汽笛】20170505
 
動画のとおり上り3箇所、下り2箇所で撮影しました。
 
続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«桜と菜の花とSLもおか号2017.4.15